投稿 Currently viewing the tag: "IC-756pro"

 おはようございます。午前8時30分現在、横浜は気温上昇中であります。天気は夜まではもちそうですが夜半から降水確率70%となっていました。昨夜は夜トレをサボってしまったので、6時から単独チャリトレしてきました。コースは自宅から新横浜駅往復の約25kmです。朝の鶴見川右岸は気持ちイイです。関節の痛みは相変わらずですが、この程度の運動なら大丈夫そうです。 リモートセミナー開催!  宣伝です。Raspberry Piを使用したリモートシャック構築について、小生(JG1BVX)が講演させて頂く事になりました。弊社が開発したRaspberry Piベースのリモート・コントロール・ツール「RRS-Pi」を題材としたリモート・シャック構築に関する公開セミナーです。ご興味のある方は是非どうぞ!! 事前申し込みが必要です。 ■■ 第22回技術講習会 会員外の参加歓迎 テーマ「Raspberry Piで構築するリモートシャック」 主催:JARL 武蔵野クラブ(ホームページ) 日時:2017年10月28日(土)16:00~18:00 会場:高井戸地域区民センター 第9集会室 (京王井の頭線 高井戸駅下車 徒歩3分) VoIP通信とリモートの違いについて リモート運用の事例紹介 リモートシャック構築について 総通への申請手順について 定員:先着40名 参加費(予定): 武蔵野クラブ会員 200円 会員外(一般) 300円 詳しくはこちらをご覧下さい。  さてさて、お仕事の報告で〜す。 IC-R9000 ご出場!  長らくお待たせしていたR9000の修理が終わりました。こちらは、スコープが非表示となってしまったとのことでご相談を承りました。既にご報告しております様に、故障の原因はSCOPE UNIT内のOSC回路コイル溶断です。0.1mmホルマル線の端子部分から5mmのところで寸断された線材は巻き直し以外に修復の術が無く、場所的にも精度が求められることから個別部品の修復を断念、Assy交換対応とさせて頂きました。コイル単体・Assyともにメーカー在庫はなく、海外ディーラーに問い合わせたところ最後の一枚を確認できました。週明け早々に当ラボに着荷、組み込み作業を行った後に、縦軸・横軸・ゲイン・波形などの調整を行いました。超高級受信機だけあって、流石にイイ音してます。25KHz、50KHz、100KHz各スパンとも正常に動作するようになりました。 【ご依頼内容】 1) スコープ動作不良 について、修理を承りました。   【工数】 故障箇所診断 1人日 Assy交換作業 0.5人日 スコープ調整 0.5人日 合計作業工数  2.0人日 【交換部品】 SCOPE UNIT Assy ×1 IC-756Pro こちらもご出場!!  こちらも名機です。未だ根強い人気のあるモデルですね。「送受不能から一時的に復活したものの、今度は送信出力が数ワットに落ち込んでしまった・・」とのことでした。前者についてはPLL異常です。VCO-A…(Read More)

 週末となりました。今朝も清々しい朝です。これから徐々に天気は下り坂、昼頃からは雨マークが点灯している横浜地方であります。一昨日は長女の22回目の誕生日、離れて暮らしており私生活??ですが、某県庁に勤めている様であります。親の前では多くは語らないため、何をしているのかよく分かりませんが、まぁ人生を謳歌して欲しいと思うところであります。  本日も“てんこ盛り”につき、本題に入ります。名機二台が作業台に上がってきました。まずは、小生の担当から・・・。 FT-1000MP LCDバックライト消灯  表示部が「真っ黒々助」になってしまった1000MPです。まずは動作チェックから・・症状を確認しました。LCDはブラックアウトしていますが、他の機能は正常?に動作している模様。1000MP、Mark V共通のアノ症状でしょうか・・。フロントをバラして、インバータを本体から取り外しました。トランジスタの谷間にシリコンゴム系接着剤で固定されている箇所があります。ここに挟まっているサーマルヒューズが溶断しているの場合の症状ですね〜〜。毎度見ているMark Vとは少々レイアウトが異なりますが、やはりココが壊れていました。135℃で切れるヒューズです。