投稿 Currently viewing the tag: "VX-8"

 こんにちは。快晴ですが気温は少々低めの横浜であります。当地のソメイヨシノは週末までもちそうです。 TS-900ライン改修  愚息の奇襲攻撃により肋骨を折りました。爆 一昨日のこと、夕食後にソファーに座りテレビを観ていたところ、愚息が背後から忍び寄り小生の背中に飛び乗りました。小生は崩れ落ちて胸部をリビングテーブルに強打・・・。“この痛み”身に覚えがあります。過去に肋骨を三度折っているので間違いありません。レントゲンを撮ったら案の定でした。汗 右肋骨の先端にヒビが入ってます。コルセットで固定してもらいましたが、体幹を垂直にたもっていないと激痛が襲います。うかつに咳でもしようものなら一大事です。全治半年とのことでした。去年は脚の小指を左右二本折り苦労しました。骨粗鬆症でしょうか・・・。(苦笑) 重量級リグの上げ下ろしが辛いです。(トホホ) DJ-G7 が到着  久しぶりにハンディ機を新調しました。このブログでも書きましたが、移動局の廃止・新規開局を申請しました。既に廃止届けは審査終了、現在は新規開局の審査待ちです。20台近くある旧JARL技適機を全て廃止し、JARDの新技適機に統一すべく無線機の入換えを進行中であります。1200MHzのハンディ機はFT-104で免許を受けていましたが、これを廃止したため1200MHzの可搬機を新調する必要がありました。現況、固定機以外ですとアルインコさんのDJ-G7を除いて選択肢がありません。本機で1200MHzの移動局免許を受けることにしました。アルインコさんのハンディ機は広帯域受信機、特小無線機を所有していますが、アマ機のトランシーバーとしては初体験です。Amazon(CQオームさん)から購入、翌日に届きました。ヤエスさん、アイコムさんの製品に慣れているせいか、設定メニューへのアクセスが今一つしっくりきません。まずは取扱説明書と睨めっこです。一通り扱えるようになってからの印章は「もっと早く買っておくべきだった!」であります。ダイキャスト製の筐体は質感も良くホールド感も抜群です。ボタンも大きめで押しやすい。アマ機としての基本性能は言うまでもありませんけど、“スタンバイ・ピー”(死語か・・w)が内蔵されているのはアルインコ製品だけですね。70年代開局組としては懐かしい機能です。(あのドラマの影響w) おっと、まだ局免審査がおりてませんから送信はできません。ww 何より耳が良いところが気に入りました。500KHz台から受信可能な広帯域受信機能により絶滅危惧のAM放送から受信可能、スケルチには空線キャンセラーも内蔵されているのでMCA系の私鉄無線の傍受にも役立ちそう。また小生が日々ワッチしているUHF系航空無線は付属ホイップでも十分受信できます。当地から20km離れた厚木基地のTWR周波数 340.2000MHz もよく聞こえました。VX-3、VX-8と比較するとスケルチ閾値が高めで、Sメーターの振れ方も少々重いです、しかし感度は高くSNも良好でした。バッテリーは、リチウムイオンバッテリーのEBP-73(1200mAh)か、EDH-35(単3乾電池パック)の二択です。ハイパワー運用には前者が必須となります。小生の運用スタイルQRPPが殆どですので、汎用性を考慮した後者を選択する機会が増えそう。特小機も一緒ですが、同社のハンディで解りにくいのはAFボリュームです。こちらについては、もう少し直感的に操作できるように工夫して頂きたいところです。令和に突入する10連休はキャンプ・BBQを計画中、その頃には免許も下りることでしょう。またレポートします。余談ですが、ID-51はVHF航空無線しか聴けません。その為、登場機会が少ないのが残念。 TS-900 ライン 重整備中  常連オーナー様のご所有機になります。前回14MHzのHET水晶交換・OHでお預かりしました。今回は前回ご指摘させて頂いた、7MHz水晶劣化による交換、球切れメーター照明のLED化、アライメント調整のオーダーです。 (1)HET水晶交換  本機によくある症状ですが、ヘテロダインの水晶が劣化し周波数がズレはじめて、終いには発振しなくなる症状です。前回、14MHz用が完全にアウトになり交換させて頂きました。調整の際、7MHzだけ校正範囲を逸脱し、他バンドと200Hz程度VFOダイヤル位置がズレてしまう現象が起こっており、意図的に他バンド側を100Hz下側にシフトさせることで、7MHz…(Read More)

