投稿 Currently viewing the tag: "IC-760Pro"

 おはようございます。久しぶりに本格的な雨が降っている横浜です。雨音を聞いたのは何ヶ月ぶりかな?? 一昨日は20度まで気温が上がったのに、今日は冬に逆戻りですね〜。暫くは三寒四温が続くのでしょうか。  さくさく行きます!。 FR-101DD の重篤修理完了!!  危篤状態のFR-101の修理が終わりました。中古機とのことですが、外装コンディションがメチャクチャ良い個体です。メーカーの検査タグもそのまま付いてます。w これを何とか復活させたいというオーナー様の気持ちが伝わってくる個体でした。  お復習いですが、“電源投入不可”・“Fカウンター不動”・“USB/CW不動”・“受信感度大幅低下”・・・その他、というてんこ盛りの内容です。  お伝えしている通り、電源投入不可についてはREGユニットの基板クラックが原因でした。こちらは修理済です。ヘテロダインやVFOは生きているので何とかなるだろうとの軽い判断で修理を続行、多くのトラップが潜んでいたのですが何とかクリアできたみたいです。  FR-101DDの特長でもある直読式の周波数カウンターが動かないようでは話になりません。先ずはカウンター修理を優先しました。正直なところICが逝ってたら厳しかったと思います。ICのVDDに電位が観られません。5Vラインの絶縁状態をチェック。レギュレーターの13.8Vは掛かっていました。7805の故障と判断して交換したところカウンターは完全復活。VFOの回転に応じて周波数も変化するようになりました。  続いてUSB/CWの修理です。ホワイトノイズすら聞こえません。BFOからキャリアが出ていない様です。BFOは最初に修理したREGユニットに同居しています。同様のクラックがないかチェックしましたが、それらしきは見当たりません。VCCは掛かっているし、BFO切替(モードSW)の際にトランジスタのエミッタがGNDに落ちることも確認済です。トランジスタのECB極性テストは問題ナシ・・。そんなわけで水晶を疑い、オーナー様からFT-101に装着されている同ユニットをお送り頂き水晶の入替を画策したのですが、結果的にはトランジスタの劣化が原因でした。以前、2SC372Y(シルクハット)の動作不良に振り回されたことを思い出し、代替の2SC1815Yに差し替えたところ正常にキャリアが出るではありませんか!!! 遠回りしましたがUSB/CWも元に戻りました。  FカウンターとUSB/CWが戻れば後はトラッキング調整でOK? ・・・そうは行かないのがオールドリグです。各バンドでそれなりに受信可能なものの、20dB以上感度低下しています。RFなのかIFなのか故障箇所を探らねばなりません。RFユニットからRF AMPユニットまでは正常に信号が届いています。RF AMPユニット3Sk35が2個載っていて、手前が受信アンプ、後ろがヘテロダインMIXなのですが、ここも異常はなさそう・・・。IFには例の2SC372が沢山使われています。ここは山勘、2SC372を全数交換(2SC1815Y代替)することにしました。受信感度は大幅に改善してキチンと聞こえるレベルに復活です。  ヘテロダインの水晶はかなり草臥れている様で、周波数が最大で50KHz程度離調していました。調整可能な範囲で処理していますが、カウンター校正する際はCALを時計の9時方向辺付近に設定する必要があります。ドリフトも大目なので大目に見て上げましょう。50年前のリグですからw。 【ご依頼内容】 電源投入不可修理(2人日) デジタルカウンター修理(1…(Read More)

 おはようございます。WBCの第二ラウンドも連勝で終わりました。これで準々決勝進出に大手です。相変わらず、松田・筒香・中田が大活躍ですね〜〜。このまま波に乗って欲しいところであります。昨日帰社後、船便でMRF485(モトローラ製・レッドマーク)が届いていました。実は先日eBayで売られている中国製の「怪しい」MRF485を調達していたため、特性を比較するために仕入れたものです。  最近、連続してTS-930が入場し、PA部の調整を行った際に2SC1969による代替の話題を書きましたが、他にMRF485を代替できる石がないものかと漁りましたが、適当なモノは他に無いようです。MRF485自体はモトローラ正規品を扱っているところは数えるほどです。国内で入手しようとすると、某オークションで@3,500〜で販売されているのを見掛ける以外は、某大手サプライヤの「ノーブランド品」のみです。eBayで売られている中国製模造品の多くはMRF485とは全くの別物と思われますが、今回テスト的に仕入れた石はON表記の石です。ONは「ON Semiconductor」社製を意味するのですが、ON社がMRF485をライセンス生産しているという話は聞いたことがありません。因みにON社はモトローラのセミコン部門の一部をバイアウトさせて誕生した会社ですので、可能性は無くはありません。単価が異常に安く、そもそも”パチ度MAX”な石なのですが、今後の為にモルモットになることを覚悟しました。汗  TO-220ではあるが・・・  MRF485はパワート・ランジスタによく見られるTO-220型のパッケージです。オリジナルはタブ部のコレクタ・メタルが剥き出しになっています。TS-930やTS-940ではコレクタ・ピン接続とせず、メタル・タブのスルーホールを電気的に接続することで基板実装しています。ところがON社製をうたうMRF485はフルモールド型のパッケージで、コレクタ・メタルがプラスチックで覆われています。ヒートシンク装着の際は絶縁対策を気にする必要が無いため扱い安いのですが、上記の様な実装方法では使用できません。eBayにはTO-220とだけ表記され、フルモールドを示す”TO-220F”とは書かれていませんでした。 hFEを計ってみる  オリジナルのMRF485でもhFE毎にグレード分けされている様です。今回仕入れた正規品はレッド・マーク(R)でした。こちらはhFE=80前後のグループです。TS-930やTS940のドライバに使用する場合は少々高めですね。hFE=50前後のイエロー・マーク(Y)がベターだと思います。さて、ON社製の石はどうでしょう・・・。案の定でした。hFE=180以上です。思った通りの結果だったので驚きはありません。www 2SC1969などの中国製まがい物でも同様の結果です。中身は2SC1971…(Read More)

