投稿 Currently viewing the tag: "自転車日記"

 おはようございます。7月最後の週末明けであります。台風一過の南関東です。週間天気予報だと雨マークはありません。そろそろ“梅雨明け”じゃないかと・・・ TS-900 ライン ご出場 IC-736 検査中 今後の修理予定について  日本では殆ど注目されていない世界三大スポーツ大会の一つ “ツールドフランス2019大会”が幕を下ろしました。最終ステージ(Etape 21)のランブイエ〜パリ・シャンゼリゼ(128km)はアクチュアルスタートの後も暫くはパレード走行が続きました。これは毎年お馴染みの光景です。昨日までのリザルトで、(トップ集団でゴールできれば)総合優勝はエガン・ベルナルでほぼ決まりです。ボンヌフ橋を渡りパリ中心部に入ると、最後はコンコルド広場=シャンゼリゼ大通り=凱旋門のクリテリウム(周回コース)を6周してゴールです。最終ステージはこのクリテリウムに入ってから本気モードにはりますが、パリを訪れたことのあるかたならご存知のとおり、シャンゼリゼ大通りは石畳です。ここを時速65km以上でかっ飛ばすことになります。通常時なら自動車でも捕まってしまう速度ですね。振動でチェーンが外れてしまうことも多々あります。今年はルーブル美術館の中庭を突っ切る特別なコースが設定されました。恐らく最初で最後でしょう。結局は最終ステージを制したのはLOTOのカレブ・ユアン(豪)でした。総合は共にENEOSのベルナル(コロンビア)とトーマス(イギリス)の二人がワン・ツーフィニッシュ!! パリはコロンビア人の歓声で包まれています。一昨日までマイヨジョーヌをキープしていたアラフィリップは総合5位。敢闘賞を受賞しました。熱い夏をありがとう!! お陰でビール肥りしました。  総合優勝・新人賞をW受賞したエガン・ベルナル(INEOS・コロンビア)は若干22歳の若手選手。グランツールの新しい時代の幕開けですね。4カ国語のスピーチにも感動しました。(小生が理解できたのは英語だけ・・汗)因みに、ポイント賞(マイヨベール)はペーター・サガン(ボーラ・スロバキア)、山岳賞はアメン・バルデ(アージェードゥゼール・フランス)、チーム総合優勝はモビスタが獲得しています。  心は“ブエルタ・ア・エスパーニャ 2019 ”へシフトです。 TS-900 ラインご出場  お待たせしました。“TS-900D + VFO-900S + PS-900” のTS-900ラインの整備が終了しました。当初、重篤状態を予想しましたが、基本動作に関しては接触不良の解消でほぼ修復できました。ダイヤル校正のマーカー不具合は、MARKERユニットの半田面劣化(ホール陥没・亀裂)による発振不良でした。全ホールの再半田にて症状が改善しました。 【ご依頼内容】 外部VFOダイヤル照明が点灯しなくなった 本体とキャリブレを取る際のCAL ONでビート音が聞こえない。 VFOファンクションSWの動作を示すRECが点灯しない。 VFO-900S側でMAINを選択すると、時間経過後送信出力低下、受信感度低下する。 上記について、作業を承りました。 【工数】  上記作業に工数2.0人日を要しました。(故障診断・調達・修理・調整・検証・報告書作成など) 【交換部品・使用ケミカル剤など】 ケルミット 錫60% 鉛40% フラックスフリー半田 中量(サービス) ナイラッチ(セット)×2 IC-736 入場+検査中  50MHzの送受が出来ないとのことでお預かりしました。単純なアンロックかと思いきや、Tcを回しても電圧が下がりません。これからバラして行きます。月曜午前中には診断結果が出ると思います。     追記:2019/07/29 13:50  ポンド漬け下のD1が故障している可能性が濃厚です。工数を考慮すると如何なもんでしょう・・・・。 追記:2019/07/30 9:21  昨日(2019/07…(Read More)

