投稿 Currently viewing the tag: "FT-680"

 平成最後の金曜日、雨はあがりましたが、気温は低めです。平成最後のレポートをお届けします。何だか元号が変わる実感がありません。 FT-680 修理完了 IC-202A オーバーホール LS-202 修理続行  明日から大型連休に突入しますが、既にお休みに入られている方も多いかと。先週末に愛車が当て逃げ被害に遭い、ラボはリソース不足、、踏んだり蹴ったりの元号末、これが新元号の露払いになりますように。(^∧^) “令和”のスタートも休み返上の無線機修理が続きます。ご用命頂けることに感謝しつつ作業に勤しんでまいります。但し10日中2日くらいは家族サービスに充当しようと思いますけど。まだ場所は決めていないのですが、無線が出来そうな場所でキャンプでもしようかと思います。明日は厚木基地の「日米親善フレンドシップデー」、我が家の恒例行事とともに大型連休が始まります。 FT-680 修理完了  総合調整ということでお預かりしました。検査したところ小数点以下(KHz台)が制御されません。メインダイヤルを回すと表示は正常に変わりますが、送受信周波数は50.000MHzのままです。51MHz台に上がると51.000MHzで固定されます。52MHz以上も同様です。PLLのアンロックによる症状ですね。PLL 1のロック電圧が異常値を示していたので規程値に調整しました。PLL2・PLL3も同様に調整します。リファレンスも狂っていたので校正。正常に周波数が制御できるようになりました。その他、送信・受信のフルトラッキングを実施しました。最大出力が15W程度出ておりますが、ファイナル段の負担を下げる為、規程値レベルに下げています。特にAMのキャリアレベルが高すぎでした。本機のAM定格入力は8Wですから、定格上はAM 最大出力は 4Wということになります。誤差を考慮して5Wとしても、キャリアが3.5W近くでているとなると、あまりキレイな変調は乗らないでしょう。仕様通りにキャリアは2.5Wに調整しました。逆にマイクゲインが浅めだったので上げています。受信感度は -140dBm SSB(測定限界)で信号復調を確認しました。 【ご依頼内容】 総合調整 特にAM送受信調整を重点的に調整してほしい 以上について、作業を承りました。 【工数】 上記作業に2.5人日を要しました。(故障箇所診断・調整・検証・報告書作成を含む) 【交換部品・使用ケミカル剤など】 CAIG デオキシット D5 IC-202A オーバーホール 完了  懐かしいリグです。当ラボへの入場は4年ぶり?? このシリーズは小生にとっても「青春」そのもの、RJXシリーズと並び無線の楽しさを教えてくれた1台であります。残念ながら例の“局免失効事件”のせいでコレらのリグは廃棄処分となりました。久しぶりに弄ってみるとワクワクしてきますね〜。RJX-601派だった小生はもっぱら6m AMが住処でしたが、SSBで開局した連中はIC-202の兄弟機にあたるIC-502を選んでました。ブックバンドで教科書と束ねて肩に引っ掛けるのがオシャレ。どうしても使いたくって、無線に飽きた先輩から永久貸与(もう時効だろう!)の形で我が家にQSYしてきたIC-502は、今もラボの片隅に置かれています。  さて、こちらの個体でありますが、オーバーホールと云うことでお預かりしています。基本的に状態は良い方で、フルレストアが必要な状況ではありませんでした。気になる点は以下の通りでした。 改造箇所の現状復旧 ヘテロダインSWの”0…(Read More)

