全世界的に注目されているネットワークサービスの日本に於けるベータサービスが開始されました。アマチュア無線家にとっても親和性の強いサービスです。

  1. FT-901DM ご出場
  2. CQ-P6400  作業進捗

 本当はM235のインプレッション第二弾を書こうと思っていたのですが、”Clubhouse”ショックが強すぎて、このサービスについて触れておこうと思います。

Clubhouse って何?

 2020年の5月に米国で始まった音声だけのSNSサービスで、世界的に大ブレーク中です。ビックリするほど快適で、VoIP遅延が全くありません。(著名人がサーバーを落とさない限り・・汗) いったいどんなコーデックを使っているのか?? ミュージシャンがネット越しにセッションをやったりしてますので、ほぼ遅延がないということですね。本サービスはスマホアプリでのみ使用可能で、スピーカーをオープン状態でハウリングすること無く「そこに人が居る」様な間隔で会話が楽しめます。しかも、何人かが同時に喋っても誰かが潰されることはありません。SkypeやLineの音声チャットとは次元が違います。日本では一週間前からアプリのダウンロードが始まりましたが、今日(2021/02/02)時点で数十万人が登録したものと思われます。芸能人・著名人がTwitterで「誰かClubに招待してくれ〜〜」と連日つぶやいていますが、今のところ例外を除きメンバーから招待を受けなければ原則入ることができません。(詳しくは下に書きます) 小生もMixi、Twitter、Facebook、Line、YouTube、Instagramと、この20年の間に様々なSNSを使い倒してきましたが、音声のみのSNSは意外なことに初めてです。テキスト系のコミュニケーションツールは一切無いというのも大きなポイントです。“room”と呼ばれる相互コミュニケーションの場“clubs”と呼ばれる会員制のセミナールームの様な場所を作ることができます。一つのroomには5000名まで参加することができます。ログインすると、趣向に基づいたroomの案内が表示されますが、自らroomを開設することができるほか、ユーザー同士が直接会話することも可能です。”Zoom”のようにroomの開設予定をカレンダーで指定することもできますが、roomの中には24時間開いているところもあります。room毎に運用指針みたいなものがあって、部屋ごとに雰囲気が違うことも特筆すべきところです。芸能人・著名人がホスト・モデレーターとして参加しているroomも沢山ある他、趣味毎のroomも多いです。“サロン”みたいな事をやっていたり、小生のドメインででもあるITやラグビー関係者が喋っているところもありました。roomに入るとAudience(聴取者)としてroomで会話をヒアリングするところからスタートするのですが、発言したければ挙手ボタンをクリックして、Speaker(発言者)に昇格することができます。このON/OFFは”Moderator”若しくは”room Owner”が行います。”room Owner”はそのroomを開設したroomの所有者で、”Moderator”は管理者権限を持ったユーザーで、”Moderator”はそれ以外の一般ユーザーを”Moderator”に昇格させたり、roomからの強制退出を強いることができます。現在は招待制となっていて、ログインするには誰かに招待してもらう必要があります。ユーザーは初期設定で2名分の招待権が付与されますが、権利行使することで他人を招待することが出来るほか、iPhoneユーザーに限っては、アプリインストール前にお互いのアドレス帳に電話番号が登録されている人どうしなら、一方が既にメンバーになっていれば招待ナシに”Clubhouse”に入ることが出来る様です。小生はそのパターンでメンバーになれました。現在のタイミングは “Innovater”、”Early Adopters”による開拓期だと思いますが、今は流行に敏感な人達が参加しているのだと思いますが、日々ユーザー云百万単位に増えています。著名な人がroomを立ち上げると負荷に耐えきれずサーバーが落ちたりするので、サーバー台数を数百台単位で増強する必要がありそうです。

 上に“招待制”と書きましたが、例外的にメンバーになれる方法があります。メンバーに付与される招待枠は開始直後は2枠なので、すぐに枯渇してしまいますね。裏技という訳ではないのですが、iPhoneに限ってですが、メンバーと新規ユーザーが事前にアドレス帳に電話番号(iPhone)が登録されている場合に限り、電話番号紐付きによる承認が可能な場合があります。但し、アプリをインストールする前に電話番号が登録されている必要があり、インストール後に電話番号を登録してもダメみたいです。実際に、小生がログイン中に何人かの知り合いが電話帳紐付き認証によりユーザーになりました。恐らく小生もそのパターンでユーザーになれたのではないかと思っています。