 こんにちは。梅雨空が続いている昼下がりの横浜地方です。今週末にも“梅雨明け?”との予報が出ていました。どうなることやら。連休明けの火曜日、今週もヨロシクです! TS-780 診断終了 Mark V Field ご出場 今後の修理予定について  こんな天気ですから特段のアクティビティなどありませんが、昨日は近所の子供達と草野球をやりました。小生は守備専用の援軍で、両軍の外野を一手に引き受けました。爆 しかも、公園場外を乱発され、ひ〜ひ〜は〜は〜の連続でした。しかも自転車で10kmほどポタリングして帰ってきた直後のことです。今朝は筋肉痛です。。。 久しぶりに自転車整備  愚息が16インチから20インチの変則付きスポーツバイクにアップグレードしたので、俄にチャリ熱が盛り上がってます。晴れたら鶴見川河口までの往復50kmにチャレンジさせようと思っています。毎年この時期になると前立腺が疼くのですが、今年は調子良いです。笑 そんなわけで、久しぶりに愛車をメンテナンスしました。メニューはパワートレーン系のデグリースとセラミックワックスによるコーティング、前後ディレーラーのアライメント、ワイヤー類のリテンションと潤滑処理です。最近は玄関外の軒下に設置したバイクラックに立て掛けた状態で放置しており雨風埃に晒されていました。自転車だけで5台あるため屋内保管は困難、屋根付きのバイク専用ガレージが欲しい今日この頃です。 昨今の自転車屋の技量を疑う!!  ところで納車したての愚息のバイクについてですが、二子玉のY’sさんで購入しました。Y’s(旧吉田自転車)といえばスポーツ自転車ディーラーの草分け的存在です。学生時代に乗っていたBS Roadman 以来、Cannondale “Road Warrior” 、Bianchi Camaleonte Ⅱ、Cannondale CAAD 10、Pinarello FP4、BD-1・・と、我が家はY’s漬けといっていいほど世話になっています。キッズバイクについては、後々の事を考えて地元の「COGGY」も購入先リストに上がっていました。キッズバイクの代名詞になりつつある“Louis Garneau”は「あさひ」が総代理店、店舗数が多いのでサイクリングや輪行先でも頼れるディーラーさんです。“GIANT”も港北や二子玉に直営店があるので候補に挙がりました。結局、自転車自体の評価から“MARIN”のキッズバイク(DONKY JR)をチョイス、取扱店の中で特に力を入れているY’sさんに回帰したというわけです。自転車自体は店頭に在庫があったので、契約から納車までは1週間掛かりませんでした。先週金曜日に大雨が降る中、二子玉のY’sに自転車を引き取りに行きました。諸々の手続きが終わって、店内から駐車場に移動する際にスタッフに運んでもらいましたが、その際、前輪からブレーキシューが擦る音が聞こえたので「フロントのシューが当たってません?」と尋ねると、「新品タイヤはヒゲがシューに当たるのでその音です」と言われました。明らかにシューがホイールに擦れる音なのですが・・。そもそもヒゲがシューに当たるようなら、シュー取り付け高さ調整がNGということなんですけど・・・。 (ガキの頃から分解・組立を何度も経験し、チェーンやクランクも自分で交換する技量くらいはあるぞ!!) まぁ、家に帰ってから調整するとして・・・。トランクに自転車を積む際、彼はディレーラー(変速機)を下にして入れようとしました。流石にそれには「ちょっと待て〜〜!!!」と叫んじゃいました。横積みする際にはディレーラーが上にくる向きにしなければダメです。下側にディレーラを敷いてしまうと、車体の自重で押しつぶされてしまいアライメントが狂ってしまいます。コレくらい自転車乗りの常識です。スタッフさんは何食わぬ顔で店内に戻って行きました。家についてからVブレーキを確認すると案の定でした。しかも左右のバランスが崩れていて「片押し状態」になっているではありませんかぁ。ブレーキレバーを引くと左側にタイヤが押されています!! 右側のシューが強く踏みつけている状態・・。“引きしろの調整しかやっていないってこと??” “キッズ自転車だからって舐めていないか!?” そして問題のディレーラー、トランクに載せた時になったのか調整し忘れたのかは不明ですが、インナーから一段ずつ落として行くと、ギヤが噛みあわない段がありました。シマノ製のコンポーネントなので不良品のハズがありません。リテンション(ワイヤーの先についている樹脂製ツマミを回す)してスムースに変速するようになりました。これでは通販で買っても同じです!! チューニングがキチンされていなければ、どんな高価バイクも形無し!。とても残念な気分になりました。