投稿 Currently viewing the tag: "FT-1021"

 おはようございます。雨模様の横浜です。ここ数日気温が高めでしたが、いよいよ平年並み下がるとの予報です。暦の上では「冬」なんですけど、ラボワークは相変わらず半袖シャツ一枚であります。ここは真冬でも暖房要らずの排熱地獄!!!  昨夜は放送局時代の上司と同業の友人4名で「蕎麦屋」飲みでありました。表参道の“川上庵”であります。年に数回訪れる店ですが、蕎麦屋なのに小料理がやたら旨いんです。“ゴボウ揚げ”“里芋揚げ”がオススメ。“白子の鉄板焼”に蕎麦屋定番の“出汁巻き”などをつまみに、日本酒数種を3合ほど・・。話題はやはりメディアの報道姿勢に対する悪口(汗)。「あの新聞だけは絶対に読まない!! ニュートラルなN経が一番だな〜」ということで皆の意見が一致。(完全に新橋飲みになってるし・・・汗)小生はS経派ですが、会社は別系列でした。(笑) 偶にはこういう息抜きが必要ですョ。来週は検査入院が控えている身であります。酒はほどほどに。川上庵は都内(麻布十番・表参道)の他、軽井沢にも出店されているお蕎麦の名店です。  21時には散会し田園都市線の銀色カマボコ電車(8500系)で帰路につきました。1970年代製の電車です。こんな古い電車が走っている地下鉄は日本中でココだけかと。頑丈なんでしょうね〜きっと。無線機も70年代の真空管機の保ちが一番かもしれません。 535i CIC故障 その後の経過について  入院といえばウチの535iがやっと帰ってきました。ところが納車翌日に症状再発です。(涙)今回もナビ故障で、3度目の入院でした。しかも月一回の割合で入庫させてます。既にハードを3回交換。CICの故障であることは間違いないそうです。最近のBMWはiDriveと称するナビ・オーディオ・ドライブコンピューターを一元管理するプラットフォームを搭載していて、CICはその中核をなすハードです。ハードはリビルト部品による供給分しか存在しません。ここがダメになってしまうと色々機能しなくなります。E91 335iは11年乗りましたが、iDriveの故障などは一度もありませんでしたし、”BM”er 仲間に尋ねても、他の型式ではこの様な事象は起こっていないみたいです。具体的にどういう症状が出るかと言うと、走行中にいきなり画面がブラックアウト、オーディオも電話(Bluetooth接続)も全て途切れます。ナビ使用中であればサービス停止に陥いります。1分程度で勝手に再起動しますが、ナビは再セットしないと動きません。F10の前期モデルにしか出ない症状とのことですが、後期型のiDriveに搭載されているCICは使えないとのこと。BMWジャパンの技術部経由で本国から選別済のリビルトユニットを三度も送って貰っているハズなのですが・・・。正規ディーラーで購入したクルマであったことが不幸中の幸いであります。入庫の度に色々な代車(新車)に乗れることを愉しむことにします。  さ〜て、お仕事のレポートに入ります。 FT-1000 修理完了  名機 FT-1000のご入場です。こちらはFT-1021と中身はほぼ一緒ですね。流石に25kg越の重量は老体に堪えます。ヤマトのドライバーさんが「FT-1000ですョ〜〜、重いっす・・」と言いながらコンテナに運び入れてます。無線のムの字も知らないお兄さんですョ。(爆笑) 流石に一年に500台以上無線機を運んでいれば型式も覚えますなぁ。伝票の品名欄に無線機の型式を書いて頂いているのは、ヤマトさんに仕分をお願いしているからであります。いやいや、元箱にFT-1000と書いてあるし。でも、FT-1000が重いという認識は既にあるみたい。(笑)スミマセン脱線しました。  本題に入ります。「500Hz フィルターを選択すると感度が低下する」「エレキーのDASHが壊れている」とのご相談でした。お父上から引き継がれた大事な無線機とのことです。  前者については、455KHzのCWワイドフィルター(500Hz)選択時に発生していました。