投稿 Currently viewing the tag: "FT-901"

 おはようございます。快晴の横浜地方でございます。桜の開花予報が出ました。南関東は20日前後、見頃は30日とのことです。今日は久しぶりに九段の総合庁舎詣です。午後はサプライヤーを廻ります。  今朝も“レポ”が天こ盛り・・。本題に入ります。 FT-901DM 修理完了!  常連オーナー様からのご依頼です。ご相談は以下の通りでした。 (以下、原文のまま転載)八重洲FT-901DMの総合点検、調整を含めたオーバーホールです。簡単では御座いますが、状態を説明させて頂きます。二週間前に某中古無線機屋から入手しました。素人的では御座いますがそこそこ状態の良い個体だと思います。AC100vを無線機に繋ぎ7MHzで受信した所さすがの音質でした。受信状態は良いのではないかと思いました。ダイヤルのグリスが固着ぎみで廻す力が必要でした。VFO周辺のスイッチ類にガリがあります。BAND切替スイッチは希望周波数ひ変更出来ましたが、接点洗浄が必要と思います。TUNE、ATT、RX、TX.PROC LEVELスイッチ類のガリがあります。その他、チューニング後の 出力は7MHz SSB簡易測定器でピークで60w程でした。真空管ボケを疑います。それと受信周波数ドリフト時間経過と共に確認しております。フィルタ確認の為 上部ケースのネジ8本の内1本馬鹿になっておりました。タップ立て直しをしていないのでネジを取り付けてません。(向かって右側奥上部) CW.AMフィルタ未装着の為確認しておりません。中古品を購入して個体と一緒に送る予定です。  診断時のコンディションは出力を除き極めて良好でした。オーナー様が記されている通り“明瞭な音質”は昨今のDSP機と明らかに異なるナチュラルサウンドです。今更FT-901についての説明は不要ですね。ご指摘にあるダイヤルのグリス固着は感じません。スムースに回りました。ラボ内は25℃前後ありますので、グリスが溶けている状態かもしれません。無線機もヒーターONで30分も放置すれば十分暖まると思います。  ガリについては、お馴染みのCAIG剤で処理しました。真空管リグにありがちなBANDセレクタ(ロータリーSW)が僅かに気になる程度です。こちらは使用することで導通を維持できると思います。リレーは着脱して内部を洗浄しました。  パワー不足についてのご指摘がございました。送信IF・RFのフルトラッキングとリレー洗浄の効果で、28MHzを除く各バンドで100W出ることを確認しました。14MHzについては150Wに届く勢いです。球ボケは感じません。  プレート電圧も正常値です。高圧ブロックコン、中容量ケミコンなどをサンプリングしましたが、異常は認められませんでした。  周波数カウンターのCALIBツマミ位置がズレています。SSBゼロイン時、調整基準周波数(14.100MHz)でセンターとなるように調整しました。 (故障箇所について)  基本機能については極めて良好な状態ですが、マーカーのみ機能しませんでした。本機はデジタル周波数カウンターを都度校正する必要があり、その為にマーカーは不可欠な機能です。100KHz・25MHzステップとも機能しない状態でしたが、原因はマーカー発振回路が載っている基板の半田クラックによるものでした。基板全体の再半田処理を実施したところ、正常に発振するようになりました。 (フィルター取り付け)  CW・AMの各フィルター取り付けのご依頼です。本体と共にXF-8.9HC(CW)、XF-8.9GA(AM)の各フィルターを同梱頂いています。前者は基板実装状態からの移植作業でした。これらの取り付け作業を行い、IFを再調整しました。 (余談)  前回のFT-625Dでも使用した“下駄”についてです。正式にはエクステンション基板というものですが、本モデルの他、FT-101…(Read More)

