投稿 Currently viewing the tag: "FT-817"

 おはようございます。日月火と3日間夏休みを頂きました。少しずつ暑さもやわらいでいるみたいですね。休暇を過ごした静岡県下田市もお天気に恵まれました。 今後の作業予定について  6月以来の下田保養所です。夏休みの入田浜海岸は海水浴客で賑わっています。愚息に付き合って、石廊崎の先でシュノーケリングを楽しんだり、家族が寝た後は保養所に宿泊中の友人達と遅くまで飲みました。無線は、朝・昼・夜とトライしましたが、コンディションが上がらず終い、18MHzで秋田のOMとSSBでお繋ぎ頂いた他、8エリアの局にCWでも拾って頂きましたが “AGN  PSE” の連発、41/31でした。相手局のアンテナに助けられた? こちらの機材はFT-817 + Wonder Loop(Whizz Loop)、ICB-87R、V/Uハンディー2台を保養所に持込こみました。2Fの角部屋でテラス上はオープン、浜辺の絶好ロケーションです。前回は11mで岩手とも繫がっているんですけど・・・。今回11mは完全にボウズです。因みに、行きしなの十国峠で “いわてIW123” 局 @11mと繫がりました。こちらは53/53でした。一発キャッチ、相変わらず最強の耳をお持ちですね〜。頭が下がります。この夏のEsは最終コーナーを回ったようですね。次の下田は10月末〜11月を予定しています。14MHzのCWがメインになるかな!? 気合いを入れて久しぶりにQSLカード刷ったので使わなきゃ・・。汗) 酒飲み旅は終了です。   ジャンプスタータ付きバッテリーからノイズ  以前レポートしたSUAOKI製モバイルバッテリーを持参しました。ジャンプスタート端子から出力されるDC12VでFT-817NDを駆動しましたが、28MHzでは強烈なノイズが発生し受信に支障を来すことが判明しました。オシロを繋いで観ていないの波形の成分は不明ですが、インバーター系のノイズと思われます。クランプコアなどで対策できれば良いのですが、ノイズ源がバッテリーそのものだとする難しいです。Wonder Loopは14MHzから50MHzまで連続同調するので、CBのコンディション確認にも使っているのですが、本バッテリーだと28MHz帯付近はNGです。ローバンドから24MHz、50MHz〜430MHzも問題ありません。QRP運用には実に重宝するバッテリーであることには変わり有りません。   今後の修理予定について  現在、8/5ご入場分の検査を進めております。明日から7エリア出張(リモート局構築作業)のため、ラボワークの本格再開は金曜日以降となります。TS-820Vはホームワーク対応中、追加のブロックコンと増設真空管周りのパーツが納品されましたので、コツコツとレストアを進めております。FT-101ZSD、FT-401、FT…(Read More)