トランジスタが相当発熱するのだと思いますが、トランジスタが壊れていた経験はなく、必ずサーマルヒューズが落ちています。因みに、トランジスタよりもサーマルヒューズの方が効果なんですけど・・・。汗 このサーマルヒューズは既にディスコンで入手不可です。一応、後継品をストックしていましたが、残すところ二台分となりました。今後のオーダーが増えそうですので、調達フラッグを上げておきましょう。さて、部品交換したインバーターですが、先日修理したMark Vの事を思い出しました。こちらはサーマルヒューズの他、トランジスタの出力側(トランス一次)のコンデンサがショートしていました。今回はこちらのコンデンサも予防交換しておきました。写真の通りです。 IC-756 Pro 送受不良+送信出力異常低下  往年の名機をお預かりしております。こちらは送受信NGでお預かりしました。送受不良については、VCO-A離調によるアンロックが原因でした。VCO1の〜14.99999MHz側のC278の電圧が下がりきって調整不可能でしたが、3rd Loを調整したところ全バンドで周波数ロックを確認しています。リファレンス周波数、SUB VFO側PLL(VCO-B側)も同様に精密調整を実施しました。オーナー様からは送信時の出力低下もご指摘頂いておりました。こちらも症状を確認しています。ドライバ段(プッシュプル)が焼損しアウトでした。2SC1972はラボに在庫があります。交換後、正常に出力することを確認しています。 SSB、AMの音が歪む・・・  各バンド100Wの出力を確認しました。念の為、変調音をモニターしたところモゴモゴと、こもった音が出てきます。FMは問題ありません。オシロで波形をモニターしてみると、プリ・ドライバの出力はキレイなのに、ドライバのベース側波形を見ると正弦波の頭をギュッと押さえ込んだような形になっています。コレクタ側はもうメチャクチャです。動作点の狂ったオーディオ・アンプの様な波形です。バイアス電流の調整が必要なのか・・・。2SC1972の送信時ベース電圧を測定したところ0Vです。即ち、バイアスが掛かっていない状態。ナントC級動作していました。酷い変調の原因はココでした。プリ・ドライバの2SC1971には正常にバイアスが掛かっていることから、低圧DCライン(7.8V)は正常に届いているはず・・。回路追って行くと、バイアス調整VRのトランジスタ側電位が0Vになっています。完全にGNDに落ちていますね〜〜〜。短絡箇所は温度補償用のD1(バリスタMA29B)でした。バリスタ自体、絶滅危惧種ですなぁ。今時のFETやシリコン・トランジスタでは温度変化によるVbの補正は不要ですから・・・。D1は2SC1972の片側に熱結合される形で設置されています。トランジスタ焼損時に一緒に壊れたのでしょう。残念ながらこちらは代替品も含め在庫がありません。国内流通在庫もゼロです。海外から引っ張ることにします。  取りあえず、今週はココまで。また来週〜〜〜〜〜!!   &nbsp…(Read More)

 おはようございます。この秋一番の寒さだそうです。快晴の横浜地方ですが、この後徐々に崩れてくるとのこと。傘が必要だそうです。今朝は「JA1YAE復活プロジェクト」の続報からお伝えしましょう。  佐野OMより以下のメールを頂戴しています。 ———- 以下 転載  ———- 免許の方ですが、従来から細々と残っていた移動局の144Mと430Mの他に、 この度固定局として、1.9M~430Mまで、50Wでの免許を受ける事が出来ました。 (現時点ではまだ総務省のHPに反映されていませんが) 定款を変えて、今回からはOBも構成員に入れることにしました。 さて、日吉祭は今週末に迫ってまいりましたが・・・ 色々な制約がありまして(我々が現役の頃と違い、屋上に自由に上がれないのが大きいのですが) 教室での公開運用は難しい状況です。 オンエアするとしたら、11/30(日)の限られた時間帯に部室から運用するしかありません。 ———- 以上  ———-  今週末の日曜日ですね。運用帯が決まりましたら是非お知らせください。クウラスターほどの効果など期待できませんけど、鋭意PRさせて頂きたいと思いますデス。11/30はJA1YAEの復活OPになります。各局、お声掛け宜しくお願いします。  さて、今朝も始業の時間か近づいて参りました。