投稿 Currently viewing the tag: "JA1YAE"

 おはようございます。この秋一番の寒さだそうです。快晴の横浜地方ですが、この後徐々に崩れてくるとのこと。傘が必要だそうです。今朝は「JA1YAE復活プロジェクト」の続報からお伝えしましょう。  佐野OMより以下のメールを頂戴しています。 ———- 以下 転載  ———- 免許の方ですが、従来から細々と残っていた移動局の144Mと430Mの他に、 この度固定局として、1.9M~430Mまで、50Wでの免許を受ける事が出来ました。 (現時点ではまだ総務省のHPに反映されていませんが) 定款を変えて、今回からはOBも構成員に入れることにしました。 さて、日吉祭は今週末に迫ってまいりましたが・・・ 色々な制約がありまして(我々が現役の頃と違い、屋上に自由に上がれないのが大きいのですが) 教室での公開運用は難しい状況です。 オンエアするとしたら、11/30(日)の限られた時間帯に部室から運用するしかありません。 ———- 以上  ———-  今週末の日曜日ですね。運用帯が決まりましたら是非お知らせください。クウラスターほどの効果など期待できませんけど、鋭意PRさせて頂きたいと思いますデス。11/30はJA1YAEの復活OPになります。各局、お声掛け宜しくお願いします。  さて、今朝も始業の時間か近づいて参りました。午前中にFT-102S、IC-756pro、TS-780(未着手)を出荷予定です。 IC-756pro 完全復活!!  送受リレーの制御回路が故障してしまった個体です。今回苦労した点はディスコン・ダイオードの代替選定でした。普通部品なら特性が合致すれば、概ね代替が可能です。チップ部品の場合ランドの幅や間隔がコンマ・ミリ単位で規定されるため、そこに収まるデバイスを探さねばなりません。また、バンドダイオードというカテゴリ自体が極めて希少です。各社のカタログから偶然にもローム製1SS356を見つけ出しました。規定品のパナソニックMA77は入手不可です。海外流通は存在しますが、ロッド売りのみです。1SS356はテープ売りにはなりますが、10個単位から仕入れることができました。デジタルトランジスタの2SC4213もテープで仕入れていますので、同様の故障に対しては暫くは対応可能でしょう。弊社の無線機修理担当エンジニアの平均年齢は58歳ですので「視力」が保つかが問題ですが・・。(苦笑) 既に途中経過はお伝えしていますので、仕上がり具合をご覧下さい。 RJX-601修理に着手です!  小生のデスクには昨日からRJX-601が上がっています。601の修理は全て小生が担当していますが、2〜3ヶ月ぶりですね、少々ご無沙汰でした。通常はメンテナンスパックで入場してくる個体の改造+チューニングが殆どで、瀕死個体の修理は殆どございません。今回はかなり際どい状態の個体をお預かりしました。入場前にお知らせ頂いた状況は以下の通りです。 受信不能 (Sメーター振り切れ状態) 送信不能 (IF後段でも基本波が確認出来ず)  即ち、既にトランシーバーの体を成さしおらず「唯の弁当箱」状態です。まず、メーターが上がりっぱなし状態についてですが、コレは単純にバッテリーチェッカーにSWが切り替わっているだけでした。受信はIFが離調している為で、調整+αで修復可能と診断しました。問題は送信です。RFが全く見えないのは、OSCの21MHzがMIX段に届いていないことが原因です。OSC段後ろがメチャクチャな状態になっており、MIX段手前にオシロを充てて21MHzを引き出したところ、MIX段後ろから50MHzが出るようになりました。プリ・ドライバの2SC478手前までは波形が見えています。その先で波形がドンドン萎んで行きます。2SC478はコレクタCANタイプのケース形状で、調整時に金属製ドライバーでショートさせる事故が頻発します。そこを疑ってトランジスタを外しコレクタ遮断を確認しましたが、正常でした。hFEを測定したところ、30程度しかなく、正常品は50…(Read More)