 おはようございます。大阪で震度6弱の速報が入りメディアもパニック状態。スマホ・携帯も繋がりにくいです。不要不急の電話は控えましょう!! 友人が宝塚に帰省中。先程連絡がとれました。この地域に親戚が多いため他人事とは思えません。これから被害の状況が明らかになると思います。  週末は赤煉瓦埠頭で開催されたスポーツイベントに家族が出場したため、小生もミニマイズセット(w)持参で”みなとみらい地区”に出掛けました。FT-817 とWhizz Loopの組み合わせです。コンディションも上々、コンテストで14MHzのCWは大賑わいでしたね〜。QRPで呼んでも潰されそうなので18MHzのSSB中心に遊びました。直径50cmの針金ループで鹿児島の移動局(先方もQRP+モビホ)と58-58で繫がりましたョ!   FT-817のリア端子に直付けしているため、オペレーターがリグに近づくとSWRが上下します。願わくば机や石垣などの上に置いて、頭の位置をなるべく下げた方が良いみたいです。因みに、昨日はクルマの屋根にリグを置いて運用しました。その後も18MHzで3エリア、2エリアの数局、21MHzで4エリアと交信できました。6mでもCQを出してみましたが、横須賀のQRP移動局からお声掛け頂きました。何となくですが、14MHzと18MHzはATAS-120より(送受信とも)良好でした。スポーツイベントのMCの騒音が酷く、小生の声が掻き消されていた可能性が高いのですが、交信して頂いた各局さん、ありがとうございました。(全然関係ありませんが、埠頭から430Mz /0.1W by VX-3にて、対岸の千葉県の数局とQSOしました。w)  ウィークポイントはホルマル線(針金エレメント)の強度です。線材は形状記憶合金(超弾性ワイヤ)がベストだと思いますけど、メートル単価が2,000円程度と非常に高価です。携帯性を考慮すると針金を使うしかないように思いますが、圧着端子が緩んで線材が端子から抜けやすいのが問題です。また、何度も巻・伸ばしを繰り返すと金属疲労で折れちぎれてしまいます。エレメントは消耗品と割り切って、同じ長さの針金を沢山切っておくことをお奨めします。小生は写真の様に3本のエレメントこしらえました。付属してきたエレメントは電気長がやや長めだったようで、50MHzのSWRが高めでしたが、10cm程度短いエレメントを作って試したところ、14MHz〜50MHz各バンドSWRが1.5以下に下がりました。前回書いた通り、同調点は極めてシャープです。バリコンを回すと急激に感度が上昇するポイントがあるので、そこに合わせればOKです。しかし、同軸ケーブルがないだけで、相当軽くなりますね。以前はBuddipoleやATAS-25がベストだと思っていましたが、このパッケージには適いません。しかも閉塞ループですからカウンターポイズも不要です。暫くテストを継続したいと思います。 300円の単三バッテリーケース(DCプラグ・コード内蔵)到着!!  Amazonで購入した中国製バッテリーケースが届きました。300円以下で中国から直送とあって全く期待していなかったのですが、意外にもそのまま使えそう。(昨日の移動運用で大活躍!)DCプラグ系は5.5mmなので、FT…(Read More)

 おはようございます。マイナス2℃の横浜北部であります。拙宅玄関に置いてあるポリバケツの蓋を開けようとしたら、凍りついていました。寒波は今日がピークとのこと・・。札幌にいた頃、冬場の外気温は氷点下が当たり前でしたが、防風林のお陰で風が弱く、室内は暖かいしこれほど寒く感じたことはありませんでした。関東沿岸は風が強いので体感気温は札幌のマイナス10℃くらいに匹敵します。(>_<)   先週末は、金子OM(JAMSAT)、北川YL、菅谷OM(JRI)、山崎OM(JAIA)、柳澤OMとの定例宴会(新年会)を開催、皆様相変わらずお元気でした。今回は赤坂から安藤氏(飛行機仲間)も参加、「深〜いアマチュア無線の世界」へ誘い込むべく誘った次第ですが、まずは3アマからトライしてもらいましょう。来月は某所で「おでん」ミーティングを予定していますョ。このMTGも既に5回目となりました。毎回パワーアップしている感じがします! 電波の話から国際情勢まで、柳澤OMのオンエアできない「お空での体験」など本MTGならではの話題で、丸ビルの夜は更けました。  柳澤OMは今朝も飛ばしまくりです。短縮版 “朝イチ”のエンディング間際に「アマチュア無線のPR」を差し込まれていましたね。流石っ!「啓蒙大使」です。 HL-2.1Kは修理断念・・・  東京ハイパワー25周年に限定台数精算された、2.4KWクラスの巨大なリニアアンプをお送り頂きました。35Kgを超える巨体は正に「金庫」です。こちら、電源投入不可とのことです。調べたところ、主電源のロッカースイッチが故障していました。こちらはデバイス・メーカーに在庫が無く、そもそも市場流通がありません。本機は200V仕様でケース内の引き回し変更は厳しく、シャーシが二重構造になっているため、側面にSWの増設が行えません。また、フロント・リヤともレイアウト的にSW増設は不可能です。外部にSWボックスを増設し、本体内のSWは短絡処理する以外に術は無さそうです。また、電源SW隣のOPER/STBY SWも同様に使用不可です。こちらについては、リアのリモート端子経由で制御が可能ですので、何とかなりそう??   とは言え、弊社として電源SWを短絡するなどの「リスクをともなう」作業は流石にお引き受けできないため、事情をご説明した上で、お戻しさせて頂く事にしました。(>_<) FT-817 故障箇所はファイナル周辺  こちらも長らくお持たせしました。出力が各バンドとも1W程度しか出ないとのことでした。プリドライバ〜ドライバは問題無く波形を観測できました。ファイナルはFETのプッシュプルですが、こちらの出力波形が異常です。13Vラインに電流計を挿入したところ、アイドリングが全く流れません。ところがドライバから押してみると、電流がガツンと流れます。(完全にC級動作になってる)13Vライン、TX5Vラインとも正常ですので、FETが2個とも中途半端に逝っている様ですね〜〜?? いずれにせよ、FETは入手可能ですが表面実装×2個となると、工数的にユニット交換のお安くなるため、ファイナルAssyごと交換させて頂く事をご提案しました。故障原因として考えられるのはオーバー・ドライブくらいなので、裏メニューでTX-GAINをチェックしたところ、逆にかなり絞り込まれていました。こちらはオーナー様と協議の結果、ファイナルAssyをご自身で交換されるとのことで、故障診断と部品提供のみでお戻しすることにしました。 今後の修理予定について  FL-2100Bは球待ちです。こちらは届き次第作業に入ります。現在11月中旬着荷の処理が続いておりますが、時期的に以後は受付調整に入った為、年越し残数は10台程度となりました。お持たせしてしまって誠に申し訳ありません。インフルエンザ・ノロの余波が未だに続いております。m(_ _)m…(Read More)