午前中にFT-102S、IC-756pro、TS-780(未着手)を出荷予定です。 IC-756pro 完全復活!!  送受リレーの制御回路が故障してしまった個体です。今回苦労した点はディスコン・ダイオードの代替選定でした。普通部品なら特性が合致すれば、概ね代替が可能です。チップ部品の場合ランドの幅や間隔がコンマ・ミリ単位で規定されるため、そこに収まるデバイスを探さねばなりません。また、バンドダイオードというカテゴリ自体が極めて希少です。各社のカタログから偶然にもローム製1SS356を見つけ出しました。規定品のパナソニックMA77は入手不可です。海外流通は存在しますが、ロッド売りのみです。1SS356はテープ売りにはなりますが、10個単位から仕入れることができました。デジタルトランジスタの2SC4213もテープで仕入れていますので、同様の故障に対しては暫くは対応可能でしょう。弊社の無線機修理担当エンジニアの平均年齢は58歳ですので「視力」が保つかが問題ですが・・。(苦笑) 既に途中経過はお伝えしていますので、仕上がり具合をご覧下さい。 RJX-601修理に着手です!  小生のデスクには昨日からRJX-601が上がっています。601の修理は全て小生が担当していますが、2〜3ヶ月ぶりですね、少々ご無沙汰でした。通常はメンテナンスパックで入場してくる個体の改造+チューニングが殆どで、瀕死個体の修理は殆どございません。今回はかなり際どい状態の個体をお預かりしました。入場前にお知らせ頂いた状況は以下の通りです。 受信不能 (Sメーター振り切れ状態) 送信不能 (IF後段でも基本波が確認出来ず)  即ち、既にトランシーバーの体を成さしおらず「唯の弁当箱」状態です。まず、メーターが上がりっぱなし状態についてですが、コレは単純にバッテリーチェッカーにSWが切り替わっているだけでした。受信はIFが離調している為で、調整+αで修復可能と診断しました。問題は送信です。RFが全く見えないのは、OSCの21MHzがMIX段に届いていないことが原因です。OSC段後ろがメチャクチャな状態になっており、MIX段手前にオシロを充てて21MHzを引き出したところ、MIX段後ろから50MHzが出るようになりました。プリ・ドライバの2SC478手前までは波形が見えています。その先で波形がドンドン萎んで行きます。2SC478はコレクタCANタイプのケース形状で、調整時に金属製ドライバーでショートさせる事故が頻発します。そこを疑ってトランジスタを外しコレクタ遮断を確認しましたが、正常でした。hFEを測定したところ、30程度しかなく、正常品は50…(Read More)

 おはようございます。今朝は肌寒うございます。お昼頃から高気圧が南下し神奈川県も秋晴れのお天気になるとのこと。最高気温は20度前後だそうです。10月最後の週の始まりであります。  この週末は朝霞の式典に伺う予定でしたが、積み残しの仕事を優先しました。週明けではありますが早速本題に入ります。 TS-780 極めて重篤  美しい外観を維持する個体が入ってきました。「送受不可」とのことで、経年的に疑ったのはPLLでした。電源投入後に周波数を表示せず、勝手に送信状態(正常周波数ではない)になったり、明らかにロジック回路が暴走しています。一体何が起きているのか・・・。中を空けてみると外観に反して、かなり草臥れている様子が覗えました。目視にて数カ所のケミコン破裂を確認、全て電源ライン上にあり、PLLやロジック回路に供給される低圧DCが2V〜4Vを行ったり来たり・・・。ロジック回路の動作不良は納得できます。PLLも正常動作しませんのでロックしません。同一容量のケミコンを3個ほどサンプリングしたところ、何れも容量異常を確認。経験から、同一メーカー・同ロットで製産されたケミコンは寿命も一緒と考えます。故障原因は明確なのですが、全ユニットのケミコンを交換すべきとと考えます。ユニットを分離して低圧ラインのGND抵抗を測定したところ、コンデンサ故障と思われるリークが広範に渡っていることが判りました。また、一部に基板剥離、錆、電解溶液による劣化などを確認しています。この状態ですと、まずケミコン全交換が前提となり、基板も修復しないことには先が見えません。即ち修理するにも幾つかの段階を経る必要があります。内容的にはフル・レストアとなるため、工数は1週間を超える可能性が否めません。