投稿 Currently viewing the tag: "FT-101ZD"

 おはようございます。朝夕はだいぶ涼しくなりましたねぇ。就寝時は久しぶりにクーラーOFFにしました。秋にシフトして行く感じがしますね。週末はハムフェアです。ウォーリーを探すように小生を探してみて下さい。wwwww FT-101ZSD ご出場 今後の修理予定について  FT-101ZSDの修理作業のため、週末はラボに籠もりきりでしたが、日曜の夕刻にテツが集まって拙宅で走行会(と称する飲み会)をプチ開催しました。といってもたったの3人です。(汗汗) メンバーは近くに住む航空会社時代の上司(元航空機関士の爺様)とお孫さんです。先日開催された国際鉄道模型コンベンションでバッタリお会いした折「9mmのレイアウトがあるので遊びにきてください!」とお誘いしていました。昼に電話を頂き「孫がレイアウト観たいと言っているから伺ってもいい??」・・。お孫さんと云うのでてっきり愚息くらいかと思いきや、同じ会社に運航乗員として勤務しはじめたばかりの青年でした。ちょっとビックリしながら拙宅に招き入れた次第です。爺さん(上司)はHOやOゲージ専門、お孫さんはNゲージャーなんだそうです。自衛隊も含め、船乗りや飛行機乗りに「テツ」が多いのは有名な話ですね。小生が若かりし頃から30年以上に渡り、上司・部下(或いは先輩・後輩)というよりも、趣味仲間としてお付き合い頂いています。奥様やお嬢さん(小生同期)も客室乗務員として同じ会社に勤められていました。この爺様はクルマ好きとしても有名で、ご自慢の愛車でヒストリックカー・ラリーのミッレミリアにも参加されるほどです。(クルマは昨年免許返納されたそうです) 音楽の趣味も一緒で古いレコードを何枚も譲って頂きました。因みに無線には全くご興味無しとのこと。笑笑    爺様に敬意を表し、今宵は昭和30年代〜40年代の国鉄を再現すべく、茶色い電気機関車群にDF50 (国際鉄道模型コンベンションで調達)、旧型客車と20系客車でレイアウトを埋めてみました。三人の大人テツに愚息も加わり冷房の無い6畳間は熱気むんむん、缶ビールとオレンジジュース片手に夜は更けました。(昭和30年代にツインシンプルカテナリーは無いぞっ!w) FT-101ZSD ご出場  週末休みを返上、FT-101ZSDの修理・減力改造を完了しました。上蓋を開けると、驚愕の状況が露わになりました。内部が埃に覆われています。1000V近い電圧が印加される箇所があり、埃に結露すると火災のリスクが高まります。このまま作業を続けるわけには行かないので、まずは内部の清掃から取り掛かることにしました。また、RECT Bユニットの埃がケミコンから漏れ出た電解溶液に附着して基板にこびりつき、一部基板を腐食させていました。これらは交換時にエタノールで除去、基板パターン面をキレイにしてからレジスタでコーティングしています。施工前・施工後を比較してご覧下さい。 ヒーター回路の修理  ご依頼の減力改造については、着手前に改造の可否について見極める必要がありました。本個体は内外装ともコンディションが悪く、そもそも正常に動作しない状態にあります。まずはヒーター回路の故障です。12BY7A(励振段)、6146B×2(終段)のヒーター回路は並列に繫がっていますが、3本の真空管全てのフィラメントが点灯しません。断線かショートを疑いました。回路を切り離して電源電圧を測定したところ正常でした。真空管を外してGND抵抗を測定したところ、電源に近い何処かでGND短絡が発生していることを確認、調べて行くと12BY7Aの電源側にある0.047µFがリークしていることを突き止めました。コンデンサを交換してヒーターが正常に動作する様になりました。 減力改造開始  やっと本題に入れます。まず、改造要件を整理しましょう。当該 FT-101ZSD(OF160736号機)は100W化改造が施された個体であり、10W化再改造に際し、終段プレート電圧の降圧(DC800V→DC310V)、終段スクリーングリッド電圧の降圧(DC210V→DC160V)、励振段バイアス回路のR1016の短絡処置を要します。補足作業として、撤去する終段管用のプレートキャップ並びにコイルは不要になるため撤去します。また、真空管減数にともないヒーター回路に6Ωの抵抗を挿入、終段出力回路に15pFの補正用コンデンサの増設を行います。  