しかし、楽しみを一つ提供してもらったと思えば納得?(なんだそりゃ・・笑)  Y’s さんには世話になってきたし、新たに就任されたCEOは面識もありますから辛口には書きたくないのですが、吉田自転車の頃を知る者としては触れざるを得ません。鳥居さんの改革に期待!! 店舗数減らしてでも質を上げて欲しいです。。。 TS-780 診断終わり  「430MHz不具合」以外の情報が全くない修理ご依頼でした。流石にコレだけでは情報が少なすぎ・・。汗 まず、全体のチェックから・・・。内外装ともにかなり痛んでいます。蓋を開けて唖然としたのは、SPケーブルとBUケーブルが外されたままになっていました。“まさか「430MHz 不具合」ってコレのこと?” この状態では確かに何にも聞こえませんけど・・・。埃混入が酷いのでハンディークリーナーで内部を掃除しました。パッと見で解ることは、ケミコン類の膨張です。どうやら一度も交換されていない様ですね〜〜。シャーシも所々腐食しているので、恐らく基板半田面もかなり劣化していると思われます。恐る恐る電源を入れてみると、FMでホワイトノイズが聞こえてきました。144MHz/430MHzともFM…(Read More)

 こんにちは。横浜はハッキリしないお天気が続いています。梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですね〜。これでは気分も晴れません。 Mark V Filed の作業進捗について 今後の修理予定について  週末はコレといったアクティビティもなく過ごしました。“6m and Down” コンテストでお空は賑わっていたようです。残念ながらモチベーションが上がらず終いでした。そう言えば、久しぶりに二子玉のY’sさんを訪れました。目的は愚息の自転車購入です。間もなく6歳の誕生日を迎える愚息が新しい自転車を強請っていました。実は今乗っているLOISU GARNEAU 16(変速無し)インチも、その前のSTRIDER も、従兄弟のお下がりでした。お向かいのご子息が20インチの変速ギア付きを買って貰ったらしく、「自分もギア付きに乗りたい!」のだそうです。こちとらツーリング仲間が増えるのは好都合(ニヤニヤ)。16インチ時代も片道20km程度は楽々走っていたので、ギア付きにアップグレードすれば、ヤビツ峠ぐらいは攻められるか?? 最近CBデビューしたので、寺家町ポタリング&QRVが増えるように仕向けようと思います。事前サーベイでは、GIANT、CANNONDALE、GIOSの中から選びたいと思っていましたが、フレームの軽さとジオメトリからMARINが愚息の体型にフィットするとのアドバイスを頂き、DONKY JR 20の2019モデルをチョイス。複数のカラーバリエーションから愚息はオレンジを選びました。11日に納車予定です。今まで乗っていたLOISU GARNEAUは3代に渡り乗り継いだので錆も出ています。こちらはY’sに引き取り(廃車)してもらうことになりました。あと、お古のSTRIDERもあるなぁ。どちらも大活躍してくれました。ありがとう!! そんな訳で今日は内容が薄めでありますが修理作業のステータスから確認して行こうと思います。 Mark V Filed の作業進捗について  ハイバンド側のパワーが落ち込んでいる個体です。取りあえず2SC2879は外しました。両側とも完全故障ではなく、ストレスにより増幅率が極端に低下していました。周囲のコンデンサを根こそぎ着脱して容量チェックを実施していますが、幾つか大きく値が外れていました。更にドライバ(プッシュプル)の2SC3133の出力波形が大きく歪んでいます。着脱したところ片側のhfeが異常に低下していました。これも交換が必要です。2SC3133はTO-220パッケージのRFトランジスタで2SC1969と同等の性能です。既に国内市場に在庫は無く、リプレイス可能な互換品もありません。何故なら、2SC1969は同じTO-220でありながらPIN配列がBCEになるため、2SC3133のBECと異なります。2SC3133は中国の業者がライセンス生産品を扱っているようですが、これらは信憑性に問題ありです。米国の業者がストックしているデバイスを引っ張ることにしました。UPSセーバー指定で発注していますので数日で届くと思います。米国の業者については発注後にキャンセルが入りました。在庫切れだそうです。急遽英国のディーラーに切り替えました。2SC3133もP/P…(Read More)

