投稿 Currently viewing the tag: "IC-730"

 おはようございます。11月最終週の月曜日であります。横浜は晴れ、気温はやや高めでしょうか。これから親戚の告別式です。実はこの2ヶ月の間に叔母二人を見送りました。父方・母方それぞれの叔母です。母を含め6人いた彼女の兄弟のうち半分が鬼籍入りしています。自分もアラ還と呼ばれる年齢ステータスに入り、何だか寂しい平成の年の瀬を迎える我が家であります。  週末には大きなイベントが二つありました。一つはイベントというより「貴重な体験」というヤツであります。 BMW M2 がやってきた!!  例のCIC故障で工場入りした535iの代車としてやってきたのはナントM2の新車であります。F10 CICの件はその内総括するとして、このM2について触れておこうと思います。因みに、7月納車以来、5度目の工場入りということでディーラーも相当気遣っているのでしょう。代車できた523d、530i×2回の何れも新車でした。今回やってきたM2は我が家に来る前日に新車登録(ナンバー取得)されたばかりで、総走行距離は00026kmを示しておりました。M2用にチューンされたエンジンは4本出しのテールパイプが装着されていて、3気筒ずつ等長に揃えられたエキマニ(タコ足)で出てきます。ミッションも7速DCTのためトルコンATにはないダイレクト感がありました。スタートボタンを押すと爆音と共にエンジンが掛かります。(ご近所迷惑??)ATではないため、Pポジションがありません。基本はNに入れてサイドブレーキを引いて停車させますが、こんなスパルタンなクルマでもアイドリングストップ機能が付いています。昨今のドライビングセーフティー機能もキチンと装備され、自動ブレーキ、レーンキープ機能も付加されているのは驚きました。Confortポジションで自動モードで運転している分には、AT車と変わりません。ところがSports+モード、マニュアルシフト・モードに切り替えると本性を発揮、アクセルを深めに踏み込もうものならホイルスピンで白煙地獄と化します。軽く近隣の試乗コース(私的なw)を流した印象は「M3/M4よりも楽しい!!」・・・。じゃじゃ馬感は否めませんが、M2にはこういうテーストが求められるのかな〜〜と。今やM5でさえトルコンATですから、DCT車というだけでも貴重な存在になりつつありますね。多分このクルマのポテンシャルを知るにはサーキットに持ち込まないとダメかと・・。笑  M2コンペティションは900万円弱の車両価格です。M3/M4と同じS55が同載されるクルマが300万円安く手に入るのはお得ですかね〜。(全然インプレッションになっていない汗) 結局、拝借中に走った距離は近隣の市街地走行10km程度。夢の二日間はアッという間でした。高速で制限速度100kmの環境では性能の5%も発揮できないでしょうね〜〜。走る歓びよりも所有する歓びを感じるクルマかもしれません。昔乗っていた、V8のAUDI R8よりも更にスパルタンな印象です。多分、Mが頭につくモデルの中でも一番やんちゃなモデルでしょう。オジサンには5erのMスポーツ・パッケージがお似合いでした。・・・チャン・チャン♪♪  ところで、毎度新車の代車を寄こす意図はなんなんだろう?。535iは中古で買ったのに・・ww IC-730 のケミコン交換終了  前回WARC改造+28MHzの100W化改造でお預かりした個体です。前回の診断結果に「ケミコン劣化に起因すると思われるAF歪み」について、所見を書かせて頂きました。オーダーは全数交換でしたが、サンプリングの結果交換が必要なケミコンは10個程度でした。±DC回路の470μF…(Read More)