本機は100W化はされているものの、改造時期が早かったようで28MHz帯の出力制限が施工されています。即ちスクリーングリッド電圧が10A・10B・10C・10Dの各バンドに於いて低くなっています。ココを他のバンド同様の電圧が掛かるように改造しておく必要があります。何故なら、10W化した際に10A・10B・10C・10Dの出力が更に低下してしまうからです。ヘンな話ですが、10W化改造するのに一旦100W化改造をする必要があるということですね。汗汗   上記施工後に、全項目をフルトラッキングしました。送受共に正常に動作しています。1.9MHz〜21MHz…(Read More)

 おはようございます。まだ台風の影響が残る南関東です。台風は日本海のド真ん中を北東に進んでいるようですが、暴風圏が関東地方もスッポリ覆っています。 HL-728D ご出場 FT-101ZSD ご入場  台風の接近中、拙宅のデルタループはどんな感じかというと写真の通り無事です。只今のところ最大風速は20m前後ですがこの程度なら問題ありません。秋までにHFアンテナの交換を実施する予定でしたが、デルタループのまま底上げするのもありかな? 6mのHB9CVはコメット製の2エレを調達済で既に一月前から玄関に放置されています。HFはクリエイトの730V辺りにしようかと思っていました。14MHz以上の効率はデルタループの方が優れており、何と言っても、3.5MHz以上のWARCを含む全バンドに出られるのがATUデルタループの利点です。強風の度にヒヤヒヤするのはアンテナを換えても一緒ですね。折れても当て木で直せる釣り竿ベースのアンテナの方が維持コストが低いかな? 悩ましいところです。兎に角、地上高UPが必須な環境です。さ〜て、蝉も鳴き始めました。本題のレポに移りたいと思います。 HL-728D ご出場  夏休み返上の作業レポは、HL-728Dの完了報告からです。当ラボでもお馴染みの144/430MHz の100W越リニアアンプです。両バンドとも出力しなくなったとのことです。回路構成ですが、144MHzはストレートにMRF650のプッシュプルを押す一段構成です。430MHzはドライバ段が一石入る二段構成になります。スルー状態では正常に信号がANT側に流れます。リニアアンプをONにすると、キャリコンは反応するのですが出力しません。二つのMRF650のベース側にRFプローブを充てたところ、入力側端子から流れてきた信号を確認できました。コレクタ側の電圧は極端に低くなっています。(=増幅していない) まずはMRF650の故障を認定しました。さて、何故故障に至ったのかを考察する必要があります。トランジスタを交換しても再び壊れてはたまったもんじゃありませんね。目視で気になった箇所は144MHz側の出力側ストリップライン上のポリトリマーです。顕微ルーペで覗き込むとケースが溶けて変形していました。ポリトリマは熱に弱く、80度程度が規格上の上限です。多少マージンはとってあるはずですが、100℃では確実に絶縁版が溶けてショートします。ここにRFの大電流が流れたということは、インピーダンスの急激な変化が起きたことを意味します。空中線路上のトラブルの可能性もありますが、リニア内部で発生しうる事象について考えてみました。思い当たるのは、ANT側の同軸リレーです。キャリコンによって入出力のリレーが同時に制御されているはずですが、開閉時の挙動が僅かに遅い気がしました。また、明らかに引っ掛かる様な挙動も確認できました。当該部品については既にディスコンの為入手が困難です。HF帯なら規格外リレーを適当なスペースにボンディングしてリードジャンパでRFを引き回すことも可能ですが、流石にV/Uのリニアでは出来ません。この同軸リレーを温存するしかなさそうです。同軸リレーのソレノイド部は誘導障害を避けるため接点部から独立したケースの外側にマウントされて、シャフトアームを介して接点をON/OFFしています。接点部は430MHzという高周波の大電圧に晒されるため、HF帯よりも過酷な環境になっている可能性が否めず、カーボンの附着(ねばり発生)が考えられますが、密閉型のため内部を洗浄することは不可能です。唯一手当てできるのは、シャフトアームへの油挿し程度。シリコングリースをシャフトの回転部に浸潤させました。結果的に開閉がスムースになり、送受リレーが同時に切り替わる様になったみたいです。また、430MHz側のドライバ段コレクタ端子の接合部付近の基板パターンが一部剥離していました。(以前に交換された?)430MHzですから“導通していれば良い”という訳には行きません。こちら基板を修復しました。 驚愕のパワー  本機は10W/25Wドライブとなっています。まずは軽くFT-817(5W弱)で押してみました。すると、両バンドとも80W-90W出てきます。定格入力時の出力は100W…(Read More)

