投稿 Currently viewing the tag: "QRP"

 おはようございます。未明から雨が降る横浜地方です。台風はどの辺でしょうね〜。世の中はすっかり盆休み、弊社も14日から土日を挟さみ20日までお休みです。あれれ、、晴れてきました。  書き忘れていました。固定アーカイブの「無線機コレクション」「BMWコレクション」をリニューアルしたので、各ページの右上に固定リンクを追加しました。 TR-1000 あと一息 IC-375D 異常ナシ・ご出場 今後の修理予定について  前半は休み返上してラボで修理作業に勤しみます。後半の18日〜20日は下田の保養所行きを予定しています。再び入田浜海岸より50MHz、27MHz、28MHz (FM)に出ますので聞こえたら是非声掛け下さい。m(_ _)m   先週末の土曜日、小用で横浜港のある市内中区まで移動しました。山下公園で開催されたポケモンGOのイベントに愚息が行くというので、くっついて行った次第。こちらの狙いは海辺からのQRVであります。(ww) ピコ6(MX-6S)とDJ-G7、ICB-87Rをリュックに詰めてイザ出発です。愚息はRJ-480Dといういつものスタイル・・・。山下公園はポケモンGOのレアキャラ獲得の為、全国から集まった参加者で賑わっていました。小生も一応アプリは入れているのですが一度も起動することなく、氷川丸の横でアンテナを伸ばしてました。(笑) 10時時点で気温は35度を超え、愚息もゲームどころではないみたいです。「暑いからもういいや!!」・・確かに熱中症のリスクがマックスです。その間30分と短い間でしたが、11mも6mもDXは開かず終いです。6mでCQを出されていた県内鎌倉市内を移動されているJE1PIQ/1局にお声掛けさせて頂きました。ピコ6は公称1W機ということになっていますが、小生所有個体は0.5W程度だと思います。先方は2.5Wとのことでした。ピコ6のSメーターが少々重いせいかもしれませんが、当方側RS 54/ 先方レポート 57でQSLです。こちらのアンテナはベースローディングのテレスコピックで、氷川丸の真横からオンエアしました。久しぶりのピコ6でしたが、レポート交換程度のQRP遊びにはもってこいのリグです。ご存知かと思いますが、このピコ6(MX-6S)はCW打電用のボタンが付いています。モニターできないので、ちゃんと打てているか不安になりますが、BK — BKのラバスタQSO程度なら問題ありません。QRHはご愛敬!! 愚息が横から「あそこに行こうよ! きっとココよりも涼しいよ!!」と指さす先は「大桟橋」でした。ふむ、確かにココよりは人が少なそう。実は横浜港周辺施設の中では穴場的存在ですね〜。小生も「いずも」入港時くらいしか立ち寄りません。ウッドデッキなので照り返しが少ないというメリットが、しかもデッキ下の客船ターミナルに降りれば冷房が効いています。桟橋のなので両側は海です。電波出すのにこんなに良い環境はありません。11mのノイズは山下公園よりも低くく絶好のロケーションでした。しか〜し、結局ホワイトノイズは上がらず終い、11m…(Read More)

 おはようございます。台風一過の横浜は午前9時現在快晴です。今日は残暑が厳しくなりそう。神奈川も最大瞬間風速40mを超えました。また西日本に被害が集中しています。被災された方には、心よりお見舞い申し上げます。  拙宅の釣り竿デルタループは架設から4年になりますが、今回の強風にも耐えました。同じマストに設置している6mのHB9CVはフロントエレメントが前を向いています。恐らく釣り竿がヒットしたのでしょう。“釣り竿”ですから元々大きく撓るようにできています。逆らわずに強風のエネルーギーを逃がしているのか? もっともチープなアンテナが一番丈夫なのは皮肉な話です。ルーフ・タワーもベランダ架設です。特にベースをガッチリ固定していません。数カ所にステーを貼って手すりに結わいているだけで一時間で撤去完了してしまう粗末なものですが、アルミ梯子を取り付けてあるので常時メンテ可能です。立派なクランク・タワーが羨ましく思いますが、台風が通過するたびに「これで正解!」と頷いている次第であります。(負け惜しみ) Whizz Loop のエレメントを帯鋼化  何度か記事にしているWhizz Loopのネタです。本アンテナの詳細については割愛しますが、付属の針金(銅線)エレメントの耐久性・取扱についても「改善の余地あり」とお伝えしてきました。