投稿 Currently viewing the tag: "HL-250UFX"

 おはようございます。雨は上がりましたが、曇り空が続く横浜地方であります。週末までこんな感じでしょうかネェ。西日本では甚大な被害がでている模様です。被災された方には心からお見舞い申し上げます。 HL-63U 修理完了 HL-250UFX 修理完了 Mark V Field ご入場 花桃パトロール継続中!  アイドリングタイムは相変わらずCB三昧。ログレスで好きなときに気軽に運用できるのが良いですね。暇さえ有れば近隣の“花桃の丘”に上がっていますが、この日(2019/07/03)も昼休みと夕刻にパトロールしました。笑 曇り空でEs情報も無っかたのですが例の“チクタク”が聞こえていました。下田でもお世話になったイワテIW123局のクリアな変調が聞こえていたので早速コールしてみました。今日のエクイップはICB-87R(2号機)です。1号機は初期ロッドの技適ゴールドステッカー付きの個体、2号機は後期型の角Rステッカーが貼られているタイプです。中身は一緒ですが、後期型はソニー謹製ではなく下請けで製造されたロットとか?? 後期型は受信感度調整の追い込みが甘いなどと言われていますが、確かにSは1.5メモリほど低めに振れます。S/N自体は変わらない気がするのですが・・。実用上は1号機と2号機の差を感じることはありませんョ。やはり87Rは鉄板です。 今回は52/52でお相手頂きました。それにしてもイワテIWさんの“一発コピー”には敬服します。下田の時もAGN無しで一発で拾って頂きました。ロケーションも素晴らしいのでしょうね〜〜。  イブニング帯にも愚息のヨコハマYT726と共に“丘”に立ち寄りました。見覚えのあるクルマが止まっています。クルマでそのまま近づくと、運転席を倒して意識喪失している“CH”さんを発見!! 真横でクラクションを鳴らしましたが無反応です。「・・大丈夫か??」 クルマから降りて、ウィンドウをコンコンとやったところお目覚めに・・・。せっくの睡眠を邪魔してゴメンナサイ。m(_ _)m  昼に聞こえていたチクタクは全く聞こえません。もっぱらCH-580はコンディション確認専用機と化しています。18MHz、21MHzまでは開いていたようですが、上の方は閉じきっていました。CHさんの「目覚まし時計的ミッション」を終えラボへ、ヨコハマYT726はそのまま自分のリグ(RJ-480D)を持って子供部屋からCQを出していたようです。CHさんはまだ花桃に居られたようで、YTにお声掛け頂きました。笑 室内QSOで53/53です。(ラボでタヌキしてましたwwww) 直線で約1.5km離れていますので、市街地(室内QSO)としてはまずまずでしょうか。自分の40数年前を想い出します。 今日も元気にチクタクチクタク・・ HL-63U 修理完了  プリアンプ修理のご用命でした。GaAsのMGF1302(三菱)はいよいよデットストックになったみたいです。個人売買もしくはリファビッシュの怪しいモノが出回っているだけで、まともなサプライヤーから完全に消えてしまいました。GaAs FET…(Read More)

 おはようございます。雨は止んでいますが曇り空の横浜です。湿度100%、体まで錆付きそうな天気です。梅雨明けが待ち遠しい・・・。 TS-600 ご入場 HL-250UFX ご入場  都度投稿の切り替えてから1本目の日記になります。ハイ動きがあったということですね。 梱包についてのお願い  本題に入る前に修理品の梱包について少し書いておきます。最近梱包不良による輸送中の事故が頻発していますが、プラスチック製の収納ケースに機器を入れて発送されるオーナー様が偶におれらます。再利用できるので便利なのですが衝撃を吸収し難く機器保護の点ではお奨めできません。後ほどご紹介するHL-250UFXは輸送時、縦方向の衝撃が加わりTX LEDが破損してしまったみたいです。プラスチック製ですので箱自体は頑丈ですが、機器との隙間が十分にないと発泡スチロールなどの大きな衝撃を吸収する緩衝材が入れられません。プチプチシートの圧巻とエアパッキンのみでは表面のキズ防止程度しか効果がありません。機器には自重があるため加速度の高い大きな衝撃が掛かると相当なダメージを受けます。段ボールに梱包する場合でも底に十分な緩衝材を敷かないと機器の足が割れてしまいます。重量のある機器どうしを同梱することも言語道断です。