 おはようございます。横浜は冷え込みました。今朝は床暖を入れてます。昨夜はFT-101ZDの部品交換に追われ午前3時に就寝しました。歳のせいか4時間後には活動を開始しております。しかし今朝は布団から出るのがもたつきました。この冬一番の寒さでしょうか・・・。 FT-101ZD レストア完了  一昨日周波数カウンターユニットを入れ替えたFT-101ZDの交換部品が揃ったので、一気に作業を実施、整流ユニットの電解コンデンサ8個、セラミックコンデンサ8本を、アルミ電解8本と積層セラコン・フイルムコン8本にそれぞれ交換しました。取り外したコンデンサの多くは静電容量が大きく乖離し、一部の電解コンデンサは液漏れ、セラコンに至っては既に機能していないものもありました。予防交換も含め整流ユニット上のケミコンは全て交換しております。本来ならトランス横の大容量電解コンデンサも交換すべきですが、こちらは国産品が入手困難なのと、外形寸法に互換性のあるドイツ製の製品はオーバーコストなので、今回は交換を見送っております。機会があれば交換をお勧めしたいところです。 作業メニューのおさらい  以下の通りです。 修理ご依頼内容: ① 周波数ズレ・表示暴走の解消 ② RX/TX クラリファイアSW修理 状況: ① について、症状を確認しました。(表示周波数ズレ及び暴走–A 送受周波数ズレ–B) ② について、症状を確認しました。 ③ ATTスイッチの接触不良を認めました。 ④ AF/TX変調に大量のリプルが混入しています。 ⑤ WIDTH スイッチの接触不良を認めました。 ⑥ リア電源コネクタ(改造部分)のネジ脱落による緩みを確認しました。 ⑦ フロントPHONE端子の錆び腐食を確認しました。 ⑧ 送信出力不足を確認しました。 ⑨ キャリブレーター周波数ズレを確認しました。 原因: ① Aについて、周波数カウンターユニット内のIC不具合が原因です。Bについて、LSB/USB/CW キャリアポイント離調が原因です。 ② について、当該SWケースが破損しています。無理な力が加わったことによると思慮されます。 ③ について、自然劣化による接点摩耗・不良が原因です。 ④ について、整流ユニットのコンデンサ劣化が原因です。 ⑤ について、自然劣化による接点摩耗・不良が原因です。 ⑥ について、ネジの緩み等があったものと考えます。 ⑦ について、結露不着等による錆び発生が原因です。 ⑧ について、IF、RFの離調が原因です。 ⑨ について、キャリブレーターOSCの離調が原因です。 処置: ① Aについて、正常動作する周波数カウンターユニットを移植・交換・調整(交換後)しました。正常動作を確認しております。Bについて、BFO調整にて解消、正常動作を確認しております。 ② について、正常動作するSWを移植・交換しました。正常動作を確認しております。 ③ について、接点洗浄剤で内部を洗浄しました。 ④ について、コンデンサー16本を交換しました。リプル減少を確認しています。 ⑤ について、正常動作するSWを移植・交換しました。正常動作を確認しております。 ⑥ について、規格ネジ1本を補充しました。  ⑦ について、錆び落とし剤で処理しました。表面の錆は除去しております。 ⑧ について、IF、RFの送信回路トラッキング実施しました。その結果、ハイバンド側で20%程度の出力改善を確認しました。 ⑨ について、キャリブレーターOSCを更正しました。 部品類: ① 周波数カウンターユニット 1個 (再生品)  ② RX/TX クラリファイアユニット 1個 (再生品)…(Read More)