 おはようございます。各地の大雪をよそに南関東は快晴のお天気です。日曜日の最低気温はマイナス3℃まで下がる予想が出ていますが、雪マークはありません。拙宅のデルタループ・アンテナは「着雪が最大の敵」です。明日・明後日は東日本全体がすっぽりと寒気に包まれる模様。  ラボワークはFT-100とFL-2100Bの診断を終え、FT-817が小生のラインに上がって来ました。FT-100についてはとても残念です。プロセッサは流石に弄りようがないのでお手上げですが、ジャンク個体でもあればイケそうですけど・・・。なかなか良いタイミングで見つからんもんです。FL-2100Bは追記に記した通り片球は生きています。ヒーター回路は未確認ですが、抵抗焼損等はなさそうです。 パワーの出ないFT-817  全バンドで1W程度しか出ないとのことでしたが、ラボで確認したところ、1Wにも満たない状況です。裏メニューを呼び出して各バンドのTX GAINを調整しましたが、外部電源接続で3W程度しかでません。本機の場合、このゲイン調整だけで10W近く出てくるはずです。(2SK2975 Po=8W typical/450MHz )しかも全バンドともパワー不足となると、フィルター入力リレーより前段ということになります。(出力リレーの可能性も否めない)。TX-IFの可能性は低いので、プリドライバ、ドライバ、ファイナル辺りを確認しましょう。パーツ入手は可能かと思いますが、表面実装部品だらけなのが気になります。汗   しかしFT-817って、凄い無線機ですよね〜。KX3も凄いな〜と思うけど、HF〜430MHzをオールモードでカバーする、PAユニット(フィルタを含む)、10cm×4cmの基板に収めてます。 &nbsp…(Read More)

 おはようございます。小田原に来ています。根府川の山の頂上に建つホテルに宿泊中。ここは海抜100m以上あり、眼下には相模湾が広がっています。そんなロケーションにリグとANTを持ち込んで、家族が寝静まった深夜にCW。昨夜は14MHz、18MHzにQRV、KX3のQRP5wで北米中心に数局繋ぎました。アンテナはヤエスのATAS-25をテラスに出した三脚に載せて運用。 ホテルの電源は極めてノイジー故、最初は諦めていました。クルマのバッテリーラインに付けていたTDKの大型分割コアを外してACアダプターのケーブルに装着したところ効果覿面、ノイズが運用に支障ないレベルまで下がりました。このロケーションで飛ばないはずはありません。2km先は海岸線、切立つ崖の上は土砂降りの雨という最悪なコンディションであるにもかかわらず599/599連発です。 今のところ、サブで持ってきたFT-817は出番無し。ATAS-25の調整だけで、ある程度SWRは下がりますが、KX3のATUが更に追い込みます。概ね1.1以下という好条件の上、4mの短い同軸から直接給電という効率の良さも手伝ってか、5w QRPで難なく交信が成立しました。今朝は21MHzで相模湾対岸、佐島マリーナのモービル局と59++/59…(Read More)

