投稿 Currently viewing the tag: "TS-900S"

 おはようございます。7月最後の週末明けであります。台風一過の南関東です。週間天気予報だと雨マークはありません。そろそろ“梅雨明け”じゃないかと・・・ TS-900 ライン ご出場 IC-736 検査中 今後の修理予定について  日本では殆ど注目されていない世界三大スポーツ大会の一つ “ツールドフランス2019大会”が幕を下ろしました。最終ステージ(Etape 21)のランブイエ〜パリ・シャンゼリゼ(128km)はアクチュアルスタートの後も暫くはパレード走行が続きました。これは毎年お馴染みの光景です。昨日までのリザルトで、(トップ集団でゴールできれば)総合優勝はエガン・ベルナルでほぼ決まりです。ボンヌフ橋を渡りパリ中心部に入ると、最後はコンコルド広場=シャンゼリゼ大通り=凱旋門のクリテリウム(周回コース)を6周してゴールです。最終ステージはこのクリテリウムに入ってから本気モードにはりますが、パリを訪れたことのあるかたならご存知のとおり、シャンゼリゼ大通りは石畳です。ここを時速65km以上でかっ飛ばすことになります。通常時なら自動車でも捕まってしまう速度ですね。振動でチェーンが外れてしまうことも多々あります。今年はルーブル美術館の中庭を突っ切る特別なコースが設定されました。恐らく最初で最後でしょう。結局は最終ステージを制したのはLOTOのカレブ・ユアン(豪)でした。総合は共にENEOSのベルナル(コロンビア)とトーマス(イギリス)の二人がワン・ツーフィニッシュ!! パリはコロンビア人の歓声で包まれています。一昨日までマイヨジョーヌをキープしていたアラフィリップは総合5位。敢闘賞を受賞しました。熱い夏をありがとう!! お陰でビール肥りしました。  総合優勝・新人賞をW受賞したエガン・ベルナル(INEOS・コロンビア)は若干22歳の若手選手。グランツールの新しい時代の幕開けですね。4カ国語のスピーチにも感動しました。(小生が理解できたのは英語だけ・・汗)因みに、ポイント賞(マイヨベール)はペーター・サガン(ボーラ・スロバキア)、山岳賞はアメン・バルデ(アージェードゥゼール・フランス)、チーム総合優勝はモビスタが獲得しています。  心は“ブエルタ・ア・エスパーニャ 2019 ”へシフトです。 TS-900 ラインご出場  お待たせしました。“TS-900D + VFO-900S + PS-900” のTS-900ラインの整備が終了しました。当初、重篤状態を予想しましたが、基本動作に関しては接触不良の解消でほぼ修復できました。ダイヤル校正のマーカー不具合は、MARKERユニットの半田面劣化(ホール陥没・亀裂)による発振不良でした。全ホールの再半田にて症状が改善しました。 【ご依頼内容】 外部VFOダイヤル照明が点灯しなくなった 本体とキャリブレを取る際のCAL ONでビート音が聞こえない。 VFOファンクションSWの動作を示すRECが点灯しない。 VFO-900S側でMAINを選択すると、時間経過後送信出力低下、受信感度低下する。 上記について、作業を承りました。 【工数】  上記作業に工数2.0人日を要しました。(故障診断・調達・修理・調整・検証・報告書作成など) 【交換部品・使用ケミカル剤など】 ケルミット 錫60% 鉛40% フラックスフリー半田 中量(サービス) ナイラッチ(セット)×2 IC-736 入場+検査中  50MHzの送受が出来ないとのことでお預かりしました。単純なアンロックかと思いきや、Tcを回しても電圧が下がりません。これからバラして行きます。月曜午前中には診断結果が出ると思います。     追記:2019/07/29 13:50  ポンド漬け下のD1が故障している可能性が濃厚です。工数を考慮すると如何なもんでしょう・・・・。 追記:2019/07/30 9:21  昨日(2019/07…(Read More)