MACOM正規MP品に換装

 おはようございます。快晴の横浜ですがハンテツ明けの朝は堪えます。今日は顧問先巡りのため久し振りに革靴でアスファルトの上を歩きます。治療中の右足小指が当たって靴擦れしそうな予感・・・。  ラボ内は繁忙期さながらの状況を呈しています。エンジニア2人が病気療養で欠勤中、普段は大型担当の小生も小型ラインに立っています。来週一人が復帰します。今週が峠かと。頑張ります。。 YouTubeが世界的にダウン中  表示系サーバーのダウンと思われます。この規模の事故は珍しいですね。2018/10/17 10:58現在 復旧していません。仕上がり動画もご覧頂けない状況です。復旧後にタグを仕込み直します。 追記:2018/10/17 11:49  YouTube 復旧を確認しましたが、大量のトランザクションと遅延した処理が集中しているようで、アクセスし難い状況が続いています。暫く経ってからご覧ください。 HL-1KFX 交換作業終了・・・しかし  お伝えしている通りMRF150×4個が届きました。早速作業を再開し仮半田状態で基板単体の試験を実施しました。軽く10W程度押すと6dB程度(約4倍)のゲインを確認しました。きちんと半田付けしてバイアスを調整すれば7dB以上は出ると思い本付けを進めました。組み付後、低い周波数(負荷も低め)でロードしたところ、80Wで押して500W程度出ることを確認しました。上の周波数でも未調整でそこそこのパワーが出てくるのですが、何故か14MHzだけ低めです。しかもパワーを上げて行くと、交換した石からジリジリという音が聞こえます。明らかに発振の症状ですね。このままだと確実に石が壊れてしまいます。RFプローブで確認したところ、一番右側の石付近で波形が暴れていました。周辺のコンデンサが悪さしているようです。高耐圧のチップ部品が多く、通常部品も全て両面に半田付けされているため着脱検査に時間を要します。負荷を掛けないと判らない箇所でありSGの検査では症状現れまなかった様です。もう少々お時間をください。 TS-830V 作業が終わりました!!  リレーが着荷、早速交換しました。その他の内容は既にお知らせしていますので割愛します。本個体は球ボケもなく、28MHzまで気持ちよく出力します。830にありがちな周波数ドラフトも殆どありません。かなりイイ感じです。 (1)送受リレーの粘りを認めます。  当該部品を基板から着脱・分解して作業を進めましたが、送受切替時、スムースに受信に移行できません。送受リレー切替リレーの交換を要しました。 (2)全周波数 プレート・送受同調点ズレを認めます。  コイルパックの精密調整を要しました。 (3)内部埃・基板劣化・SW VR類の接触不良を認めます。  石油溶剤による接点洗浄処理、基板再半田処理を要しました。内部(特にPA部)に大量の埃附着を確認しました。これらを全て除去する必要がありました。 (4)小容量・中容量ケミコン類の劣化による容量抜けのあった、同容量・同耐圧のケミコンについて、(予防交換を含め)11個のケミコンを交換しました。  その他、リレー・スイッチ・VR等の接点洗浄並びに修復処理を行いました。工数サービス 【工数】  上記作業に4.0人日の工数を要しました。(診断・修理作業・検収・報告書作成を含む) 【交換部品・使用ケミカル剤】 OMORON NVZ4の代替としてPanasonic NF4B12V×1 小容量電解コンデンサー ×11 CAIG D-5 中量 CAIG D-100L 適量 IC-740 総合調整 + 修理 作業終了!!  当ラボでは初めてでしょうか。総合調整+とのことでお預かりしました。長期使用していなかったとのことです。まず周波数ズレが目立ちますね〜。200Hzズレていますから、CWだとかなり厳しいでしょう。本機はリファレンスと2nd Localの二箇所を調整します。リファレンス側は規定値11.000.00MHzのところ写真の通りズレています。リファレンスがズレているということは、他もズレてきますので・・・。きっちり合わせました。その他、BFO…(Read More)

 おはようございます。今朝も曇り空です。もう梅雨入りですかね〜〜。一年で最も憂鬱なシーズンの到来、体調はイマイチです。腸の具合もよろしくなく、ビールで暑気払いする気にもなりません。トホホ 6月2日は横浜開港記念日です。ここ数年、横浜開港祭に横須賀の艦艇が大桟橋に入港するイベントが行われていますが、今年は「いずも」です。明日の夕方に接岸予定で、20:15〜24:00には電灯艦飾が実施されるとのこと。一般公開は6月1日 13:00〜16:00、6月2日 10:00〜16:00の予定で、6/1、6/2の20:15〜24:00も電灯艦飾が実施されます。毎年お招き頂いているので、時間が合えば馳せ参じるつもりです。以下は観艦式の際、東京音楽隊が同艦内で演奏した「海のさきもり」であります。既に4回ほど乗艦しておりますが、航空機昇降用の巨大エレベーター(2基)は圧巻です! TE SYSTEM 6m MODEL 0552G  出力375Wを誇るソリッドステート・リニアアンプです。回路は至ってシンプル、MRF492の2パラ・プッシュプルであります。MRF492は12V系でPcは250W程度とのことでした。50MHzだと、出力70Wまで11dBのゲインがあります。100W辺りからリニアリティが下がる傾向にあるので、4発で375wの定格出力はギリギリといったところです。また、VCEOが18Vと低めな設計であり電圧管理はややシビアです。押しすぎるとすぐに昇天するので注意が必要。今回のご依頼は出力の急激な低下(200W?)に関する修理であります。確認したところ、160W程度しか出ていません。2発(プッシュプル)故障を疑いましたが、故障は一発のみでした。MRF492はMP品は非常に高価で、入手しやすいSRF3800(こちらもモトローラ)で代替修理するケースが多いのですが少々特性が異なります。故障したMRF492の壊れ具合から、相当な過負荷が掛かったと思慮され、残存のトランジスタ内部もダメージを受けている可能性が高いことから、オーナー様には全数交換をお勧めしました。MRF492MP(モトローラ純正品)の在庫も少なくなりつつありますし、1発交換も全数交換も工賃差は僅かです。特に本機の回路構成では、プッシュプル毎のオフセット調整が行えないため、hFEが揃った4発を入れないとダメです。全数交換をご指示頂き、部品発注させて頂きました。DHL便で6月15…(Read More)

