投稿 Currently viewing the tag: "ICF-2001D"

 おはようございます。9月に入ってハッキリしないお天気が続いています。巷ではコロナよりも新内閣の組閣に気もそぞろ・・。

 ここまで圧勝してしまうと総裁選を支えた各派閥に対する“バランス人事”となりかねないですねぇ。派閥は相変わらず世襲議員を抱えているので、周りはそんな顔ぶれだらけになりそうです。省庁の縦割り打破を訴えており、暫くは官僚受難の時代が続きそうです。このまま解散に打って出れば自民圧勝で長期政権も視野に入ってくるでしょう。“外交が不安”だなぁ。

ちょっとだけ French Jazz に傾倒中 ww

 愚息がピアノを習い始めました。ラグビー、水泳、公文と放課後の予定が一週間全て埋まったことに・・。今時の小学生ってこんなもんなのでしょうか・・。ラグビー以外は母親任せなので口出しはしませんけど、本人が楽しんでいるなら由としましょう。ピアノの先生ですが、古い音楽仲間でジャズピアニストの外川智子さんにお願いました。Jz Bratなどにご出演されている他、コミュニティーFM局でDJをやられています。出会いは2000年前後だったと思いますので、かれこれ20年近くになりますね〜。当時、故世良譲(pf)事務所のマネージャーだった世良さんのご子息にご紹介したのが始まりでした。小生が音楽から離れてしまったので一方的にFacebookを通じてご活躍を拝見しておりましたが、快くレッスンを引き受けてくださいました。(感謝)  

 そんな彼女が先だって愚息の初レッスンに来てくれました。その際に最近リリースされたCDを持ってきてくれたのです。”change the color” The Notes of Museum というアルバム。これがバリバリにスイングする”Modern French Jazz”なんです。音高・音大と進み、完璧な技量に裏打ちされたピアノ演奏は当然ですが、彼女のアレンジのセンスが光っています。拙宅近くの隠れ家系カフェでBGMに掛かっている”NEW QUINTETTE DU HOT CLUB DE FRANCE”という、ステファン・グラッペリやジャンゴ・ラインハルトにインスパイヤーされた連中のCDにハマっていたところで、これまた絶妙なタイミングでした。彼女のユニットはギターとピアノを中心にしたユニットですが、ここにスイングするバイオリンが入ったら、間違いなく本邦最高の”French Jazz Band”になります。余談ですが、ベニーグッドマンも一時期”French Jazz”に傾倒していましたね。

記事を読む
テキストのコピーはできません。