 おはようございます。雨の横浜でございます。近隣では先週末にソメイヨシノが満開になりました。昨日は絶好のお花見日和でしたョ。今日は一気に葉桜に変わってしまいそうです。 TS-900ライン出場 HL-726D 再入場  昨夜久しぶりにYouTubeに投稿しました。後でレポするTS-900ラインの動画です。「BVX元気ないんじゃない?」と常連のOMさんよりメッセージ頂きました。元気なんですけど、静かに喋らないと肋が痛いんです(苦笑)。風邪引いて咳も酷いんですが、もう痛いのなんの・・・。愚妻に「骨粗鬆症じゃないか?」とバカにされる有り様。(前々号をお読み下さいw)  さて、移動局を失効させてしまった顛末についてです。先週末、関東総通から申請料の支払い請求メールが届きました。早速ペイジーで送金完了、一両日中に審査終了となる見込みであります。今朝0800時点では「審査中」のままでした。「審査終了」になったら九段の陸上3課へ免許状を貰いに行ってきます。今回は変更申請(設置場所変更)した固定局と移動局の二通同時発行ですなぁ。総通データベースでJG1BVXを検索すると失効した移動局免許が晒されてます。(恥ずかしいww)「早くアプデしてくれ〜〜〜〜〜!!」 久しぶりのクルマネタ!!  前々から気になっていた AC Schnitzer Performance Upgrade ですが、この度装着が完了しました。535i に搭載のN55は306ps/400Nmです。このエンジンは1シリーズから7シリーズまで幅広くF系の各モデルに搭載されていますが、535iでは車格を考慮して少々マイルドな設定(燃費優先)になっています。1シリーズと7シリーズを比較すると、車重差は500kg近くあるので同じセッティングのままでは不都合。6シリーズ以上のモデルに搭載されるN55は320ps/450Nmの設定です。しかし、5シリーズ〜7シリーズはプラットホームが共通ですから車重差は最大でも200kg程度です。6シリーズに関しては“ほぼ一緒”でしょう。5と6を差別化するために5以下と6以上で区切った感が否めません。・・すみません小生の勝手な勘ぐりです。因みにM2に搭載されているN55は370psです。最近欧州車で流行しているchipチューンだけで簡単に2〜3割のパワーアップが可能なんですが、前に乗っていた335i時代にエンジンワーニングが点きまくった反省もあり、DのエンジニアやBM’er仲間の助言を参考にAC Schnitzer Performance Upgradeに決めた次第です。他の類似パーツとの相違点を簡単に書くと、センサー数の違いでしょうか・・。むしろ装着していた方がエンジンに優しい気さえします。ダイナモに載せていないのでわかりませんが、公称値は360ps/500Nmで、AC Schnitzer製のインタークラーに交換すると10%程度出力が上がるとのことでした。normalモードだと1200rpm付近でシフトアップしますがトルク不足を感じていました。sportモードを常用すると燃費が急激に悪化します。Performance Upgradeを装着後は1000rpm付近のトルク感が増し、とても運転しやすくなりました。sportモードでは体感加速的に0-100km/h = 5秒フラットくらいにアップした感じです。(実際は5.5…(Read More)

 おはようございます。暖かい朝を迎えた横浜、今日は南風が強まるとのこと。桜は散ってしまうかな? 昨日は近隣の公園で愚息と二人で花見弁当を頂きました。今日から新学期です。 TS-900 TH-78  今朝リビングに降りてきたら、テーブルにハンディ機がズラッと並んでいました。しかもご丁寧にアンテナも。 「??昨夜間違いなく片付けたハズ・・」 犯人は愚息でした。普段は居室のスチール棚最上段の充電器に挿していますが、ここから持ちだしたのでしょう。   最近“フリラ”に目覚めたようで、特小の横浜青葉RPTでCQを出しています。子供の声が聞こえたら愚息ですので相手してやってください。w 小生がネタ用に購入したアイコム IC-4300Lが彼の愛機です。因みに、このRPTは我が家の一階屋内からもアクセスできます。もしかするとRPT管理者の“よこはまMK71”さんはスーパーローカルなのかな? 愚息がRPTでご迷惑をお掛けするかも知れません。どうかお手柔ら何。m(_ _)m 小生も遊ばせて頂きま〜す。♪♪♪   前にも書きましたが、我が家は嫁、娘とも無線従事者です。二人ともエサを与えて免許を取らせたクチw。