超弾力性鋼材(形状記憶)やピアノ線など、幾つかの候補がありましたが“実績”を考慮すると、“帯鋼”が最適であるとの結論に至りました。“グローバルアンテナ研究会”さんが頒布されているループアンテナの素材です。高い弾力性と耐久性を兼ね備えておりアンテナエレメントに最適な素材であると思います。何れ、杵渕OMとQSOできたら入手方法などをお尋ねしようと思っていたところ、偶然にもハムフェアのブースで“帯鋼”を頒布されておりました。しかも10m 1,000円という安さです。Whizz Loopのエレメントは約1.6mですので、10m一巻きでエレメント6本は作れる長さです。1.6mの長さにに切って両端に圧着端子を半田付けすれば出来上がり。弾力性が高いため収納時に丸めても使用時には元通りに延びてくれます。エレメント組成時にも形状を整形する必要がなく、Whizz Loopに取り付けるだけで使用可能。収納時に丸めるが少々面倒な程度です。こちらも、適当な紐で結わけばバッチリ!!   完成後KX3で試しました。付属のエレメントと比較したところ、僅かながらゲインが上がった様な気がします。また、エレメントが太くなったせいか、同調点も僅かに広がりました。これはFBです!! ミニマイズ・スタイルの完成!  最近連載したSUAOKI U10の専用バッグにWhizz Loop本体+帯鋼エレメントがスッポリ収まりました。KX3やFT-817と組み合わせると、最強のQRPパッケージが完成します。KX3なら10W(最大15W)でSSB/CW運用が可能です。 7K1BIBさんのブログにも登場  山内OMが北海道旅行された際に Whizz Loopを持って行かれたそうです。大変FBなレポートを書かれています(動画あり!)ので是非ご覧下さい。 IC-820 について  “変調が浅すぎる”件について、修理をご依頼頂きました。拝見したところ、SSBについては正常に変調が乗っています。FMは大声で怒鳴っても、受信機側のAFボリュームを最大にして何とか聞き取れる程度。これらの状況から、故障範囲はFM側とSSB側の分岐点からFM変調器の間であることは想像がつきます。FMで正常なキャリアが出ていますので、FM変調器から後ろは正常に動作していると観て間違いありません。しかし、完全に壊れているわけでは無く、ゲインの低下ですので短絡や素子故障の状態ではないものと思われます。実はこの様な状況が最も厄介です。計測点にテスターを充てて判別することができないばかりか、AFの微弱な信号をオシロで拾ったりAFミリバルでピックアップするのは至難の業です。(AF以外の成分も拾ってしまうため判別できない) 従いまして、故障箇所を判別するには回路上のチップ部品やICを取り外す必要があります。これらの部品については、正常であったとしても殆ど再利用できません。その為、工数の見当がつきません。通常メーカーサービスで作業する場合には、確実にAssy交換となる内容です。救いとしては“一応動作している”こと・・・。FM…(Read More)

 おはようございます。快晴の横浜地方は朝から蒸しております。予告通り寝不足です・・・。いやいや実に気持ちのイイ朝でありますね〜。最後(AM2:00)までしっかりセネガル戦を応援しておりました。土壇場のゴールにより同点で幕引きとなりましたが、次のポーランド戦は仮に黒星でも決勝トーナメントへの進出の可能性が残されます。  逆を言えば、敗退の可能性もあるわけです。どうにもGK川嶋の対応が今ひとつと感じさせられるシーンが幾つもみられました。開始冒頭の失点は川嶋のパンチングミス??・・・。GK交代もあり得る様相です。ポーランド戦では良いプレイを見せてくれること期待したいところ!! 週末は資格のお勉強・・・のはずだった  ハイ、そのはずでした。実は週末に提出予定だった添削課題を積み残したままです。土曜日は“趣味の製作”に明け暮れ、雨が上がった日曜日は実に清々しく自転車に載られずには居られませんでした。汗 結局、倅と4時間近くポタリングしてしまった・・・。反省 結局、帰宅後に教科書をひろげたものの、集中力を維持できたのは2時間程度です。イカンイカン、今日中に提出せねば。  そして、“趣味の製作”でありますが、またまた下らないモノを拵えております。「テレスコピック用カウンターポイズ・ボックス(アンテナベース)」です。シャックのガラクタを整理していたら、以前製作したミニ・コモンモード・フィルタが出てきました。タカチのプラケースの中にバイファイラ巻したトロイダルコアを収めただけの粗末なものです。