投稿 Currently viewing the tag: "FT-401"

 こんにちは。清々しい朝を迎えた横浜地方であります。今日は暑くなりそう・・・。9月も半ばを過ぎたというのに、未だラボ内は冷房マックスです。 FT-401D ご出場 今後の修理予定について  二週連続で連休が入っていますが、土日のみ休ませて頂きました。休みと言っても家族サービスという仕事が立て込んでおる次第です。汗汗 この連休は例年ですとツールド東北へ出走のため石巻へ移動しているのですが、コンディション調整が間に合わず無念の辞退となりました。代わりに愚息がラグビースクールに入校したので、そちらのサポートで大忙しです。一昨日、近隣の清水建設・荏田グランドで行われた試合が愚息のデビュー戦となりました。2トライを上げてくれたのでアッパレ!であります。炎天下で観ているこちらはもうヘトヘト・・・。9月に入ってから毎朝ランパスに付き合わされる日々が続いていますが、小生にとっては約40年ぶりにラグビーボールと戯れる日々であります。そして(一応)経験者ということでコーチにも借り出される羽目に・・・。今後6年間はラグビー練習に付き合わされることになりそうです。既に手首が痛いです。(トホホ・・・) まぁ、スポーツは全般的に好きなので苦ではありません。勿論付き合えるのパス練習程度ですョ。小生は同じ年頃の子供を持つ親御さんの平均年齢+20歳オーバーなんですけどね・・。アハハ   今週末からワールドカップも始まります。初戦の×ロシア戦が楽しみですね。 FT-401D ご出場  怒濤の一月半に渡る作業が終わりました。工数内修理が困難でご返却となった個体でありますが、オーナー様の熱き想いにお応えすべく、フルレストアを施工させて頂きました。 作業前のコンディションについて  オーナー様より「不明のヒューズ溶断頻発」というレポを頂戴しておりました。拝見すると内部の埃堆積、電解溶液の液漏れが顕著で、ヒーターラインのDC短絡などにより電源投入自体が憚られる状況でした。通常ですと、お断りさせて頂いているレベルの劣化です。しかしながら、錆進行などの腐食はなく、時間を掛ければ修復できる可能性が残っており、フルレストアレベルの工数をご理解頂きましたので、施工させて頂いた次第です。 主な作業について  以下の通り実施しました。 ・メインユニット基板、PAユニット(真空管ハウス内)、スイッチ・VR類・端子類の清掃・洗浄・研磨を実施しました。(3人日) メインユニットの真空管を全数撤去し、ソケット・端子リード・ガラス管表面の埃、炭化物を除去して基板表面に堆積した埃を除去しました。 真空管ハウス内の埃除去、ソケット等を洗浄・清掃しました。※この際、6JS6C×2の外的損傷を確認。 スイッチ、VR類をパネルから着脱し、接点洗浄を実施しました。 コネクタ類の接点洗浄、研磨を実施しました。 固定ナット・ビス類に附着した炭化物を研磨除去しました。 ・以下の故障箇所を個別に修理しました。 プレート、SG電圧の低下(2人日)  規定電圧が出ていませんでした。原因は整流部の高圧ブロックコンデンサの故障によるものです。47µF-3回路/450V×1、47µF-2回路/400V×2を交換して規定電圧が掛かることを確認しました。 終段管IP電流異常 (3人日)  無負荷送信時、正常状態で60mA程度のバイアス電流が流れますが、本固体は2A以上の大電流が流れていました。励振段・終段を繋ぐカップリングコンデンサのDC漏洩が原因です。(真空管損傷)高圧キャラメルコンデンサ×1個、SG減流抵抗×1本、セラミックコンデンサ6本を交換しました。※ オーナー様からご申告頂いた「ヒューズ溶断」についても、コレが原因であったと考えます。 送信キャリアレベル調整ができない (3人日)  CW/TUNE送信時にキャリアレベルが変化しませんでした。調査の結果、バランスモジュレータの真空管7360の故障と判定しました。真空管を調達・交換実施したところ正常動作しました。 SSB時、送信変調が載らない(2人日)  マイクアンプの12AX7Aが動作していません。(フィラメント故障) 調達・交換実施したところ正常動作しました。 