 昨日は法事で川崎市麻生区の柿生霊園へ出向きました。この辺りは、川崎市内でも有数の高台ということで移動運用には最適。前夜、7N3CCB局(伊藤OM)とサンハン・ラグチューの折、伊藤さんから「移動運用するんだけど、、」とお話しを頂いたので、こちらもVX-8Dをしのばせ、出掛けることにしました。 とはいえ、一応親戚の法事に出席する手前、そちらが主体になるので、運用できるタイミングは限られています。伊藤さんとの打合せで、「6mAMなんてどうだろう?」ということになったので、久しぶりにVX-8Dの出番になった訳であります。そうなんです!VX-8Dは50MHzのAM/FM運用が可能なんですね。この事をスッカリ忘れていました。購入以来、このリグで6mにQRVするのは、恐らく初めてではないかと思います。FT-817もRJX-601も所有しているので、6m運用となると頭に浮かぶリグは、これらのポータブル機になります。 しかもAMで、、  法事も終了し、タクシーを呼びつけて次の場所へ移動する時間が刻々と迫る中、11:57JST、50.600MHz AMにて7N3CCB局を確認、コールしました。直後に呼び付けたタクシーが到着してしまったので、レポート交換のみの短いQSOとなりましたが、川崎市麻生区/横浜市青葉区で55/53の交信を確立。しかも付属のラバーホイップでQRPです。直線距離で10km程度ですが「出来たコト」を評価したいと思いました。 感度、音質など  意外にもあっさり繋がったという感じで、ノイズの出方などはAMそのもの。FMとは一味違います。何処か懐かしさ感じる音質でした。聞き慣れた伊藤さんの変調は普段よりもシャープに聴こえました。感度に関しては使用アンテナがラバーホイップですので、それなりといった感じです。高台の見通しの良い場所から離れると、全く入らなくなりました。それでもQRPで先方から53のレポートを頂いたので、大変満足しています。 6mAMの楽しさを再発見  37年前、開局したての頃に最初に買った無線機はRJX-601でした。当時は6mAMが盛んで、電源を入れれば、必ず何処かの局を受信出来たものです。そんな頃の懐かしさとともに、6mAMとの再デビューを果たしましたが、現在ライフワークになっているRJX-601…(Read More)