 週末金曜日でございます。関東地方も来週前半には梅雨明けしそうな雰囲気です。ほぼ空梅雨でしたね〜。今朝もアイスコーヒー啜りながらのスタートであります。開催中のツール・ド・フランス、昨日はPeyragudesの山頂を目指す、超級勾配を含む過酷なコースでした。  相変わらずマイヨジョーヌ・ジャージを着るフルームの所属するTeam Skyが、レース全般を仕切る形で展開しましたが、最後の16%勾配でバルデ(AG2R LA  MONDIALE 所属)がスタミナ勝ち、見事にステージ優勝を果たしたほか、この勾配で遅れをとったフルームは総合得点で二位以下に転落、イエロージャージを脱ぐ羽目となりました。  ゴール地点の16%勾配は、なんと飛行場の滑走路です。「滑走路なのに16%勾配??」と思われるでしょう。ここPeyragudesはリゾート地です。長野の白樺湖に似ています。車山の斜面に滑走路があることを想像してみてください。本当に山の斜面を利用した離発着施設なんです。スキーのジャンプ台の様なものですね。確かネパールにもこれと似た滑走路がありました。いよいよツールも後半戦に突入。落車などの事故で各チームからエース級の選手が脱落しはじめています。コンタドールも体調悪そうだし・・・。シャンゼリゼの表彰台には、いったい誰が立つのか・・。 VX-8オーナー必見! 自転車用ハンディー機ホルダー(第二弾)  先日「自転車用スマホ・ホルダーの記事」を書いたところ、もっと特集して欲しいとのメールを頂戴しました。小生が書くのですから、ふつうにスマホを付けるわけがありません。(笑)ハンディ機をロードバイクに付けることを目的としています。前回はAmazonで見付けた“LEVIN 自転車スマホホルダー”なる商品をご紹介しました。こちらはID-51にジャストフィットするホルダーです。ヘビーデューティーなハンディ機と言えば、VX-7・VX-8を想像されるOMも多いかと存じますが、前回ご紹介したホルダーの場合、少々難有りな感じが否めませんでした。そこで、同じLEVINから出ている異なるモデルをレビューしてみたいと思います。こちらです・・・。  ナント、Amazonプライムセールで980円でした!! これは凄い。ハッキリ言って、Y’s辺りで5,000円くらいするブランド品より遥かに優れてます。しかもご覧の通り、VX-8にジャストフィットです。SPマイクの取付もOKでしたし、VX-8ならBluetoothヘッドセットが使えるので安全面でもFB〜〜(ダサッ!)前回紹介した製品同様、ゴム製のバンドで完全に固定できるところが凄いんです。しかもボタン類に干渉しない。イイ感じでしょ??    と・・、こんな感じです。嬉しいのはラージ・バッテリーを装着できることですね。しかも、自転車から離れるときにはテーブルごと簡単に着脱できます。1,000円前後で「自転車モビ・ハム」が楽しめますョ。マイクは体に装着したほうが良いでしょう。ハンドルから転げ落ちて前輪にでも絡まったら一大事です。やはりハンズフリーのBluetoothマイクかな? この状態で朝トレ20km走ってきましたが、終止安定していました。144/430ともに静まりかえっていましたけど・・・。苦笑 FT-101E 作業終盤  変調がのったり、のらなかったり、の症状でお預かりした個体です。結局の所原因はマイクアンプのゲイン落ち・ダイナミックマイクの故障でありました。後者については、同梱頂いた50KΩハイimp純正マイクのカプセル故障本体の故障です。(コイルが導通していない)この故障がどの段階から起きていたかは不明ですが、オーナー様サイドで試されたのは「このマイク」だったのかは不明です。ラボにある更に古い500Ωマイクでテストさせて頂きました。FT-101E自体は50KΩ入力の仕様になっていますが、マイクVRを上げればローインピーダンスでも使用可能です。以下に詳細を纏めます。 【ご依頼内容】 1)不具合確認・修理(変調が出ないときがある・・) 2)総合調整 について、承りました。 【症状・処置について】 上記1)について、SSB/AMの送信時、変調レベルが低く殆ど出力しないことを確認しました。 (1) AFユニットの素子劣化、半田付け劣化、ケミコン劣化により低周波信号の増幅ゲインが著しく低下しています。 上記2)について、総合調整の必要を認めます。 (1) OSC、BFO、IF…(Read More)