 おはようございます。今朝は雨音で目覚めました。軒下に移動したBBQコンロが冠水、未使用のマングローブ炭もお釈迦に。乾かせばいいのか? 作業は相変わらずパニック状態です。本当に猫の手でも借りたいです。そんな訳で今朝も睡眠不足の小生であります。  宣伝を一つ! 例のFL-2100B(修理ご依頼品ではありません!)をオークションに出品しました。整備済でコンディションは上々ですが、当ブログの即決価格を大きく下回る破格で出品しました。ご入札頂ければ幸いです。オークション出品前にラボにてテストしたところ、80W入れて500W出てきました。(14MHz/100V電源使用時) 200Vで使えば20%は効率アップすると思います。100Vだと電圧降下の影響をモロに受けますね〜〜。出荷時のタップは100Vのままにしておきますが、簡単に200Vに切替可能です。  今後もシャックの整理は続続きますョ。第二弾・第三弾と出品しますので宜しくお願いします。 IC-730 作業終え!!  GWを跨いで作業していたIC-730もチェックアウトであります。診断時に全バンド受信不可能状態でした。主な要因はプリアンプ回路のリレー接点劣化によるものです。プリオフ状態では聞こえたはずですが、そもそも受信IFが離調しているため感度が著しく低下している状況です。リレー自体は接点も劣化しているほか、脂(煙草?)が附着しソレノイド自体の動きが鈍くなっています。こなると交換しかないのですが、このリレー(富士通製)は30年前にディスコンしているため、サプライヤーからの入手は困難です。海外のディーラーで数個の在庫を確認しました。交換の結果、プリアンプが正常に動作して動画の様な状況に回復しています。    その他、長時間電源を投入し続けると、PLLがアンロックする症状を確認しました。リファレンス周波数の調整と共にVCO周りも校正しています。その他、RIT、IFシフト周りも規定値に揃えました。コンディションは上々です。その他、ケミコン6個を予防交換しました。既に故障箇所の写真は前号に掲出済ですので、割愛させて頂きます。 【ご依頼内容】 総合点検調整修理(オーバーホール)  について、作業を承りました。 【工数】  上記作業に4.5人日を要しました。 【交換部品】 小電力リレー×1 ケミコン×6  TS-850 ご入場!  久し振りの850であります。“送信時に変調がスピーカーに回り込む” “送信出力不安定” などの症状とうかがいました。拝見したところ、送信変調が回り込むような症状は確認できませんでした。後者についてはCAR VRのガリが顕著な様です。軽く触れるだけで送信出力が大きく増減することを確認しました。また、何故か最大出力が160W〜200Wに設定されており、ALCが開放されています。30Aクラスの安定化電源ですと、この出力には耐えられませんので確実に電圧降下を生じます。その様な状況では無線機全体の動作が不安定になり回り込みなどが起こる可能性が否めません。ファイナルも壊れますョ〜〜(冷汗)この様な状況にありながら、ナント冷却ファンが回りません。本来、送信時にトランジスのコレクタがGNDに接続され、DC軸流ファンが回転する仕組みになっています。TS-850はLCDのケミコン液漏れの他にファンの故障も多いですね。定格の倍近い出力を出している状況でPAユニット冷却されませんので、当然ながらサーマル・プロテクションが介入します。恐らく、出力不安定はファン故障が原因でしょうね。  そのファンですが、本機の指定部品であるPanaflo製のDC軸流ファンはディスコンです。DC12V定格といっても、動作電圧範囲や、動作保証温度、風圧など様々な条件を考慮する必要があります。以前は定評のあるSan Ace製やMNB製の同規格品でリプレイスできましたが、これらがディスコンになっていました。オリジナルのファンはノイズレベルが30dBでしたので、MAX回転数時に同程度の騒音レベルに収まるファンを探したところ、何れも在庫切れです。前後スペックの物を漁ってみます。最近はPWM仕様になっているので、センサリードが出ているタイプしか市場に出回らないのか? もっともセンサリードを根元から切り落として使用すれば良い話ですが、何となく・・・・。(気分の問題?) というか、センサリードが出ているタイプの方が流通量の関係で安いんです。(汗) 少々お待ち下さい。 TS-50V LCD Assy交換完了!!  こちらもお待たせしております。送受共にアウトな個体ですが、症状はみるみる悪化しました。PLLのDDSが日に日に不安定になり最終的には何も出てこなくなる有り様。PLLやコントロールユニットの定番故障箇所は全て手を入れましたが、ダメです。結論はDDSにコマンドを送っているフロントパネルのプロッセサー異常と断定しました。こちらは、サービスマニュアルにも回路図記載がなく、Assy…(Read More)