 こんにちは。横浜は雲が多めですが日中は晴れの予報です。関東・甲信越の梅雨入りはまだ先でしょうか。今朝もグングン気温上昇中です。6月第一週のスタートであります。 IC-729 作業終了 TS-790S(その1)作業終了 TS-790S(その2)調達中 今後の修理予定について  “花桃の丘”はこの週末もレギュラーのお二方が朝5時から頑張っておられました。日曜日に少しだけお邪魔して11mにQRV、6エリアを中心に数局交信させて頂きました。小生も最近は“フリラ”中心です。汗 専らアマチュア無線の移動運用はキャンピングが中心になってきました。それにしてもサイエンテックス社のSR-01は凄い人気ですね。500mW 8chのCB機で138,000円というお値段には賛否両論あるようですけれど、マーケットが存在しないような状況下で、よく頑張っていると思います。生活家電ならともかく趣味の無線機ですから、この値段はむしろ安いと思います。確かにIC-7300が買える価格ですが、国内規格の27MHz帯市民無線なんてマーケティング的には需要ゼロ(カウント不可能という意味)に等しい世界です。既に大手メーカーは撤退している訳ですから。そんな状況下コレだけの製品を造っておられるサイエンテックス社は立派です。何故そこまで褒めるかというと、本当にSR-01の性能が素晴らしいと思うから・・・。送信については500mWに内蔵アンテナ2m以内と制限があるので性能差は微々たるものでしょう。(変調は深めで好印象) 一方の受信性能についてはコストに縛られない設計の自由度がある分、色々と挑戦できる? AGCも2段に掛かっているような聞こえ方です。大手メーカー製のCB機の一部にもその様な受信構成を採用するモデルがありますが非常にレアで、他の機能ががチープだったりします。RITも固定周波数で何故必要?と仰る方がいますが、水晶劣化でfズレを起こしている旧式リグが多い現状を踏まえるなら、歓迎されるべき機能です。耳が一番大事ですからねェ。因みにSR-01とICB-R5・ICB-87Rの受信性能を実際に比較すると、SR-01でメリット5となる信号が後者二台ではメリット3〜4となるケースが多いですね。これらソニーの二台も受信感度は優秀な部類に入るのですが・・。Twitterでも多くのCBerがSR-01をメイン機として使っている様子が覗えます。小生もコレクションのアマ機10台程度をオークションに出し、ICB-87R辺りを手放せば買えるかな〜〜〜。欲しいと思っても常時受注しているわけではないみたい・・。 ダメダメっ!!、断捨離するんだから。(爆) この時期のサイクリングは最高!!  そんなコトを思いつつ “花桃の丘” から帰宅。間髪入れずに愚息が「最近、自転車乗ってないじゃん! 行こうよ〜〜〜〜!」と来ました。久しぶりに寺家町の「ふるさと村」まで軽くポタリングすることに。寺家町周辺は田んぼだらけ、このシーズンなら間違いなく水をはってます。ICB-87Rをリュックに入れて出発しました。去年の6月に寺家町へ行った際にもQRVしたのですが、KX3にWonder Loopの組み合わせで21MHzにQRV、SSB/CWで沖縄を含む6エリア、8エリアと繫がっています。これは期待できそう・・・。おいおいサイクリングが目的じゃないの? 寺家まで片道30分、田んぼのあぜ道に沿う水路に掛かる橋の手すりにリグを平置きして11mに開局! 聞こえる聞こえる・・。ノイズレベルは花桃と変わりません。まだEsが弾けていました。熊本県内の移動局のCQをキャッチ、既にパイルになっていましたが、運良く2番目に拾って貰いました。RS 55…(Read More)

