投稿 Currently viewing the tag: "HL-550fx"

 おはようございます。今朝も冬晴れのお天気になりました。午前中は赤坂の某局で会議です。先週はインフルエンザで一週潰れてしまいました。新年初出社であります。 HL-206V RJX-601 HL-550FX その他について  今週前半は東ハイのリニアが3台入ってます。与太話抜きで本題に入ります。 HL-206V ファイナル交換&基板修復で作業終了!!  前回の続きです。4箇所パターン焼損を確認しているHL-206Vです。3箇所はパター修復に成功しました。1箇所については炭化部の絶縁値が下がって導通傾向にあるため、レジスタコートで絶縁した後、回路をリードバイパスして迂回しました。SD1477MPはhfe=20のLowMPです。元々入っていた石はhfe=50のHiMPなので少々発振気味だったかも知れません。アイドリング電流も深めに設定されており少々危険な状態でした。適正値となるようアイドリング値を出しました。 9W入力時に200Wを超えるので十分過ぎるゲインがあります。オーナー様によると、リレーをご自身で交換した後に煙が出たとのことです。SD1477の片側のコレクタとエミッタが短絡してVCCがGNDに落ちており、ここで大電流が発生したものと思われますが、焼損パターンの先にはACC端子もあります。エキサイタとの接続方法に何らかの齟齬があった可能性も否めません。今一度、確認されることをお奨めします。また、パターン焼損が発生していますので、あまり負荷を掛けすぎないようにお使い下さい。 【ご依頼内容】 電源投入不可能 以上について修理・作業を承りました。 【工数】 上記作業に工数3.0人日を要しました。(故障箇所特定・調達・施工・負荷試験実施・報告書作成・その他を含む) 【交換部品・使用ケミカル剤など】 SD1477MP (hfe=20.0 選別品)1ペア 基板修復剤(レジスタコート)中量 放熱用シリコン 中量 リード線 10cm RJX-601 メンテナンスパック + LED化 + AM変調器修理  本年最初のRJX-601であります。相変わらずの人気者ですなぁ。登場から45年以上経過しているのに未だに状態の良い個体が数多く存在します。今回お預かりした個体は後期型、外装コンディションは良好でした。内装に関してはケミコン劣化もなく調整のみでイケると思いきや、AM変調が歪みがちでした。特に高音域で盛大に歪みます。受信音もやや低い感じがしました。変調器とAFアンプを兼ねる2SC1226(プッシュプル)の劣化と診て間違いありません。この石は前回ソールドアウトのハズでしたが、部品を整理していたら5本見つかりました。そして、オーナー様からはLED化のオーダーも頂戴しております。こちらはお馴染みの作業ですね。今回は5mmφの超高輝度白色LED(抵抗入り)を2本使ってスマートに仕上げました。601とこの組み合わせはアリですね。メンテナンスパックは定番メニューですので、説明を割愛します。 【ご依頼内容】 メンテナンスパック 照明類 LED化工事 その他不具合修理 【工数】 御見積・診断のみ 3.0人日(パック工数・故障箇所特定・調達・作業・負荷試験・報告書作成) 【交換部品・使用ケミカル剤など】 2SC1226A ×2 水晶×1 1/4W抵抗 ×1 超高輝度白色LED 5mmφ×2 LED用拡散フィルム×2 CAIG D…(Read More)

 お疲れさまです。今朝は冷え込みました。相変わらず右下顎の痛みは治まりません。ロキソニンで散らしながらの日々であります。一週間くらいは痛みが続くらしいのですが、何より食事が辛い・・・。(>_<)  さてさてHL-550fxでございますが、”Check Out”でございます。PAユニットのプロテクション・リレーを交換したところ見事に導通、RF信号が先に届くようになりました。今回の事象は、入力10w程度でODプロテクション作動という???な事象でした。2パラPP、4個のファイナルは異常なしですし、最初に疑ったDETECTユニット内の方向結合器も問題なし、最も危惧したPIC異常もなく正常にトリガーが出ていました。 PAユニットのアッテネーターとファイナルの間にリレーが入っています。ここには制御ユニットから開閉指示が来ます。制御ユニットへはPICユニットからトリガーが発せられています。PICは本体の外側にある入出力のコネクターが付いている小さな箱に収められたDETECTユニットで測定される、入力レベル・出力進行波レベル・出力反射波レベルを演算して様々な異常状態を検知する仕組みになっています。これらのフロー上にある“何処か”で異常が起こっていると診て参りました。本機はRFラインにもヒューズがあり、プロテクション系の冗長性に関しては申し分ない設計であることが頷けます。それらの設計思想を理解していないと、なかなか修理箇所に辿り着けません。プロテクションリレーは本来は異常に応じて開閉するのですが、今回はリレー自体が開き放しになったことで、入力レベルに対して、あるべき出力レベル(進行波)が出てこないことから、PICは“入力異常”と判断しプロテクション指示を発したものと思われます。 リレー自体は小信号用で、0.6A 125V(AC)定格です。インピーダンス25Ω程度だとすると入力100wで2A/50V程度が流れますが、手前に1Aのヒューズが入っているのと、固定のアッテネーターで十分減衰されますので、リレーの許容範囲に収まると思われますが、前回お伝えしたように大量の埃山積+結露によって回路のインピーダンスが下がった場合、大電流が流れる可能性があります。実際リレーの真横に大量の埃が詰まっていました。(写真参照)   リレー故障の際に見られる外装の熱変形は見られませんが、メンテナンスフリータイプなので中の様子は分かりません。こちらは汎用リレーで東京ハイパワー製品によく使われているデバイスです。ラボ内にロット単位でストックがありますので、ガンガン使っちゃいましょう!!ww  リレー交換した結果、RF信号がファイナルへ到達しODプロテクションは点灯しなくなりました。TS-870をエキサイタにしてテスト。ダミーロード付きのMFJ-267(最大1.5Kwまで計測可能)にてパワーチェックしました。元気よくメーターが振れています。埃除去の励行・オーバードライブ厳禁!! 本機は大型ブロアーを装着しています。リニアの後部から大量の空気を吸い込みますので、埃も一緒に取り込んでしまうのは致し方在りません。定期的に内部に溜まった埃を除去して頂くことが重要です。そして、何よりもオーバードライブにお気をつけ下さい。(ALCは必ず繋ぐこと!!) 映像をご覧頂くと分かると思いますが、本機は50w程度で十分過ぎるパワーが出てきます。非常に効率の良いソリッドステート・アンプですね。動画はALC…(Read More)