劣化部品の交換実施(1人日)  チューブラコンデンサ×9本、小中容量ケミコン×4本、金属皮膜抵抗×3本を予防交換しました。(コンデンサの多くは容量抜け) 調整時に特性の出なかった励振段真空管12BY7A×1本を交換しました。 総合調整(1人日)  上記作業後、IF・RFのフルトラッキングを実施しました。受信感度 -140dBm(測定限界)での復調確認、送信出力 100W @14.100MHzを確認しています。 クーリングファンの取付(0.5人日)  本機は100W機でありクーリングファンは必須です。6JS6Cの発熱状態から鑑みても、強制空冷が出来ない状態での送信は極めて危険です。メーカー純正パーツは入手困難なため、汎用ACファンをPAハウスのリアパネルに取り付けました。 欠損ビス取付(サービス)  フロント化粧板の取付ビスが欠損していました。FT-101用のビス再生品にて補充取り付けしています。 【ご依頼内容】 フルレストア 以上について作業を承りました。 【工数】 上記作業に工数12.5人日を要しました。(故障箇所診断・調達・交換・調整・検証・報告書作成・荷解き/梱包をふくむ) 【交換部品・使用ケミカル剤など】 クーリングファン×1 金属皮膜抵抗×4 セラミックコンデンサ×10 高圧キャラメルコン×2 小中容量ケミコン×4 チューブラコン×9 高圧ブロックコン×3本 6JS6C×2本 12BY7A×1本 12AX7A×1本…(Read More)

 おはようございます。曇り空の横浜です。涼しくなりました。9月も半ばですね〜。今朝は寝床で脚を痙りました。足を冷やしたみたいです。まだ痛い・・・。  連投なので仕事のレポだけサラッと書きます。 IC-706MkⅡ ご出場 FT-401D 作業中・・ IC-706MkⅡご出場  こちらは総合調整のみのオーダーでした。故障箇所はありません。全体的にコンディションの優れている個体でしたが、HFの送信出力が150W以上出てました。汗汗 「IC-706MkⅡってこんなに出るんだ〜・・」と驚いた次第です。いやいや出過ぎですので、規程値+10%以内に修正しておりました。HF側ALC調整ポテンションメータに接触不良(ガリ)があるようで、出力変化が唐突です。逆に100W丁度に合わせるのが大変でした。僅かにずらすと150Wを超えてしまいます。50MHzは無調性でOK、144MHzは少々控えめな出力だったので20Wに調整しました。感度もバッチリでています。各バンドとも-140dBm(測定限界)で復調していますので問題ありません。周波数ズレも-5Hz程度で誤差範囲内です。DSP処理のSメータ、ALCレベルもソフトウェア校正で正確に表示します。全項目をアライメント調整しましたが出力以外は規定値内でした。免許さえ降ろせば暫くは現役バリバリ、第一線で活躍できるリグです。 【ご依頼内容】 総合調整・点検 以上についてご依頼を承りました。 【工数】 上記作業に工数1.5人日を要しました。(故障箇所診断・トラッキング調整・検証・報告書作成・荷解き/梱包を含む) 【交換部品・使用ケミカル剤など】 CAIG デオキシット D5  ※1.5人日以下の軽微な作業につき、動画撮影は割愛させて頂きます。 FT-401D 作業中  頑張ってます。6JS6Cの凹みが尋常ではなかったのでクーリングにも難有りと評価しました。そもそもプレート電圧600V以上の真空管ファイナルでファンが無いというのは問題ですね。適当な汎用AC ファンを装着することにしました。FT-401オリジナルのファンは入手不可ですが、元々取付穴のピッチがインチ規格ではありません。同じ規格のFT-101用の中古ファンなら入手可能ですが、軸焼けしているリスクがあるので避けました。リアパネルに写真の様な取付穴を開けてファンを固定しています。 高圧ブロックコン、チューブラコン交換  殆どのコンデンサが容量抜けしていました。オリジナルのルビコン47μF×3/450Vが入手できたのは何よりです。メイン基板上の中容量ケミコンも交換しました。 真空管  お伝えしたファイナルの6JS6C×2については当然交換ですが、その他の球についても交換しています。