投稿 Currently viewing the tag: "TX-310/JR-310"

 おはようございます。朝方は青い部分が所々に見られた横浜の空ですが、徐々に雲が厚くなってきました。午後は雨になりそう・・。それはさておいて「電波のお空」は絶好調ですね。昨日の昼も50MHzが大オープンしていました。 TX-301 /JR-310 ご出場 Mark V ご入場  月末に伊豆下田を訪れる予定です。前勤務先の保養所を取ることができました。7月に入ると抽選になるためギリギリのタイミングです。保養所にはプライベートビーチがあり一般道から離れている場所なのでノイズもありません。小生にとってはアンテナの実験場でもあります。今回は6mと11m(フリラ)メインにQRVします。  この時期は現役の人達は来ませんので、我々のグループで貸し切り状態になるでしょう。そんな訳で月末に仕事を残さない様、頑張りたいと思います。  YouTube 動画をアップしている方がおられました。この動画を撮影している時、ココに泊まっていたと思います。朝食前に2階のテラスからドローンを眺めていましたので・・。 過去ブログがありました。 笑   TX-301 /JR-310 ご出場  大変お待たせしました。3月末からお預かりしている310ライン2台がチェックアウトです。担当エンジニアがギックリ腰で戦線から離脱したため診断作業が大幅に遅れてしまいました。以下の通りです。 受信機(JR-310)の電源スイッチ不具合 キャリブレートができない周波数がある 28MHz/50MHz 水晶追加 1について、電源スイッチ樹脂部が劣化して変形してシャーシと干渉していました。フロントパネルを着脱してシャーシの穴にリーマーを入れて穴を僅かに広げたところ、アタリもなくなりスムースにスイッチ操作ができるようになりました。 2と3について、各バンドの送信HET水晶が劣化し規程周波数から外れていました。3.5MHzについては約7KHzほど発振周波数が低くなっており水晶交換を要しますが、オーナー様より作業から外す旨の御指示を頂いております。最初、送信機・受信機ともに水晶交換の必要があると思われましたが、受信機については水晶を外してライターで炙ったところ、ほぼ規程周波数に戻ったため温存しています。送信機が側の離調が顕著で50.5MHzについては調整しているそばから離調が進行し、終いには発振しなくなりました。(こちらも作業除外) 7MHz/14MHz/21MHzについては、コンデンサー補正範囲を逸脱しているため、28MHz(増設)・28.5MHz側の水晶に補正用Tcを直列に挿入することで、他のバンドの同調ポイントに揃えました。50MHz用の受信トランスバーターの水晶(22MHz)は規程周波数から逸脱しておりましたので交換実施しました。尚28.0MHzと50MHzは水晶自体が欠損していましたので特注調達しています。重複しますが、TX-310はケミコン及びRF周りのセラコンは全て交換済みでした。  上記作業後に送受信確認を行ったところ、送信(TX-310)は7MHz〜28.5MHzの各バンドで20w弱、50MHzで10w強の出力を確認しました。受信(JR-310)は、3.5MHz〜28.5MHz…(Read More)

 おはようございます。曇り空の横浜です。連休以降コンディションの良い日が続いていますね。“花桃の丘”も大賑わい、小生はパトロールのみですけど・・・。w HL-250UFX ご出場 LS-202 ご出場 Mark V 重篤診断 今後の修理予定について  やっと愛車が帰ってきました。代車 “新型X3” のお陰でアッという間でしたけど。例の「当て逃げ」によりフロントバンパー、ウォッシャ・アッセンブリーの交換など、諸々39万円の出費となりました。保険会社と相談の結果、保険適用に踏み切った次第です。等級は3年で元に戻るそうで、その間の保険料アップを考慮すると、修理代が18万円以上の場合は保険適用が得になる計算。勿論、この間保険支払が無いことが前提です。30年以上無事故を通してきたので確率的には大丈夫だと思いますけど、やはり不安・・・。運転するのは小生のみにあらず・・です。汗   一応想定範囲内ですが、いくら保険適用とは言え“痛い”です。 “当て逃げ犯” に天罰が下りますようにッ!!!!   HL-250UFX 修理完了!  長らくお待たせしました。ファイナル・ドライバ交換の為お預かりしていたHL-250UFXの作業が終わりました。三菱製のMOS FETをファイナルに4発(2P/P)ドライバに1発使用しています。交換に際し周辺のコンデンサ14個も一緒に取り替えました。今回は取り説も回路図もないため着脱したチップコンを実測して容量を確認。40pFがゲート側・ドレイン側にそれぞれ使われています。またドレインの補正コンは10pFのセラミックコンが使用されていましたが、一発あたり50w〜60wの出力が出てくる場所ですのでフツーのセラコンでは頼りない感じが否めません。全て高耐圧タイプに交換しました。チップコンは500V耐圧を使用しています。本機の定格は10W入力に対して230Wが定格出力となっています。調整中に週間最大入力250W(連続50W)のダミーロードが焼け落ちました。パワー計も200Wまでしか表示できませんのでメーター針も振り切れ状態です。急遽 1.5Kw/650MHzの ダミーロードに付け替えた作業続行。RD60HUF1はIdq = 2.5A(typical)なのですが、本機の場合ドライバで十分底上げされてくるため2.5Aは少々流し過ぎと思います。従いましてファイナル4個については、アイドリング電流をややコンサバにセットしています。(実際ピーク出力付近でやや発振気味) この状態だとフルデューティさせたときに大荒れ→故障に繋がりかねません。定格よりやや絞り気味に設定しました。10W入力で220W程度は出ていると思われます。オーナー様より「10W入力時に250W出ていた」とございましたが、実際の入力はもっと大きかったのではないかと考えます。故障の原因は明らかにオーバードライブによるものですので、お気を付け頂きたく存じます。貴重なリニアアンプですのでフルデューティは避けて使いくださいネ。(^o^)   【ご依頼内容】 出力異常低下  以上について修理を承りました。 【工数】  上記の作業に工数3.0人日を要しました。(部品調達・修理・調整・検証・報告書作成などを含む) 【交換部品・使用ケミカル剤など】 RD60HUF1 × 5 (ファイナル4個・ドライバ1個) 39pF 500V チップコンデンサ × 10個 (40pFチップコンの代替として) 10pF 30kV 高圧セラミックコンデンサ ×4個 LS-202 ご出場  先週末の続きです。既に作業を終えておりましたが、「SSB送信不可能状態」について今後の取扱が未決でしたが、正式にオーナー様より作業終了のご指示を頂きました。写真(作業の詳細)などは前号をご参照ください。 【ご依頼内容】 送信出力が確認できない  以上について修理を承りました。 【工数】  上記の作業に工数3.0…(Read More)