 おはようございます。半年程度は刺激物はNG、食べ物も少量に分けて回数多めで・・・。お粥やコーンフレークが主となります。その後もアルコールは控えろとのことでした。”健康的でいいじゃね〜か!”ってことで、前向きに行きましょう!。・・・10日くらい我慢すればOK??? の、はずがありません。取りあえず来月辺りからハイボールくらいは許して〜♪♪  退院二日目の朝を迎えました。しか〜しサンパチ屋は暫くお預けであります(涙)。LECS(内視鏡と腹腔鏡を併用)は最近普及し始めた術式でした。開腹式や腹腔鏡式に比べると切除範囲は劇的に少ないとのこと。無線機修理の術式は50年前と一緒なのになー。オシロ・テスター併用ハイブリッド手術?(ww)。すみません脱線しました。留守した一週間で修理品が一巡しました。出場のレポートに入る前に、長期対応中のHL-130Usxの途中経過についてお知らせしておきます。何をやってもマッチングがとれない基板ですが、ファイナルの出力側にあるマイクロ・ストリップラインの異常を突き止めました。430MHzのリニアアンプですので、入出力のマッチング回路はストリップラインで形成されています。430MHz程度なら2層化されたマイクロ・ストリップラインにする必要もなさそうですが、ストリップラインの出力ロスや面積を極力小さくためでしょうか、出力合成部だけは基板の上に別の基板が載せられマイクロ回路が構成されています。出力側とトランジスタ側からそれぞれインピーダンスを測定しました。また、ファイナル装着状態でP-Pの入力側インピーダンスを測定したところ大きく数値が離れています。どうやら目にみえていない基板劣化(炭素化)が発生しているようです。かなり手詰まり感が漂ってきましたが、We never give up! です。 FT-901 について  以下の修理についてのご依頼です。Sが振り切れになる症状はこの年代の無線機によくある症状です。また、マーカーに反応するにも拘わらずANTからは全く信号が入ってきません。前者はAGCの動作不良です。こちらは単純な半田クラックが原因、再半田で処理しました。後者については、マーカーの信号がインジェクションされるATTの後ろから送受リレーに達するラインを徹底的に調査、過大入力保護回路(FH1)の端子に受信信号が到達していません。ひっくり返してみると。ケーブルがちぎれているのが確認できました。 【ご依頼内容】 1) 電源投入でメーター振り切り  2) 受信出来ない 3) その他 調整  について承りました。 【症状・処置について】 上記1)の症状を確認しました。 AGC回路の基板接触不良が原因です。パターン上で半田クラックが発生しています。 上記2)の症状を確認しました。 マーカーでは受信可能ですが、ANT端子経由の信号を入力しません。 受信保護回路(FH1)のヒューズホルダー裏側の配線が切れており、RX信号がRFユニットに届いていません。 ※念の為、ヒューズ型ランプも 上記3)として、CW送信時にサイドトーンがモニターできません。 VOXユニットのVR603のガリが原因です。  以上の箇所について修理・調整しました。その他、WIDTHの動作範囲がおかしかったり、VRやSW類にガリがありますが、ここは作業せず、お戻しすることに・・。 TS-950SD は検査のみで出場  こちら、ALCが徐々に下がってくる症状とのことです。ALC回路そのもの異常ではなく、最大出力時のパワーダウンによるものでした。MRF429は色々問題があって、MosFETのMRF150に換装されたSDXが登場したと記憶していますが・・・。しかも本個体は、オークションで落札された個体だそうです。Kサービス入場前は170W出ていたそうですが、100Wに減力されて戻ってきたとのこと。やはりMRF429が痛んでいるんでしょうか・・・。何れにしても壊れているわけではなく、パワーダウンは最大出力時のみです。ALCはファイナルの後ろにあるフィルターのカップラーから取り出される進行波がトリガーとなりトランジスタ二段、FET1段で-12Vを増減させる回路で、ここは正常に動いていました。ドライバ段の不具合や発熱で温度補償ダイオードが反応しバイアス抑制が掛かっていることも考慮すべきですが、まだ使えている状態で高価な素子類を取り替えるのも如何なものかと・・・。MRF429はまだ入手可能ですので、取りあえず今回は無着手出場させることにしました。 パワー少なめで使う分には問題ありません。 &nbsp…(Read More)