受信RFの6BZ6、AFアンプの6BM8×2、検波の12A7を交換しました。受信感度はそこそこ回復しています。ハイバンド側のドライバ出力が低いので、12BY7Aも交換したほうがいいかも・・。テ コイルパック修理  送信側のコイルパックの14MHz、受信側の21MHzのコアが回りません。コイルでボビンが締め付けられているせいもありますが、固定しているゴムが溶け出して溝を埋めてしまっている可能性も否めません。コアを粉砕して取り出すことにしました。ボビンを割らないように最新の注意を払いながらの作業です。径の細いリーマーを突っこんでガリガリとコアを割ります。時々ボビンを掻き出しながらの作業、破片を取り除いたら綿棒にエタノールを浸してキレイに掃除します。細かい破片が残っていると新しいコアがスムースに入りません。無事に作業が進んでコアの交換が終わりました。ファイナルを外した状態でドライバの出力だけで波形を観ていますが、3.5MHz〜14MHzは正常に出力しています。21MHz…(Read More)

 一日遅れの「週明け号」です。昨日は午前中交通が麻痺状態、経理も出社できない状態で、急遽小生もヘルプに回りました。台風は辛うじて進路を東よりに進みましたが、記録的な風速を記録し近隣の街路樹が倒れるなど、凄まじい状況でした。汗汗 アンテナ降ろしておいて助かりました。 FT-401D 進捗 LS-102L 診断終了 今後の修理予定について  台風一過の拙宅シャックで予定通りアンテナ群の再構築を実施しました。デルタループは天辺部分を地上高15mから19mに嵩上げ、実効長も17mから27mにサイズアップしました。但し輻射エレメント(逆三角形)部分の長さは従来通り17mです。「どういう意味?」と思いますよね。デルタループの給電部に全長5mの梯子フィーダーを挿入し、往復10m分の電気長を稼いだということです。フィーダー部は平衡線なのでRFを打ち消すため輻射しません。輻射可能面積は一緒ですが、実効長を増やすことでATUの負荷を減らすことが目的でした。以前は巨大なローディング・コイルをコールド側にぶら下げていましたが、強風時に竿を傷めてしまったり、変なところに共振点が出てしまいATUが誤動作してしまうことがありました。梯子フィーダーによる実効長延長なら、共振することもなく安全です。実はG5RVを参考にしました。ついでにマストも単管パイプ(3m+1m)に変更しました。大空に聳え立つ巨大な“杓文字”を近隣の方々は冷ややかな目で眺めておられます。汗  6mもスモールループからHB9CVに交換しました。東京ビーコンがS6からS9に上がってます。更にABL+1200MHz用のディスコーンと430MHzの10エレシングルも嵩上げ完了です。 サイズアップしたデルタループの効果測定  ローバンドが明らかにゲインアップしています。地上高嵩上げ効果も当然ありますが、ATUの動作点が変わったことで効率改善したことと、インピーダンスが下がったことで電流腹の発生点が天辺に移動した様です。今まで3.5MHzや7MHzでは指向性はほぼありませんでしたが、今回の改良後は7MHzは水辺輻射が増して明らかに指向性が出ています。また3.5MHzでも僅かながら指向性が出ていることを確認しました。アンテナ構築を手伝って頂いたJI1AME、管野OMに、シャックから直線2km先の“花桃の丘”で各バンドの輻射効率実験にお付き合い頂きましたが、全バンドとも良好な結果が得られました。特に7MHzでは5W送信時、FT-817+テレスコピックの組み合わせにもかかわらず、S8のレポートを頂いたほか、各バンドでも概ねS9〜+以上の良好なデータが得られたことには驚きです。夕刻の7MHzで8エリア各局が+20dBで入感していたほか、ローカルDXのアジア方面のラグチューがS9で聞こえていました。ここ数年お目に掛かれなかった光景(事象)であります。因みに14MHz以上の各バンドも良好に動作しますが、電気長27mが波長の偶数倍に近い24MHzはSWRが2.0付近から下がりません。無線機側の内蔵チューナー併用が必須となります。それでも輻射効率は良いようで、5W送信時にS9++となった他、アンテナを左右に10度振ったらS5まで下がったとのこと。