 おはようございます。秋雨前線が通過中、朝から小雨交じりの横浜であります。かなり冷え込んできました。関東には北風が吹き込み気温が下がっている様です。10月も半ばを過ぎました。アッと言う間に時間が過ぎ去って行きます。来月頭までは週末も何かと忙しい時間が続きます。 季節外れの「江ノ島大花火大会」  土曜日は友人宅にて恒例の「江ノ島花火鑑賞」でした。元々は8月に行われていたイベントを、東日本震災やサミット警備へのリソース供給の関係で規模縮小、夏の繁忙期を避けて10月開催になったと聞きます。総勢25名の仲間達が民家屋上で大BBQ大会を催しながらの花火鑑賞です。このお宅は片瀬江ノ島駅に隣接(湘南白百合幼稚園のお向かい)し、打ち上げ場所から直線で700mの場所です。間に遮る建物などはなく絶好のポジション。打ち上げと轟音のタイムラグは2秒程度ですので、臨場感は最高です。午後5時頃から参集し、電車が空き始める10時半頃まで飲みっぱなしでした。あるOMから、「秋にスイカを食べたような感覚」とコメント頂きました。正にドンピシャな例えであります!ww 連合三田会へ  そして日曜日は横浜市内の東横線日吉駅横にある母校の巨大な同窓会イベントへ家族連れで出かけました。同窓会イベントの規模としては国内最大だそうでOB企業・団体が協賛し、大会の目玉である福引賞品には各メーカー(ジャガー、メルセデス、AUDI、トヨタ、日産・・)から人気車種が提供されるほか2大エアラインもブースと賞品を提供しています。年に一度この日に集う旧友達との再会を楽しんできました。当ブログに度々レポートをお寄せ頂いている、佐野OM他がご尽力されている、JA1YAEの復活アンテナの直下(塾高校舎:写真)付近にゴザを敷いてペンロゴの入ったワインを旧友と共に空け、福引抽選の結果に落胆(苦笑)しながらも楽しい時間を過ごしました。小生にとっては一年で最も楽しい一時です。その後は中華街に繰りだして飲み直し・・・、店は恒例の「四五六菜館・本館」と決まっています。このパターンを30年近く続けてきました。www 昨日から飲みっぱなしで流石に草臥れてきました。7時には中華街を後にして帰宅です。  同席したS君は現在某工業大学の副学長を務めておりますが、彼も高校時代にアマチュア無線を開局したクチです。理工学部時代は正に「無線」が専門でした。現在は我が国の移動体通信のド真ん中を牽引しています。小生が整備したIC-505を進呈し再開局してもらうことを画策中です。 IC-780は作業ストップ!!  先週はドタバタでしたが、重篤2件をクリアです。クレジットされていたIC-780については、状態確認から「PLL周りの故障」を疑いました。こちらは時間を掛ければやれないことはないのですが、以前にも書いたとおり本機のPLLは第三階層に位置するため、上層の2ユニットと後部のRFユニットの着脱を余儀なくされます。ジャンパ・ケーブルの数も多いため、分解後に仮配線を組んで調整しなければならないなど、修理以外の準備・復旧作業に2人日を要します。その為、部品調達不可などで修理が出来なかった場合でも、オーナー様のご負担が大きくなる可能性が否めません。また、本個体はREGユニット内のRFC付近の基板が焼け焦げ、炭化が進んでいます。近くには高圧が通っているので短絡すると大変危険です。ブラウン管焼けも無く、またファイナルも元気な個体なので惜しいのですが、オーナー様とご相談の結果、修理をストップすることにしました。 今後の修理予定について  今週はIC-756Proからスタートです。エンジニア2名が無線設備点検作業で出張するため、投下リソースが1/3となっています。頑張って作業して参りますので、宜しくお願いします。 IC-756 Pro 受信故障?? その他 TR-751 オーバーホール IC-726 PLLアンロック他 TS-780…(Read More)