シフトをずらすと若干感度が上がりますが、250Hz(ルーフィングのみ)、2.0KHz(SSB)を選択しても感度が低いように思います。フィルターの中心周波数も若干ズレています。455KHzの出力側IFTを調整しました。その後、IF全段をトラッキングしたところ、全体の感度も上がったと思います。  後者については、エレキーIC入力回路のダイオード(DASH側)が壊れていました。ダイオードを交換して修理完了であります。比較的に軽微な工数に止まってよかったです。 【ご依頼内容】 500Hzフィルタ選択時に感度が著しく低下 CWキーヤーのDASH(長音)側の故障 以上について修理を承りました。 【工数】 上記の作業に工数 2…(Read More)

 おはようございます。曇り空の横浜です。“体育の日連休”をすっかり忘れていました。11月も前後半で連休が入りますが、仕事のリズムが崩れるのが困ります。自分は真夜中だろうが休みだろうが好きなときに仕事をしますけど、アウトソース先はカレンダー通りなので・・・。その三連休でありますが、倅の運動会やらオーディオ(DATデッキ)の修理等々でアッという間に過ぎました。  嫁に“リビングの隅にあるガラクタを整理せよ!”と命令され渋々片付け始めました。TV台の引出には恐らく10年は放置されているオーディオ・テープが数百本眠っています。嫁曰く「100%聴かないんだから捨てろ」と・・・。都内に住んでいた頃、レコードやカセットを数ヶ月掛けてPCに取り込んだ記憶があります。それ以降、オーディオの電源を入れる回数が激減、今や iPhone (Bluetooth接続)をクルマの中で聴くというスタイルが定着しています。嫁の云うとおり素直に捨てりゃいいのかもしれませんが、“形のある物”には想い出が詰もつまっております。それでも8割は捨てたはず、どうしても捨てられなかったものが残ってしまいました。(捨てられない症候群・・○○屋敷化の前兆?) カセット300本程度、DAT80本であります。流石に再生装置自体をロストしてしまったオープン・テープやらLカセットは既にありません。実はカセットについては長年愛用していたKenwood KX-1100G、TEAC V-6030Sを音源のデジタル化完了時に処分したため、その時に一掃していれば未練が残ることもなかったのですが、どうしても聴きたいテープがあって、それを再生する為だけにオークションでSONY TC-KA5ESを落としてしまったのです。結果的に再生装置とともにテープも残留する羽目に。  DATテープについては、ほぼLPレコードのコピーが入っています。30年前はレンタルレコード店が駅前に数件あって、和製JAZZを漁りまくっていました。それらのレコードの多くはCD化されていますがLPの音質の比ではありません。(もちろんLPが上)なので、DATの標準フォーマット(48KHz)で録音されたソースは大変貴重です。我が家のDATデッキ SONY DTC-ZE700は96年頃購入しましたので既に20年越し、ここ数年は年に数回電源を入れる程度で、テープをセットする度に“CAUTION”(エラー表示)が頻発するようになりました。そしてこの度、完全にテープをマウントできなくなった様でございます。これも何かの縁と思いDATの修理に取り掛かった次第です。機構部修理は無線機のそれとは訳が違います。こういう仕事をしているので、自己所有の機器についてはサービスマニュアルくらいは入手済でした。本機は機構部をシャーシから簡単に外せます。流石SONYですね〜〜。メンテナンス性を考慮した構造です。無線機もこうあってほしい・・。笑 DATはビデオデッキとよく似ていて、回転ヘッドにテープを巻き付ける構造です。マウント時に送り出し・巻き上げの両リールにテンションを掛けてロックさせるのですが、どうやら片側にバックテンションが掛かっていません。即ちテープがユルユル状態です。ベルト類に滑りはなくモーターのトルクも問題ないようです。テープがセットされるとスイッチが入ってバックテンションが掛かる仕組みのはずです。