 今週は月曜の定例会が火曜日に移動、午前中は赤坂におりました。自転車とアマチュア無線が絡む番組企画に首を突っ込んでおります。Team elephant の西村益美さんが局に来てくれました。自転車界では知る人ぞ知るカリスマ女性サイクリストです。モデル/タレントがご本業ですが、今やプロ・アスリートとしての活動がメインかもしれません。以前より自転車関係の寄り合いで同席させて頂いておりますが、お仕事は今回が初めてです。 会議の後はいつもの赤坂・長寿庵で昼飯。今日は海鮮丼とせいろのセットですが、どうもココはレディースサイズのような気がします。前回はせいろを一枚追加しましたが、今日はこれで我慢。「新蕎麦」のシーズンですなぁ。因みに、週4日は蕎麦を食べてます。ww 神田の「藪」、虎ノ門の「砂場」、夜は六本木の「くろさわ」に屯しておりますョ。時間が無いときは二子玉川駅構内の「しぶそば」も・・・。「Fそば」と「Yそば」には絶対に入りません。(笑) さてさて、今日は雨模様でございます。早々にラボに引き揚げることにします。 FT-101ZD 復活間近!! 部品調達に少々時間が掛かっております。ご報告の通りRX/TXのクラリファイア・ユニットに載っているスイッチが完全に壊れていたため交換、更にWIDTH周りも交換しました。アッテネーターSWは洗浄で何とか回復したようです。今朝、周波数カウンター・ユニットが届いたので、早速交換・調整しているところですが、コンディションが素晴らしく、LEDの輝度も上がったため周波数表示が見違えるほど良くなりました。ズレも殆ど無くローカル信号を吸い込んで正確な周波数を表示しています。LSB/USBの誤差は100Hz程度でした。周波数カウンターユニット側で±200Hz以内なら調整可能範囲です。こちらは、SSGで完全に追い込みました。送受の周波数ズレもございません。IF周りもトラッキングしました。感度も向上し、Sメーターも既定値にセットしています。整流回路のコンデンサー待ち 少々リプルが気になってますので、劣化した電解コン・セラコンは交換予定です。今日明日には部品が揃うと思います。取り敢えず途中ですがビデオを撮っておきます。 &nbsp…(Read More)

 おはようございます。曇り空の横浜地方です。今週前半はこんな感じでしょうか。今朝は赤坂の会議がリスケになりました。今週は企画系の会議が幾つか入っており、資料作りに追われる一週間となりそうです。今週も宜しくお願い致します。 ラボの方は先週から着手しているFT-101ZDの他、FRDX-400のレストアが入っています。オーナー諸氏にはお待たせして申し訳ございません。FT-101ZDについては前述の通りフロントパネルのRX/TX クラリファイア・スイッチ及び、同ユニットの交換を実施したところです。この後、整流回路のケミコン交換、周波数カウンターユニット・・・と作業予定ですが、部品の到着待ちですので、その間FRDX-400をラインに入れる予定です。 &nbsp…(Read More)

 週末に突入です。今月は後半にも連休が控えている為、無線機修理を溜め込むわけに行きません。部品が揃っていないものでも着手可能な箇所から少しずつ直していくことにしました。先日ご紹介したFT-101ZDはレストアに近い修理になるため工数も嵩みます。フロントパネル周辺の修理で部品入手済の箇所の修理に取り掛かっています。 こちら以下のメニューとなります。周波数カウンターユニット修理整流回路ケミコン全交換クラリファイアSW交換その他、RX/TXフルトラッキング 1.についてはIC不具合の為ユニット交換となります。こちらはドナー待ちです。 2.については電解コンデンサ11本を注文済、到着次第作業に着手する予定です。 3.について、SW及び基板の破損を確認しました。こちらは交換部品入手しましたので、先程交換を完了したところです。 4.について、一度調整しておりますが基板脱着などにともなって離調している可能性があるため再度調整を行います。まずはクラリファイア・ユニットを交換 RXスイッチが大きく傾きロックしません。何か大きな衝撃でも加わったのか、SWが取り付けられている基板も一部ひび割れています。ドナー個体のジャンク部品の方がコンディションが良いため、RX/TXスイッチ基板丸ごと交換しました。SWも正常に動作しています。まだまだ修理は序の口です。ご満足頂ける状態に仕上げるべく鋭意作業中であります。それにしても、FT-101ZD/ZSD シリーズはフロントパネルの着脱が面倒です。同世代のTS-530/TS-830 はフロントパネルの交換も簡単なのですが。どちらかというとトリオ・ケンウッド系のリグを修理する機会が多いせいかもしれませんが、FT-101ZD/ZSDの場合、フロントパネルにVR類が直接マウントされているせいですね。 &nbsp…(Read More)