 おはようございます。ご心配をお掛けしましたが本日退院しま〜す。各方面からお見舞いのメッセージを頂戴し、心より感謝申し上げます。お陰様で術後の回復は順調、腹腔鏡手術とは言え開腹手術(とは言わないらしい)です。「こんなもんかい?」不思議な感覚です。  今日もスマホ投稿なので、サクッと現状についてご報告しておきます。小生が居なくても、ラボは平常通り稼働してます。FT-690(LSB追加改造)はRTTY仕様に改造されていたようで、USB/FMが潰されているとのことです。AM/LSBは変調がでているとのことですので、AFは生きていることになります。恐らくBFO周りに何らかの改造が施されていると思われますが、改造箇所を記録した回路図が無いため解析だけで+1〜2人日程度の工数を要します。オークション入手の個体とのことですが、個体に拘りが無いならコスト的に如何なものなのか・・・。オーナー様とご相談の結果、「診断」のみでお戻しした次第です。  続いてFT-901を作業しました。後ほど小生が映像でレポートしますが、コンディションはまずまずとのことです。外装はレストアされており、端子類もピッカピカとのこと。“電源ONでメーターが振り切れる”、“受信不能”については修理完了です。今日は「短信」のみになりますが、明日からは通常モードでお伝え致しま〜す。 今後の修理予定について TS-950SD TR-9300 FT-857 FT-736 RJX-601 FT-847 その他の無線機 長期修理対応中  HL-130Usx…(Read More)

 おはようございます。雨の横浜、7時の気温は7℃でした。午後はHAM STAR会議の為、都内へ出掛けます。こんな日に限って天気が悪いんですね〜〜。HAM STARは東京都中央区東日本橋にあり、秋葉原から程近い問屋街のオフィスビル内です。先月、ビルの屋上にマルチバンドGPを上げたそうで、7MHz〜28MHzまで出られるとのこと。RRS-Piが繋がっているのでリモート運用が可能です。東京のド真ん中ですが地上高は40m程あり、そこそこ飛んでくれそうです。HAM STAR有志による社団局と一緒に会員制リモートシャックも開設すル予定とのこと。 FT-901かなり厳しいです  師走の一発目はFT-901と言いたいところですが・・・。診断所見は以下の通りです。 埃混入が著しい 基板を固定するビス類が外されたまま ケミコン類の劣化進行が著しく全交換を要する シャーシ錆腐食が進行、高周波特性が保証できない 故障箇所が多岐に渡り、作業中に新たな故障発生のリスクあり “粗い修理箇所”が多く、全てやり直しする必要がある  これらから、通常修理としての対応は不可能であると判断しました。埃混入は尋常ではなく電源投入も極めて危険、動作確認すら行えない状態です。本気で直すなら“フル・レストア”を覚悟しなければならず、大きく予算オーバーします。この個体への拘り次第とは思いますが、“フル・レストア”となると10人日以上の工数となりますが、果たして何処までやるか・・・。同型の比較的にコンディションの良い個体が数万円で入手可能です。オーナー様とご相談させて頂きたいと思います。取りあえずペンディング。 TS-780に着手  来週以降に予定していた作業を繰り上げすることにしました。とは言え、こちらは以前修理断念でお返しした個体ケースへのニコイチ作業となるため、移植先となる個体をお送り頂かなければなりません。まずはドナーとなる個体のコンディションチェックから実施、結論的には「ニコイチ可能」と診断致しました。移植先個体が到着したら作業に掛かります。こちらも一旦ラインから降ろします。     &nbsp…(Read More)