 お昼です。今朝の横浜は少々冷え込みました。6時に家を出てロードバイクで一汗かいてきましたが、この時の気温は4度。グローブ無しはキツかったです。日中は15度前後まで上がりそうですョ。 IC-750ご出場 TS-830Vご出場  今朝のコースは新居と旧居の往復10km弱です。アップダウンがあるので登坂標高差は200m程度、やはり朝の運動は気持ちイイです。最近は倅とポタリングモードで走る事が多く、クリートペダルにスニーカーという適当モードが殆どで、久しぶりにサイクル・シューズで走ったためか信号待ちで「タチゴケ」しそうになりました。汗 クリートとは「金具」のことです。スキー板のビンディングみたいなものでして、これでシューズの裏とペダルを固定します。自転車を停止させる寸前で靴を捻って金具から外すのですが、時々装着していることを忘れてしまいます。笑 「ロードバイク乗りとしては、かなり恥ずかしいシーン・・」     小川理子 さんが 銀座スイングに出演します!  宣伝です。友人でパナソニックの役員・JAZZピアニストでもある小川理子さんが4月28日に銀座スイングにご出演されるとのことです。小生のブログでも何度か彼女の話題を書いていますが、テクニクス復活の仕掛け人でもあり、大阪万博の招致委員も務めら、とても多忙な毎日を送っています。昨日久しぶりご本人から「メール」を貰いました。一緒にステージに立ったのは、5年前の同窓会(連合三田会)が最後かな? あっ、札幌のパシフィック・ミュージック・フェスティバルにも一緒に出演しました。懐かしい写真(1999年・2014年)と動画(2009年)も添えておきます。世良譲(p)さんとの写真ですが、1999年にホテル日航東京のマグレブで世良譲+小川理子のピアノデュオを演った時のスナップです。まだ世良さんもお元気でした。来月28日は何とか都合をつけて銀座に行こうかと・・・。       さぁ〜て、仕事のレポが天こ盛りです!! IC-750A ご出場!!  こちらは前号まででお伝えしている通りです。「7MHzで送受信できない」「メインダイヤルのガタツキ」「送信出力低下」とのことでした。  7.9999MHz以下を受け持つHPLのロワー側でアンロックが発生していました。VCOフィルタのTc調整になります。ココは経年劣化で離調指定舞う場所です。規程値6.5Vのところ5V以下でした。Tcの摺板が緩んでいます。再び症状が出るようなら部品交換を要しますが指定部品の入手は困難です。その場合、代替部品を使用しますが、基板に穴開けなどの改造を要します。取りあえず、今は落ち着いています。  VFOメインダイヤルがガタついていました。エンコーダーをシャーシに固定するナットの緩みが原因です。取り付け位置もズレていたので一旦エンコーダーを着脱した上で締め直しました。  出力低下とのことでした。確かに全バンドとも100Wに満たない状態(概ね80W程度)です。送信IF、ALCの調整で定格出力が得られるように調整しています。28MHzの増力改造は行っていません。 【ご依頼内容】 エンコーダユニットの取り付け位置修正 PLL/VCO 精密調整 送信出力低下  以上について修理を承りました。 【工数】  上記の作業に2.0人日を要しました。(故障箇所診断・調達・交換・調整・検証・報告書作成などを含む) 【交換部品・使用ケミカル剤など】 ナシ TS-830V(100w改)オーバーホール終了!  こちらは、かなり大掛かりな作業となりました。用件事にまとめると・・・。 周波数飛び 突如周波数が数百Hz上下する。  ご指摘の症状について丸3日テストしましたが、事象の発生に至っておりません。PLLユニットのリファレンスOSCに電源を供給するAFAVRユニットから出ている9Vライン上のケミコン劣化やPCBのアース不良で起こる場合がございます。事象発生時にSメーターが振れるとのことですので、低電圧DCが電圧低下している可能性を疑います。(電圧低下=>AGC誤動作)AF AVRの9V低電圧回路のアルミ電解コンデンサ(470μF…(Read More)

 おはようございます。昨夜から降り続いた雨は上がりました。11時現在天気は回復傾向にあります。土日は久しぶりにロードで近隣10kmを走りました。  久しぶりに自由な時間ができましたので、自転車・無線・鉄道模型と、趣味のアップデートをねじ込んだ次第です。 (自転車)  ロードバイク(ピナレロ FPクアトロ 2012)の整備を実施、暫く自宅裏の軒下に放置されていました。汗 チェーンに附着した古いグリースを除去して新たにグリースを塗布。ブレーキシュー、ディレーラー、レバー周りの修正を行いました。無線機も一緒ですが、整備した直後は使ってみたくなるのが心情です。