投稿 Currently viewing the tag: "HAMSTAR"

 おはようございます。今朝も清々しい朝を迎えた横浜地方であります。小生、忘年会については一区切りといったところでありますが、相変わらず仕事が立て込んでいて“猫の手も借りたい”状況が継続中であります。今朝はHAMSTAR絡みのお知らせから・・・。 HAMSTAR製品の販売形態変更について(HAMSTARより)  ご好評頂いているHAMSTARのRRS-Piでありますが、ダウンロードによる販売を年内一杯で終了することになりました。来年からTBHD株式会社より、MicroSDカードにプリインストール状態での販売となります。価格は20,000円(税別)でのご提供を予定しています。また、以後にリリースする新バージョンについては、ヤエスFT-991シリーズ、FTDX3000シリーズ、エレクラフトKX3シリーズ、エレクラフトK3シリーズのみ動作検証を実施しますが、β(検証)製品の配布にてユーザー様のご協力が得られましたら、従来対応機種に限り、アップデート対応を継続する予定です。(詳細は http://tbhd.jp でにて知らせします) RRS-101、RRS-501の修理サポートについて(HAMSTARより)  HAMSTARブランドの従来モデルについてもTBHD株式会社にてサポートします。既に販売を完了しておりますRRS-101、RRS-501につきましては、ハード・メーカー側の部品供給が停止しておりますため、故障箇所によっては修理が困難な場合がございます。(何れも保証期間終了)ご希望があればRRS-Piの優待販売にて対応させて頂きます。製品の機能につきましてはRRS-501とほぼ同等です。(但しRaspberry Piはご自身でご用意ください)また、これらの変更にともない、RRS-101/501シリーズでご提供していた簡易ダイナミック・DNSサービスは廃止する予定です。(詳細は http://tbhd.jp にて知らせします) TS-660X ご出場です  21MHzと24MHzの送受信がアウトでした。周波数も表示しません。当初、単なるVCOアンロック(離調)を疑いましたが、VCOバッファ自体が完全にアウトでした。コントロール・ユニットから来るローカル信号は正常です。リファレンスの8MHzから分周される1MHzの基準パルスも正常に届いていました。ループ回路上、28MHz以上の周波数は正常に機能しているため、ループバックは生きていると判断、VCOの手前にあるTP-1のロック電圧が9V…(Read More)

 おはようございます。今朝の一本目はRRSネタです。本日、RRS-Piリリース後に発見されたRRS-Pi周りのマイナー・バグ・フィックス版とRRS-101/501/Pi共通のUIアップデートをダブル・リリースします。RRS-Pi システム・プログラム Ver.2.0.2 リリース こちらはrrsimg.zip(Ver.2.0.2)を再ダウンロード&インストールする必要があります。理由はOS システムに関係する部分も更新する必要があり、UIアップデートの様にflashプログラムの書換だけでは収まりません。今回の改善項目はFT-991に関するものですので、同機種をお持ちで無い場合、適用の必要はございません。更新済ファイルはHAMSTARホームページの「マイ・ページ」からダウンロードします。最初からインストールをやり直すことになりますが、既に成功されている方は問題無くクリアできるでしょう。また、システムの総入れ替えになるため、最初に行ったシリアルナンバー登録などが必要です。お手数をお掛けします。m(_ _)m  因みにFT-991で追加・改善される点は以下の通りです。スマートフォンUIにC4FMを追加一部のスマホ・ブラウザで発生していたバンド切替エラーの改善スマートフォンUIへのエアバンド対応RRSシリーズ共通 UIアップデートをリリース UIバージョンも2.0.1に上がります。一番のトピックはFT-991のエアバンド対応です。また、FT-991に於けるNBの挙動も修正致しました。これらはRRSシリーズ全機種に適用します。管理画面>システム情報にアップデートの案内が表示されましたら、ワンクリックで適用されます。(自動的に再起動します)Raspberry Pi3に対応しない理由 RRS-Piのについて「Raspberry…(Read More)

 HAMSTARの定例会議に出てきました。RRSユーザーOM諸氏より「お〜い、まだ〜〜〜?」と言われる毎日。RKEさんがやってくれました。次はコレで行こうと思います。Raspberry PiにRRSを積んでしまいました。と云うか、随分前から計画していたのですが、旧ファームのバグ取りに時間を奪われ先に進めませんで・・・。汗 Raspberry Piと言えば、アマチュア無線家の間でも話題のシングル・ボード・コンピュータです。一応 Linux で動いてます。今回プロトタイプとして作ったものは900 MHz / ARM Cortex-A7 4コアを積むRaspberry Pi 2 Model B をベースとしています。クワッドコアですが現行のRRS-501より非力。ところが、今回完成したプロトタイプは、RRS-501よりも安定性に於いて優れているようです。発熱量が非常に小さいためプロセッサ・エラーが起きにくいということが言えるかも知れません。4つのUSBポートとLAN端子、AV出力、HDMIという割りきったI/Fですが、手のひらサイズのボードに全て凝縮しています。何と言っても$35という価格が最大の魅力。今考えているのは、完全にラズパイ用にチューニングしたRRSプログラムをMicro SDに収めて販売することです。ラズパイ自体は自分で調達、好きなケースに実装して使う・・・。これって、アマチュア無線家にとって理想のスタイルだと思うのであります。  まだ課題も残っています。電源がUSBアダプター式(5V)になるため、USBポートに接続する機器のバスパワー電源の電圧降下が気になります。例えば外付けのデジタル・オーディオ・インターフェース(サウンド・カード)やビデオカメラを繋いだ場合、ラズパイの電源だけでは不安定になる可能性があります。この辺りは独立電源タイプのUSBハブを間に噛ますことで解決可能ですし、その程度の努力はアマチュア無線家なら朝飯前でしょうか。もっとも期待できるのはRRSパッケージとしての価格。Micoro SDで頒布が可能になれば、間違いなく超低価格で提供できるでしょう。ただし、シリアル接続の方法がRS-232Cだったり、オーディオがフル・アナログ接続の無線機の場合は少々難有りかもしれません。そこも個人の努力次第でなんとでもなります。もしかしたらBA-1並の価格で提供できるかもしれませんね。いよいよRRSのソフトウェア・パッケージ化の始まりです。来年の早い時期に製品化できるよう頑張ります!!  RRS-501 mk2…(Read More)