 おはようございます。夏晴れが帰ってきた横浜、今日も暑くなりそうです。台風通過の際に拙宅デルタループに僅かな歪みが生じた模様。この時期のANT修理はイタチごっこなので秋口に張り直したほうが良いかもしれませんネ。  結局、2018年8月17日(金)~8月23日(木)の間お休みを頂くことにしました。その間は無線機修理・RRS-Piの出荷作業共にお休みを頂戴します。  そして、25日・26日は「ハムフェア」ですね。今年は出展もヘルプも予定ナシです。25日の午前中に参上の予定です。開場内では 432.72MHz (または433.00MHz)FMを受信していますので、JG1BVX/1をお呼び出し頂ければアイボールできるかと存じます。 RRS-Pi+ 手渡し納品  @ハムフェア2018会場  8月25日(土)の10:00〜13:00限定となりますが、事前にお申し込み頂いた場合に限りハムフェア会場内でRRS-Pi+を納品させて頂きます。(先着 5 台限定)お申し込みのフローは以下の通りです。8月15日18:00時で締め切らせて頂きます。通常は着払いで納品しておりますので、その分お得かと思います。通常お申し込み分とは完全に別けております。TBHD社のサイトからお申し込み頂いても手渡し納品はできませんのでご注意下さい。限定数に達した場合はご容赦ください。 (1)お申し込み方法  ページ下のコメント欄に以下の様式をコピペしてお申し込みください。記入漏れがあるとユーザー登録できませんので、正確にご記入頂きます様お願いします。 ※ コピペの際()は削除のこと。(勿論コメントは非公開です) ———- 以下をコピーしてコメント欄に貼り付けてください ———- 【RRS-Pi+ ハムフェア会場手渡し納品を希望します】 お名前: (漢字フルネーム) コールサイン: ご住所: 〒(必ず郵便番号から記入下さい) 電話番号: メールアドレス: 必要台数: その他:(個別のご相談があればご記入下さい) ———————————————————————————- (2)代金お支払い方法について  完全受注生産ですので事前決済となりますことご理解ください。上記(1)でお申し込み頂いたメールアドレス宛に振込先口座番号をお知らせ致します。PayPal(クレジットカード)もご利用頂けます。決済確認後に部材を発注しますので、17日までにご入金下さいますよう、お願いします。 (3)納品場所・日時  8月25日(土)10:00〜13:00 ハムフェア2018会場(東京ビッグサイト西展示棟2ホール)周辺で手渡し納品させて頂きます。詳細はメールでご連絡します。  ※土曜日限定ですのでご注意下さい。 (4)納品後の対応など  TBHD株式会社の規程に従います。  多くの皆様とアイボールできることを楽しみにしております。 FT-1021X の作業進捗  長期対応中のFT-1021Xについて故障箇所の絞り込みが済み部品を発注したところです。ロック電圧をモニターしていると、ノイズ発生が顕著になる際に小刻みな電圧変動が発生していることを確認しました。前後の回路は他バンドのVCOも共有しており異常が起きないことから、Lower VCOに絞り込んで調査していました。前回修理したVCO…(Read More)

   おはようございます。また台風が接近中です。今回は雨・風ともに相当な警戒が必要とのこと。今日は幾つかの予定をキャンセルしました。多摩川が増水して田園都市線が止まると身動き出来ません。東京サイドには渡らない方がよさそう? 帰宅(帰社)困難者になりそうな予感。  JL1USZさんと久々にEBする約束でしたが、この天気ではNGですね。残念ですがハムフェアでお目に掛かれることを願っております。本日のネタでありますが、モービル新調に合わせ、海外のグッズを色々漁っております。先日、FT-857を“シガーソケット装着型のスマホホルダー”に取り付けるアイデアをご紹介しました。今日はフロア・マウント式の無線機ホルダーをご紹介しようと思います。 フロア・マウント式の無線機ホルダー  今回輸入したアイテムは、様々なモービル機のフロントパネルをボルトオンでクルマに取り付け可能なアダプタです。ヘッド側は無線機の専用モービルキットに付属するマウントをネジ留めするだけでOK、ベース側はシートレールのビスに挟み込むだけの極めてシンプルなものです。自在ネックは22インチ(約55cm)ですので様々なタイプの車両に取り付け可能です。対応する無線機は次の通りです。     ICOM IC-703 IC-706 IC-706MKII IC-7000 IC-2800 IC-2700 YAESU FT-7100 FT-7800 FT-7900 FT-8800 FT-8900 FT-857D  FT-857Dの場合、純正のモービルキットが必要でした。