スッカリ忘れ去られた存在で、M型コネクタとコアを取りだしてバラしてしまおうかと思ったのですが、QRP用テレスコピック(ロッドアンテナ)ベースに出来そうな感じがしたので、軽〜〜く工作・・・。KX3にBNC-BNCのL字クランクを介してアンテナを直付けした場合、垂直位置に固定することが困難です。とは言え、、重たい同軸ケーブルにANT基台をリュックに入れて持ち歩くのも面倒。たかだか数百グラムのテレスコピックを使うのに基台を持ち歩くなんて実にアホらしいです。50cmのRG58Uケーブルとタカチのプラケース(20mm×30mm×50mm)なら大した荷物になりません。プラケースに軍端子を取り付けてGNDに接続すればカウンターポイズ端子になります。取りだしたコモンモード・フィルタを眺めていて思いついたのが、延長ローディングコイルです。手元にある50MHz用テレスコピックを下のバンドで使えたら面白いな〜と。1m弱のエレメント長さからローディングコイルのインダクタンスを計算したところ0.7µH弱であることが分かりました。(実際にLCメータで実測したところ近い値を示した)同一のエレメント長さで14MHzに同調させるためのインダクタンスを計算したところ、15µHとなります。即ち、足りない14.3µH分のコイルを繋げば14MHzのアンテナとして機能するハズ・・・。厳密にはインピーダンスを補正するCを挿入する必要がありますが、そこはKX3(内蔵ATU併用)で使うことを前提とすれば解決できそう。トロイダルコアに30回も巻けば7MHz辺りまで引っ張れそうな気がしますが、同調がとれてもエレメントが短すぎて実用とは程遠くなりそう・・・。14MHz〜21MHzにクイックQSYできれば満足です。適当に作った割にはイイ感じに仕上がりました。トロイダルコアって〜のは実に重宝しますね。空芯コイルで14µHとなると、結構なサイズになります。小さくし過ぎると市販のモビホと一緒で効率が悪くなるし・・・。トロイダルコアなら写真の様な0.8mm径のエナメル線を線材とした場合でも8ターンも巻けばOKです。せっかくなのでタップ出しして18MHz(7T)、21MHz(6T)でも使えるようにしました。素の状態で使用するコトも考慮してスルーの端子も付けてます。(赤〜赤) カウンターポイズ用のGND端子を取付て完成!! 50MHzのアンテナで18MHzや14MHzが聞こえてま〜す。因みに21MHz用のテレスコピックを装着したところ7MHzでも同調がとれました。しっかり聞こえてます。今週末にでも外に持ち出して送信テストしてみたいと思います。先日仕入れたWhizz Loopの続編も一緒に・・・。中華の激安QRPアンテナチューナーキットが出回っていますが、このバリコンだと1W…(Read More)

 おはようございます。大阪で震度6弱の速報が入りメディアもパニック状態。スマホ・携帯も繋がりにくいです。不要不急の電話は控えましょう!! 友人が宝塚に帰省中。先程連絡がとれました。この地域に親戚が多いため他人事とは思えません。これから被害の状況が明らかになると思います。  週末は赤煉瓦埠頭で開催されたスポーツイベントに家族が出場したため、小生もミニマイズセット(w)持参で”みなとみらい地区”に出掛けました。FT-817 とWhizz Loopの組み合わせです。コンディションも上々、コンテストで14MHzのCWは大賑わいでしたね〜。QRPで呼んでも潰されそうなので18MHzのSSB中心に遊びました。直径50cmの針金ループで鹿児島の移動局(先方もQRP+モビホ)と58-58で繫がりましたョ!   FT-817のリア端子に直付けしているため、オペレーターがリグに近づくとSWRが上下します。願わくば机や石垣などの上に置いて、頭の位置をなるべく下げた方が良いみたいです。因みに、昨日はクルマの屋根にリグを置いて運用しました。その後も18MHzで3エリア、2エリアの数局、21MHzで4エリアと交信できました。6mでもCQを出してみましたが、横須賀のQRP移動局からお声掛け頂きました。何となくですが、14MHzと18MHzはATAS-120より(送受信とも)良好でした。スポーツイベントのMCの騒音が酷く、小生の声が掻き消されていた可能性が高いのですが、交信して頂いた各局さん、ありがとうございました。(全然関係ありませんが、埠頭から430Mz /0.1W by VX-3にて、対岸の千葉県の数局とQSOしました。w)  ウィークポイントはホルマル線(針金エレメント)の強度です。