そういうアプローチで無線を始めると続きませんね〜(反省)。息子がこのまま興味を維持してくれたら来年4アマに挑戦させます。 旧ラボに修理品が続々到着中・・・  2月以降、修理品の送付先は新ラボの住所にお送り頂くようお願いしています。修理品の送付時の注意事項についても、メールに長々書くと読んで頂けないので、別リンクでご案内するように変更しました。送付先の住所もそちらに記載しているので、飛ばし読みしないかぎり注意事項も読んで頂けるので一石二鳥。というのはこちらの希望的観測? 先月は10個前後の段ボールが旧住所宛に届き、ヤマトさんに転送してもらいました。弊社は本店(登記場所)・営業・ラボの住所が異なりますのでご注意頂ください。HPに記載の住所に修理品を送られましても対応できませんので、必ず申し込みフォームからご相談下さい。m(_ _)m TS-900 水晶再発注!!  先日来お伝えしているTS-900ラインの修理続報です。7MHzと28.5MHzのヘテロダイン水晶の交換が必要とお伝えしました。着荷した28.5MHz用の3rdオーバートーン水晶に不具合があり正常な周波数が出ません。正弦波の出力波形ばかりに気を取られていました。(汗)急遽メーカーさんに対応頂いています。余談ですが、ヘテロダイン周波数は37.895MHzですが、3rdオーバートーンですので12.6317MHzが正常な周波数のハズです。ところが着荷した水晶は12.459MHzを示しています。実周波数に換算すると、1.7MHzほど離調します。届き次第装着・調整に入ります。  因みに、この水晶チェッカーは中国製のキット。小生は中国のサイトから購入しましたが、秋葉原のアイテンドウでも取り扱っています。そこそこ使えますョ。 TH-78 について  こちら、430MHz出力が異常に低いとのことです。パワーモジュールが故障していました。東芝製のパワーモジュールになりますが、国内流通在庫が確認できません。海外から取り寄せになるため部品原価に加えシッピングコストが加算されます。着荷不良のリスクを考慮し複数個所有しているサプライヤから取り寄せとなるため“安かろう”で引っ張ることができません。勿論交換工賃が掛かります。オーナー様と協議の結果、今回の修理は中止させて頂く事にしました。ハンディ機の場合、費用負担が “修理>新品” になる傾向が強いです。“機能に対する費用負担”という観点では新品購入が確実に合理的です。(エンジニアの本音)  現在、TS-900ライン、310ライン、Mark Vなど、筐体が分割されているモデルが集中して入場中です。一度ラインに上がってしまうと、部品調達中でもラインから降ろせませんので作業がスタックしています。  尚、WL-2760につきましては、回路図などの資料がないため長期対応のフラッグが上がっています。こちら少々お時間を頂戴します。  この土日は休み返上で作業しますので、どうかご容赦ください。m(_ _)m…(Read More)

 こんにちは。快晴ですが気温は少々低めの横浜であります。当地のソメイヨシノは週末までもちそうです。 TS-900ライン改修  愚息の奇襲攻撃により肋骨を折りました。爆 一昨日のこと、夕食後にソファーに座りテレビを観ていたところ、愚息が背後から忍び寄り小生の背中に飛び乗りました。小生は崩れ落ちて胸部をリビングテーブルに強打・・・。“この痛み”身に覚えがあります。過去に肋骨を三度折っているので間違いありません。レントゲンを撮ったら案の定でした。汗 右肋骨の先端にヒビが入ってます。コルセットで固定してもらいましたが、体幹を垂直にたもっていないと激痛が襲います。うかつに咳でもしようものなら一大事です。全治半年とのことでした。去年は脚の小指を左右二本折り苦労しました。骨粗鬆症でしょうか・・・。(苦笑) 重量級リグの上げ下ろしが辛いです。(トホホ) DJ-G7 が到着  久しぶりにハンディ機を新調しました。このブログでも書きましたが、移動局の廃止・新規開局を申請しました。既に廃止届けは審査終了、現在は新規開局の審査待ちです。20台近くある旧JARL技適機を全て廃止し、JARDの新技適機に統一すべく無線機の入換えを進行中であります。