投稿 Currently viewing the tag: "FT-655"

 おはようございます。昨夜から未明に掛けて横浜では100mm越の大雨が降りました。拙宅庭に設置したBBQコンロのブルーシートカバーが破断するほどの猛烈な雨です。 FT-655 修理完了 Mark 修理完了  横浜市南部では土砂崩れや地下街への浸水などの被害が出ています。今日も天気は不安定です。昨日は昼過ぎから東電パワーグリッドさんが来られて、目の前の電柱上で作業されていましたが、途中から大粒の雨が降ってきたため何度も作業を中断、終いには雷がゴロゴロ鳴り始める有り様。パケット上の作業員を近隣の皆さんと共に見守った次第です。それにしても昨日から今朝にかけて振った雨は凄かったです。     二個連耐張碍子対策の件  例の二個連耐張碍子から出ていると思われるノイズについて、東電さんと何度か打合せし、まずは碍子の金属部に被せるギャップパーツによる対策から進めることになりました。前回調査の折、東電さんはウルトラホン(パラボラの付いた集音装置)による確認、あわせて小生がビームアンテナを回転させることで、電磁波ノイズの方向を確認した結果、拙宅前の電柱に設置されている碍子付近から放電パルスによるノイズが出ていると断定しました。東電さんは更に近隣半径100mを探った結果、明らかに拙宅前の電柱最上部にある碍子付近で大きな反応があること認めておられました。その結果を踏まえ、第一段目の対策工事を実施しました。高所作業車のパケットに乗った作業員が、6.6Kv充電状態の三相高圧線の碍子を揺らしたりハンマーで叩いたりすると、ワッチ中の14MHzのフロアノイズレベルが大きく増減するのが確認できました。「ひえ〜〜充電状態で作業するんだ!!」 作業前のノイズレベルS9付近で、更に50Hzの高調波と思われるスペクトラムのスジもクッキリ出ていました。拙宅から向かって反対側の線から順番に対策用のギャップ金具を取り付けて行くと、徐々にノイズレベルが下がり、高調波の線は完全になくなりました。ギャップ施工後のノイズレベルは、S5〜6の間にまで下がっています。(S4目盛り分の差) ・・一定の効果は確認できました。この状態でビームを振ってみると今まで確認できなかった方向から、従前ノイズ同様のスペクトラムが飛び込んできていることも判りました。最大の進化は、今まで聞こえなかった14.025MHz付近のCWが聞こえる様になったことです。これだけでもやって貰った価値は高いですね。天候も荒れてきたので、取りあえず第一弾の対策は終了。次は作業結果について10日程度確認してから東電さんに報告、第二弾の処置に関する打合せに移行する予定です。中実耐張碍子への交換も検討してくださるそうですが、かなり高額の費用負担(東電負担ですが)になるので即答はできないとのこと。また、拙宅の裏手にも二個連碍子で終端されている電柱があるので、次回はそちらにも同様の対策を施すか否かを検討するとのことです。以下に施工前・施工後の比較写真を掲載します。取りあえず第一弾終了。  電気消費が増えるお昼前後に再び測定してみます。 FT-655 修理完了  事象の再現性が不安定なFT-655です。結局、電源が入らなくなったのは一度だけでした。FP-22をON/OFFする間接制御部のトライアックと温度ヒューズ付きセメント抵抗を予防交換してみることにしました。以下に事象整理します。 ディスプレイが暗くなることがある (弊社では未確認) 時々電源が入らないことがある (弊社でも確認)  1については、トライアックが開通しない状態だと電流はセメント抵抗側を流れ続けるため、電流制限されることで発生する可能性がある。2については、ヒューズ抵抗が溶断しかかっていて起動電流が流れない。(ヒューズ抵抗は130℃で溶断するため、本体を動作させるための電流を流し続けることは出来ない。既に内部で溶断していて奇跡的にギリギリ導通している状態??) と考察しました。実際にこれらの部品は完全に壊れてはいませんが、対になっているため、どちらか不具合があると、片方に異常な高負荷が掛かります。これを繰り返すと終いには壊れてしまいますが、その手前である状態と考えるのが妥当ではないかと考えるに至りました。これ以外にこれらの挙動は考えにくいのです。実はこれとよく似た回路がMark V の外部電源FP-29に使用されています。FP-29の故障の9割がトライアックとセメント抵抗溶断によるもので、今回のヒントになりました。 【ご依頼内容】 AC電源使用時に挙動異常 以上について修理を承りました。 