現在、販売されているFT-857Dシリーズには同梱済みですね。フロント着脱式のモービル機なら、ここにリストされていない機種でもイケる可能性があります。at your own risk…にてお試し下さい。 取り付け時に少々の工夫を要する?  と、まぁ便利なアイテムなのですが、BMW 5シリーズ(F10)に装着を試みたところ、一工夫を要しました。というのは、5シリーズの場合、下図の様なシートレールのビス留め構造とは異なり、電動シートを前方端まで移動させると、レール内側のビスは完全に隠れてしまうため、そのままでは取り付け不可能です。そこで、ホームセンターで売られている穴あきスチール板(12cm長)をビスに固定して、延長側の穴に本アダプタのベース部を固定しました。多分、BMWの多くはこの方法で取り付け可能でしょう。国産車の多くはそのまま取り付けが可能かと思いますが、事前にチェックしておくことをお奨めします。 取り付けポジション  後輪駆動の場合センターコンソール下はかなり窮屈です。ハンドルやエアコンの操作、更にはドリンクホルダーに干渉しないポジションに合わせます。“シガーソケット装着型のスマホホルダー”使用時と比較して、“ポジションの自由度”、“取り付けの安定度”ともに向上しました。ネック部はかなり硬いため一度ポジションを決めれば、足がぶつかってもポジションが変わることはありません。  気になるお値段ですが、送料込みで8,000円前後でした。異常高温注意報が連日発令される昨今、ダッシュボード上は80度以上の高熱に晒されます。コントロール・ヘッドの液晶はこの様な環境に耐えられません。この時期になるとモービル機の液晶漏れに関する修理のご依頼が殺到しますが、Assy交換以外に修理はできません。従って、ちょっと古い無線機の場合、部品調達自体がNG…(Read More)

 おはようございます。今日も残暑が厳しくなりそうです。お昼は出歩かない方が良さそうですが、そういう訳にも行きませんね。高校野球も終わると「あ〜、今年の夏も終わったな〜」と感じます。最近、リウマチは影を潜め、寝起きの痛みを除けば日常生活は支障のないレベルを保っています。来月後半にはツールド東北に出る予定なので、そろそろエンジン回して行かねば!!  今日は与太話のネタも尽きたので、いきなりお仕事の報告から入ります。実は三台連続の未着手ご返送になってしまいました。   FT-680多臓器不全!  受信不良とVFO動作不良でお預かりしました。前者に関しては、バンド全体にビートがでており受信できない状況です。SSBのみと伺いましたが、実際はAM、FMも同様です。SSBやCWはキャリアでビートが聞こえるだけで、AM、FMでは「無変調」の信号が全域に拡がる感じでした。原因はVCXOの故障で、水晶が完全に逝かれています。当然一般流通しているような周波数の水晶ではないため、特注となります。しかも3ピンタイプ(水晶発振器ではなく普通の水晶振動子です)なので、2ピンの汎用規格のものではありません。その他に、IC、トランジスタの交換も必要になる可能性が高く、調達・修理作業・検収の工程を考慮すると、ここだけで2〜3人日を要してしまう可能性があります。また、VFOについては完全にエンコーダーが滑ってます。こちらは分解修復を要するため更に2人日を要していまいます。多分、中古の同型機種を2台以上買える金額に届いてしまうため、“特別な拘り”でも無い限り、修理をオススメできる状況にはありませんでした。オーナー様に状況をお伝えしラインから降ろすことにした次第であります。修理する側にとっては、故障箇所診断に半分以上の工数を割いているので、無着手ご返却となることは大損失なのですが、ユーザー様に散財させる訳にも行かず・・。 TS-850 異常表示!!  キタ〜〜! TS-850のディスプレイ異常です。ウチの修理履歴を見るとTS-850のご依頼は100%ディスプレイ周りですョ。う〜む、TS-850の製造期間が意外に短かった背景にはこの辺りの事情があるのか・・。ただ今回のご依頼内容は少し違いました。よくある症状はインバーター故障で、C18辺りのリークが原因でバックライトが点かないケースですが、今回はバックライトではなくセグメントが異常表示してしまう症状です。