 お疲れさまです。まだ顎の痛みが退きません。一週間は続くんでしょうかね〜〜。昨夜は7K1UGA局(三村OM)にD-Starでコール頂き、その後430のFMでラグりました。途中からJA1NOJ局 (庄司OM)にもBKして頂き久々のラウンドQSOでした。各局とも近いので拙宅の貧弱GPでもメリット5です。 毎日無線に関する仕事をしているのに、最近は殆どローカル・ラグチューです。南ジョージアのペディション局の話題がそこかしこから聞こえてきますが、拙宅ではノイズレベル以下です。深夜でもエアコン室外機からと思われるインバーターノイズがS9以上振っていて、ローバンドはどうにもなりません。完全に戦意喪失です。HL-550fx と格闘中 HL-1Kfxよりもメンテナンス性は優れていると感じます。外装はよく似た2台ですが、中のレイアウトは異なりますね。1Kfxの方はパワーに対して、LPF群が小振りでユニットがリア・パネルに置かれています。一方の550fxはディテクターをケース外に持って行き、リア・パネルに基板はありません。LPF群はPAユニットの反対側、電源ユニットと背中合わせに装着されています。メンテナンスを考慮した設計で非常に扱い安く、エンジニア好みのレイアウトです。素晴らしいと思うのは、PAユニットを半脱状態にフックする穴があることです。毎度書きますが、このメーカーの喪失はアマチュア無線界にとって大きな痛手です。 前置きが長くなりました。m(_ _)m さて、550fxの故障箇所についてです。先に結論を申し上げますと、PAユニットの入力あるリレーの不具合と断定しました。こちら、制御ユニットからの指令で開閉するのですが、RF…(Read More)

 お疲れさまです。今日は仕事の合間にRRS-Piを試そうと思ってHDMIケーブルを調達してきました。Raspberry Pi 2はHDMI経由でディスプレイに繋げるため色々と便利。先日焼いたMicroSDを刺して起動しようとしたのですが、どうも上手く行きません。ファイルのコピーに失敗したようです。 RKE氏が作ったOS入りのファイルをOSX標準のDisk Utilityでコピーしようとしたのですが上手く行かす、コンソールからddコマンドを叩いて作成しました。8GBのファイルを移すのに何時間も掛かったのでおかしいとは思っていたのですが、やはりダメだったみたいです。早くRaspberry Piを試したいのですが、なかなか先に進めません。最初からやり直しです。今日は落ち着いてやれる時間がとれませんので、後日再チャレンジしてみます。HL-550fx 修理続行へ 表題の通りです。故障箇所がイマイチ掴めずにいるHL-550fxの修理作業を再開しました。何となく怪しいところは見えています。今日は取り敢えず、PAユニット、PICユニット、DETECTユニットを取り出して確認しました。まず、PICについては異常無しです。ココが壊れていたら少々厄介なことになっていたのですが、まずはクリアできたので安堵しています。ディテクター回路は先日調査済です。残るは制御ユニットです。PAユニットの入力リレーの制御電圧が正常に出力されていない気がします。回路図はありますが、規定電圧が不明なので、あるべき電圧値をICの構成から類推するしか術が無いため、制御ユニットを取り外してICの足全てにテスターリードを宛て電圧を測定し、回路上にプロットする作業を進めようと思います。実はRF信号はリレーから先に流れていないことを突き止めました。トランジスタがVCC/ON状態でRF信号が入力(出力しない)しないためにプロテクター機能が動作している可能性が高いのです。PA基板の入力ジャンパ・ピン、保護ヒューズ、リレーまではエキサイタ信号が到達しておりますが、リレーから先に流れて来ていません。リレーそのものの故障も考えられますが、メンテナンス・フリータイプのリレーなのでどうでしょう? 一応分解清掃してみます。 思い出しました。そう言えばこのPAユニットに大量の埃が付着していましたね。あの量は確実に結露短絡してます・・。だとすると、このリレー周りを疑うべきか・・・。まずは、分解清掃から・・・。こちら、オーナー様にはお送りしていますが、以下の写真の通りの状況でした。リニアアンプは発熱量が多く、冬場で気温が下がる室内で使用した場合、確実に結露が発生します。埃に水分が絡みつき「濡れ雑巾」になるので注意が必要です。&nbsp…(Read More)