その旨をオーナー様にご連絡しご判断を仰いだところ、作業中止にご指示を頂きました。キレイな外観なだけに残念であります。 FT-102S 総合調整+真空管交換  久し振りに102を拝んでおります。小生が手元に置きたい無線機10台に入る名機であります〜〜。こちら10W機にななりますが、経年劣化も少ない良好な個体です。総合調整と持ち込み「球替え」をご希望です。テクニカル・サプリメントに従ってアライメントを実施しました。        まずはリファレンス周波数の調整から。少々離れていますね〜。6.000MHzに合わせます。続いてSSBのキャリア周波数調整です。ここもキッチリ適正値に合わせておきましょう。AMキャリアも同様です。  送信キャリアポイントの調整です。ここは2段階の調整が必要で、TP4007、TP4006の周波数がUSBで10.5466MHz/19.2166MHz、LSBで10.5434MHz/19.2134MHzに、それぞれ追い込みます。続いて、1KHzと300Hzを突っ込んでキャリアバランスを調整します。1KHz — 6WとなうようAF入力をセットし、その状態で300Hz–1.5W程度となるよう、USB/LSBをそれぞれ調整します。最後に下の表の各ポイントの出力を調整します。  PLLのロック電圧を調整します。ココがズレるとアンロックになります。本個体はギリギリの状態でした。3rd.ローカル、2nd.ローカルを調整してPLLを仕上げます。21MHz以上は誤差範囲内でした。  CLAR回路を調整した後は、トラップフィルタ(1.875MHz)を調整しますが。ココは問題ありませんでした。  RFユニット内の調整に移行です。最初はBPFです。本機にはRF出力が取り出せる”RF OUT…(Read More)

 おはようございます。金曜日です。今朝は少々スロースタートであります。金曜日なので“あさイチ”にJJNさんは出ていません。その変わりに大好きな香川照之さんと阿部寛さんがご出演されています。先日、日吉で香川さんをお見掛けました。何故「香川さんが?」・・と思われるかと思いますが、引っ張り出したのは半沢直樹を監督した福澤克雄さんです。今年は連合三田会の当番年で色々とご尽力された様ですね。  NHKのドラマ「THE SNIFFER」に阿部さんと共にご出演されるとのことで、とても楽しみです。半沢直樹の大和田常務の役について語られていましたが、小生は「坂の上の雲」の正岡子規役が忘れられません。そう言えば、阿部さんも秋山好古役で出られていました。この作品も大好きでDVDに撮って何度も観ています。THE SNIFFER は明日から全9回に渡り放送されますョ。楽しみであります。 IC-756proと秋の夜長・・・  未だダイオードが届きません。トランジスタが届いたので、こちらから作業を始めましょう。1.5mm角の小さな部品です。もはや肉眼では確認できません。しかも暗がりの作業では老眼鏡+双眼ルーペでも辛い。表面実装の部品をスラスラと交換される方が居られますが、何十年やっていても苦手です。予め基板にフラックスを塗っておかないと上手く乗りません。フラックスに粘着性があるので、コテ先が触れても部品が動きにくくなる利点もあります。作業の際はコテ先を0.3mmのリードに載せるため、双眼ルーペの焦点距離に合わせて10cm程度まで近づけますが、真上からのぞき込むのでハンダの煙がもろに顔に当たります。フラックスを塗っているので臭いも半端じゃありません。(かなり有害!) 暗がりに上がる煙、BGM「ラジオ深夜便」・・。何故か954KHzは聴きません。(苦笑)  壊れたトランジスタは、もはや原型を留めていませんでした。多分、煙を吐いて焼けたと思われます。逆に簡単に基板から除去できました。火を噴いたのか、隣のR150もまっ黒に焦げています。こちらは4.7KΩの通常抵抗に置き換えました。1.5mm角のチップ抵抗の取付は小生の限界を超えています。トランジスタと抵抗の置換は終了しました。後はダイオードの着荷を待ちます。週明けに届くようです。 TS-780を拝見します  今日はTS-780…(Read More)