(これは始めて)  まず、故障がデジタルユニット側かLCDユニット側か切り分けを行いました。デジタルユニット内のI/O インターフェース ICの出力がLCDユニットに入り、IC1とIC2に入力されます。IC1側はメーターをドライブし、IC2が周波数表示側をドライブします。ACC経由でPCと接続しCAT経由で無線機内のステータスを確認したところ、正常に送受信できる状態にあり、かつメーター動作も正常です。即ち、IC1側は正常に動作していることを確認できました。I/OインターフェースICの出力信号も確認しました。各ピンのTLL電圧とトリガー波形は写真の通りです。またI/OインターフェースICはメーター情報を正常に出力しており、PLLのフィードバックも正常であることから、故障はないものと考えられます。ユニットの電源を落として、セグメントの個別点灯状態も確認しました。流石に100個近いセグメントを全てチェックすることは不可能ですが、適当にサンプルしたセグメントは個別に点灯しています。  これらから、故障箇所はIC2であると診断しました。こちらのデバイスは機械実装のICチップになりますが、仮に入手できたとしても手打ちは非現実的。汗 やはりAssy交換するより術はなさそうです。問題の調達についてですが、当該のユニットは海外のメーカー系ディーラーが持っている様です。作業継続のご連絡を頂いておりますので、部品発注しま〜す。  その他の無線機も順次作業しておりますので、少々お待ち下さいませ!! それでは皆様、良い週末を!!!   &nbsp…(Read More)

 おはようございます。今朝は薄曇りの嫌なお天気です。まさに小生の気分・・・・。ドッグの検査結果がでました。血液検査の結果は予想通り、と言うか毎月検査しているものと一緒です。問題は癌検診の結果・・・。胃に影が見つかっちゃいました。実は初めてではありません。8年前にもやってるんです。  3年の経過観察を経て「緩解」したハズなんです。?? そんな訳で“内視鏡&生検”決定!! 小生は扁桃腺が普通より大きい為、胃カメラが入れにくくゲボゲボなるんです。聞くところによると、鼻から入れる極細ファイバースコープがあるらしく、そっちでお願いしたいんですが、喉に麻酔するとのことなので期待薄です。あ〜〜憂鬱。「最短で・・」と言われたのですが、GWに下向きになるも嫌なので、連休明けに再検査してもらうことにしました。タケプロン飲んでいるんだけど、効いてないのかなぁ? そんな訳で朝っぱらか少々ブルーなBVXであります。 JCBのセキュリティー部門から電話あり・・  そして胃が痛くなる話がもう一つあります。昨日クレジットカード会社から連絡があり「つかぬ事を伺いますが、○○○モールで何かお買い物をされましたか?」と・・。身に覚えが無いことを伝えると、「実はお客様の行動パターンとは異なるご利用でしたので、確認させて頂きました。不正利用が発生している可能性がございます・・・・」とのこと。どうやら、アクセス元が中国だったらしく、カード会社のアラート・アルゴリズムにヒットした様です。実は2月前、facebookでチャリティーを装う偽ブランドのページに騙され、パチモノのレイバンを買わされました。その際に、このカードで買い物をしたのですが、カード情報を登録していたことを思い出しました。偽ブランドとすぐに判ったのですが、時既に遅く、サイトは早々に閉鎖され連絡不可に。その旨をカード会社に伝えて、カードを止めてもらった次第です。海外サイトでの買い物はPaypalなどを通じて決済したほうが安心ですね。被害も未然に防ぐことができました。JCBさんに感謝であります。 FT-680 も復活!!  一昨日より作業しているFT-680の作業も終焉に近づきつつあります。PLL動作異常とファイナル(周辺部品を含む)交換がメインメニューです。これにともない、IF、RFの送受トラッキングを実施しました。以下の通りです。 【ご依頼内容】 1)送受不良 以上について修理を承りました。 【症状・処置】   上記1)について、症状を確認しました。原因等は以下の通りです。   (1)受信不良      PLLの1stVCOロック電圧が異常値を示しており 規定値に調整、その後、1stVCOが正常に機能することを確認しました。   (2)IFトラッキング 乖離 段間結合トランス、Sメーター指示にズレを認めます。送受信IF、RFとも正常状態です。 (3)送信不良 PLLの動作不良により局発周波数が生成されていません。(1)同様、調整により正常回復しています。 (4)出力異常 ファイナルトランジスタが故障しています。バイアス電圧が規定値の3倍掛かっており、分圧抵抗器の焼損もしくはDC8V系統の電圧異常が原因とみられ、部品交換を要しました。下記部品を交換し、各モードで12W以上の出力を確認、Lowモードの調整を行いました。 【交換部品】   2SC1972 ×1 (2SC1945の代替として)   1/2W 金属皮膜抵抗器 ×1 (ファイナル用バイアス分圧抵抗)   1N4007 (温度補償ダイオード 10D1の代替として) 【作業メモ】  2SC1945は入手困難なので、2SC1972で代替しています。こちらは、175MHz/14Wのトランジスタです。2SC1945は30MHz/16Wですので、本来であれば1972の方がマッチするはずです。ftが高すぎると“発振”の恐れもあります。施工後にスペアナで確認しましたが、全く問題ありません。現に1972をファイナルに使用した6m機がありますので心配は無用です。調整前に20W程度出てました。こちらは10Wに調整しています。また、ファイナル交換の際に、温度補償用の10D1を1N4007で代替交換しました。並列に繫がる分圧抵抗も交換し、TXアイドリング時のバイアス電圧は0.7Vになったことを確認しています。この回路自体はバイアス無調整回路ですので、そのままです。FM連続送信(10分)を数回実施しましたが、出力低下などは見られませんでしたので、問題ないものと思います。 DR-119HX…(Read More)

 おはようございます。今日も良いお天気です。昨日は季節外れの蒸し暑さでしたが、今日は最高気温は25度を下回って過ごしやすい一日になるようです。朝礼の後は先日の検査結果を聞きに病院へ。その後はサプライヤ回りでございます。今日も一日忙しくなりそうです。 AS-76 復活です!  重厚な名機が完全に復活しました。以下の通りです。 【ご依頼内容】 1)デジタル周波数表示が機能しない 2)デジタル周波数表示ズレ 3)AFリップル混入(ハム音)  4)電球切れ 以上について修理を承りました。 【症状・処置】 上記1)について、症状を確認しました。原因等は以下の通りです。 (1)表示不安定の件  周波数表示ユニット、周波数カウンター・マルチプレクサユニットの電解コンデンサー容量異常を確認しました。  また、周波数表示ユニットの基板スルーホールの導通不良を確認しました。コンデンサーは要交換です。 (2)VFO操作に表示追従しない件  5V定電圧回路が10V程度掛かっており、周波数表示ユニットのIC1が異常発振していました。  上記2)について、1)を修復後に症状を確認しました。原因等は以下の通りです。経年劣化により、1stOSC、2ndOSCの局発周波数にズレが生じています。  上記3)について、症状を確認しましたが、ご指摘の様な顕著なノイズ混入は観測できませんでした。使用環境等により症状の発生具合が変化する可能性がございます。  上記4)について、症状を確認しました。正面左側の電球(ソケット)部の接触不良です。1)2)4)について作業を実施しました。施工後、Sメーター校正、IF,RFのトラッキングを実施しました。-140dBm(測定限界)で受信復調を確認しています。   【工数】  上記故障・調整箇所判定、部品交換、調整に3人日を要しました。 【交換部品・使用ケミカル】 電解コンデンサー×5個 基板洗浄剤(サンハヤト) 接点洗浄・復活剤(CAIG デオキシット原液50ml) 【作業メモ】  以上の通り、AFハム音に関しましては、弊社内で顕著な状況を再現できませんでしたので未着手です。「暫く使用していなかった」とのことでしたので、エージングすることで症状が緩和した可能性がございます。電球は使用可能状態ですので、交換しておりませんが、輸送中に緩む場合がございます。