投稿 Currently viewing the tag: "TS-870S"

 おはようございます。薄曇りの横浜であります。流石に10月も半ばを過ぎると肌寒いですね。土曜日は江ノ島花火大会、日曜日は大同窓会と、イベント三昧です。ちょっとお天気が心配です。  最近、「メールアカウントを乗っ取ったぞ!」的な怪しいメールが立て続けに届いています。「お前のアカウントを乗っ取った。その証拠に発信元を観てみろ! お前のアドレスからだ・・」と書かれています。コレがすぐにハッタリであることが判るのは、そのメールの送信と同時に“MAIL DELIVERY ERROR”が届いていることです。これは、SMTPサーバーが送信を拒絶している証しなんですね〜。小生が使っているiCloudの場合はSecure SMTPを使用しているのでパスワード認証させないと送信できない仕組みです。このハッタリ野郎はメールアドレスのドメインからSMTPサーバーのアドレスを割り出し、あたかも同じアドレスから送信していることを偽装しようとしていますが、パスワードが無いためSMTPがメールを中継しないんです。そりゃー返信先が自分になっていれば、ERRORもこちらに届きますから。笑 まったく間抜けな話。前置きが長くなりましたが、本題はここから・・・。そんな事もあり、念の為パスワードを変えておこうと思い、iCloudにweb経由でログインしようとしたところ、2ファクタ認証から先に進めません。Appleの場合、iCoud連携している他のデバイス(iPhoneなど)に通知されるパスコードを入力する仕組みになっているのですが、何故かこれが通りません。Appleサポートに電話しても原因が判らず、3日経ったのですが未解決のままです。パスワードはリセットできたのですが、webからログインできない状況が続いています。iPhoneやOSXのシステム上からは入れているのですが・・・。小生は“me.com”時代からのユーザーですが、こんな事ははじめてです。有料サービスなんだから、もう少しきちんと対応して欲しいなぁ。そんなことぐらいでApple信者を止めるつもりはありませんけどね。 FT-690Mk2 電源極性を間違えて故障・・・  同じオーナー様から二台の690Mk2をお預かりしています。二台とも+と−を逆さまに接続してしまったそうです。誰でも一度は経験しますよね。殆どの無線機にはダイオードでプロテクションされるようになっているのですが、本機にはソレがありません。回路的に最もダメージを受けやすいのはファイナルの2SC1971です。ここは外部電源からのDCが直接印加される箇所になり、コレクタ側にマイナス電位、エミッタ側にプラス電位が掛かります。石にもよりますが、どうやら2SC1971は一発で壊れるみたいですね〜〜。二台ともファイナルが壊れていました。まずは(その1)より修理を進めることに。2SC1971は在庫があるのですぐに交換作業を進めました。こちらはファイナル交換のみで修理が完了しました。続いて(その2)でありますが、こちらについては受信時にもTX7Vが印加されています。即ち、受信時に送信回路がONになっているということです。どうやら、送信SWのトランジスタが逝かれ、常時電流が流れてしまっているようです。しかもDC13.8Vが7Vラインにそのまま入りこんでいるため故障範囲の特定が困難な状況です。こちらについては修理不可判定となりました。スミマセンm(_ _)m 【ご依頼内容】 逆極性電源接続後の動作確認・修理 以上について承りました。 【工数】 上記作業に工数2.5人日を要しました。(診断・修理・調整・報告書作成など) 【交換部品など】 2SC1971×1個 TS-870S 受信感度が著しく低下  小生も愛用しているリグです。こちらについては、もはや「聞こえない」と言って良い状態です。50dBµV(ほぼメーターフルスケール)の信号を突っこんでも微かに復調するレベルです。本機にはIF出力とEXT RX ANT端子が付いているので、ここをテストすることから始めることにします。ANT1・ANT2の信号は送受リレーを介してRFユニットに入り、VFO信号とMIXされたあと2nd…(Read More)

 こんにちは。今日は少々気温が低めです。このくらいだと過ごしやすいですね〜〜。仕事もはかどります。ww 今日はリリース前のRRS-Piについて書きたいと思います。 先月からβ版をテスト中ですが、FTDX5000の接続確認が終わりました。これで、FT-2000系列、FT-450系列など、ヤエスさんの非USB搭載機(SCU-17経由)の検証が済んだことになります。後ほど触れますが、SCU-17を介すことでケンウッド製の非USB搭載機も操作可能です。RRS-101/501 と同様の操作感 先代のRRS-101/501で対応した無線機に関しては、USBを搭載しない無線機でもSCU-17を併用することで問題無く使用できることを確認しています。今回はFTDX5000で検証しましたが、接続はとても簡単です。RRS-PiとSCU-17はUSBケーブルで繋ぐだけ、SCU-17の電源はRRS-Piから供給されます。SCU-17はUSBバスパワーの5Vで駆動しますが、RRS-Pi側のUSB電源は2A以上のモノを使用することをお勧めします。特にUSBカメラを併用する場合は、供給過多となり電圧降下が発生する可能性があります。SCU-17とFTDX5000の接続は、ヤエス純正のSCU-21で接続します。こちらについては、SCU-17の取り説に詳しく記載されていますので、そちらをご覧下さい。 以下がFTDX5000側の設定項目です。MENU 032 GENE CAT BPS  → ”4800bps…(Read More)