【工数】 上記修理に工数3.0人日を要しました。(故障箇所診断・調達・修理・調整・検証・報告書作成などを含む) 【交換部品・使用ケミカル剤など】 トライアックTM1041 ×1 温度ヒューズ付きセメント抵抗10Ω/135℃ ×1 Marv V 修理完了  Mark V FT-1000MPのLCDブラックアウトです。毎度お馴染みの故障ですね。本個体は2017年2月に同様の症状で入場・修理・出場しています。今回もインバーターの故障ですが、前回はラインヒューズとサーマルヒューズの交換で修理完了していました。今回はインバーターの心臓部とも言える発振回路のコンデンサーショート(DC短絡)によるものです。コンデンサが完全に導通し、真っ黒焦げになっていました。トランジスタ自体が高熱に晒され、熱暴走で異常発振→コンデンサ故障・ヒューズ溶断に至ります。それにしてもトラブル多すぎですね。このサーマルヒューズも入手困難です。あと20本程度在庫してますが、これが枯渇したら修理困難になる可能性が・・。信じたくはありませんが、ネットでご活躍中の某修理屋さんに依頼したら、この部分をショートさせて返されたという話を複数のオーナー様から伺いました。トランジスタの発熱だけでなく、コンデンサがショートして火炎が発生する場合があり、実際に焼け焦げたユニットを何度もみています。サーマルヒューズの割愛は絶対ダメです。インバーター自体が焼け落ちますよ!!! 【ご依頼内容】 LCDブラックアウト 以上について修理を承りました。 【工数】 上記修理に工数2.0人日を要しました。(故障箇所診断・調達・修理・調整・検証・報告書作成などを含む) 【交換部品・使用ケミカル剤など】 0.068…(Read More)

 おはようございます。薄曇りの横浜地方、午後には一雨来るかな〜〜。湿度高めで不快感MAXですが今日も頑張ります!! (タイトル間違えた・・汗) JST-245 修理完了 FT-655 入場中  今日は東電さんが例のノイズの件で対策工事に来る予定です。(でもこの天気だとリスケになるかも・・・) 先日の記事についてOM数人からも問い合わせ頂いています。同様のノイズでお悩みの諸兄が居られる様ですね。充電状態で作業するとのことですので、ノイズの変化などを動画に撮りたいと思います。少しでもノイズレベルが下がってくれることを祈るとしましょう。 JST-245 修理完了  こちらは昨日入場した個体です。「7MHz以下で送受信ができない」とのご相談です。疑わしきところはVCO 1ですね。本機は6個のVCOで1.8MHz〜50MHzを受け持っています。一番下がVCO1で、100KHz〜7.49999MHzまでを受け持ちます。ロック電圧は3.0V〜10Vの範囲内です。トップエッジ側で10V±0.1Vの範囲にあればロックします。本機のVCO1は規程値をオーバーして11.8Vを示していました。Tcで調整可能な範囲ですが、上ずれというのがどうにも気になります。自然劣化だと下ズレするはず・・・。念の為、他のVCOもチェックしました。VCO2〜VCO6は全て正常にロックしていて、何れも僅かに下ズレしていました。VCO1のVDDラインにある470µF(C35)の容量抜けを疑いサンプルしたところ案の定でした。規程値の半分程度も容量が下がっています。ヨンナナの法則通りです。これを交換してVCO1のロック電圧を規程位置誤差範囲内に調整しました。 【ご依頼内容】 LOWバンドで送受信できなくなった(要修理) 以上について修理を承りました。 【工数】 上記作業について工数3.0人日を要しました。(故障箇所診断・修理・調整・検証・報告書作成など) 【交換部品・使用ケミカル剤】 中容量ケミコン ×1 FT-655 入場中   “内蔵のAC電源が故障?”とのことでした。実はFT-655の修理実績は数台のみで、何れも回路を解析しながらの作業でした。回路図もサービスマニュアル(Technical Supplemet)も無く、手探り状態での修理だったのですが、流石にスイッチング電源ともなると、少々事情が違います。電源屋では無いのでパッと閃くものもなく、急遽会社経由でメーカーの正規ディーラーに問い合わせ、カナダの代理店から英文T/Sの原本を取り寄せたところです。因みにメーカーでは既に廃棄処分されドキュメントが残っていないそうです。FT-650/FT-655については、海外のサイトでもサービスマニュアルを探している人が多いみたいですね。なるべく原本の保存は避けたいと思っています。こんなものを溜め込んでしまうと、置き場がありません。実はFT-101…(Read More)