そのような場合は、太めの輪ゴムで引っ掛け締め付けを行ってください。また、本個体に搭載されている周波数表示ユニットの回路は、お預かりした資料とは異なっておりました。リビジョン時期の違いによるものと思われます。鉛筆書きで記してお返し申し上げます。  これにてご出場であります。 FT-680 作業かかれ!!  6mのコンパクト機です。送受ともにアウトです。エンコーダーに周波数表示は反応していますので、「VCOのロック電圧が外れ」を疑いました。案の定1stVCOの電圧が1V以上離れており、送受不良はこれが原因です。PLL調整で局発は動作するようになりますが、PAユニットのファイナル・トランジスタが故障しています。RX時にベース側に電位を確認しました。本来、TX時のみバイアスが掛かるところです。恐らく、コレクタからの越流でしょう・・・。要交換です。詳細は以下の通りです。   【症状・処置】   上記1)について、症状を確認しました。原因等は以下の通りです。   (1)受信不良       PLLの1stVCOロック電圧が異常値を示しています。規定値への調整を要します。   (2)IFトラッキング 乖離 段間結合トランス、Sメーター指示にズレを認めます。 (3)送信不良  (1)同様、PLL…(Read More)

 おはようございます。午前7時の横浜の気温は15度です。今日も暖かくなりそうですね。お天気とは真逆で小生の体調は下り坂です・・・。涙 先日の精密検査の結果は20日にならんと判りません。昨夜は宴席に向かう田園都市線の車内で急に腹痛に見舞われ、途中下車してトイレへ直行。(朝っぱらかすみません)  何とか表参道に辿り着きましたが、JE1SBW局、7K1BIB局は既に到着済でした。総通OB、法曹界アマチュア無線クラブのお二人とは、業界展望について熱い議論を交わしました。(唯の酔っ払いかw)。三人とも札幌赴任を経験し、意外な共通の話題で盛り上がった次第であります。こちらも未だ未だ消化不良、次回のセッションが今から楽しみであります。最後は十四代で〆ました。 昼休みはBD-1でリフレッシュ!!  コメントに触発された訳ではございません。汗 暖かくなったのでBD-1で近隣を散策しています。そろそろ春キャンプの準備でも始めますかね〜〜。 接触不良等の対処について  最近、素人さんの修理ブログで「接点復活剤など言語道断!!」と書かれた記事を目にしました。しかしプロの現場では50ml/5K円もする高級接点復活剤をガンガン使っています。放送局やスタジオの音響機器整備を専門に請け負う専業会社ではCAIGのデオキシット・シリーズは欠かせないアイテムです。当ラボの江口OM(元100Kw局 送信所 所長)も「接点復活剤を舐めたらあかん!」と申しております。VRやSWを分解して構造を歪ませるぐらいなら、“洗浄剤漬け”してカーボンを洗い流す方がマシです。実際、ウチに入ってくる修理品の多くに、強引にSWやVR本体を分解し、軸がズレてしまったパーツをよく見掛けます。当ラボでは原液を超音波発生トレーに入れて、パーツを漬け込んでカーボンを除去する方法で対応しています。この方法で修復できない部品は、もはや使い物になりません。ホームセンターで売られている黒いボトルの国産品とは別物です。是非一度お試し下さい。 CAIG 接点復活剤・保護剤 《DeoxIT/デオキシット》 D100L-7M TS-790 が入ってます  こちらは1200MHzユニット搭載の個体です。PLLが××とのこと。調整のみでは対応出来そうにありませんね。こちら江口OMが担当してます。小生はFT-680 HL-130usx を拝見しま〜す。 ※順番が間違っていました。2017/04/07 0:15 訂正 本当に助かります【感謝!】  先日お預かりしたIC-375のオーナー様は、この様なスタイルでお送り頂きました。以前もご紹介させて頂きましたが、梱包・荷解の作業の手間が省けるだけで無く、修理品にとってもベストではないでしょうか。ソフト・アタッシュとかはNGですが、ジュラルミンケースやカメラケースであれば問題なさそうですね。これから発送手続きさせて頂きます。m(_ _)m &nbsp…(Read More)