   おはようございます。今日も暑うございます。7時から30度を超えている横浜です。今週は秋の国会もスタート、いよいよ安部さんと蓮舫さんの直接討論が参院で行われます。どんな論戦になるのか楽しみです。 JA1YAE 便り  佐野OM(JE1IKN)から慶應義塾高等学校 電子工学研究会(塾高電工研) アマチュア無線クラブ復活に向けた動きに関する進捗をお知らせ頂きました。コールサインが示すように1エリアで5番目に開局した栄えある社団局です。近年は現役生徒がアマチュア無線に興味を持たず、コールサインだけを何とか維持している状態が続いておりました。佐野OMら、OB諸氏が尽力され壮大な復活プロジェクトが水面下で進められ、その模様について拙ブログでも度々お伝えしてきましたが、いよいよ今秋本格的な復活が現実味を帯びてきた様です。塾関係者並びに横浜市港北区近隣にお住まいの皆様からご声援を頂戴できれば幸いです。「日吉祭」での記念QSL発行に期待しましょう!! 来月は連合三田会で日吉に帰ります。佐野OMらが築かれた新しいアンテナも拝見できそうですね。 — 以下、佐野OMから頂いたメールです —  前文省略・・  現在は、部室に転がっていたローテータを復活すべく、現役クン初め、顧問の先生を交え奮闘中です。屋上に上げた6mの八木は、カラスにでも乗られたのか、1本が曲がってしまい、同軸がタワーに巻きついている有様でして、近々、再メンテをする予定です。 (その時に修理が出来たらローテーターで廻せるようにしたいのですが)  また、本年12月で切れてしまう、局免の申請中でありまして、今度は1.9から430まで免許を貰うことにしています。その上で、10/29-30の日吉祭には、何とか公開運用をしたいと思っています。IC-726が活躍出来ると良いのですが・・・ 中略  当局の多忙な仕事の方も、今月一杯で何とか一区切りつきそうですので、日吉祭に向けて注力したいと思っております。 TS-950SDの修理  TS-950SDXと伺っていましたが、お預かりしたモデルはTS-950S Digitalであります。因みにSDXはfファイナルがMRF150(MosFET)となり全くの別物です。こちらはMRF429を搭載したTS-950Sベースの最終モデルになります。さて本題に移りますが、早速PAユニットをバラしました。「煙が上がった」と伺っていましたので、電源を入れずに素子短絡状態をチェックしました。MRF429は2個ともベース〜コレクタ間で素子崩壊しています。これでMRF429の死亡フラグが上がりました。さて、原因を探って行くことにします。そもそも壊れやすい石で、それを嫌ってか、SDXではMosFET化されました。ファイナルは交換前提ですので、この状態で電源を投入してみます。正常ならコレクタ側に48V、ベース側はRX状態なら0Vのハズです。ところが、なんとベース側に13V掛かっているではありませんか。よくあるコレクタ越流の場合、もっと高い電圧が掛かかりますし、そもそもベース〜コレクタが完全に逝っているので越流すらありません。これはバイアス側で何かが起きているとみて間違いありません。回路図的にVCCからバイアスに電位が掛かるポイントは1箇所のみです。バイアス・ドライバの2SD1406のエミッタから13Vが流れていることを確認しました。完全にコレクタ〜エミッタが短絡しています。本来ベースに電位が掛からなければコレクタ〜エミッタは流れないはずで、送信時には0.7Vのバイアス電圧が出てくる様に調整されているはずです。13V・・しかもRX時に電位があるというのは完全にトランジスタが逝っているということを意味します。R18、R19付近から煙り・・とあったのですが、抵抗値は定格を示しました。恐らく煙は2SD1406から上がったのではないかと思われます。また、電源回路の2200µF/80Vも怪しいです。  2SD1406…(Read More)