かなり鋭い指向性が出ていました。ハイバンド(1λ以上)になるにつれゲイン・指向性共に上がって行くみたいです。 コモンモード対策  強制バランスさせると必ず問題になるのがコモンモード対策です。元々コモンモードフィルターを5箇所30ポール挿入したほか、ルーフタワー周辺の同軸に径200個のクランプコアを取り得付けました。この10年で500個のクランプコアを取り付けましたが、紫外線によるケース劣化が顕著です。屋外だと3〜4年が交換の目安です。  使用した梯子フィーダーは450Ωで、メートル単価200円の英国製です。eBay等で10m巻で売られています。“ladder feeder” で検索するとヒットします。梯子フィーダーによる給電に対応すべくATU…(Read More)

 おはようございます。曇り空ですが気温は高めです。半徹明けの水曜日がはじまりましたぁ。平成のウチにあと何台修理出来るかな? 本日も宜しくお願いします。(^o^) TS-820S 修理完了 FT-401 修理中断  リソース不足の影響が出てます。当ラボには常時2名のエンジニアが常駐するほか在宅エンジニアも在籍しています。繁忙期には更にアウトスースする協力会社さんにも加わって頂き、最大4ライン体制で対応します。今年に入ってから在宅エンジニアが病気療養で長期離脱したため常時可動は常駐2ラインになっていました。アウトソース先は業務機のみの契約なのでアマ機対応はできません。お伝えしている通り、常駐エンジニアがまさかの故障で、残されたのは小生だけ・・・。もっとも小生自身も頻繁に故障して戦力外になっておりテレコ・ワーク状態。アウトソースできるエンジニアさんを探さなければ自沈しそう・・・。(>_<) 到着した修理品は梱包状態のまま近隣のコンテナ倉庫に入るのですが、そこから各々が担当する無線機を自らラボに運び入れるため、修理だけが我々の仕事ではありません。“倉庫=ラボ”往復・荷解き・検査・調達・修理・検証・報告書作成・梱包・発送が担務。小生の場合、これに加えブログ執筆と動画撮影が加わります。“ブログか動画どっちか一つに絞ったら?” というご意見もありますが、報告書や動画では伝えきれない内容が多々あるため、そうは行かないの現実。“見える化”を掲げる以上、止む無しであります。“働き方改革”とは全く無縁の弊社であります。   トホホ  TS-820S 受信時にメーターが振りきれる  見出しの通りの事象です。TS-820ではお馴染みの症状ですね。メーターAMP、AGCアンプ、半固定VRのガリ辺りの不具合で起こる故障ですが、こちらはFETとトランジスタの交換で終了・・・のハズでした。施工後、メーター振り切れが直ったかと思いきや、メーターの挙動がカクカクしています。RFゲインをクルクル回していると、大きく振れた直後にS9付近で止まります。???「直っていない?」と思いきや、いやいや違います。メーター自体が壊れていました。指先でメーターを小突くと針が戻ります。汗汗汗 ヒゲゼンマイが伸びちゃったのでしょう。この症状はアナログテスターでも頻発するので、体験された方は多いと思います。ご存知の通り、メーターはフレミングの法則により動作します。大電流が流れると針が引っ掛かるところまで動きますが、軸自体はさらに強いトルクが掛かっています。反発力を生み出すバネに相当するのがヒゲゼンマイですが、機械式時計ではコレを動力源としています。このヒゲゼンマイが伸びてしまうと軸自体が吸い寄せられるため、軸受けの中心から離脱することでフリクションが増えたり、針がケースに引っ掛かったりします。TS-820のメーターの場合、針の反対側がケースに干渉してしまい固着します。メーターを分解して被ヒゲゼンマイを元の位置に戻す作業を行いますが、機械式時計の修理に似た作業となります。ウォッチリペアの治具が役立ちましたョ。  施工後、IFトラッキングを実施しました。送信系は特に診ていませんが100W以上(@14.175MHz)出ていました。     【ご依頼内容】 メーター張り付き 以上について修理を承りました。 【工数】 上記作業に、工数2.5人日を要しました。