ジーンズにスニーカーのまま愛車に跨がって近隣の山坂を軽く流した次第です。今年もチャリシーズンの到来ですね。  “軒下に放置”と書きましたが、新居の中に自転車を入れようとすると愚妻から叱られます。「雨風の凌げる場所なら屋外でも別にいいや!」と思ったのですが、普段目に付かない場所に置いてしまうと存在自体を忘れがちです。それでは本末転倒・・・。玄関上の屋根は出っ張りが短いので雨を凌げません。立て掛け式のサイクル・ラックも検討しましたが、安価で便利なモノを見付けました。自転車を直立可能な写真の様なベースです。Amazonプライムで翌日に届きました。ロード・マウンテン・ミニベロ・ビーチクルーザーなど、電動アシスト自転車を除き何でもOK。これならラボ(室内)に置けそう・・。 (無線)  久しぶりにアマチュア無線環境の整備を検討中です。デルタループの移設も完了しました。週末には21MHzでVKが59+で入感、JA向けにグループでサービスしてました。こちらは現在、固定局免許の移設申請中ですので、運用可能な50W移動局でQRV、先方の設備に助けられ交信成立です。相変わらずデルタループは良く飛びます。今朝は瞬間最大風速20mを超えていますが、使い回しのグラス竿は未だ折れる気配すら有りません。全周17m(6m+5m+6m)の長さですので、10MHz以上はそこそこゲインがあります。7MHzも国内程度なら十分使えますが、3.5MHzは受信線用でしょうか。23mクラスにアップグレードしたいところですが、適当な竿もありませんし、何より耐久性が著しく低下します。自然空間に展張するサイズとしては17m(垂直)が限界でしょうね〜。「それなら電気長だけでも稼ごう」というころで、G5RVのようにラダーケーブルでデルタループのエレメントを延長したらどうか・・なんて事を大分前から考えていました。少なくともATUの負荷は下がるはずです。部材も揃ったので、次の休みにでもトライしようと思います。 (鉄道模型)  こちらも旧宅からの移設が無事に完了しています。前々から約束していた増設工事の件ですが、3.5畳という中途半端なスペースをどの様に活かすかが課題となっていました。「転車台増設」が最大の課題です。以前描いた増設案は当然ながら却下となりました。新たに、600mm×900mm、100m×1500mmを変則的に拡張するレイアウトを作ってみました。 仕事モード!!  趣味三昧の週末が終わり、仕事モードに入っています。重整備よなりそうなTS-820V(改)にIC-750がラボ入りしています。今週はTHPリニアなどもクレジットされていますョ。  TS-830Vについては、水晶の他、基板半田クラックが進行しているようです。どの程度の作業ボリュームにナルか本日中にオーナー様にフィードバックの予定です。 TS-830V 第1ライン IC-750 第2ライン FT-100(その1) WL-276D(その1) WL-276D(その2) HL-726D その他の無線機など  今週も宜しくお願いしま〜す。m(_ _)m   余談ですが、ラボ内では433.000MHzとD-STAR(横浜青葉430)を常時ワッチしてます。 &nbsp…(Read More)

 おはようございます。未明から明け方に掛けて、目が覚めるほどの轟音を伴いながらの雨嵐でありました。台風20号は日本海に抜けましたが、関東地方を線状降雨帯が包み込み横浜にも帯が掛かっていた様です。  丸一週間お休みを頂き、前半は家でまったり、後半はリウマチ治療を兼ねて修善寺へ旅行してきました。会社が保養所契約しているラフォーレ修善寺リゾートに二泊し、小生はアマチュア無線・温泉三昧、子供達は自転車や卓球など充実の時を過ごすハズでした。(・・・??)   またもや「食い気」が大暴走してしまい、初日から食い道楽のオンパレードでありました。蕎麦の名店「禅風亭なゝ番」に始まり、韮山の「源氏」でうな重(1.5匹)等々・・・。  因みに修善寺といえば、自転車乗りのメッカであります。競輪の養成所に隣接するサイクルスポーツセンターはちょっとした遊園地でして、自転車を使った様々なアトラクションが体験できます。因みに前回ココを訪れたのは約半世紀前でした。(苦笑) 5kmコースは自動車メーカーのイベントのためクローズ、倅はファミリーコースにMTBで挑戦。ここで問題発生・・・。