休日です。久し振りに「増刊号」を書いてます〜〜〜。一昨日からサーバーの調子が悪く、“フロント・ページに「新着記事」「無線機修理」のRSSが表示されない”エラーが頻発していました。原因は、最新記事内に含まれてしまった“制御文字”が悪さして、XMLが正しく出力されないことによりました。何度も目視でチェックしましたが“制御文字”は見つからず、結局“Subline text”にコードを貼付てエラー箇所を発見・・・。読者の皆様にはご迷惑をお掛けしました。現在、正常復旧しています。  友人OMから、現行形式のBaofeng UV-5RAのスプリアス・テストを頼まれたので、ついでに自己所有のVX-3、VX-8、ID-51との比較してみました。UV-5Rと言えば、以前当サイトでも取り上げています。あれから3年が経ちますが、UV-5Rも幾度かのマイナー・バージョンアップやファーム・アプデを繰り返し「成熟」した様で、「5A」は周波数ステップに20KHzが加わったバージョンになります。前回はスペアナ修理中で、FT-897の簡易スコープ機能を使って(殆ど冗談)近傍特性を確認しました。その後色んなブログで取り上げられていますから“今更・・”なんですけど、国産主要ハンディ機との性能比較はやっておきたいと思ったところです。最大のポイントは「UV-5RがSDR機である」こと、それが送受信にどの様な影響を及ぼしているのかが気になりました。 受信感度・・UV-5Rが抜きんでている  受信被検環境はSSGと各無線機を直接接続し、限界復調レベル、スケルチ開放レベルを確認する単純なものです。ハッキリしているのは受信近傍特性についてはSDRは不利であることです。ここはハンディ機ですので、受信IMDの測定などは無意味ですので割愛させていただきます。耳の良さ、AFアンプやスピーカー(ヘッドフォン)からの聞こえ方など、を比較してみました。前者はSSGの入力レベルを徐々に絞り「復調限界」の電圧を記録しました。小生の「耳感」ですので、ご参考まで・・。 各機種の感度比較(感度単位:dBµV/FM 1KHz div=30%) 披検機種 限界感度 < —–  スケルチ開放感度 < —–    145.000MHz 433.000MHz 145.000MHz 433.000MHz VX-3 -22.6 -25.0 -17.7 -19.4…(Read More)

 アマチュア無線の世界では、小生のような体育会系はマイノリティーなのか、アマチュア無線家同士で集まってスポーツの話で盛り上がったことがありません。無線以外の話題と言えば、飛行機とか鉄道とか・・・。そっちも(元)職業柄嫌いではないので、とても楽しいのですが、何故かスポーツの話題にはなりません。「この指とまれ」的に募ったら集まるのかしら??  小生自身3年前に前立腺を患って以来サイクルスポーツから遠退いていましたが、先日ブログで書いた通り、ツールド東北でなんとかカムバックしました。汗をかく心地よさは最高です!。元々アマチュア無線を復活させたのも自転車ツーリングが切っ掛けでした。理系+体育会ってなんとなくミスマッチなイメージがありますが、理系大学にも体育会が存在するようにスポーツするアマチュア無線家がいても良いですよね〜〜。フラグでも立てないと見つからない気がしますが・・w。  ・・・、ネットで自転車モービルで検索すると、出てくるのは「痛車系」ばかり・・。全くスポーツとは無関係で、バッテリー、無線機、アンテナを荷台やハンドルに括り付け、40年前の中学生がやっていたような少年探偵団風(同世代でないと解らない)にカスタマイズ(笑)された自転車の画像が出てきます。