(故障箇所診断・調達・交換・調整・検証・報告書作成などを含む) 【交換部品・使用ケミカル剤など】 2SK19GR の代替として 2SK192A 2SA465 の代替として 2SA1015 FT-401 その後  検査開始時、電源が入りませんでした。内部を一通り確認したのち電源が入るようになりましたが、この事象について原因は不明です。また、内部は著しく劣化しており、使用継続は非常に危険です。その他、以下の通り確認しております。 (受信部の状態)  ご相談時「受信可能」とのことでしたが、弊社確認時は全バンド受信不可能でした。VFO、ヘテロダインは正常に機能しているため、IF段内の不具合と思われます。ご相談に記載のございました「受信時に異常電流が流れ5Aヒューズ溶断」に至った可能性として、IF段で何らかの故障が発生していたものと考えます。その後、全真空管を取り外し、コネクタ部の接点洗浄を行って再装着したところ受信動作するようになりました。この時点でトランスの2次側出力電圧の降下を確認しています。(大電流が流れている可能性あり) 受信IF回路内でリーク(抵抗焼損・ケミコン故障)等が発生しているものと思料します。受信感度は定格性能を満たしておりません。また、BFO・トーンOSC調整用の半固定VR・トリマコンデンサの故障を確認しました。メイン基板の腐食、ケミコン液漏れなどが顕著で、複数箇所で不具合が起きている可能性もございます。キャリブレーションの動作は確認しましたが、ご相談にございました「ビート音が小さい」のは感度低下が原因です。 (送信部の状態)  アイドリング電流の異常についても確認しました。時間経過と共に電流が増加する傾向にあり、更にPLATE 操作で反応することなどから、ファイナルで発振を起こしている可能性が高く、周辺のコンデンサは全数交換を要します。また、BIASボリュームの接触不良も顕著です。 (サイドトーンOSCの状態)  サイドトーン発振回路が動作していません。真空管、コンデンサ、半固定VRの不良を疑います。 (その他について)  リアパネルのVR類に接触不良の傾向が見られ、石油溶剤で洗浄しましたが復活しません。こちらも相当数の交換を要します。電源部のブロックコンについて、容量抜けが顕著です。こちらも交換を要します。また、本機は時間経過と共に、ケミコンが破裂・ショートを起こす可能性が高く、極めて危険な状態にあります。  ケミコン全数、IF段の真空管(複数本故障の可能性あり)交換、PA…(Read More)

 おはようございます。今日も気温は高めです。最近、合法8ch機を持って拙宅裏の市境尾根道を散歩しています。かの「花桃の丘」よりも10m程度高いロケです。送電線鉄塔直下に立ちましたが、全くノイズ無し!。 HL-250UFX診断結果 FT-401診断結果  合法8ch機のRJ-480Dをぶら下げ、拙宅から徒歩5分ほどの尾根の頂上付近に向かいました。標高91mの近隣最高点です。尾根伝いに送電線(東電柿生線)が通っていて無線的にはアレなロケーションのハズですが全くノイズがありません。実は数キロ川崎よりで鉄塔建替中、通電を止めているみたいです。この場所は川崎・横浜の境界線上にある未舗装の尾根道で、入れる車両は軽自動車までですが、通り抜け不可能なため、川崎側の農園に進入しないと転回できません。従って車両の進入は皆無です。時折、近隣農家のトラックやトラクターが出入りする程度で、人の気配すら無い場所です。丹沢・大山・富士山が直視できる絶好の眺望! 「花桃の丘」から北西方向に直線1.0kmの地点です。アマチュア無線的には拙宅から100m程度の場所で空中線地上高的には同条件となるため、それほど大きなバリューはありませんが、空中線が使えないフリーライセンスラジオにとっては絶好のロケです。送電線再開通までの僅かな期間ですけど・・。合法8chと5chで、木更津と杉並の局に拾って頂きました。コンディションが良ければDXも狙えるかな・・・。最近、フリラ傾倒中の小生であります。スポーツみたいな感覚が良いですね!! カナガワ ST124  当て逃げされた!!  ついにヤラれました。先週末金曜日、近隣駅前のコインパーキングでの出来事です。