 おはようございます。秋晴れの清々しい朝を迎えました。気分も爽快であります。昨夜は1時過ぎまで修理個体と格闘、半徹でも翌朝は6時に起床するので今朝は少々寝不足・・・。関東は内陸部を中心に夏日になるとのこと。日々寒暖が激しいですね〜。少し風邪気味かな???  修理のお問い合わせで、「メーカーに修理見積頼んだら、ユニット交換で修理代が嵩むって言われたんだけど・・・・何とか安く直せないか?」というご相談が多くなりました。メーカーは補修用性能部品をバルクで持っています。また、サービス工数を下げるための工夫として、補修用のユニットを、製品組み付け分とは別にストックしており、故障箇所特定の時間を短縮することで工賃を圧縮しています。本来、そこはサービス・エンジニアの技量次第かもしれませんが、その辺りの本音はなかなか説明できないところでしょう。また、メーカー自身の方針でもあるため、サービス・エンジニア個人の裁量の及ぶところではないのも事実です。(その点、K社横須賀サービスは懐が深く、エンジニア個人の裁量に委ねている部分が多いと聞きます。故に古い機種でも修理対応しておられるのかと。。。)勿論、部品個々が在庫切れすることもあり得ます。無線機に限らず、メーカーはトランジスタ1個を仕入れるにも購買部門を通さねばならず、償却期間を終えた部材を再発注するのは至難の業ですし、営業部門からは「新製品販売の障壁になる!」等々の苦情が寄せられ、内部摩擦の種に・・・。どの業界も一緒ですね。  弊社の場合、スタンスとしてはK社横須賀サービスに近い感覚ですがメーカーではないのでユニット交換などは勿論対応できません。時間が掛かる故障箇所の診断・部品交換を行うスタイルになりますので工数も嵩みます。また補修用部品の調達も1個単位になり、しかも市場流通していない部品を海外から取り寄せることも多々あり調達費用も高くなります。そんな訳で、申し訳ないのですが「安い・高い」では勝負になりません。その様な理由から、“メーカー対応中の機種についてはお引き受けしない”というスタンスを貫かせて頂いております。お使いの個体に愛着があり、どうしても直して使いたい等の「強い思い」にお応えすることを優先しておりますこと、何卒ご理解ください。 IC-756Pro 故障箇所特定!  というわけで半ば意地で続けている作業であります。(トホホ)本機も現役個体が多数活躍中の無線機であります。アイコムさんも最近まで修理対応されていました。従って、当ラボ入場数は極僅かであります。お預かりしている個体は「受信感度が激減」とのことです。2個のANT端子、2個のVFOをそれぞれ切替てSSGから信号を入れ、受信感度が規定のレベルに達しないことを確認しました。-50dBm入れてもSは全く振らず、微かに信号を聴き取れるレベルでした。若干の感度差はあるものの全バンドでほぼ同様です。RFユニット〜CTRLユニットのジャンパを開放し、直接SSGを突っ込んだところ元気よく受信することが判りました。故障箇所はCTRLユニット内で確定です。 チップトランジスタ、チップダイオード焼損を確認!!  CTRLユニットにアクセスすべく、上蓋内側のシールドを撤去します。図の通り、2系統のANT端子から入った信号は切替リレーを介し送受リレーに送られます。合計4個のリレーを通過した後にRFユニットへ送られる構造ですが、リレーとLPF以外に直接的な障害物になり得る部品が見当たりません。ANT切替機は正常に動作しており、何れにSSGを繋いでも結果は一緒ですので、RL3よりも先ということになります。リレーを取り外してみるかと思いきや、基板表面にごく僅かな異常を確認しました。送受リレー横の表面実装パーツの一部が変色している様です。双眼ルーペを装着し(老眼’sには目視不可ww)ターゲットを補則! ナント焼け焦げていました。ユニットのパターン図からトランジスタとダイオードであることが判明しました。まずは調達可否についてサプライヤーに確認します。    サプライヤーから即答・・・2Sc4213は在庫アリ、MA77は在庫ナシ!!とのことでした。さ〜て、自力検索開始であります。MA77(MA2Z077)はバンドスイッチングダイオードと言いまして、ショットキダイオードに似たものであります。既にディスコンでしてパナさんのディーラーにも在庫は無いようです。チップ部品なので外見寸法も勿論ですが、特性の近い物を探したところロームの1SS356がヒットしました。外径はドンピシャ、Cd(t)、Rf…(Read More)