道交法的にも???な感じです。もっと健康的にスタイリッシュな自転車モービルを演出できればよいのですが、なかなか手段が見つかりません。別に自転車からHFにQRVする必要はないのですから、V/UHFのハンディー機を上手くマウントできれば良いわけです。ツーリング時にはスマホや携帯よりも安全ですし、何と言ってもメンバーに一斉同報できるというのが便利だし、グループ以外のアマチュア局との出会いもFBだと思います。山岳路や見晴らしの良い場所に移動できればDXだって狙えます。クロスバイク、MTB、ロード系で自転車モービルをやられている方は非常に少ないようですね。ストイックに練習されている方には不要のアイテムですから、ポタリング、ツーリング系の方だけがターゲットなのかもしれません。それでも昨今、自転車が流行ってるので、この波にアマチュア無線も便乗してしまえば面白かもしれません。こんな事書いたら、OM諸氏より「けしからん!」「目的外通信だろ〜〜!」とお叱りを受けそうですので、最初に謝っておきます。・・・・ m(_ _)m    それはさておき、愛車「PINARELLO FP QUATTORO」に面白いアイテムを装着してみました。MINOURAというメーカーが出しているスマホ用のフォン・グリップ(MINOURA iH-500-OS)です。ハンドルバーやステムに取り付けるタイプで、様々な大きさのスマホをマウントできるという優れもの。装着サイズを確認したところ、VX-8D、VX-7あたりなら収まりそうです。強化プラスチック製でマウント時の安定性も言うこと無しです。VX-8Dの場合、Bluetoothヘッドセットが使えるので、VOX機能をオンにすればハンズフリーにQSO可能。試しに、VX-3もマウントしてみたところサイズ的にはこちらがピッタリ、何れも不安定に外れてしまうことはなさそうです。VX-8Dなら6mのAM/FMにも出られるので楽しさは倍増しそうです。何と言っても、ダサくないところがポイント。形から入る人にはお奨めのアイテムであります。以前はショルダーにクリップを引っ掛けてバイク・メッセンジャーのような格好で走っていましたが、アマチュア無線っぽくないですよね〜〜。w  バイク用には色々なアイテムも存在しますが、自転車モービルはこの程度が宜しいかと・・・。 まずは拙宅のある世田谷二子玉川から職場の赤坂に至る約10キロを自転車で走りながら、試験運用してみたいと思います。フルカーボンのロードバイクに装着しても違和感はありません。  37年前、愛車のナショナル自転車(スポーツ車5段変速)のフロントキャリアにRJX-601を括りつけ、横浜市郊外の住宅地を走り回った少年がおりました。・・・ 「痛い過去」ですw  揃いのジャージを作って、ミニベロ、フォールディング、クロス、ロードでツーリング・ハム・クラブでも結成しましょうかね〜〜。目的地についたらワイヤーを張って、KX3でHFにQRVなんて〜のも良いなー。 スポーツしながら無線しましょうョ。メンバー募集!!w     [amazon_enhanced asin=”B00H1LRBOE…(Read More)

 昨日は法事で川崎市麻生区の柿生霊園へ出向きました。この辺りは、川崎市内でも有数の高台ということで移動運用には最適。前夜、7N3CCB局(伊藤OM)とサンハン・ラグチューの折、伊藤さんから「移動運用するんだけど、、」とお話しを頂いたので、こちらもVX-8Dをしのばせ、出掛けることにしました。 とはいえ、一応親戚の法事に出席する手前、そちらが主体になるので、運用できるタイミングは限られています。伊藤さんとの打合せで、「6mAMなんてどうだろう?」ということになったので、久しぶりにVX-8Dの出番になった訳であります。そうなんです!VX-8Dは50MHzのAM/FM運用が可能なんですね。この事をスッカリ忘れていました。購入以来、このリグで6mにQRVするのは、恐らく初めてではないかと思います。FT-817もRJX-601も所有しているので、6m運用となると頭に浮かぶリグは、これらのポータブル機になります。 