 週末は娘の高校卒業式に出席のため札幌へ飛びました。札幌在住時に中高一貫校に入学した娘は一人札幌に。こちらもやっと札幌行脚から開放されます。。。なぜ、こんな時期に卒業式??? それは小生にもよくわかりません。笑 どうも、この日に卒業式を行うのがこの学校の伝統のようです。 こちらは1泊のつもりで札幌入り。空港への便を考え札幌駅に直結するJRタワーホテル日航を予約。どうせ泊るなら高層階が良いかと、32階をリクエスト。ハイ、目的は一つです。(爆笑)  ホテルや商業施設の32階は、地上高120m以上に相当。札幌南西に屏風のように山並みが聳えますが標高は決して高くはありません。石狩から苫小牧方面にかけて広大に広がる石狩平野を見下ろすこのホテルの上層階は移動運用には最適な場所です。札幌市中心部には商業施設、ホテルなど高層建造物は少なくありません。しかし、どれもせいぜい10〜20F建て。30階を超える建物はこのJRタワーくらいです。現に大通り公園の札幌テレビ塔はこの建物よりはるかに低く、そんな所からテレビ地上波は送信されていました。(現在は手稲山山頂に送信所を移設) 今回は1泊のつもりで、TUMIのビジネスバッグに着替えとMacBookPro、FT-817、コメットのHFロッドアンテナ、ペガサス電鍵など最小限の機材を持ち込みました。ところが、関東地方の大雪の影響で帰りの飛行機が飛ばず、意外な連泊を強いられることに。お陰で楽しい移動運用をゆっくりと楽しめました。 初日はQRPで函館と599でQSO  チェックイン当日はホテル南側の32Fの部屋へ。テレビ塔、札幌ドームを見下ろせる窓際にBNCジャックを取り付けたクリップを取り付け、コメットのHFロッドアンテナを設置しました。50MHzに同調するよう長さを調整し、翌朝早朝よりCWでCQを出しました。2〜3分後、苫小牧の局から応答がありました。その後、札幌市内、千歳、北広島の数局とレポート交換。午前7時過ぎ、なんと函館の局と繋がりました。直線距離にして200km、室蘭沖を飛び越えてダイレクトで繋がったようです。方向的には遮るものはありません。伝搬路上、函館周辺には高い山もあるので相手局の施設に助けられての交信かと思いますが、FT-817のLOWモードでの運用でここまで飛んだのは初めての経験。しかも「このアンテナで??」。 流石にローバンドは飛ばず  その後、21MHzでも数局交信し14MHzに下りてきました。CQを出し続けましたが全く応答がありません。30分で1局のみの釣果。このアンテナの最低周波数帯である7MHzまで下りてみました。沢山のQSOやCQを確認できましたが、この地上高にしてはSの振り方が弱い気がします。やはり低い周波数は全くダメでした。まずSWRが下がりません。アースが取れれば違うのかもしれませんが・・・。 iPhoneアプリでアンチョコ・・笑  今回、特筆すべきはスマホ・アプリです。FT-817はコリンズフィルターを入れてやると本当に良いリグなんです。(だそうです)残念ながら、小生の所有機にはフィルターを装着していません。イヤフォンを忘れてしまったため、ボリューム大で聴いていたのですが、電池の消耗が尋常でないため、どうもウマくありません。そこで、試してみたのが、このスマホのアプリです。ソフトウェアCWデコーダーは幾つかありますが、このiOS用ソフトはダントツ使いやすく感じています。バンドスコープにサイドトーンを合わせてやるだけで、ほぼCWを解読してくれます。写真の様にリグのスピーカーに近づけるだけでOK。癖のあるキーイングを除いて30WPM程度まで問題なくデコードしてくれます。ソフトウェア的にフィルタリングするので、リグにフィルターを装着していなくても大丈夫です。スマホDSPと言ったところでしょうか? 補助的なものですが、あるととても便利なツールです。 余談  意外な連泊でゆっくりポータブル8運用ができました。関東の大雪による「怪我の功名」でしたが、日曜日の新千歳空港は大混乱。搭乗予定にANA60便は定刻2時間30分遅れ。出発カウンター周辺はキャンセル待ちで大混乱、震災直後の空港を思い出させる混雑ぶりでした。前日にANAセールス札幌支店(カウンターは2010年に閉鎖済み)を訪ねて”available”を出してもらっていたためSkip搭乗できましたが、多くの乗客が2夜に渡って空港難民となっていました。成田〜札幌などはShip…(Read More)

 FT-897の送信IFフィルタの特性の不思議が気になり、FT-817でも同様の事象が起こるのか検証してみました。当局所有のFT-817NDは外部電源接続時にキッチリ5w送信できるように調整済みです。FT-897の時と同じ方法でAF周波数の変移による送信出力の変化を測定してみました。すると意外な結果に・・・。  スイープジェネレータ(PC)の出力をミキサーを経由しFT-817のマイク端子に接続します。測定周波数は7MHz帯で終端電力計を用いて測定。FT-817にはオプションフィルタを搭載していない素の状態です。FT-897Dは終端電力計の関係で50Wまで測定。結果を以下のグラフに纏めました。  897 vs 817、出力に大差があるので直接的な比較は無意味かもしれませんが、出力特性は明らかに違うようです。しかも、FT-897(N/A10W時)との比較では、低域の出力が拮抗している点は注目に値します。QRP機として、しっかり電波を出していることがグラフから伺える結果となりました。FT-897D(当局保有機)は低域が弱いですね〜〜〜。まったく???です。ダイナミックマイクで大声でがなり立てて、やっとピークパワーの半分くらいしか出てくれない理由が分かりました。スプリアス抑制の為でしょうか? 因みに、FTDX-3000やTS-940Sでは、100Hz付近から80%以上の出力が出てます。やはりコリンズ・メカニカルフィルターをIFフィルタに選択した方が低域が乗りやすいようですね。低域出力の立ち上がりが明らか(100Hz近く)に違います。どうしても理解できないのは、N/Aすなわちフィルタを介さない設定にしたときに、何故これだけ低域がカットされてしまうのか??そして、2.3Kのメカニカル・フィルタ介した時の方が低域が乗るって・・・? フィルタレスの状態が最も帯域が広がるはずなのに・・・。ALCの設定かもしれませんが。 ※ 2013/10/30 データを再抽出したところコリンズフィルタの特性が少し変わりました。  因み、INREDフィルターだとどうなのか? #726…(Read More)