転倒して上顎を縁石にぶつけ前歯が奥に入ってしまうというアクシデントに見舞われました。伊豆長岡の歯医者さんをご紹介頂き、予約の合間に診察治療を受けることができましたが、中日は完全に予定が狂ってしまいました。(汗) 伊豆長岡・池田歯科の池田院長先生、本当にありがとうございました。  初日に立ち寄った「虹の郷」は大人も楽しめる庭園形テーマパーク。世界最狭軌 381 mm (15インチ)ゲージのロムニー鉄道は遊具ではなく“本物の鉄道”です。 FT-817 + Whizz Loop で宿内からQRV  以前ご紹介した英国のオモシロANT「Whizz Loop」を使って、QRP運用にも挑戦してみましたョ。平日ということもあり、何処のバンドもスカスカです。辛うじて18MHzと50MHzで信号を確認しました。ロケーション的には山の頂上付近で、ゴルフ場のコースが目の前に広がる場所です。無線には好都合のハズ。コンディションが悪かったみたいです。クルマに積んでいるFT-857 + ATAS-120でも結果は一緒でした。驚いたのは、Whizz Loopの場合、室内・ベランダとも受信信号強度に差が無いことです。試しにHF用のテレスコANTに切替てみましたが、室内では全く聞こえません。また、屋外でもWhizz Loopほど感度があがりません。やはりマグネティックループの威力でしょうか。18MHzで三重の局、50MHzでは静岡県内(富士市・函南町)の局とQSOさせて頂きました。出力は何れも0.5W程度です。6mに関してはバッテリーの都合上、最低出力に絞って運用しましたが、50Wの相手局57に対して、自局51のリポートを頂いたので十分満足できる結果かと思います。7K1BIBさんからは、札幌にて「1階室内、隣の家が近い窓際、10wで、3・4・6エリアも楽勝だった」とのインプレッションが届いております。Whizz Loopはお奨めできるQRPアイテムです! 当局のバッテリー切れによりファイナル途中で尻切れとなってしまったJS2EEF 局、内容は全てQSLですのでカードをお送りします!!  そんなわけで紆余曲折ありましたが、アッという間の二泊三日が過ぎました。 FT-1021Xのフィニッシングに向け  長期対応中のFT-1021Xでありますが、休み前にお伝えした状態から特に変わりはなく、今朝の時点で安定して動作しておりました。VCO内のインダクタ(4.7µH)を小突くとノイズが増減するので、ここだけ交換しておこうと思います。問題無ければ、週明けにC/Oできそうです。  今日は休暇中に溜まった「お問い合わせ」「修理ご依頼」のお返事に一日掛かりそうです。明日は午前中より「ハムフェア会場」に居ります。多くの皆さんにお目に掛かれることを楽しみにしています。(^_^)v…(Read More)

 おはようございます。先程までピーカンだったのに「一天俄にかき曇り」、そんな“丘の横浜”です。西の方は大変なコトになっています。記録的な大雨とのことですが、やはり気候がおかしなことになっていますよね〜〜。被災されたかには心よりお見舞い申し上げます。  土曜日は自転車で鶴見川土手〜15号線〜多摩川土手〜246号線、総距離50kmを走破。途中、足が痙り、多摩川土手は苦痛を我慢しながらの走行でした。一度痙るとそこを庇うためにフォームが崩れます。そうなると、反対側の足も必ず痙るんです。水分+塩分+芍薬甘草で騙し騙し246の連続勾配をクリアしました。シャワーを浴びて午後からはラボワーク。  そして昨日(日曜)は、早朝より拙宅アンテナの修理・・。先週後半に突風でデルタループがやられました。幸いにも竿部分のダメージはなく、エレメントの巻き直しだけで修復完了。このデルタループ、構築から4年が経過しましたが、未だ竿を交換していません。2年前に先端部分が折れましたが、“添え木”して使っています。久し振りに固定で14MHz、18MHz、21MHzを聴きましたが、週末はそこそこ聞こえていましたね。こちらの作業は30分で終了!! 数千円のコストですで、そこそこ飛ぶアンテナです。ウチはこれで十分です。  午後はクルマの車検・修理の相談にディーラーへ・・・。何度もこのブログで書いている「エンジン警告灯」が再び点灯したため、プレ車検も兼ねて診断してもらうことにしました。因みに8月末で車検が切れます。既に5回目です。