弄っていると何故かバックテンションが掛かるようになりました。どうやら機構的な故障ではなく、電気的な症状の様です。組み戻してテープをセットすると普通にマウントできるようになりました。録音・再生・早送り・巻き戻しも全てOKです。この状態で二時間ほどリスニング、テープ数本を入れ替えましたが症状が再現しません。その日はそのまま電源を切りました。翌日試すと、再びCAUTIONが出ます。30分ほど放置してテープを入れ直したら正常にマウントしました。“こりゃーケミコンっぽいな〜〜〜” やはり90年代のケミコンはダメか・・・。深夜の楽しみが一つ増えました。完治目指してトライします。  あれれ、片付けは・・・・。 Mark V(その3) 修理完了!!  CW送信故障とのことでお預かりしました。前回お伝えした通り、抵抗一個をチップから標準部品にリプレイスして作業は終了です。この様な処置はRF部では行いません。回り込みや発振の原因になるからです。制御部(CTRLユニット)内の故障ですので、工数カットをのためこの様な処置(オーナー様とご相談済)を撮らせて頂きました。 【ご依頼内容】 CWキーイング不良 以上について、修理を承りました。 【工数】 上記、故障箇所診断作業に2.5人日を要しました。 (診断・修理・調整・検収・報告書作成・映像制作を含む) 【交換部品・使用ケミカルなど】 R5032 0.8mm 表面実装型チップ抵抗 の代替として 通常部品(1KΩ 1/4W)を使用  FT-1021 修理完了!!  ファイナル着荷待ちでしたが、UPS便でサクッと届きました。MRF422 MPが故障していた個体です。部品着脱後に手前の10Ω(3W)も落ちていることを確認しています。ここはオーバードライブしない限り落ちるようなところではありません。ココが焼け落ちると入力インピーダンスが上がります。MRF422の故障の引き金になったものと思われます。焼け落ち防止のため、耐入力3W…(Read More)

 おはようございます。曇り空の横浜、最高気温は18度前後でしょうか。週末は愚息の運動会なのですが、日曜日は晴れそうです。月内の土日はイベント目白押しです。  国慶節連休の影響に関する続報です。  着荷不良だったMRF150(HL-1KFX修理用)の差し替え発注分ですが、昨日トラッキングナンバーを確認しました。こちらはサプライヤー在庫ではなく工場に個別生産依頼をかけた製品で、輸出地の税関を通過したことを確認しました。来週には着荷予定です。蕎麦屋の出前みたいですみません。  Mark V(その2)のファイナルについてはトラッキング・ステータスが5日間動いていません。輸出国の空港で止まったままです。こちらも7日以降にならないと動かないと思われます。  FT-1021用のファイナルは(UPS)で届く予定です。こちらについてはサプライヤーから出荷され既にハブ空港に着いています。UPSなのでここから先はスピーディーだと思いますが、成田についても通関があるので着荷にはまだ数日掛かる見込みです。  オーナー様にはお待たせしてしまい本当に申し訳ありません。ラインに作業保留の大型機が4台も並ぶ(未報告の物件を含む)としんどいです。また、台風の影響はまだ続いています。物流スタックしていた物件が一気に届いたためトランクに収まりきらなくなりました。順次ラボに移しているのですが、結構広めの玄関を完全に塞いでいます。部品があれば徹夜でもして作業を進めるのですが・・・。負の連鎖に陥っております。 IC-R100(その1)キーパッドが反応しない!!  今回も同機種が続きます。何故、同型機が同じタイミングで入ってくるのか不思議です。故障のサイクルでもあるんでしょうかね〜〜。さて、1台目でありますが、以下の様なご相談でした。 ファンクションキーが全部動作しない。受信は大丈夫。  とのことです。ラボで確認したところ、FUNCキーのみならず全てのキーが反応しません。故障箇所を切り分けるため、フロントパネルのSW群から延びているコネクタ・リードをチェックします。