 おはようございます。横浜地方、今朝は大変冷えこみました。今年は暖冬と聞いていますが、もうダウンを引っ張り出してきました。昨日は入間で航空祭があり、ブルーインパルスが大空をキャンバスに白煙の絵を描くのを観に出かけました。東側に少々低い雲がありましたが、飛行場上空は問題なしです。例年の反省からレッドアローで入間市まで先行、そこから一駅戻るパターンで稲荷山公園駅(入間基地内)に到着。開場の午前9時には数千人の列が出来ていました。 お目当てのブルーインパルスは13時からスタート。今年は1区分追加サービス!! 集まった元飛行少年達もご満悦でございました。今年は飛行展示の実施コースを一部変更したとのこと。T-4チームでは未だかつて無いダイナミックな演技を堪能することができました。上空は風が強かったようでスモークが流されていましたが、それを凌駕する機動で「ここ数年で最高」のフライトとなったことを申し添えます。R/Wの反対側で観ていた親友も演技終了直後に電話をよこして大絶賛。特に印象に残ったのは「スター・クロス」です。これだけキレイに決まったのは久しぶり?。在日米空軍のグループと一緒でしたが「星」はアメリカの象徴とのことで、これが決まった瞬間は全員が歓喜のスタンディング・オベーションでありました。かつてネリス空軍基地の航空祭にブルーインパルスが招かれた折にこれをやって大喝采だったそうです。FT-101ZD 修理続行です! こちら周波数カウンターの不具合他、レストアが必要な箇所が複数ございます。オーナー様と協議の結果、作業続行を決定致しました。部品調達に少々お時間を頂戴しますが、コンディションを回復を目指します。IC-780は作業ストップ!! 本個体はローカル所有で、以前、ロータリー・エンコーダーの分解修理を実施した縁のある無線機です。故障箇所は概ね把握できているのですが、工数的にNGとなりました。TS-850Sの修理に着手 こちらはFL管が完全にブラックアウトです。ディスプレイに電源を供給するインバータが逝かれているようです。部品はメーカー内製ですが既にディスコン、在庫もございません。ディスプレイ・ユニット自体も在庫が無いとのことです。こちらは英国のリビルト部品ディーラーにオーダー。当初「シッピングまでに1月以上掛かる」との返事でしたが昨日弊社に着荷しました。本日から作業に入りたいと思います。  &nbsp…(Read More)

 飛び石連休如何お過ごしでしょうか。土曜日は例によって週末返上で無線機修理作業に追われておりました。現在、着手中の個体を含め7台お預かりしており、出口が全く見えなくなってます。(汗)先週は、不定期業務が差し込まれたため作業予定が狂ってしまった為やむなく・・・。日曜日はしっかり休暇を取らせて頂いております。 木更津のアウトレットへ出かけてきました。10時過ぎに拙宅のある横浜市青葉区を出発、港北ICから第三京浜〜首都高湾岸線〜アクアラインを経由し、途中「海ほたるPA」で昼食をとって13時頃「三井アウトレットパーク木更津」に到着。16時半までブラブラしておりました。 小生はシューズ(UGGのデッキ)とウールキャップを購入。UGGは最近流行ってますね〜。30%引きだったので一足購入しました。COLE HAANのモカシンを買いに行ったのですが、UGGに心動かされました。 帰りは大渋滞に遭遇、往路の倍以上の時間が掛かる羽目に。アウトレットパークからアクアラインのICまでの約1kmほどの一般道路の通過に2時間弱掛かりました。へとへと・・・。途中、D-STAR 木更津430デジピーター経由で7N3CCB局(港北430)を捕まえてお相手頂きました。眠気もピークだったので、大変助かりました。あらためて「D-STARのゲート超え・コール指定は便利だな〜」と実感しております。修理作業の状況 IC-780、FT-101ZD、TS-850、FT-980、FRDX400をお預かりしています。最初の2台は作業に入っております。