投稿 Currently viewing the tag: "FT-1000"

 おはようございます。雨模様の横浜です。ここ数日気温が高めでしたが、いよいよ平年並み下がるとの予報です。暦の上では「冬」なんですけど、ラボワークは相変わらず半袖シャツ一枚であります。ここは真冬でも暖房要らずの排熱地獄!!!  昨夜は放送局時代の上司と同業の友人4名で「蕎麦屋」飲みでありました。表参道の“川上庵”であります。年に数回訪れる店ですが、蕎麦屋なのに小料理がやたら旨いんです。“ゴボウ揚げ”“里芋揚げ”がオススメ。“白子の鉄板焼”に蕎麦屋定番の“出汁巻き”などをつまみに、日本酒数種を3合ほど・・。話題はやはりメディアの報道姿勢に対する悪口(汗)。「あの新聞だけは絶対に読まない!! ニュートラルなN経が一番だな〜」ということで皆の意見が一致。(完全に新橋飲みになってるし・・・汗)小生はS経派ですが、会社は別系列でした。(笑) 偶にはこういう息抜きが必要ですョ。来週は検査入院が控えている身であります。酒はほどほどに。川上庵は都内(麻布十番・表参道)の他、軽井沢にも出店されているお蕎麦の名店です。  21時には散会し田園都市線の銀色カマボコ電車(8500系)で帰路につきました。1970年代製の電車です。こんな古い電車が走っている地下鉄は日本中でココだけかと。頑丈なんでしょうね〜きっと。無線機も70年代の真空管機の保ちが一番かもしれません。 535i CIC故障 その後の経過について  入院といえばウチの535iがやっと帰ってきました。ところが納車翌日に症状再発です。(涙)今回もナビ故障で、3度目の入院でした。しかも月一回の割合で入庫させてます。既にハードを3回交換。CICの故障であることは間違いないそうです。最近のBMWはiDriveと称するナビ・オーディオ・ドライブコンピューターを一元管理するプラットフォームを搭載していて、CICはその中核をなすハードです。ハードはリビルト部品による供給分しか存在しません。ここがダメになってしまうと色々機能しなくなります。E91 335iは11年乗りましたが、iDriveの故障などは一度もありませんでしたし、”BM”er 仲間に尋ねても、他の型式ではこの様な事象は起こっていないみたいです。具体的にどういう症状が出るかと言うと、走行中にいきなり画面がブラックアウト、オーディオも電話(Bluetooth接続)も全て途切れます。ナビ使用中であればサービス停止に陥いります。1分程度で勝手に再起動しますが、ナビは再セットしないと動きません。F10の前期モデルにしか出ない症状とのことですが、後期型のiDriveに搭載されているCICは使えないとのこと。BMWジャパンの技術部経由で本国から選別済のリビルトユニットを三度も送って貰っているハズなのですが・・・。正規ディーラーで購入したクルマであったことが不幸中の幸いであります。入庫の度に色々な代車(新車)に乗れることを愉しむことにします。  さ〜て、お仕事のレポートに入ります。 FT-1000 修理完了  名機 FT-1000のご入場です。こちらはFT-1021と中身はほぼ一緒ですね。流石に25kg越の重量は老体に堪えます。ヤマトのドライバーさんが「FT-1000ですョ〜〜、重いっす・・」と言いながらコンテナに運び入れてます。無線のムの字も知らないお兄さんですョ。(爆笑) 流石に一年に500台以上無線機を運んでいれば型式も覚えますなぁ。伝票の品名欄に無線機の型式を書いて頂いているのは、ヤマトさんに仕分をお願いしているからであります。いやいや、元箱にFT-1000と書いてあるし。でも、FT-1000が重いという認識は既にあるみたい。(笑)スミマセン脱線しました。  本題に入ります。「500Hz フィルターを選択すると感度が低下する」「エレキーのDASHが壊れている」とのご相談でした。お父上から引き継がれた大事な無線機とのことです。  前者については、455KHzのCWワイドフィルター(500Hz)選択時に発生していました。シフトをずらすと若干感度が上がりますが、250Hz(ルーフィングのみ)、2.0KHz(SSB)を選択しても感度が低いように思います。フィルターの中心周波数も若干ズレています。455KHzの出力側IFTを調整しました。その後、IF全段をトラッキングしたところ、全体の感度も上がったと思います。  後者については、エレキーIC入力回路のダイオード(DASH側)が壊れていました。ダイオードを交換して修理完了であります。比較的に軽微な工数に止まってよかったです。 【ご依頼内容】 500Hzフィルタ選択時に感度が著しく低下 CWキーヤーのDASH(長音)側の故障 以上について修理を承りました。 【工数】 上記の作業に工数 2…(Read More)