 おはようございます。「早起きは三文の得」ということで、AM5時からブログ執筆です。単に早く寝てしまっただけですが・・・。昨日は凄いニュースが飛び込んできましたので、まずはそのネタに触れておきましょう。Elecraft KX2 発表!! JA8CCL 木下OMが興奮気味で電話をくれました。昨日早朝にKX2リリースのニュースが飛び込んできたとのことです。開発段階にあることは以前からご存知であったそうですが、想定よりも前倒しでリリースとなったようですね。“向こうでもIC-7300を相当意識している?”・・。KX3をハガキサイズに凝縮した筐体、中身はKX3から1.8MHzと50MHz以上の機能を排除したダウンコンバージョン機とのことです。コンポーネント類もKX3と共通仕様で、KX3用にリリースされた100Wリニアも使用可能とのこと。何故か(笑)マイク内蔵でBNC端子にホイップを直付けすれば、現存唯一無二のHFハンディー機になるとのことです。内蔵ATUと組み合わせれば鬼に金棒。スペックは以下の通りです。詳しくはCCLさんのブログでご確認ください。 —– 仕様概略 —–寸法 :147×71×38mm 重量:368g (オプション、電池を除く) バンド :3.5MHzから28MHのハムバンド(JA向けは5MHzを除く)      1.8MHzは受信可 モード:SSB/CW/DATA (CW/DATAはデコーダ内蔵) 出力:最大10W 受信消費電流:135mA 電池:2.6Ahリチュームイオン電池内蔵可(オプション) 電池残量表示:Ah(アンペア・アワーで電池残量を表示) 操作部: 4つまみ、12個のボタン マイク、スピーカー:本体に内蔵 チューナ:KXAT2ワイドレンジ内蔵チューナオプション 専用パドル: KXPD2また、KX2には内蔵スピーカの他にマイクも内蔵しているためにハンディーのトランシーバのような運用が可能となっています。 【製品の価格とオプションの詳細】トランシーバ本体    KX2    $749 オプション マイク         MH3   $59.95 専用パドル       KXPD2  $109.95…(Read More)

 おはようございます。今朝も「トト姉ちゃん」とともにブログアップ中、横浜は清々しい朝を迎えております。ラボの玄関に積み上げられたダンボール箱の山も徐々に減ってきました。 GW前後は20個の段ボールが積み上がっていましたが、2ライン+1ライン体制にて波動対応した結果、ペースを取り戻せたようです。小生も修理作業以外の担務があるので、全リソースを投入できないのが痛いところでありますが、修理部材さえ手元にあれば深夜・土日でも作業はできるので、時間配分を最適化して頑張ってます。FT-901 先行中 現在3台同時進行中ですが、部材調達が不要なFT-901の作業が進行中です。オーダー内容の「ヒーターON時・感度低下」の症状については、2日間ロードしても発症しません。ヒーター回路がアース短絡していると、異常電流が流れて電圧降下が起きます。真空管周り(ドライバ・ファイナル)ともに異常は見られず、ヒーターSWのリークに関しては、内部洗浄と絶縁確認、周囲の埃除去で対応済みです。また「M LEDが常時点灯してしまう件」は、メモリ動作中にLEDが点灯するもので、データが無いEXTを選択して上書きすると消灯することを確認しております。サービスマニュアルに動作状態に関する記述が無いので、この状態が正常か否か不明ですが、回路図を見る限り、正常に動いているように見えます。メモリーユニット自体は少々くたびれていますね。こちらはフェーズディテクタの出力レベルが低く、周波数が数百Hz低めにロックされてしまいます。ICはディスコンですので、それ以外の有効手段としては周辺ケミコンの総交換程度です。但し結果が保証できませんし、個体年齢とリストア・コストのトレードオフ・バランスを検討する必要がありそうですね。Poメーターはダイオード損傷   RECTのケミコン類は今の所問題ないと思います。予防交換はもう少し先で良いかもしれません。変調音とAF出力へのリップル混入は十分低いレベルです。PTT操作時に20回に1回程度の割合で、変調が出ないケースがありました。リレー周りは手当が必要かと思われます。昨日ご報告したPoメーター不動の件は、方結後ろのダイオード不良によるものでした。適当なシリコンダイオードでバイパスしたところ、Po…(Read More)