IC-780は故障箇所を特定 よみ通り、PLL A ユニットの動作不良が原因でした。こちら、前回の投稿の翌朝に動作を確認したところ、ご指摘の症状が現れましたので、早速RFユニット上のMIXER A/Bの入力波形をオシロでスコープで確認したところ、PLL Aユニットから来る同軸ジャンパ(1.5D-2V)の出力が確認できません。PLL-Bユニット側はキレイなサイン波を観測しております。PLL A/Bは、LOGIC A/Bの下に埋まっており、これらを取り外さない限りアクセスできません。恐らく、PLLのロック電圧低下かケミコン劣化、若しくは単純接触不良などが考えられます。何れにせよ正常に動作する場合もあるため、致命的な故障ではないと診断するに至りました。詳細は割愛しますが、複数のフラットケーブルが自己融着テープでグルグル巻きになっていて、取り外しが不可能・・・。これが干渉するためLOGIC A/Bが脱着できません。しかも完全に融着しカチカチに固まっています。LOGIC…(Read More)

 おはようございます。早朝の横浜地方はかなり冷え込みました。本日も平常通りでございます。午前中は赤坂で会議。その後は事業所に戻って無線機(業務機・アマ機)の修理業務に就く予定でございます。  リフレッシュできたところで、今週も張り切って行ってみようと思います。IC-1271、IC-780、FT-101、TS-850の順で拝見する予定です。IC-1271 こちらはバックライトの交換が済んでいます。本日よりAGC周りの修理・調整に取り掛かります。木曜日には出場予定です。IC-780 A VFO にて送受できたり、できなくなったりを繰り返しております。こちら、IF・PLL周りの接触不良、ケミコン容量抜けを疑っておりますが、こちらは内部構造が相当複雑でして、故障箇所の特定には1週間ほど掛かるかと存じます。    FT-101 大分前にご予約が入っていたのですが、やっと着荷しました。こちらは内部リストアに近い形になるかと存じます。ケミコン類の調達には少々お時間を頂戴する可能性がございます。TS-850 LCD表示不具合、CW受信不良とのことでお預かりしております。前者はLCD電源部のインバータ故障とのことですが、メーカーの国内サービスには部材ストックがございません。海外へ打診したところ英国で見つけました。部品調達に1月ほど掛かるとのことです。CW受信不良は要拝見ですね。 現在、以上4台をお預かりしていますが、部品調達の都合上順番が前後する可能性がございますので、ご了承下さい。 今週も宜しくお願い致します。   &nbsp…(Read More)

 ラグビー残念でしたが、アメリカ戦は素晴らしかったです! ところでエディ・ジョーンズ氏は今月一杯で退任し、ストマーズ(南アフリカ)のHCに就くことが決まっているとのこと。ジャパンの行く末が心配・・・。本当に次のコーチ次第。上田昭夫さんのジャパンHC姿を見てみたかったなぁ〜。  週末は仕事と個人的興味を兼ねてある場所(船)に行ってきました。今年は三年に一度の観艦式の年です。観艦式前の一週間は横須賀、横浜、木更津の各港で護衛艦の一般公開が行われます。FLEET WEEKと称される海上自衛隊の広報活動で、今回の目玉は空母疑惑が取り沙汰される護衛艦「いずも」。下の息子を連れて横浜港大さん橋へ。圧倒的な広さの飛行甲板(上部甲板)は誰が見ても空母そのもの。確かに甲板表面の処理がゴムコートなのでハリヤーなどの離発艦には不向きみたいです。オスプレイは既に離発着訓練を実施済みとのこの。カタパルトも無いし、戦闘機空母への改修は容易ではなさそうです。しかし、SH60の上げ下ろしには大きすぎるエレベーターといい、巨大な航空機格納庫といい、ヘリコプター搭載護衛艦という名称は不釣り合いです。やはり「空母」がしっくりきます。こちらの狙いは音楽イベント。東京音楽隊の歌姫、三宅由佳莉さんの歌声にしびれて参りました。 今週の入場スケジュール FT-100はエンコーダの入荷待ちです。サプライヤーから出荷通知が届きましたので、明日には作業に入れるのではないかと思います。また、先日に続きFT-5800が届いています。こちらは電源すら入らない個体です。その他、FT-101ZD、TS-820などが予約表にクレジットされています。順次拝見させて頂きますので少々お待ち下さい。 &nbsp…(Read More)