10キーそれぞれのSWはGNDに落とす事で機能する回路ですから、ユニットのパターン図面でSWとコネクタ・リードの紐付きを確認します。それぞれのリードのGND絶縁を確認したうえで、100Ω抵抗を介してGNDに短絡させる試験を行いました。全てのキーが正常に機能することが確認できたので、故障箇所はフロントパネル側ということになります。本機のキーパッドはタクトSWではなく、導電性ゴムをパターンに押しつけてSWの機能とするタイプです。まず、フロントを分解する前にパネルの爪割れを発見しました。以前に何方かが何らかの修理を試みられたのでしょうか? 機能には問題はないと思いますが、念の為・・・。フロントパネルを着脱してキーパッドの裏面にある基板も外します。パターン面を綿棒で擦ると真っ黒になりました。導電性ゴムの樹脂が溶け出して広範囲に附着しています。恐らくコレが動作不良の原因ですね。導電性ゴムは溶かしたゴム樹脂に金属粉を混ぜて製造するのですが、紫外線の影響などで溶け出すと金属とゴムが分離してしまいます。残ったゴムは表面で薄い膜を形成するため、絶縁体になってしまう訳です。パッド側も同様で、溶け出したゴムが小さな円筒状の導電性ゴムの表面を覆っていました。因みに、伝導性ゴムに接点復活剤や石油溶剤を付けて補修するという記事を見掛けますが、絶対にやってはイケません。無水アルコールで拭き取るのが最も安全です。あまりゴシゴシやると導電性ゴムが根元から折れてしまうので、軽く回転させながら時間をかけて処理します。本来なたキーパッドごと交換すべきところですが、こちらも調達不可です。導電性ゴムはシート売りされているので、切り出してパッドに接着剤で付けるという方法もありますが、高さが0.1mmでも狂うとパッドに微妙な凹凸ができるため宜しくありません。現状この方法がベストを思われます。  組み戻して動作チェック。若干反応の悪いキー(特に0)もありますが、ほぼ正常に反応するようになりました。余談ですが、時計電池・メモリ電池とも0Vです。早めの交換をお勧めします。樹脂劣化ばかりは止めることができませんが、機器本体はなるべく紫外線の当たらない部屋の奥に設置するなどの工夫が必要です。 【ご依頼内容】 キーパッド反応なし 以上について、修理を承りました。 【工数】 上記の作業に工数2.5人日を要しました。(診断・修復作業・検収・報告書作成・映像制作を含む) 【使用交換部品・ケミカルなど】 無水エタノール少量 (導電性ゴムの洗浄に適用) CAIG D5 (基板パターン側の洗浄に適用) IC-R100(その2)アンロックの疑い?  2台目は外装の非常に美しい個体です。以下のご相談でした。 受信しない。音声も出なくてSメーターも表示しない。 何度かスイッチを入れ直すと動作する時が有る。 気温が低く成っている時には動く時も有る  症状的にはPLLのアンロックを疑います。診断開始から48時間の間に、時々電源ON/OFFや本体の操作を行いましたが症状が再現しません。全ての周波数ブロックで確認していますが正常に動いています。動作環境によっても起きたり、起きなかったりすることがあり、特に初期のVCOズレだと見極めが難しいところです。一応動画も撮影していますが、修理未達状態ですのでYouTubeにはアップできません。後ほどギガファイル便か何かでオーナー様にはお送りしようと思います。恐らくアンロックで間違いないと思うのですが、本機のVCOはブラックボックスのEP2(TUNERユニット)内にあり中を弄ることが困難です。サービスマニュアルや全体回路図にも記載がありません。(サービスマニュアルにはVCOのブロック図しか記載がない) 通常、PLLの調整手順にVCOの規定電圧に関する記述があるのですが、本機についてはEP2ユニットをAssy交換で対応するポリシーになっているのかと思われます。海外ディーラーにも確認しましたがEP2の在庫は確認できませんでした。しかもブラックボックスの場合はリビルトのAssyはリスクが大きすぎますね。現状保留状態です。 FT-1000MP Mark V(その3)  その1が出場したので、順位的にはその2になります。こちらは制御系のトラブルでした。 CWモードのみが操作不能。 表・裏のキージャックを入れ替えても動作せず。  パドル電鍵を挿して確認したところ、DOT(短点)が出力されません。DASHは正常にでます。ということは、配線周りか内蔵キーヤー周辺ということになります。単純に配線と云っても、本機の場合はKEY…(Read More)