弊社では原則お送り頂いた際の梱包をそのまま使用しますので、返送時の梱包についてもご考慮頂きたく存じます。機器を直に包むような梱包は絶対にお止め下さい。 プチプチシートは表面保護用  機器の前後左右と天地(上下)には表面保護用のプチプチシートを一次緩衝材として薄巻(一枚で十分)してください。圧巻は効果がありませんし、通気性が悪化すると中に水分が溜まってしまい逆効果です。二次緩衝材はスチロールボールなど大きめの衝撃を吸収する緩衝材を使用してください。スチロールボールを袋に詰めたまま入れて来られる方がおられますが効果半減です。スチロール同士の摩擦で衝撃を吸収する仕組みですから、必ず袋から出してお使いください。また多くの衝撃は縦方向から掛かるので、底板は必ず二重に段ボールを敷きましょう。出来れば三次緩衝材として底側・蓋側に一枚づつ段ボールを敷くことをお奨めします。外箱の段ボールも水分が含んで柔らかくなっていると、衝撃吸収性が低下しますのでご注意下さい。やはりベストは製品の元箱をお使い頂く事です。 パソコン用段ボール箱について  機器のサイズ・重量によっては、ヤマト運輸で取り扱っている機器梱包用段ボール箱(パソコン宅急便ボックス・精密機器ボックス)もオススメです。中板の中央にあるビニール部分に収まるサイズでも、機器が重すぎるとビニールが破けてしまい、輸送中に下部に落下してしまうことがあります。耐荷重に合った箱をお選びください。0.5Kg〜20Kgまで8種類の箱があります。詳しくはヤマト運輸におたずねください。 素晴らしい梱包例  皆様に是非ご紹介したいお手本の様な梱包例をご紹介します。以下でご案内するTS-600をお送り頂いたオーナー様の梱包例です。TS-600など年代物の無線機の場合、元箱を温存されておられるのは希ですね。こちらは汎用の段ボール箱を利用されていますが、古新聞をジッパー付きビニール袋にいれた緩衝材を十分に詰められていた他、内部にも三次緩衝材として段ボールによる仕切りと発泡スチロールのブロックがセットされていました。隙間には横揺れ対策用に古新聞が丸めて入れられていました。素晴らしいアイデアですね〜〜。隙間様の新聞氏もビニール袋に入れた方が良かったかな?? 何故なら新聞紙は水分を吸収してしまうため、梅雨時などは内部の湿度が上がってしまいます。実際に直に詰められた新聞紙はやや湿っていました。機器結露や錆進行の原因にもなりますのでご注意下さい。シッパー付きビニール袋はホームセンターや100円ショップでも入手できます。この方法はオススメしたいです。 TS-600 ご入場  さて本題です。素晴らしい梱包で届いたTS-600でありますが、無線機自体のコンディションは正反対でした。(涙) 電源を入れると照明ランプがチラついて、明らかに電源ラインの電圧が不安定になっている様子が伺えました。また、AFボリュームを上げると周波数に関係無く全域に内部ノイズが出ていてSが9近く振っています。電圧不安定と何ら関係している様な気がします。また、SENDスイッチを上げても送信状態に切り替わりません。内部を確認すると、本機はケミコン類は一度も交換された形跡が無く所々で液漏れしているほか、パンク寸前の小容量コンデンサが多数目視できました。液漏れによる腐食とみられる基板劣化も確認できました。調整のみのオーダーでしたが、この状態では先に進むことができません。少なくともケミコン全数交換、劣化ダイオードの交換は必須と思われます。また周波数ズレが顕著と伺っておりますが、恐らくヘテロダイン水晶の劣化と思われます。この時代のトリオ製リグは水晶劣化が顕著ですね。オーナー様にフィードバックさせて頂きました。暫しペンディングです。 HL-250UFX ご入場  冒頭で触れたHL-250UFXです。輸送時に縦方向の衝撃によりTXインジケーションのLEDがギロチン状態で切り落とされた模様です。“取扱注意”・“下積み厳禁” 指定で発送してもこの有り様です。ヤマト運輸曰く「この梱包では荷受け出来ない」とのことでした。返送時はパソコン用梱包でお戻しさせて頂く事にして・・・。本題の修理についてですが、増幅素子などを除く補修指定部品についてはメーカー自体が存在しないため部品番号が判らないため調達は困難です。現物実測の上、部品屋を当たるより術がありません。代替部品による修理とさせて頂きます。実測の結果5mm×2mmの角型LED…(Read More)