1200MHzのハンディ機はFT-104で免許を受けていましたが、これを廃止したため1200MHzの可搬機を新調する必要がありました。現況、固定機以外ですとアルインコさんのDJ-G7を除いて選択肢がありません。本機で1200MHzの移動局免許を受けることにしました。アルインコさんのハンディ機は広帯域受信機、特小無線機を所有していますが、アマ機のトランシーバーとしては初体験です。Amazon(CQオームさん)から購入、翌日に届きました。ヤエスさん、アイコムさんの製品に慣れているせいか、設定メニューへのアクセスが今一つしっくりきません。まずは取扱説明書と睨めっこです。一通り扱えるようになってからの印章は「もっと早く買っておくべきだった!」であります。ダイキャスト製の筐体は質感も良くホールド感も抜群です。ボタンも大きめで押しやすい。アマ機としての基本性能は言うまでもありませんけど、“スタンバイ・ピー”(死語か・・w)が内蔵されているのはアルインコ製品だけですね。70年代開局組としては懐かしい機能です。(あのドラマの影響w) おっと、まだ局免審査がおりてませんから送信はできません。ww 何より耳が良いところが気に入りました。500KHz台から受信可能な広帯域受信機能により絶滅危惧のAM放送から受信可能、スケルチには空線キャンセラーも内蔵されているのでMCA系の私鉄無線の傍受にも役立ちそう。また小生が日々ワッチしているUHF系航空無線は付属ホイップでも十分受信できます。当地から20km離れた厚木基地のTWR周波数 340.2000MHz もよく聞こえました。VX-3、VX-8と比較するとスケルチ閾値が高めで、Sメーターの振れ方も少々重いです、しかし感度は高くSNも良好でした。バッテリーは、リチウムイオンバッテリーのEBP-73(1200mAh)か、EDH-35(単3乾電池パック)の二択です。ハイパワー運用には前者が必須となります。小生の運用スタイルQRPPが殆どですので、汎用性を考慮した後者を選択する機会が増えそう。特小機も一緒ですが、同社のハンディで解りにくいのはAFボリュームです。こちらについては、もう少し直感的に操作できるように工夫して頂きたいところです。令和に突入する10連休はキャンプ・BBQを計画中、その頃には免許も下りることでしょう。またレポートします。余談ですが、ID-51はVHF航空無線しか聴けません。その為、登場機会が少ないのが残念。 TS-900 ライン 重整備中  常連オーナー様のご所有機になります。前回14MHzのHET水晶交換・OHでお預かりしました。今回は前回ご指摘させて頂いた、7MHz水晶劣化による交換、球切れメーター照明のLED化、アライメント調整のオーダーです。 (1)HET水晶交換  本機によくある症状ですが、ヘテロダインの水晶が劣化し周波数がズレはじめて、終いには発振しなくなる症状です。前回、14MHz用が完全にアウトになり交換させて頂きました。調整の際、7MHzだけ校正範囲を逸脱し、他バンドと200Hz程度VFOダイヤル位置がズレてしまう現象が起こっており、意図的に他バンド側を100Hz下側にシフトさせることで、7MHz…(Read More)

 おはようございます。今日から新年度ですね〜。そして新元号の発表。こんな形で新元号が発表されるのは、人生で最初で最後でしょうか。気温は低め、天気も不安定な一日になりそうです。  午前中は各放送局とも特番体制ですね〜。ブログも仕事の書類書式も西暦を使っているので特に混乱はありませんけど、公文書を扱う御役所は大変そうです。我々の無線局免許には元号が記載されますねぇ。全国民が注視する一日でありますがラボはいつも通りです。そんな日にブログを書いても誰も読まないって!? 日銀短観が二期連続で悪化していることが気になる小生であります・・・。(汗) JG1BVX 移動局廃止  先日来お伝えしている移動局免許が3月31日付けで廃止になりました。新規申請中の移動局免許は今日現在「審査中」です。ww 「審査終了」になるまで移動運用はお預けです。今回は新規入手したTH-D74とDJ-G7を加える代わりに旧技適機を全廃させました。固定局免許にも重複して登録している機種が多いので、別に右往左往するこてゃないですなぁ。