 週末、逗子市在住のJH1RKE局と共に鎌倉市の大平山(159m)に登って移動運用を試みました。19日(土曜日)は新に発生した台風27号の影響で空模様が不安定でしたが「早めに切り上げれば大丈夫」との判断でお昼前から登山を開始、瑞泉寺脇の登山口から登り始めました。 標高だけだと大したことない様に思いますが、トレイルランのトレーニング・コースになっているような所だそうで、思っていた以上にハードな登山でした。因みに機材は以下の通りです。 無線機 FT-817ND VX-8D アンテナ 自作変形ツェップ ATAS-25 その他 アンテナ・アナライザー(AA−54) FT-817用ニッカド電池  2個 乾電池16本 ATAS-25設置用小型三脚 同軸ケーブル(5D−2V)20m 同軸ケーブル(3D−FV)10m ※両端BNC端子 クリップ機台付き    1時間半ほどで大平山頂上付近に到着。広場になっていて多くの登山者がランチ休憩中でした。何とか場所を確保して設営開始。まずは、手っ取り早くATAS-25を組み立てることに。このアンテナは以前、沖縄恩納村から移動運用した折に7エリアと59++でQSO(7メガSSB)できた実績があります。因みにこの時はFT-897DMによる50W運用でした。太平洋と関東平野を一望できる眺望抜群の場所ですしこれは期待度大です。まず、7メガをサーチしたところ、バンドぎっしりに電波が入ってきます。早速、7075KHz付近かCQを出してみましたが前後のQRMがひどく潰されてしまいますねー。他に空き周波数を確保するのも困難なので、よそ様のCQに応答してみることにしました。何局か呼んでみるもののピックアップされません・・・(涙)。  FT-817NDは電池運用の場合2w程度しか出ません。やはり完全に呼び負けしてます。この手の短縮型アンテナはパワーで押さないと電波が出ていかないのでしょうか。自作ツェップも試そうとしましたが、肝心のチューナーを忘れてしまいました(トホホ)。そもそもATAS-25を過信していたため、ツェップでの運用は頭に無かったのです。30分ほどバンド内をうろうろし富士山5合目の移動局に拾って頂き、やっとQSO成立。相模湾越しに富士山のシルエットが確認できます。これなら「HFよりV/UHFだとう」と思い、地元で待機していてくれたJI1STU局にFacebookでメッセージを入れて433MHzメインでワッチしてくれと頼んで、アンテナをFT-817…(Read More)

2度目のFT-817

by

 再開局後、最初に手にしたHF機はオークションで落としたFT-817でした。当時はマンションの一階に住んでいた為に固定運用は断念。移動運用するつもりで入手したのですが、半年経っても交信実績はゼロ。結局1年後には手放すハメになりました。 その後、引越しを契機にアマチュア無線を本格的に再開するに至っておりますが、どちらかというとQRO傾向にあり、貧弱なアンテナ群で何とかパイルに打ち勝つ為にはコレしかないと諦めていました。ローカルさんと飲んだ際「ヤッパリ移動運用しかないよー」とアドバイスを受け、今シーズンは積極的に出掛けようと思っていた矢先、馴染みの富士無線でまたまたイイお値段を提示されてしまい物欲に耐えられず、、、。  先週末、移動局の変更届けが受理されたことをネットで確認できたので、”新品”のFt-817NDを持って東京湾の城南島へ移動。丁度コンテスト開催中の50MHzにQRV。2.5Wで茨城、千葉、神奈川の各局と交信、アンテナはコメットのBNC750を使用して岸壁からオンエア。「2度目の正直」をエンジョイしております。(^o^)  小さいパドルでも入手してCW…(Read More)