 おはようございます。雨音で目覚めました。お湿りは久し振りです。こんな日に限って外回りであります。今日はヤエスさんの本社で打合せ、天王洲詣であります。BIBさん宜しく!! 12時30分集合なので、11時過ぎには当地を出発せねばなりませぬ。  小生の担当ラインにFT-847が乗っていますが、こちらは夕方以降の対応に。減力改造のオーダーで、チップ抵抗3個(0.8mm×1.6mm)を交換して裏メニューで送信メーターを校正する作業となります。1608サイズの2.2KΩは在庫切れのためサプライヤに注文しました。届くのは明日になると思います。今宵は0Ω×3の撤去作業のみ。このサイズのチップ抵抗を外すのは意外に簡単で、両極にブリッジするように半田を山盛りして、コテ先で素早くスライドさせます。事前にフラックスでも塗っておけば直ぐにとれます。問題は取り得付けです。ロウガンズ(老眼)ですからルーペ作業は必須ですが、ランドに固定するのが一苦労。古いチップを撤去した後にランドの半田をキレイに除去しておく必要があります。その際に、片側にだけ半田を盛っておいてピンセットで固定しながら片極を固定します。この作業はストレスフル・・・。「う〜〜〜〜手元が震える、まだ作業してないけど www」。老眼が進行したようでメガネが合わなくなりました。(苦笑) と言うか、作業時は遠近両用だと下目目線しか使えないため疲労度マックスです。 FT-101E 最終調整完了  土曜日から作業していたFT-101Eの作業が終わりました。既に映像はYoutubeにアップ済です。昨日書いた通り、故障しているRFプロセッサユニットの2SK19GRを2SK192Yでリプレイス、感度低下したIFフィルタの受信アンプ2SC784を2SC380に交換、更に各部の接点処理を行って、絶好調のFT-101Eが蘇りました。RFプロセッサユニットの半田面もクラック多発のため「再半田処理」しました。  IFフィルタの2SC784はhFEが10前後まで低下していました。それでも一応動作していたんですけど、FT-101Eの場合は主要ユニットが着脱式なのでエクステンション・ボード(通称:下駄)があれば作業は楽ですョ。 IC-760Pro ご入場  お隣では往年のフラッグシップ機の最終チェックが進行中。修理に時間が掛かるかと思いきや、規定工数(2人日)で上がる見込みです。オーダーは以下の通り・・。 【ご依頼内容】 1)受信不能 2)送信出力不足 (80w程度しかでない) 【症状・処置】  上記1)について、症状を確認しました。 RFユニットのHBS側PINダイオード1個が溶断しており、交換を要しました。 MI204が規定部品ですがこちらは入手困難、汎用スイッチングダイオードで代替しました。 特性上、何等問題はございません。  ブロードキャスト・バンドは正常に受信可能です。本機はゼネカバ対応の受信部をもっており、アマチュア帯と長波・中波をスイッチング・ダイオードで切り替えて、それぞれのBPFに透過させます。10dBµVの大信号を入れると取りあえず復調しはじめ、プリアンプやATTも一応動作しています。また故障の原因が大電界に晒されとのことによる疑いが濃厚です。そうなると、ANTに最も近い場所にある半導体素子の故障を疑うべきでしょう。そうなるとこのスイッチング・ダイオードが怪しいです。カップリング・コンデンサは意外に頑丈なので、アマチュアバンド側(HBS側)の入り口にあるMI204の導通をチェックしたところ、完全に焼損していました。前述の通り入手困難なため「手持ちの1S2076Aによる代替交換で問題ないと判断」仮置きのつもりで装着したところ、元気よく受信しました。そもそもココは受信入力のスイッチ部です。MI204はATT用のPINダイオードですが、ココではスイッチング・ダイオードとして使われています。30MHz…(Read More)