 長らく使ってきたベリンガーC-1からシュアーの55SHに替えました。ダイナミック型の方がバックノイズを拾いにくく、環境ノイズの多い場所に適しているようです。  ベリンガーC-1は安価なコンデンサーマイクで、実はマイクユニット自体はECMであることは有名です。高級感を演出するためか、48vのファンタム電源で動きます。ECMなら5v以下で動作するので48vのファンタム電源は本来不要。巧みなマーケティングでしょうかね〜。因みに5K円以下で購入できるマイクですから過度な期待は禁物ですが、そこそこに性能は出ていました。ところが、3.5MHzの常連OMから「音が歪んでるよ〜」と言われチェックしたところ、オンマイクで口笛を吹くとバリバリ酷い音になります。最近ミキサーをベリンガーのコンパクトなタイプに変更したので、そのせいかもしれません。ファンタム電源が18v(取説には48vと書いてありますが、実測値と大きく異なります)と、かなり低くなっています。ECMのFETアンプは48vで設計されているので、低すぎると言えば低すぎます。48vからECMのドライブ電圧までレギュレーターで降圧しているとは考えにくいので、大音量時に歪んでしまう可能は否めません。 盛大にバックノイズが載ってる  コンデンサーマイクはゲインが高く、オフマイクでも十分な音量が得られます。その為集音環境が広範になり、バックノイズが盛大に載ります。拙宅の場合、リニアアンプを使用するとファンの音が入り込むので騒々しくなるはず。それでもC-1の音が好きで使用してきました。 シュアー 55SH再登場!  久しぶりにダイナミックマイクに交換してみました。元々ボーカル用マイクロフォンでエルヴィス・プレスリーが愛用したことで有名な55SH。そのデザインから「骸骨マイク」の愛称で親しまれてきました。今でもテレビ番組の演出小道具として使われることが多く、皆さん一度は目にしたことがあると思います。引っ張り出すのは、ハムフェア2014の会場でリモートのデモを演った時以来。  ダイナミックマイクなので電源は不要。高い音圧にも耐えるので口笛くらいではビクともしませんね〜。前回テストしたのは旧シャック(マンション)で、音場が異なる為か、こちらの方がバランスが良い感じです。FTDX3000、TS-870、FT-897、RJX-601(HiFi-AM非対応)でテストした結果、特にFTDX3000(SSB・AM)で使用したときのバランスが秀逸。SSBで送信帯域を100Hz-2900Hzに設定したとき、低域からほぼフラットの特性を示しました。TS-870(SSB)ではやや低域が強調される感じですが、好みの音です。FT-897(SSB)は帯域が狭いためか音質自体に変化は感じられませんが、バックノイズは明らかに減りました。そして、RJX-601に最も変化が現れています。C-1使用時は金属音の様な耳障りなピーク変調だったのが、円やかな音質に変わりました。RJX-601は、1w以上の+変調でIMD…(Read More)

 ケンウッド系のPC(CAT)コマンド確認用にTS-870Sを落札しました。別に欲しいリグではなかったのですが、リモート・サーバの動作確認用に必要だったため致し方なく・・・。TS-870以降、復調・変調系にもDSPが介在するようになり、TS-950系と比較するとコマンド数が増えています。 TS-590系まではパラメータを除き、コマンド体系は「ほぼ」共通です。因みに、TS-990系列では、伝統的に使われてきたMD(mode)等のレガシー・コマンドが廃止され拡張されたコマンドに置き換えられました。  そんな訳で個人的には全く不要なTS-870を入手。デザインは現在のケンウッドに繋がる「フラットデザイン」で古さを感じません。VFOノブの質感もよく、高級機の風格を漂わせています。ある意味、HF無線機の概念を変えた「記念すべき」リグなんですが、ネットでの評価はイマイチ。ヤフオク等の落札相場も低めです。過渡期のDSP機ゆえプロセッサーのチューニングが不十分。信号レベルが低くくなると、あるポイントからいきなり聞こえなくなります。  受信音質は悪くありませんが、DSPによるAGCは最悪。こんな使いにくいAGCに遭遇したことはありません。恐らく微弱信号が突然消える症状はこの辺りに問題があるように思います。流石に最新のFTDX3000、FTDX5000とは比較になりません。  但し、CWではスロープチューンの切れは良く、絞り込んでもリンギングは気にならないレベルです。因みに、入手した個体はSメーターの振れが2メモリほど弱いのですが、受信感度は問題無いように思います。NR + LSBを押しながら電源投入でメニューA3を呼出し、SSGから14.101MHz/-81dBmを突っ込んでUPボタンを押し、パラメータを保存したところ、元気よくSメータが振るようになりました。しかし、何故こんなところの調整が狂っているのか??です。  ついでに出力をチェックしたところ、ローバンドで85wしか出ていませんでした。メニューA7で送信し、RF計の出力を確認しながらRIT/XITを回すと、160wまで出力することを確認。ファイナルの定格から150wまでなら安全マージン内とみて少々QROさせました。パラメータ保存で設定メニューから離脱。最大出力が140wになることを確認しました。気をよくしたところで各バンドの最大出力を測定したところ、1.9MHz、3.5MHzは150w。18MHz、21MHzは130w。その他のバンドは数十wから100w程度で疎らです。「もしやコレは?」  TXゲインが怪しいと視て、再び設定モードで起動。TXゲインのメニューを見つけてサービスマニュアルに従ってチェックしたところ、案の定メチャクチャな設定になっていました。全バンドの設定を取り直してパラメータを上書きし、再度設定モードから離脱して送信確認を行ったところ、全バンドで170w…(Read More)