 おはようございます。終戦記念日の朝、神奈川県東部は快晴であります。今日はリウマチの関節痛がMAX、ハンテツのせいかな? 仕事も趣味もノッテる時はついついやってしまいます。長期対応中の二台についてクロージングに向け一気に作業に掛かっております。 FT-1021XはPLLのケミコンを全数交換  バリキャップとFETを交換しVCOのロック電圧は安定しています。ダイオードと抵抗が干渉していた場所で、発振による負荷が掛かっていた可能性が高く入力側・出力側は他の周波数帯も共用していることから、 VCO内部に的を絞って作業を行いました。また、ローカルユニット全体の電源電圧が不安定になっている可能性も捨てきれないため、5Vライン上のケミコンも全数交換しました。1st Localの出力波形が不規則に乱れる症状がありましたが、これらの作業実施後は安定しています。前回作業後のロードテストは丸一日実施しましたが、今回は1週間程度連続起動させて確認したいと思います。結果は夏季休暇明け(来週金曜日以降)にご報告します。 FT-655S トラップの連続!  ファイナル MRF247×2個のうち、片方は全損状態。残りも極性崩壊が始まっています。パワーが出ているというより、ドライバの出力に対してアッテネーターになっていると言うべきでしょう。MP品を取り寄せて交換しました。ところがパワーが思ったほど出ません。バイアスも問題ナシ・・。トランジスタの不良を疑いましたが、hFEもキチンと揃っています。MPだから当たり前ですね。PAユニットを何度も着脱を繰り返して格闘すること数時間、R6017(10Ω)が焼損していることに気付きました。真上から見るとカラーコードは正常に確認できるため気付かなかったのですが、下側が黒く焼け焦げていることを確認しました。トランスに並列に繫がっている為、テスタのDC導通テストでは発見できない場所です。しかし何故こんなところが焼けているのか??? その疑問は後ほど明らかに・・。1/2Wの酸化金属皮膜抵抗では心配なので、22Ωの1/2Wをパラにして取り付けることにしました。さぁ〜〜今度こそパワーが出るはず!! と思いきや、結果は一緒です。「基板の内部でも炭化してインピーダンスが変わったか?」・・・ ドライバのベース側とコレクタ側、ファイナルのベース側とコレクタ側にRFプローブを充ててトランジスタの動作をモニターしたところ、元気よく動いている様子が覗えました。ファイナルの出力が何処かで遮られている感じです。PAユニット後ろのLPFをスルーしてRF電力計を直接繋ぎましたが状況に変化ナシ。ファイナル出力トランス〜RF OUTジャックの間に問題がありそうです。部品は330pFの高圧チップコンだけです。こんな場所が壊れるとは思えないのですが、テスタを充ててみたところDC導通!。ファイナルとR6017焼損の原因はココだったのか・・・。ハイ・インピーダンスにならない限りこんなところが落ちるとは思えません。疑わしきは送受リレーの接点不良です。330pFの高耐圧コンは在庫がないので取り寄せです。  そんなわけでハンテツとなりました。サプライヤは今週いっぱいお休みです。そして弊社は明後日から夏休み・・・。仕方有りません、秋葉原に走ります。(もしかしてお休みかも・・) 追記:2018/08/16 11:21  アキバで高圧コンを入手してきました。交換後パワーが出ることを確認しています。 【ご依頼内容】 出力しない・・ 以上について修理を承りました。 【工数】 上記の作業に2.5人日を要しました。 【交換部品】 MRF247 ×2 2SC1971×1 R6017 1/2W 10Ω 抵抗の代替として、1/2W 22Ω×2個(パラレル) C6016 330pF…(Read More)

 おはようございます。朝から積乱雲がもくもくと上がっている横浜であります。今日も猛暑となりそうな予感。雷注意報も出ていますョ。世の中は「お盆休み」の真っ只中ですが、小生のラボは1週間後ろにシフトして夏季休暇に入ります。  甲子園のテレビ応援でエネルギーの8割を放出してしまいました。夏も終わりだな〜〜〜・・・。菅平に行っている友人からメールが、「これから六麓荘の実家(奥方の)に直行するから君も来ないか? 婆さん一人暮らしの屋敷で部屋は確保してある。アルプススタンドのチケットは朝5時に並んでゲットするから・・・」 10年前にも同じパターンで急遽甲子園に馳せ参じた小生であります。しかし「次に勝ち進んだら行くよ・・」と返事しました。・・・後悔しています。