 おはようございます。寒い朝を迎えた横浜であります。足の調子が戻りませぬ。(>_<) 雨模様なので自転車に乗る気はしませんが、この足では10km保たんかも・・。インドアのジムに通う時間が欲しいです。ところで既に周囲は忘年会シーズンに突入しておりますが、今宵は都内でシャンパンバーのオープニング・レセプションにお招き頂いており、顧問先の面々と共にお邪魔する予定であります。池尻大橋に本日開店するLe Bar Chanpagne Tiny Bubbles であります。そして、週明けは再び福岡出張。そんな中、大型機のご入場が相次いでおり、全ラインともエンジン全開で対応致しました。  力仕事の連続でありましたが、何とかラインナップした全ての機材をC/Oできましたので、急ぎ足でご報告したいと思います。 FT-757GX ・・故障は電源ラインだけではなかった  「電源が入らなくなった」とのことでした。専用電源FP-757を接続しパワーONすると電源が瞬断します。原因はドライバのショートです。プッシュプルですので、故障原因にもよりますが、大概の場合は二個一緒に壊れてしまいます。まず、こちらを交換しました。パワートランジスタを外した状態で電源投入を確認していた為、これで修理完了と思っていたのが甘かった・・・。組み戻した後に始めてマイクを接続、PTT押したところ送信状態に切り替わりません。手を入れたPAユニットにはPTTや受信ミュートなど、SEND/STBYに絡む回路が集まっています。“ジャンパ・コネクタでも付け忘れた?”のかと思いきや、PTTアクション(GND短絡)を+電位トリガに変換するロジックICが逝かれていました。確認方法は至って単純、入力ピンのON/OFFに対して出力ピンのOFF/ONをチェックするだけです。使用されているICはお馴染みのMC14011Bで、CMOSタイプのNAND GATEです。内蔵される3個の否定論理積回路がシリースに繫がっており、途中にGND短絡でミュートされる受信回路へのトリガーラインが繋がり、最終段で+電位を発生させ2石のトランジスタSW(PNP-NPN)で送信系統の13.8VをON/OFFします。PNPのベースをGND短絡させるとコレクタ〜エミッタが流れ出し、TX状態になりました。また、ロジック2段目の受信ミュートもGND短絡でスピーカーからのホワイトノイズが消えました。ということで、IC故障は間違い在りません。CMOSですので壊れやすい部品です。ドライバ段が真横にありますので、こちらの故障時に何らかの影響を受けた可能性が否めません。“無線機本体の電源SWを操作せずにFP-757側でON/OFFしたら壊れた”とカルテに記載されています。インバーター電源ですので、何らかのパルスが飛び込んだ可能性は否定できませんが、あまり聞いたことの無いトラブルです。  送信可能状態に戻った個体でありますが、RFゲイン最大なのにSメーターが落ちてきません。調整範囲も超えてしまっています。AGCの基準電圧となる定電圧回路が短絡していました。こちらは、DCライン上のケミコン数個を交換し正常復旧しました。 【ご依頼内容】 電源が入らない Sメーター振り切れ 受信出来ない その他 【総工数】   5.5…(Read More)

 おはようございます。未明にスマホが激しく鳴動、何事かと思えば彼の国によるミサイル発射のニュース速報でした。2ヶ月ぶりですが何だか緊張感が薄れてきました。大湊基地の鼻先に落下した様です。ホタテやイカ釣りの漁船も航行している海域です。この高度からの自由落下速度は、1,000km/h(v=√2gh:空的抵抗を無視すると)を超えます。この速度では迎撃もできません。冗談じゃね〜〜よ!! 先週に引き続き週明けに出張で飛行機に乗ります。お願いですから大人しくしていてくださいな!!  今朝も少々忙しいです。アマ機関連の作業は現在3ライン稼働で対応中ですが、FT-757、TS-520、NRD-515、FT-1000と4台の作業を並行して実施中です。今朝は既に出場検査を終えたNRD-515レポートと故障箇所を認定したFT-1000についてお知らせしようと思います。 NRD-515  PLL故障修理完了  Digital VFOのループ異常で動作しなくなったNRD-515の修理が完了しました。位相検波(PD)にフィードバックされるはずの信号が手前のバッファIC、ミキサーAMP(Dual-Gate MosFET)から出力されませんでした。中国の業者が保有しているとのことで、納期を打診してきましたが返答がありません。オーナー様より同じくPLL故障で使用できなくなった同機種の前期型モデルをご提供頂き、IC、FETを抜き取って移設することで、この部分の修理を完達させました。その他AGC周辺のケミコンを交換して基準電圧を正常化したところ、Sメーター振り切れ症状も改善しました。  実際の周波数は表示から200Hz程度ズレていました。リファレンスとBFO(CW、USB、LSB、RTTY)を調整して誤差範囲に追い込みました。 【ご依頼内容】 Digital VFO 故障 1st Loop 故障 AGC回路故障 以上について修理・作業を承りました。 【工数】 5.0人日 【交換部品】  FET、IC×4(ドナー個体より移植) 小容量アルミ電解コンデンサ 20個  感度・S/Nとも申し分ありませんが、BFO微調用の半固定ポテンショメーターが少々緩くなっています。振動でズレる恐れあるので、ネジロック剤で処理しました。また、コールド状態ですとエンコーダーがエラーを起こす傾向があります。こちらは数分で正常になりますが、JRC…(Read More)