アッ・・新規開局が5月以降だと新元号が記載されたのか!?  TS-900 重整備の続き・・・  只今TS-900ラインが入場中です。こちら前回入場時に14MHzのヘテロダイン水晶を交換していますが、その際に気になっていた7MHzの水晶交換実施と、メーター照明修理がメインです。検査の結果、その他の箇所については劣化故障による部品交換は不要です。  7MHzについては他バンドよりもヘテロダイン周波数が数KHz下回っています。校正針を移動させればよいのですが、7MHzだけ逆側に大きく振らせる必要があるため、気になるところではあります。水晶を発注してますので、こちら一週間程度お待ち下さい。  メーター照明ですが、オーナー様よりLED化のご指示を頂いております。幾つか試したのですが、中々上手く行きません。高輝度LEDに拡散フィルムを付ける必要がありますが、メーター内に光が行き届かないのです。ホットグルでLEDの固定を試みようと思います。 旧住所に送られた修理品の取扱について  複数の修理品が何故か旧住所に送られ、迷子の末に数日遅れて着荷しています。新住所を注意書きに記載していますので、必ずお読み下さい。m(_ _)m 多くは常連オーナー様からの荷物です。(汗) 今後の修理予定について  先週に引き続き、TS-900については部品待ちのため一旦ラインから降ろします。 TS-900ライン トリオ310ライン Mark V TH-78 FT-726 IC-726 その他の無線機など &nbsp…(Read More)

 おはようございます。今日はググッと寒くなりました。先週末、東京は開花宣言しましたけど、少々時間稼ぎできそうですね。窄みのままなら雨に打たれても大丈夫? よくわかりませんが・・。週末は拙宅に後輩達がやってきました。土曜日は天気にも恵まれたので、小さな庭の片隅に何年も放置されたBBQコンロを組み立てました。  近隣のロピアで 1,300g / 1,750円 のサーロイン、200g / 950円のタン、3kg/1,500円の焼肉盛り合わせを購入!。安すぎると思いませんか? しかも旨いんです。元々横浜の肉屋さんだったそうです。安いソーセージと6Pチーズも大量に調達しました。これらは燻製用です。他に金沢から取り寄せたノドグロとカレイの干物もあります。四家族11名の胃袋を満たすには十分の量。RKE氏の奥方は元CAでソムリエール、これまた安くて旨いワインをチョイスしてきてもらいました。Como Surはチリワインで人気があります。1本千円程度ですが、非常に気に入っています。 何故かVOLVO(自動車メーカー)のラベルの付いたSOLO VOLVOなるワインも。ボルドーのベルエアというシャトーの表記がありました。VOLVOの営業マンが持ってきたそうです。2004年というと、ボルドーは当たり年だったかと。殆ど、小生とRKEの二人で開けてしまいました。 81歳の父が揚げた唐揚げが大人気でした。 TS-900Sがご入場  先週より第3ラインで展開していたTS-900Sの本格的な作業が始まっています。前回拝見した個体とは別モノです。こちらもEimac 4×150搭載のフラッグシップモデル。14MHzが送受信できないとのことでした。やはりヘテロダインの22.895MHzが逝かれています。22.895MHzは7.316MHzのサード・オーバー・トーンですが、どうもこの手の水晶は壊れやすいのか、WWVと28MHzのAバンド用水晶も機能しません。前回修理した別個体も同様の症状でした。写真のオレンジ・パッケージの水晶がオリジナルです。IF、NB、VFOなども大きく離調しています。取りあえず、ご依頼の修理とフル・アライメントまで実施しました。14MHzまでは問題無く出力しますが、ハイバンド側はややパワー不足な感じがします。オーナー様が球をお持ちのようですので、お任せするとしましょう。総合調整、OHは以下の内容です。 (1)VFOアライメント (2)局発周波数調整 全バンド(wwv、28.000MHz〜28.500MHzを除く) (3)IF・NBユニット調整 (4)コイルパック調整 全バンド(wwv、28.000MHz〜28.500MHzを除く) (5)S/RF メーター校正 (6)ALC…(Read More)