高知商の見事なプレイもさることながら、徹底した分析にしてやられた感があります。汗 生井君に対するプレッシャーよりも、正捕手の善波君に対するソレが大きかった様に思いました。生井君は牽制の天才ですが、その生井君をも戸惑うほどの盗塁の嵐。善波君のレーザービームを完全に封じ込むシーンが続き、序盤から精神的に追い込まれる状況となったことが、あの大失点に繫がったのではないかとシロウト分析しております。スタミナが心配されたリリーフ投手の渡部君への継投で流れは変わりました。あの大量失点を忘れるほどの好投で後半を抑えましたね。彼は肝っ玉が座っているようで、県大会でも生井君が崩れた後をキッチリ抑えました。打撃の方は互角と言える内容だったのですが、敵外野陣の強肩には歯が立ちません。また来年・・・と言いたいところですが、生井君、渡部君ともに三年生です。大学野球部で活躍してくれることでしょう。二年生の善波君達の活躍に期待したいところです。塾高野球部の皆さん、本当にお疲れ様でした。感動をありがとう!!!  お盆と無関係の海外から部品着荷中  月末到着予定だったMRF247が届いています。かなり早着でした。お盆前に通関できたからでしょうか・・・。FT-655Sの作業を先行して着手します。FT-1021Xの部品は今週着荷予定ですが、対応はお盆休み明けになる見込みです。今週は修理予約は元々ありませんので、着荷済分も含め休み明け(23日以降)の着手となります。国内サプライヤーは全社夏季休暇に入りました。今週は藻掻いても何もできまへん。悪しからず・・・。m(_ _)m  そんなわけで、作業進捗については特にございません。小生もRRS-Pi+の出荷作業に参加しま〜す。   &nbsp…(Read More)

 おはようございます。暑いです・・・。タダそれだけ。コレほんとにヤバすぎます。ラボの温度計はエアコンONでも34℃です。MAXでもそれ以下の温度に下がりません。汗 測定器や電源の排熱に対して冷房能力が追いつかない? 米西海岸では50℃超えだそうです。 今週は変則投稿ですが、ミッションもてんこ盛りです。どんどんレポします。 IC-775DXⅡご入場!  もはや常連機種になりつつあるIC-775であります。やはり200W機のDXⅡは現役個体が多いのでしょうか。ご入場中の個体はFM以外まともに出力しないとのことでした。事象も確認させて頂きました。最近、この手の故障が多いですね〜〜。しかも大型HF機ばかり・・・。今回はオーナー様が事前に詳しい状況をお知らせ下さっているので、着手時点である程度故障箇所を予測できました。SSB/FMが分岐するAF段後ろからFMが合流する手前のIFステージの異常という切り分けになります。IF アンプ、バッファ及び周辺のケミコン劣化を疑うわけですが、今回も完全な故障ではなく5W-10W程度は出ていますので、Driveゲインの回路故障の可能性も否定できません。そうなるとロジック回路も調査範囲となる可能性があります。取りあえずIFTは大丈夫そうなので、Q10、Q23、Q36とその周辺に絞り込んでアタックすることにしました。FMでは元気にフルパワーが出ていますので、SSB/CWも元気になってくれること祈りつつ作業に掛かった次第であります。 FT-655 (その1)  今回は同時期に2台のFT-655をお預かりしました。100W機と10W機です。まずは100W機のほうから・・。こちらは送信系が瀕死状態にあります。オーナー様と直接お電話でお話しさせて頂いた際に、部品入手や工数を顧慮すると新品の無線機に手が届く旨をご説明申し上げました。オーナー様からは「愛着があるので直したい」との熱いお返事を頂戴しました為、長期対応フラグを挙げることになりました。まずは部品調達が可能か否かを精査中であります。 FT-655(その2)  こちらは10W機です。ALCの振れが弱いとのことでした。本機のALC回路はファイナル後ろのLPFにあるカプラーから得られる進行波電流をAFユニット上で増幅し、IFユニット・RFユニットに戻してALCアンプを作動させる仕組みです。これも一般的なALC回路なので特筆の必要はありませんね。お預かりした個体を確認しましたが、ALCは振れていました。ALCはRFパワーコントロールにも使用されています。本個体は定格を超える最大出力(15W以上)が設定されており、この状態だとALCは完全に開放されています。即ち最大出力だとALCは振れません。定格調整値にALCゲインを設定したところ最大出力でもALCが触れるようになりました。また、当ラボ所有のHL…(Read More)