 おはようございます。曇り空の横浜です。連休以降コンディションの良い日が続いていますね。“花桃の丘”も大賑わい、小生はパトロールのみですけど・・・。w HL-250UFX ご出場 LS-202 ご出場 Mark V 重篤診断 今後の修理予定について  やっと愛車が帰ってきました。代車 “新型X3” のお陰でアッという間でしたけど。例の「当て逃げ」によりフロントバンパー、ウォッシャ・アッセンブリーの交換など、諸々39万円の出費となりました。保険会社と相談の結果、保険適用に踏み切った次第です。等級は3年で元に戻るそうで、その間の保険料アップを考慮すると、修理代が18万円以上の場合は保険適用が得になる計算。勿論、この間保険支払が無いことが前提です。30年以上無事故を通してきたので確率的には大丈夫だと思いますけど、やはり不安・・・。運転するのは小生のみにあらず・・です。汗   一応想定範囲内ですが、いくら保険適用とは言え“痛い”です。 “当て逃げ犯” に天罰が下りますようにッ!!!!   HL-250UFX 修理完了!  長らくお待たせしました。ファイナル・ドライバ交換の為お預かりしていたHL-250UFXの作業が終わりました。三菱製のMOS FETをファイナルに4発(2P/P)ドライバに1発使用しています。交換に際し周辺のコンデンサ14個も一緒に取り替えました。今回は取り説も回路図もないため着脱したチップコンを実測して容量を確認。40pFがゲート側・ドレイン側にそれぞれ使われています。またドレインの補正コンは10pFのセラミックコンが使用されていましたが、一発あたり50w〜60wの出力が出てくる場所ですのでフツーのセラコンでは頼りない感じが否めません。全て高耐圧タイプに交換しました。チップコンは500V耐圧を使用しています。本機の定格は10W入力に対して230Wが定格出力となっています。調整中に週間最大入力250W(連続50W)のダミーロードが焼け落ちました。パワー計も200Wまでしか表示できませんのでメーター針も振り切れ状態です。急遽 1.5Kw/650MHzの ダミーロードに付け替えた作業続行。RD60HUF1はIdq = 2.5A(typical)なのですが、本機の場合ドライバで十分底上げされてくるため2.5Aは少々流し過ぎと思います。従いましてファイナル4個については、アイドリング電流をややコンサバにセットしています。(実際ピーク出力付近でやや発振気味) この状態だとフルデューティさせたときに大荒れ→故障に繋がりかねません。定格よりやや絞り気味に設定しました。10W入力で220W程度は出ていると思われます。オーナー様より「10W入力時に250W出ていた」とございましたが、実際の入力はもっと大きかったのではないかと考えます。故障の原因は明らかにオーバードライブによるものですので、お気を付け頂きたく存じます。貴重なリニアアンプですのでフルデューティは避けて使いくださいネ。(^o^)   【ご依頼内容】 出力異常低下  以上について修理を承りました。 【工数】  上記の作業に工数3.0人日を要しました。(部品調達・修理・調整・検証・報告書作成などを含む) 【交換部品・使用ケミカル剤など】 RD60HUF1 × 5 (ファイナル4個・ドライバ1個) 39pF 500V チップコンデンサ × 10個 (40pFチップコンの代替として) 10pF 30kV 高圧セラミックコンデンサ ×4個 LS-202 ご出場  先週末の続きです。既に作業を終えておりましたが、「SSB送信不可能状態」について今後の取扱が未決でしたが、正式にオーナー様より作業終了のご指示を頂きました。写真(作業の詳細)などは前号をご参照ください。 【ご依頼内容】 送信出力が確認できない  以上について修理を承りました。 【工数】  上記の作業に工数3.0…(Read More)

 おはようございます。五月晴れの横浜地方、令和最初のブログ投稿です。連休入り早々にサイトが壊れ、連休前半はほぼ修復作業に奪われました。もはや修復は困難と判断。デザインも一新して再スタートです。新時代の幕開けですしね。(^o^) HL-250UFX 作業中 WSE-2760D 作業中断 IC-731 修理完了  バグが残っているかもしれません。特にモバイル・テンプレート(WPTouch)がズタズタです。お気づきの点はDM・メッセ・コメントなどでお知らせ頂ければ幸いです。  連休後半は大山登山・山中湖キャンプとアウトドアーな感じの家庭サービスとなりました。例の“当て逃げ事件”により愛車は入場中、ディーラーがX3の新車を持ってきてくれたのでラッキーでした。