 おはようございます。雨模様の南関東です。昨夜の地震には少々驚きました。茨城県南部深さ30kmを震源とするM5.6の地震で、震源周辺と我が横浜北部が震度4、間の都内は震度3だそうです。小美玉町で震度5弱とのことで、震源から離れた地域で大きく揺れたことになりますね〜。 小生は無線機修理中でしたが、無線機を縦置きして作業していたため倒れそうになり必至で抑えました。この辺は山を切り崩した、比較的になだらかな丘の上で地盤は悪くないはずですが、活断層でも通っているのか?少々大きめの揺れが長く続きました。首都直下型が気になる今日この頃です。3ライン体制で作業中 GW前後の遅れを取り戻すべく3パラ対応中です。TR-6は第二ラインで詳細検査に入ります。第一ラインには現在NRD535D、FT-901が上がっています。NRD535D JRC謹製のゼネラルカバレッジ・レシーバーです。フラット基調の美しいフロントラインはJRC製無線機に共通のデザインコンセプトです。省庁仕様の本機は、漁業・航空などプロフィールドでの使用を前提に設計され、故障時の迅速な復旧が求められます。その為、各パートがユニット化されスロットに収められる構造です。プロ機では当たり前の仕様ですが、民生機器としては(シロウトが)修理し難い構造なのかもしれません。FT-101やFT-901同様、各部の修理・調整にはゲタ(エクステンション)が必要になります。お預かりした固体は19.9999MHzまでは受信・復調を確認しておりますが、20.0000MHz〜は受信・復調せずプリスケーラーが周波数を表示するのみです。即ちPLLアンロック状態であると考えられます。HPLのロック電圧異常と診ておりますが、調整には22ピンのプラグ・ソケットの付いたエクステンションが必要であり、サービスマニュアル記載のパーツリストからデバイスメーカーを特定、型番を照会したところ、同一形状コネクターの流通在庫を確認しました。まずはエクステを用意するところから着手です。少々お待ちください。FT-901 こちらは大変コンディションの良い固体ですが、以下の不具合を確認しました。Poメーター動作不良周波数ズレ また、ご連絡頂いている「ヒーター動作時受信感度低下」の症状については、こちらでは再現しておりません。ヒーター動作時に若干の内部電圧降下が発生します。その為、メーター照明が暗くなることがありますが、同じ固体でも使用する電源環境(AC電源電圧)によっても症状の発生有無が異なります。少々ロードして確認したいと思います。確認済の症状ついて、1.はRFのピックアップからメーターに至る線路上のダイオード焼損、接触不良などが考えられます。2.については、単純にプリスケーラーがズレているだけのような気がします。受信状態は良好で、各バンドで-140dBmで復調を確認、-73.1dBm入力にてS9…(Read More)

FT-901D 着手

by

 涼しくなりました。秋の気配を感じます。昨日は久しぶりにエアコンを切って部屋の空気を入れ換えました。赤坂でアマチュア無線関係のイベント・番組の打合せを済ませ、九段のJCABに立ち寄ってから帰社(帰宅)しました。まだお盆休みの人も多いようで電車も空いています。帰社後にお預かり中のFT-901Dを開封、異常箇所の確認作業を進めているところです。 確かに送受不能です。しかし局発は問題ありません。MIX後の周波数も正常に出ています。リレーをコツンと突いたらザーッと聞こえてきました。送信も問題無いようです。リレー接点が劣化している???。お馴染みのHC2なのでストックはあったはず・・・。「あれ?、無いな〜〜〜」  取りあえずケースを外して接点洗浄を試みます。一応普通に動作するようになりましたが、これは再発の可能性大。受信感度も問題ありません。送信もSSB、AMともOKです。念の為リレーは交換しておきましょう。T/Rの切替が上手く行かないと受信回路を壊す恐れもあります。リレーは取り寄せますので、少々お待ち下さい。他に異常箇所が無いか、まずは受信系を中心にロードしてみることにします。 個人的にはFT-101系を所有したことがなく、今世紀になって始めて触れた無線機達です。(TS-311でHFデビューしたクチでして・・)既にメンテナンスでは何度もお目に掛かっておりますが、このFT-901など当時のヤエス機はモジュール化されたユニット基板をスロットに抜き差しする方式なので、部品交換の際は楽ですが、調整時はかなり面倒ですね。メーカーで修理する際には試験用のクレードル上で確認できるのでしょう。流石にそこまでは用意できないので、我々がメンテする際にはソケット部分を延長する下駄基板を履かせるやり方が一般的です。ネットで検索すると製作記事が見つかりますが、海外のガレージメーカーで製品化されており、eBayあたりで引っ張るのも宜しいかと。。。。 あれっ・・会社のサーバーがダウンしてる?? tbhd.jpに繋がりませんね〜。SQLが落ちているようです。安い鯖なのでご容赦ください。m(_ _)m 2015/08/25  11:55 平素はヘテムルをご利用頂き、誠にありがとうございます。現在、mysql***.heteml.jp…(Read More)