投稿 Currently viewing the tag: "IC-202A"

 平成最後の金曜日、雨はあがりましたが、気温は低めです。平成最後のレポートをお届けします。何だか元号が変わる実感がありません。

 明日から大型連休に突入しますが、既にお休みに入られている方も多いかと。先週末に愛車が当て逃げ被害に遭い、ラボはリソース不足、、踏んだり蹴ったりの元号末、これが新元号の露払いになりますように。(^∧^) “令和”のスタートも休み返上の無線機修理が続きます。ご用命頂けることに感謝しつつ作業に勤しんでまいります。但し10日中2日くらいは家族サービスに充当しようと思いますけど。まだ場所は決めていないのですが、無線が出来そうな場所でキャンプでもしようかと思います。明日は厚木基地の「日米親善フレンドシップデー」、我が家の恒例行事とともに大型連休が始まります。


FT-680 修理完了

 総合調整ということでお預かりしました。検査したところ小数点以下(KHz台)が制御されません。メインダイヤルを回すと表示は正常に変わりますが、送受信周波数は50.000MHzのままです。51MHz台に上がると51.000MHzで固定されます。52MHz以上も同様です。PLLのアンロックによる症状ですね。PLL 1のロック電圧が異常値を示していたので規程値に調整しました。PLL2・PLL3も同様に調整します。リファレンスも狂っていたので校正。正常に周波数が制御できるようになりました。その他、送信・受信のフルトラッキングを実施しました。最大出力が15W程度出ておりますが、ファイナル段の負担を下げる為、規程値レベルに下げています。特にAMのキャリアレベルが高すぎでした。本機のAM定格入力は8Wですから、定格上はAM 最大出力は 4Wということになります。誤差を考慮して5Wとしても、キャリアが3.5W近くでているとなると、あまりキレイな変調は乗らないでしょう。仕様通りにキャリアは2.5Wに調整しました。逆にマイクゲインが浅めだったので上げています。受信感度は -140dBm SSB(測定限界)で信号復調を確認しました。

PLL 1 ロック電圧離調 →
規程値6.5Vへ調整
PLL 2 ロック電圧も僅かに低い →
規程値4Vへ調整
PLL 3は誤差範囲内(3.5V)
VCO バッファの調整
PLL BPFの調整
ローカル周波数を規程値に校正(サービスマニュアルの値が間違ってる!!)
IF 周波数確認
最大出力を12W程度に抑える

【ご依頼内容】

  1. 総合調整
  2. 特にAM送受信調整を重点的に調整してほしい

以上について、作業を承りました。

【工数】

上記作業に2.5人日を要しました。(故障箇所診断・調整・検証・報告書作成を含む)

【交換部品・使用ケミカル剤など】

  • CAIG デオキシット D5


IC-202A オーバーホール 完了

記事を読む

再びIC-202Aの登場

by

 只今都内某所にほんの数日籠もっております。(収監w)既に0時を回っていますが、iPadのWordPressのアプリから投稿中。4人部屋なので音を殺してます・・・・・ :-) 

記事を読む

 今日、2SC1947が代引きで届きました。4個で4000円也。正直、予備は要らなかった気がします。IC-502のメンテでもやれば別ですがね。先日、閉胸しないまま放置したIC-202Aを取り出してきました。前置きは程々にして、作業に取り掛かることにします。既に壊れたファイナルは撤去済なので。新しいトランジスタを装着、半田付けするだけです。

記事を読む

 Facebookでお世話になっている木村OM(JH7CSU)から、数十台規模で無線機を処分される3エリアのOMの話を伺い、リストに在った往年の名機アイコムIC-202Aの引取に挙手させて頂いたところ、ご縁があったようで当局の手元にやってきました。

記事を読む