線材は形状記憶合金(超弾性ワイヤ)がベストだと思いますけど、メートル単価が2,000円程度と非常に高価です。携帯性を考慮すると針金を使うしかないように思いますが、圧着端子が緩んで線材が端子から抜けやすいのが問題です。また、何度も巻・伸ばしを繰り返すと金属疲労で折れちぎれてしまいます。エレメントは消耗品と割り切って、同じ長さの針金を沢山切っておくことをお奨めします。小生は写真の様に3本のエレメントこしらえました。付属してきたエレメントは電気長がやや長めだったようで、50MHzのSWRが高めでしたが、10cm程度短いエレメントを作って試したところ、14MHz〜50MHz各バンドSWRが1.5以下に下がりました。前回書いた通り、同調点は極めてシャープです。バリコンを回すと急激に感度が上昇するポイントがあるので、そこに合わせればOKです。しかし、同軸ケーブルがないだけで、相当軽くなりますね。以前はBuddipoleやATAS-25がベストだと思っていましたが、このパッケージには適いません。しかも閉塞ループですからカウンターポイズも不要です。暫くテストを継続したいと思います。 300円の単三バッテリーケース(DCプラグ・コード内蔵)到着!!  Amazonで購入した中国製バッテリーケースが届きました。300円以下で中国から直送とあって全く期待していなかったのですが、意外にもそのまま使えそう。(昨日の移動運用で大活躍!)DCプラグ系は5.5mmなので、FT…(Read More)

 おはようございます。いよいよ梅雨入りでしょうか? 朝からシトシトと降ってます。一年で最も憂鬱なシーズンの到来であります。チャリにも乗れない。(-_-) 今朝の便を送り出したら赤坂詣であります。 “ミニマイズQSO” 電源偏進行中!!  久し振りに無線熱にスイッチが入っています。デルタループ以来?? コレならロードバイクでポタリングしながら、休憩先で運用できるぞ!! ってな訳で、脳内では色々と進行中であります。笑   何はともあれ、電源が無ければ何にも出来けへん。HF〜V/Uに共通する課題でありますなぁ。外出する際、無線機よりも優先されるのは残念ながらスマホであります 情けないことにスマホの無い生活なんて想像できなくなりました。オンも オフも dueterのリュックにiPhone(時々iPad Pro)とモバイルバッテリー2個は必ず入れています。つまりこれが標準実装品です。そこに無線機などを追加すると、FT-817 or KX3に予備バッテリーの組み合わせは重量オーバーです。近くにコンビニがあれば単三アルカリ電池を調達して運用時間延長という手もありますが、そう上手くは行きません。以前より“USBの5Vを何とか9V/12Vに昇圧できないものか”と画策してきました。ICで簡単に昇圧できるガジェットが秋月辺りで売られています。これを使うと確かに9V/12Vを簡単に得られます。5V入力(2A)に対して12V /0.5Aを得られるという怪しいUSB-DC-DCコンバータ(1,000円前後)を購入しました。無線機用と称する物がヤフオクで売られていますが2,000円以上します。ココはAmazonで大量に売られている安価なガジェットを購入してみることにしました。FT-817やVX-8のDC-In letは3.5mm径なので変換プラグを使用することにしました。12000mAhの能力を持つ満充電状態のモバイルバッテリーにUSB-DC-DCケーブルを繋いで、FT-817の電源端子に接続しました。このUSB-DC-DCケーブルは9V/12V切替式です。12V側で使用してみると端子電圧は11…(Read More)

 おはようございます。一泊で下田に行ってきました。わざわざお盆で渋滞している最中に行く場所でもないように思います。家族サービスというやつでして。「天気が良ければもう一泊キャンプでもしよう」と思ったのですが、生憎の天気で中止に。霧と土砂降りに見舞われた伊豆スカイライン経由で早々に帰宅。 今朝の横浜のお天気は曇り、気温は午前9時現在で30度と、今日も暑い一日になりそうです。薄曇り故、日照りは穏やかですが湿度が高く朝から蒸しています。KX3用のバッグ 今回の一泊旅行にもKX3を携行。クルマには移動用にATAS-25とWINDCAMPのWINDOM ANT、それに6m用のヘリカルホイップが積んであります。KX3はフルオプションなのでATUも積んでいます。クルマから電源を取ればSSB/CWの10w運用も可能。