X3については後ほどミニ・インプレッションします。野営道具満載で、お馴染みの「山中湖みさきキャンプ場」にチェックイン!! 予約不可のキャンプ場が狙い目!!  GWの予定は数ヶ月前に決めているという方が殆どだと思います。小生は “繁忙期は仕事” という環境に長らく居たためか、どうも「予定」というのが馴染めません。笑 今は半ば自営業みたいなものなので、気が向いたときに出掛けるというスタイルが身についています。今回も10連休に入ってから行動に移った次第でして・・。昨今のキャンプブームでどこのオートキャンプ場も予約でギッシリ埋まっています。そんなことは百も承知ですが、昔ながらのキャンプ場は予約不可のところもありまして、そんな場所が狙い目です。我が家がよく利用する「山中湖みさきキャンプ場」もその一つ。キャンプ場で連泊する人はまずいませんから、営業開始時間を狙って行けばだいたい入場できるんです。     無線家にとって好都合なロケーション  このキャンプ場は山中湖の東側湖畔からせり出した小さな岬に在って、岬の両側は湖面のため釣りやボート遊びをするには絶好の場所です。そして移動運用のロケーションとしても絶好の場所なのです。HFは湖面の反射が最大限に利用できる他、V/UHFに至っては富士山反射が活かせます。愚息(ヨコハマYT726)は合法CBでQRV、小生は18MHz、21MHzにQRVしました。特にCB 8chはAFボリュームを最大にしてもノイズが聞こえない絶好のロケで、コンディションもよっかた為か7エリア、3エリア、6エリアの各局が入感、愚息のつたないCQで埼玉の局がコールしてくれました。こういう実体験を積むと、無線への興味は維持できるのかな??ww 小生も負けじと、FT-857 + ATAS-120A(ATAS-25併用) で南大東島〜中標津の各局と交信させて頂きました。(各局さん、QSOありがとうございます。) モバイルバッテリーから電源供給  以前ご紹介したSUAOKIのジャンプスターター付きモバイルバッテリーから電源供給しました。これで朝の8時から夜中の10時まで運用できたのは驚きです。もっとも送信時間はトータル30分に満たないと思いますけど・・。受信待機だけなら2日イケたと思います。終了時の残量は84%ですが電圧が11Vくらいまで下がります。これ以下だとATAS-120Aが動作しません。(その為、深夜は手動のATAS-25に切り替えた) 送信時の電圧効果は0.5V〜1V程度でした。QRP運用なら全く問題ないと思います。因みに今回は50Wフルデューティーさせました。バッテリーの再充電はクルマのシガーソケットから行えるのですが、昨今のBMW(EfficientDynamics搭載車)は制動時にオルタネーターが回転する仕様なので、停車中だとエンジンを回しても上手く充電されないことが判明しました。DC-DCコンバータがあれば解決しますね。 X3 xdrive 20dのインプレッション  さて、ニューX3(G01) のインプレッションです。いつの間にかX3…(Read More)

 おはようございます。今日も気温は高めです。最近、合法8ch機を持って拙宅裏の市境尾根道を散歩しています。かの「花桃の丘」よりも10m程度高いロケです。送電線鉄塔直下に立ちましたが、全くノイズ無し!。 HL-250UFX診断結果 FT-401診断結果  合法8ch機のRJ-480Dをぶら下げ、拙宅から徒歩5分ほどの尾根の頂上付近に向かいました。標高91mの近隣最高点です。尾根伝いに送電線(東電柿生線)が通っていて無線的にはアレなロケーションのハズですが全くノイズがありません。実は数キロ川崎よりで鉄塔建替中、通電を止めているみたいです。この場所は川崎・横浜の境界線上にある未舗装の尾根道で、入れる車両は軽自動車までですが、通り抜け不可能なため、川崎側の農園に進入しないと転回できません。従って車両の進入は皆無です。時折、近隣農家のトラックやトラクターが出入りする程度で、人の気配すら無い場所です。丹沢・大山・富士山が直視できる絶好の眺望! 「花桃の丘」から北西方向に直線1.0kmの地点です。アマチュア無線的には拙宅から100m程度の場所で空中線地上高的には同条件となるため、それほど大きなバリューはありませんが、空中線が使えないフリーライセンスラジオにとっては絶好のロケです。送電線再開通までの僅かな期間ですけど・・。合法8chと5chで、木更津と杉並の局に拾って頂きました。コンディションが良ければDXも狙えるかな・・・。