しかもAMで、、  法事も終了し、タクシーを呼びつけて次の場所へ移動する時間が刻々と迫る中、11:57JST、50.600MHz AMにて7N3CCB局を確認、コールしました。直後に呼び付けたタクシーが到着してしまったので、レポート交換のみの短いQSOとなりましたが、川崎市麻生区/横浜市青葉区で55/53の交信を確立。しかも付属のラバーホイップでQRPです。直線距離で10km程度ですが「出来たコト」を評価したいと思いました。 感度、音質など  意外にもあっさり繋がったという感じで、ノイズの出方などはAMそのもの。FMとは一味違います。何処か懐かしさ感じる音質でした。聞き慣れた伊藤さんの変調は普段よりもシャープに聴こえました。感度に関しては使用アンテナがラバーホイップですので、それなりといった感じです。高台の見通しの良い場所から離れると、全く入らなくなりました。それでもQRPで先方から53のレポートを頂いたので、大変満足しています。 6mAMの楽しさを再発見  37年前、開局したての頃に最初に買った無線機はRJX-601でした。当時は6mAMが盛んで、電源を入れれば、必ず何処かの局を受信出来たものです。そんな頃の懐かしさとともに、6mAMとの再デビューを果たしましたが、現在ライフワークになっているRJX-601…(Read More)

 中国製ハンディ機 BAOFENG UV-5Rを検証してみました。弟分のUV-3Rと並んで大ヒット中の中華ハンディですが、何と言っても新品5,000円前後で手に入るというのがポイントでしょう。この金額なら「まぁ、ダマされてみるか?」みたいな気にもなります。小生は中古を3,000円で購入。 因みに、充電用スタンド、ACアダプターまで付いてこの値段です。144/430MHzのデュアルバンド機で出力4w/1w切り替え可能。周波数ステップも最新版は日本国内仕様に設定可能とのことです。そのままだとオフバンド送信が出来てしまうのですが、クローニング・ソフトにより「J仕様」に変更可能です。 デザイン  まずダイヤル操作で周波数を変更できないのがイマイチですが、UP/DOWNキー、テンキー入力でも十分。上部のツマミを回すと電源ON/OFF、ボリューム調整というオーソドックスな構造です。ツマミ横の突起はLEDランプで懐中電灯代わりになります。VFO切り替えも分かりやすく国産ハンディよりもシンプルなデザイン。アンテナ端子はSMPコネクターですが国産ハンディ機とはオス・メスが逆な為、変換プラグを介さないと市販のアンテナを接続できません。これはUV-3Rも同様。  電源を投入すると英語のガイダンスが流れます。(北京語にもなる?) 電源投入と同時にイルミネーションも点灯。デフォルトではピンク色に光りました。その後、自動消灯して何か操作すると再び点灯。受信状態(スケルチ・アウト)ではブルー、送信状態ではオレンジに点灯。これらも設定により変更が可能です。キー部分もLEDが点灯し夜間に於ける視認性も良好。 この辺りのデザインに関して言えば小生的にはかなり好感触です。周波数、バッテリー残量の視認性も問題ありません。Sメーターは携帯やスマホのようなスタイルなので、無線通信には不向きかもしれませんが、このリグの利用用途を考えれば十分かと思います。バッテリーは7.4V/1800mAHのリチウムイオン電池が付属します。容量的にも申し分ありません。 操作性  サイズはVX-8とVX-3の中間?。VX-8やVX-7が大きすぎると感じる人には丁度良い大きさかもしれません。テンキー操作はVX-8よりも良好です。片手だけで操作が完結します。ファンクションキーを押しながらボタン操作する必要はありません。デュアルVFOで、何れのVFOにもV/Uそれぞれの周波数を設定できます。TDRをONにしておくと、裏側で電波を受信すると自動的にVFOが切り替わります。TDRをOFFにするとシングルVFO(A/B切替)として動作します。PTTは若干クセがあり、送受信いずれも若干のディレイがあり、送信終了時はPTTを離して2秒ほど経ってから受信に切り替わります。送信時もPTTオンから送話状態に移行するのに1秒ほど掛かります。慣れれば全く問題ありません。レピータ運用となると少々難ありです。CTCSS…(Read More)