アマチュア無線家目線でClubhouseを考察すると・・

 ”Clubhouse”は限定・開放いずれのroomも開設できます。会話の記録は許可されておらず、またRoom内などで語られた情報を外部に漏らすことを固く禁じており、これを破ると永久追放という恐ろしい罰が待っています。あれ、、どこかで聞いたようなフレーズに似ていますね。“特定の相手方に対する通信を傍受した場合・・・”(電波法)のアレです。”Clubhouse”という概念は、メンバーシップ制のクラブ(社交場)が根底にあるんですね。因みに検索窓から「アマチュア無線」や「アマ無線」を検索すると、本日時点で25名ほどヒットしました。皆さん、ここ2〜3日の間にメンバーになられた方です。多分、一月も経てば百人は越そうな予感です。「アマチュア無線について語ろう!」的な部屋を作ってみたいなぁ・・なんて思ったりしています。アマチュア無線の周知ニューカマー対策に良いのではないかなぁ。ITアナリスト達の多くが「Instagramよりブレイクする」と言ってますね。

 幾つかの禁止事項があるほか、こんな行為を続けると”account ban”(垢バン=使用停止)されるかもというものがあるので纏めます。

  1. room内での荒し行為
  2. 相互フォローの連発はNG??
  3. 実名を記載していない
  4. Clubhouse内での会話内容の外部流布(上に書いた件です)
  5. スクリーンショット・録音の禁止に違反した場合

 1番については他のSNSと同様です。

 2番は”Clubhouse”のコンセプトに起因する様ですが、真偽は定かではありません。SNS内での情報発信にはフォロー数が多い方が圧倒的に有利なので、著名人以外がフォロー数を増やそうとすると「相互フォロー」以外術がありません。ここ数日「無言フォロー部屋」というroomが沢山立ち上がっていて、1000人くらい参加者がいて全員無言(mute)という奇妙なところがありますが、room内でフォロー・フォローバックを繰り返す行為が頻発しています。これは明らかにClubhouseの主旨に反します。(会話するツールなので) 相互フォローを即すroomの中には、moderatorがハンドリングして活発に会話をされているところがありますので、その様なroom内でフォロー・フォローバックをされることをお奨めします。

 3番も2番と同様ですが、ニックネーム(エイリアスネーム)の設定が可能ですが、実名を登録せずにPRネームの様なものを表示されている人を偶にみかけます。シェア目的というのが見え見えで、フォローバック拒絶対象にもなりますので要注意です。因みに小生の場合、アカウントネームに@jg1bvx(Twitterと同じ)を登録しています。アマチュア無線のコミュニケーションに活用するなら、エイリアスのコールサインを記入するのも手ですね。但しエイリアスは一度設定すると変更することができません。間違えて設定してしまった場合は、カスタマーセンターに連絡して対応してもらう必要があります。

 4番・5番については、InstagramやTwitterを常時監視している様です。冒頭にも書きましたが、テキスト系のコミュニケーションツールや保存機能はありませんので、TwitterやInstagramのDM機能で “one by one” のコミュニケーションを補間する必要があります。(実際にプロフィールからリンクされている)

現在分かっていること

  • アプリは英語版のみで、日本法人ができたりローカライズ版がリリースされる予定もありません。中に入ってしまえば、英語版で特に不便は感じません。というか、このレベルで拒絶してしまう人にはお奨めしません。
  • 今のところ、iOSのみです。Androidに同名のアプリがありますが別物です。 
記事を読む

 お疲れ様です。今日も最終の時間帯に突入です。ウチの会社に“働き方改革”は通用しないみたい・・・トホホ

 愛車のF10 535i号が車検のためDにドック入りしました。もう3度目の車検ですが、まだ50,000km強です。取りあえずは200,000km目標に頑張るつもりです。ガハハ (^o^) 10年後にはガソリン車の新車販売が無くなります。我が家に於けるシルキーシックスもこれが最後になるかもしれません。涙 