19時過ぎに入庫、夕食後に戻ってみると助手席側のフロントバンパー角に大きな擦り痕が、しかもヘッドライト・ウォッシャーが開放しちゃってます。ドラレコは常時録画ではなく「衝撃時作動」のモードに設定していました。(Kenwood製)車体が揺れると瞬時にONになる機能です。録画動画を確認しても該当する映像は見当たりません。そもそもキーロック状態でクルマが揺れるとイモビライザーが作動し、全ランプがフラッシングしクラクションも鳴動するので大騒ぎになるはずです。(以前コンビニで愚息を車内に残したまま買い物をしていたら、イモビライザーが作動しエライことになりました。)クルマを駐めた位置は右横が狭い出入路で幅員2.5m程度です。大型車だとかなり圧迫感を感じる狭さです。恐らく、出庫時に右側をウチのクルマに擦って出ていったのでしょう。バンパーの角は手押しすると凹むくらいなので、1.8t超えのボディは全く揺れなかったのだと思います。駐車場に防犯カメラはなく駐車場出口が映る防犯カメラもありません。損傷箇所はフロントバンパー、ヘッドライト・ウォッシャー、コーナーセンサーになります。ウォッシャーの蓋から中を覗いたところ、ステーが内側に入り込んでいました。ココで衝撃を完全に吸収してシャーシには衝撃が伝わっていない様です。Mspt専用バンパーなので、交換となると部品代だけで25万くらい。それ以外のAssy交換や工賃を含めると40万程度の概算見積だそうです。こりゃ〜〜保険適用かな。保険契約以来、無事故特約を更新し続け最上等級を維持していたので、ちょっと考えますけど。駐める場所の選択も困難ですが、防犯カメラの無い施設は避けるべきですね。今後はドラレコも常時録画に切り替えます。  連休前でD工場も忙しいらしく入場は連休中になりました。休暇期間中は部品調達ができないとのことで、作業開始は連休明けだそうです。代車はX3 X20Dが来ます。丁度キャンプに行こうと思っていたところなので取りあえず好都合。FT-857を降ろさなきゃ・・・。 HL-250UFX 診断終了  200W越のUHFリニアです。使用目的が限定されるリニアアンプですが、東京ハイパワー社無き現在、非常に価値あるリニアアンプかと存じます。本機はRD60HUF1をドライバとファイナルに5個使用しています。3W程度入れると30W弱出てきました。RFプローブを充ててチェックしたところドライバは正常に動作している様子です。ファイナルは2パラ・プッシュプル構成になっており、それぞれのゲートまでは均等に電力が届いていることが確認できました。ドレイン側は何れも僅かな出力があるものの、殆ど増幅していません。4個の内3個はドレイン=ゲートがDC両極導通しているので完全にアウトです。1個については、絶縁は確保されているものの極端にゲインが低い状態です。ドレイン側のセラコン1個に黒い煤が附着していました。覗き込んでみると、MosFETのケース接着部にも煤が付いており、焼損したものと思われます。今朝特性保証品を発注しましたが、電力合成部を含む周囲のコンデンサも全数交換しておくべきでしょう。基板や同軸リレーが痛んでいないことを願わんばかりです。 FT-401 診断中・・・  同時に入場中のFT-401であります。こちらは「受信時異常電流が流れヒューズ溶断」「サイドトーンが出ない」などの症状がでているとのことでした。検査時、最初電源すら入らず内部を確認していたら、気付くと電源が入っていました。“????”です。どこかでACが短絡しやすい状態に陥っている可能性が高く、慎重な検査が必要です。本機はオール真空管機ですので立ち上がりが悪く、回路全体に高圧が掛かっていることもあり、ケミコン類は全数交換を要するものと考えます。確実にフル・オーバーホールを要する状況であり、どの程度まで作業を進めるのかオーナー様とご相談させて頂きたく思います。 今後の修理予定について  上記2機種については、部品調達・長期対応などの可能性があり、すぐに作業入りは出来ないと思われます。長期対応機種については310ラインなどを優先させて頂きます。その他は以下の順番で入場予定です。 トリオ310ライン(長期対応中) WL-2760D(長期対応中) HL-250UFX(部品調達中) FT-401D…(Read More)