 おはようございます。薄曇りの横浜、太陽は雲の間から時々顔を出します。気温は平年並みでしょうか。週末までハッキリしないお天気が続きそうです。過ごしやすいので由とします。 中華圏の工場・配送所が機能停止中!  中国は国慶節でお休み真っ只中です。台湾も間もなく国慶日を迎えます。日本の建国記念日に相当しますが、中華文化圏では前後にまとめて休暇をとる習慣があるため、中国国内はもとより中国系の労働者が多いマレーシアやシンガポールにも影響が及びます。その為、アジアの物流はパニック状態、弊社で使用するデバイス(特にモトローラ)はOEMメーカーのHGセミコンやMACOMも操業停止するため、サプライヤの問い合わせにも応じなくなる事態が発生中です。米国のサプライヤーに発注しても工場はアジアなので同様です。加えて先月日本各地を襲った自然災害の影響で国内ロジ(特に通関)も停滞中です。HL-1KFX、Mark Vに使用予定のデバイスについても着荷が送れており、ご迷惑をお掛けします。m(_ _)m  サイトの属性を分析してみた  YouTubeのBVX Laboチャンネルの属性を計ってみました。なんとユーザーの多くは55歳から64歳の男性で全体の38%を占めていました。次いで多かったのが65歳以上で23%、これらを合計すると61%となります。24歳以下のアクセスはゼロ、女性のアクセスもゼロでした。(爆笑)因みに当ブログ“二子玉日記”の属性データもほぼ一緒ですが、こちらは僅かですが女性購読者が居られる様です。しかし、購読者の平均年齢が60歳以上のYouTubeチャンネルって凄いなぁ!! 古い無線機なんぞ、今時の若者は全く興味ないんですね。ハハハ・・・・。自分の年齢が一応ボリュームゾーンにあるんですけど、何だかなぁ〜〜〜ww。チャンネル登録者数がやっと1000名を超えました。マーケティング用語で云うと“M1・M3・M4含有率高め”ということになりますが、意外なのはM1層が2割弱もいるってことです。M2(35歳〜)が極端に低いのは何となく理解でいるんですよね〜。小生自身を振り返ると、長女も生まれ転勤で数年ごとに国内外を転々としていた時期と重なります。趣味に費やす余裕など全くありませんでした。アマチュア無線にカムバックしたのは40代後半でしたから下のグラフの属性に一致します。即ち、若い人が無線に興味が無い訳ではなく、世代的な事情で離脱してしまうということでしょう。従免は一生でも局免は5年更新です。一度ロストしてしまうと無線機も処分しちゃう人も多い気がします。(小生がそのクチ)JARL幹部の皆様、40代対策が会員数維持のカギですよ〜〜〜〜。     FT-101ES 修理完了  二日間、まるまる“ワン・ノー・ワン”に掛かりっきりです。久し振りですが、やはり良いリグです。メンテナンス性は抜群ですね。半世紀前の無線機ですが現役復活できました。FT-101ESは10WですのでQRO改造されたFT-101E相当の個体です。 以下の通りのご相談でした。 ダミー送信で、操作を誤ってしまい出力が出なくなってしまった。  送信故障の多くはICの流し過ぎによる球ボケ、コンデンサ破損、ブリーダ抵抗焼損です。やはり同じ場所が壊れていました。キャラメルコンと抵抗を交換し、各ユニットを着脱・再半田、更にSW・VR類の接点洗浄・復活処理を実施した結果、28MHzを除き100W以上の出力に回復しています。6JS6Cは手持ちのFT-101Eに挿して確認したところ球ボケが出始めているようでした。28MHzのみ50W程度です。全バンドIcの流し過ぎには注意が必要、350mA…(Read More)