 ところで、D入りの度に楽しみなのが代車であります。今回は昨年MCされたばかりの2シリーズグランクーペの最高グレード、M235i xDrive グランクーペ  を拝借することになりました。例によって、いつもお世話になっている”モトーレン東名横浜”さんが代車に乗ってやってきました。今回は専任整備長(笑)の御異動(BMWプレミアムセレクション調布)にともない、我がF10 535iも調布工場付きとなりました。今回は車検整備の基本メニューに加え、NAVIアップデート、エアコンガス交換、ブレーキフルード交換と先日簡易修理したバンパーの仕上げ(バンパー着脱全塗装)をお願いしています。来週後半に戻ってくる予定ですが、その間は代車のM235iを楽しもうと思います。楽しむと言えど、コロナ禍の緊急事態宣言が発出される中、何処かへ出掛けられる訳でもありません。近隣を流してお終い?? あ、、JJ1TSJさんのAUDI S3と並べたインプレッション企画を予定しています。ww

M235i グランクーペ について

 以前、M2(現行F22) を拝借しましたが、こちらは4シリーズとシャーシを共有化しているFRレイアウトの車でした。グランクーペはMINIと共通のFFプラットホームです。「FFレイアウトのBMW ?」と驚かれるかも知れませんが、MINIを傘下に収めて以降は着々とプラットホームの共有化が進んできたのです。先々代のF45 アクティブツアラーで始めてFFのBMWが登場、以後F46グランツアラーに進化しました。この二型式は5ドアハッチバッククーペ・5ドアミニバンとしてカテゴライズされ、FRが代名詞のBMW中異彩を放つ存在になったのは言うまでもありません。その後、2019年MINIプラットフォーム上に4ドアハードトップ(セダン)を載せて発表されたのが、今回拝借したF44グランクーペのベースモデルです。グレードは1.5リッターターボの218iと、2リッターターボのM235i xDrive のみ。しかも後者は306psで足回りやパワートレーン系をM Performanceのスペシャルパーツで仕上げられたホットなモデルです。昨今メルセデスもAUDIも2リッターターボが主力エンジンになりつつありますね。BMWは先代5シリーズ(F10)、3シリーズ(F30)の主力モデルからストレート6(NA)の置換が始まりましたが、既にBMWは4気筒が主流です。FFになったとは言えそこはBMW、50:50の重量配分にこだわっています。因みにFRのF22とは別物で、こちらは2016年にM235i(N55)からM240i(B58)に進化しています。F22(FR)の初代 M235i は6気筒の326psでした。F22の方はM240i(340ps)になりM2(370ps)にスペックが迫っていますから、棲み分けが微妙ですね。そもそも2シリーズという括りにFRとFFが存在するというのも消費者的には理解し難いところかもしれません。

今回の代車は M235i xDrive (F44)
リアのデザインは賛否あり

M235i xDriveのファーストインプレッション

 少しだけ近隣を流してきました。まず、昨年沖縄で借りたレンタカーを思い出しました。MINIの1.5リッターターボです。218iの兄弟車になりますね。エンジンも足回りも別物ですが、フィーリングが実に似ています。そうMINIも凄く良かったんです。M235iは18インチホイールに専用のM Performance キャリパーを装備し、サスもガチガチに固められています。ストッピングパワーも強烈で、ガツンと止まります。STARTボタンはシフトレバー横に移動しました。始動時のエギゾーストノートは迫力満点ですが、わざとらしいというか、電気的に作り出している様ですね。ノーマルモードでも十分トルクフルで8速ATも小気味よくシフトします。これならDCTは要りません。もはやスポーツ車もATの時代なんですね〜。スポーツ Indivisualモードに切り替えると、高回転まで引っ張るセッティングに変わりました。いや〜〜公道では不要かもしれません。多分、箱根スカイライン走ってもノーマルで十分かと思います。因みに0-100Km/hは4.9秒とのこと。大きくアンダーやオーバーが出ると瞬時に後輪へトラクションを分散します。そうなんです。今回お借りしたのはFFではなくxDriveでした。1800mmの全福は5シリーズ、3シリーズに迫るサイズで、横置きエンジンと相まって前席空間は広々しています。F105シリーズから乗り換えても前席の狭さは全く感じません。後部座席はというと、流石に2シリーズだけあって狭さは否めません。170cmそこそこの小生が着座してもヘッドクリアランスは2cm程度でした。男性4人乗車は辛いかもしれません。ライバルは AMG CLA35、AUDI S3でしょうね〜。次回は、S3と並べてインプレッションしたいと思います。そういえば、MINIにも同じエンジンを積んだホットバージョンのJohn Cooper Works GP(全世界5000台限定 日本200台割当)があります。パッケージ的にはMINIも良いですね。… 記事を読む