 こんにちは。少々スロースタートです。連休中は概ね天気にも恵まれましたね。後半は拙宅でBBQをやりましたが、前日より体調が優れず、開始後1時間余りで意識朦朧?酩酊状態に陥りました。結局ゲスト達が勝手に肉を焼き酒を飲んで、小生が意識を取り戻した22時には既にお開きです、翌日も昼過ぎまで起動不能状態。そんな飲んだつもりはないのですけどね〜〜。BBQ前夜に牡蛎を食べたのですが、どうもそいつがヤバかったみたい。汗汗  そんなわけでGWもお終いです。未だ体調が優れませんが、今朝は6時からCADソフトと格闘しております。来週後半は“KH2″(KH6は誤り)出張の予定、巻き巻きで作業に入りま〜〜す。  そうそう無線絡みのトピックといえばクルマに積んだFT-857DMの運用をスタートしましたョ。QSOしたのはローカル数局のみでしたけど。 車内のレイアウトも決まったので、当面このスタイルで行こうと思います。     無線機修理のご相談について  “二子玉日記について”にも記載している通り、無線機修理は勤務先で受け付けています。連休中にも多くのOM様よりブログ記事コメントを頂きましたが、流石に個々のお問い合わせに対してお返事することはできません。会社宛にお問い合わせ頂ければ、営業(私ではありません)が対応させて頂いております。但しその日のうちにお返事するのは至難の業でして、ご相談内容から故障箇所を想定し、それを直すための部品が入手可能か否かを判定するには1〜3営業日は最低でも必要です。連休明けの場合は大量のお問い合わせに一件ずつ追っ掛け対応するため、通常の倍以上の時間が掛かります。申し訳ないのですが、ブログやYouTubeのコメント欄に書かれてもお返事はしませんので、悪しからずご理解ください。(>_<) TS-50V Assy到着  GW中に例のAssyが届きました。この後作業に入ります。 IC-730 リレー交換・ケミコン交換・フルトラッキング  こちらは既に部品交換を終えております。本日トラッキング作業に入り、終了後にロードテストに移行しますので、早ければ明日中にC/Oの予定です。少々お待ち下さい。 2M-130G  こちら故障箇所特定済ですが、現在ご指示待ちの常態です。 今後の修理予定について  GW前に到着している個体と今朝倉庫に入った個体のウチ、第一・第二ラインで取り扱い可能な案件を進めて参ります。第四ラインはTS-50Vのフィニッシングに移行します。 TS-50V IC-730 TS-850S TM-V7 IC-756…(Read More)

 おはようございます。大型連休前半が終了しました。明日から後半に突入です。前半はよく晴れましたね。拙宅では家族は各々の予定があり、小生はラボワークと愛車メンテに費やしました。今週は「仕事モード」の投稿はしないつもりでしたが、予定外で一件レポートしておきます。  そんな訳でGW作業中のIC-730について中間報告しておきます。以下の様なご相談を賜りました。 30年程倉庫で保管していた無線機です。久しぶりに電源コードが見つかりましたので、整備して電源を入れた所しっかり入りましたが、アンテナも無く確認が取れないので、総合点検 整備を考えております。発売日から数十年たち部品も入手困難かもしれませんが、なんとか復活させたいと考えております。  承知しました〜〜〜。(`_´)ゞ お預かりして、最初に気になったのは受信プリアンプが入らないことでした。SSGを繋いで規程周波数を受信したところ、スルーにしないと受信しません。リレーの接触不良なのかFETが逝っているのか・・・。FETにVDDは掛かっていました。リレーの接触不良のようですが、このリレーはディスコンで国内では調達不可能です。蓋が開くタイプですの接点洗浄・研磨を試みましたが、確認したところソレノイド自体の動作不良と判明しました。UPS便にて着荷しましたので早速交換、プリアンプ復活を確認しています。 ロード中にPLLアンロック発生!!  気を良くして、このままC/O!を期待したのですが、甘かったです。モスボール状態であっても劣化が進行しているんでなぁ。フルトラッキングに移行ですね。この続きはGW開けに。。 ブログ執筆中に嫌なニュースが飛び込んできた・・  自転車仲間の木下 滋雄さん(自転車で五大陸制覇)がご夫婦でマケドニアを輪行中に強盗団に襲われ、現金・パスポートを奪われたとのことです。現在、大使館に保護されているとのことですが、奥様の御用隊が芳しくないとのこと・・・。心配です。氏とは走行会や被災地支援のバトラー隊でもお世話になりました。早速赤坂の外信部に報告。午後のJNNニュースに報道されると思います。Facebookでシェアしておきます。 &nbsp…(Read More)