最近、フリラ傾倒中の小生であります。スポーツみたいな感覚が良いですね!! カナガワ ST124  当て逃げされた!!  ついにヤラれました。先週末金曜日、近隣駅前のコインパーキングでの出来事です。19時過ぎに入庫、夕食後に戻ってみると助手席側のフロントバンパー角に大きな擦り痕が、しかもヘッドライト・ウォッシャーが開放しちゃってます。ドラレコは常時録画ではなく「衝撃時作動」のモードに設定していました。(Kenwood製)車体が揺れると瞬時にONになる機能です。録画動画を確認しても該当する映像は見当たりません。そもそもキーロック状態でクルマが揺れるとイモビライザーが作動し、全ランプがフラッシングしクラクションも鳴動するので大騒ぎになるはずです。(以前コンビニで愚息を車内に残したまま買い物をしていたら、イモビライザーが作動しエライことになりました。)クルマを駐めた位置は右横が狭い出入路で幅員2.5m程度です。大型車だとかなり圧迫感を感じる狭さです。恐らく、出庫時に右側をウチのクルマに擦って出ていったのでしょう。バンパーの角は手押しすると凹むくらいなので、1.8t超えのボディは全く揺れなかったのだと思います。駐車場に防犯カメラはなく駐車場出口が映る防犯カメラもありません。損傷箇所はフロントバンパー、ヘッドライト・ウォッシャー、コーナーセンサーになります。ウォッシャーの蓋から中を覗いたところ、ステーが内側に入り込んでいました。ココで衝撃を完全に吸収してシャーシには衝撃が伝わっていない様です。Mspt専用バンパーなので、交換となると部品代だけで25万くらい。それ以外のAssy交換や工賃を含めると40万程度の概算見積だそうです。こりゃ〜〜保険適用かな。保険契約以来、無事故特約を更新し続け最上等級を維持していたので、ちょっと考えますけど。駐める場所の選択も困難ですが、防犯カメラの無い施設は避けるべきですね。今後はドラレコも常時録画に切り替えます。  連休前でD工場も忙しいらしく入場は連休中になりました。休暇期間中は部品調達ができないとのことで、作業開始は連休明けだそうです。代車はX3 X20Dが来ます。丁度キャンプに行こうと思っていたところなので取りあえず好都合。FT-857を降ろさなきゃ・・・。 HL-250UFX 診断終了  200W越のUHFリニアです。使用目的が限定されるリニアアンプですが、東京ハイパワー社無き現在、非常に価値あるリニアアンプかと存じます。本機はRD60HUF1をドライバとファイナルに5個使用しています。3W程度入れると30W弱出てきました。RFプローブを充ててチェックしたところドライバは正常に動作している様子です。ファイナルは2パラ・プッシュプル構成になっており、それぞれのゲートまでは均等に電力が届いていることが確認できました。ドレイン側は何れも僅かな出力があるものの、殆ど増幅していません。4個の内3個はドレイン=ゲートがDC両極導通しているので完全にアウトです。1個については、絶縁は確保されているものの極端にゲインが低い状態です。ドレイン側のセラコン1個に黒い煤が附着していました。覗き込んでみると、MosFETのケース接着部にも煤が付いており、焼損したものと思われます。今朝特性保証品を発注しましたが、電力合成部を含む周囲のコンデンサも全数交換しておくべきでしょう。基板や同軸リレーが痛んでいないことを願わんばかりです。 FT-401 診断中・・・  同時に入場中のFT-401であります。こちらは「受信時異常電流が流れヒューズ溶断」「サイドトーンが出ない」などの症状がでているとのことでした。検査時、最初電源すら入らず内部を確認していたら、気付くと電源が入っていました。“????”です。どこかでACが短絡しやすい状態に陥っている可能性が高く、慎重な検査が必要です。本機はオール真空管機ですので立ち上がりが悪く、回路全体に高圧が掛かっていることもあり、ケミコン類は全数交換を要するものと考えます。確実にフル・オーバーホールを要する状況であり、どの程度まで作業を進めるのかオーナー様とご相談させて頂きたく思います。 今後の修理予定について  上記2機種については、部品調達・長期対応などの可能性があり、すぐに作業入りは出来ないと思われます。長期対応機種については310ラインなどを優先させて頂きます。その他は以下の順番で入場予定です。 トリオ310ライン(長期対応中) WL-2760D(長期対応中) HL-250UFX(部品調達中) FT-401D…(Read More)