「何時でも何処でQRV」出来るよう、準備だけはバッチリ・・なのですが、今回は出番はありませんでした。毎回こんな感じでKX3を持ち出しているのですが、バッグに詰め込む際にタオルでグルグル巻きにして入れています。「何か良い入れ物はないかな〜〜〜」と、常々思っていました。以前にも何度かネットで検索したのですが捜し物は見つからず、久しぶりにeBayに行ってみると、あのWINDCAMPがナイスなものをリリースしているではありませんか。WINDCAMPと言えば、FT-817用の大容量バッテリーやユニークなパッケージのワイヤー・アンテナなど、ガジェットっぽいアイテムを積極的に展開している中国のメーカーです。以前このブログでもWINDCAMP WINDOM ANT(ウインドム)をご紹介したことがありますが、アマチュア無線系のサードパーティーとしては異色のブランドです。実は「KX3のバッグを出すならこのブランドだろう・・・」と期待していました。4 parts protect cover case + heatsink kits for ELECRAFT KX3 Transceiver + Bag というパッケージでeBayのみで販売されているようです。WINDCAMPのサイトでは見つけることができません。既に他社製のヒートシンクを装着しており、こちらが求めているもの「Bag」です。操作パネルを保護するケースも付いて日本円で7,000円弱ですから、迷わずポチっとな!。WINDCAMPのダイポール WINDCAMP製品は物欲をそそりますね〜〜。前述のWINDOM(ウインドム)のパッケージが気に入っていたので、今回新たにダイポールもポチりました。WINDCAMP HF Horizontal Dipole ANT(40m/20m/15m/10m)でございます。「えっBVX…(Read More)

 先だっての北軽井沢キャンプ運用は大雨で中止に。伸縮ポールをローカルに借りたり、15m&6mのダイポールを自作したりと、準備万端で挑んだ移動運用だったのですが、流石に天候には逆らえません。虚しくも、移動機材の後片付けの真っ最中のこと、15mで8J6VLP/6(宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町)が聞こえてきました。 世界QRPデーの記念局です。FT-817 + 2エレHB9CVとのこと。こちらもKX3 + で挑んでみることに。デルタ・ループの性能試験には持って来いです。既に大パイルになっていて「食い入る隙は無し」という感じでしたが、”QRP指定コール”の2番手でピックアップして頂きました。横浜〜宮崎 5W同士で59/59 QSL!! なんとも嬉しい瞬間でありました。丁度、KX3を移動機材棚に戻そうとした時の出来事です。 その後、18MHzでも5エリア、6エリアの各局とKX3 QRPで繋がりました。 ハイバンドが絶賛大オープン中です。 &nbsp…(Read More)

 先週末、自作した3エレ・ループ(430MHz)をVX-8Dに直付けして自宅ベランダから約2WでQRVしたところ、山梨県笛吹市と59フルスケールで交信できました。思っていた以上にビームが鋭く、10エレ・シングル並のキレを実感しました。大きさは1/3以下ですが・・・笑。  当局の430MHzアンテナ群は、GPに山岳ビーム固定(ローテータ−無し)のみで、テラス正面の各方向はGPが受け持っています。けして感度が悪いわけではありませんが、せっかくアンテナを自作したわけですし、上手く活用できればと思い写真のような方法で3エレ・ループをテラス内に設置してみました。アンテナ自体は携帯できるほどの軽さですし、極めてコンパクトなので場所をとりません。垂直偏波とする場合に給電点が写真のような位置になるため、そのまま基台に載せるという訳に行きません。実験レベルですので、仮設できれば何でも構いません。マグネット基台を脚立の上側面に貼り付け、そこにアンテナを直付けすることにしました。 SWRも問題ないようです。FT-817で実験開始。 ガンガン入ってきます。GP、10エレシングル(固定)では弱い局が強力に受信できています 。 恐らくどこぞの山岳反射だと思いますが、ここ二子玉川のマンション5Fテラスから、埼玉県寄居町がフルスケール、栃木県佐野市が同じくフルスケールで入感。この時のビーム方向は奥多摩方面でした。送信に関してはFT-817のローモード送信(バッテリー駆動)で、川口市にて59…(Read More)