ということは、初年度登録11年めとなります。現在走行距離65000km、できることなら20万キロを目指したいと思っていました。2007年式の335i ツーリング Mスポ(E91)であります。プレ車検の結果は散々たるもの・・・。N54(エンジン形式)にお乗りの方ならご存知かと思いますが、このエンジンは色んな持病を抱えております。コンピューターのログから、No.1シリンダのミスファイヤが原因と判ってはいるのですが、イグニッションコイルを入れ替えてクロスチェックしても症状は治まりません。しかも“気分屋”で、勝手に直ったかと思えば半年後に再発したり・・・。そんな状況をここ数年繰り返しておりました。致命傷となる高圧ポンプの交換を視野に入れ、この先5年乗ることを前提とした整備見積を作成してもらったところナント60万円超えです。車検費用や2分目に差し掛かるタイヤ交換(ランフラ4本で25万円)を考慮すると90万円に届きます。担当のエンジニアさんとは、それこそ10年越しの付き合いです、小生の「クルマ愛」はよくよくご理解頂いております。ディーラーが営業的に買い換えを即すタイミングはとっくに過ぎているし、オーナーたる小生がどう腹を括るかに掛かってうるわけです。  断腸の思いでありますが、長きに渡った335iとの二人三脚を終了させる決断を致しました。サスのへたりも無くエンジンの吹き上がりも快調(警告を無視すればw)。20歳若ければ、自分でエンジンに手を入れながら維持することも可能だったかもしれません。一番は家族の不安です。 急なことで、かつ車検も押し迫っており、以前から気になっていた540iツーリングを注文すると納車に3ヶ月以上を要するとのこと、生産台数が少ないらしく・・・。下取りしたての535i Mスポーツ(F10)が店の奥にありました。走行距離30,000km弱で4年落ちですが、状態が頗る良く、これから認定中古車として整備するところだとのことでした。営業マンのセールストークにはダマされませんが、担当エンジニアの推薦もあり、しかも愛車335iを65万で引き取ってくれるとの温情もプラスされ即決。取りあえず、F10/535iを愉しもうと思います。新車に買い替えるかどうかは、F10に載ってみて考えます。ディーラーに買取価格は確約させたので・・・。笑 そしてプレ車検を受けて出てきた335iは洗車されピカピカでした。コイツ見てしまうと、、、、、。やっぱり寂しい。 HL-130u 修理完了!  そんなこんなで、てんこ盛りの週末でありましたが、ラボワークで積み残しの仕事を処理中であります。まずは東ハイ3兄弟の三番目HL-130uであります。こちらは診断通り、プリアンプのGaAsFETの故障です。オリジナルはMGF1202が装着されているハズですが、本個体には2Sk571(多分)が着いていました。少なくとも一度は修理されている感じです。2SK571は発振しやすため、調整がややクリティカルです。前回記しましたが、ドレイン側コイルに並列についていた100Ωは恐らく発振対策用でしょう。そんなわけで、100Ωはそのままにして、石だけを付け替えました。ゲート側のTc2を調整しても思うようにゲインが上がりません。トリマーを回して行くと、所々でノイズが上がります。間違いなく発振しています。オシロを当ててみると、220MHz付近で綺麗なサイン波が出ています。(w)430の半分の周波数なので頷けます。Tc1を調整したところ発振が治まって、目的周波数のゲインが上がり始めました。プリを入れると、FT-817のSメーター読みで3ドットから4ドット程度上昇することを確認。ノンプリでS/Nが悪化する(Sメーター反応ナシ)感度から、プリONでS3程度まで上昇します。即ちプリアンプは正常に動いています。その他については軽くチェックしました。送信は元気過ぎですね!! 笑 【ご依頼内容】 受信プリ動作せず 上記について、修理・作業を承りました。 【工数】 これらの作業に、2.0人日を要しました。(診断・調達・交換を含む) 【交換部品】 2SK571(MGF1202の代替として) FT-102の重整備にどっぷり・・・  お伝えしている通り、FT-102の長期対応に突入しております。早速、壁にぶち当たっております・・・。受信感度が時間経過と共に変化する件について、どうもRFユニットの基板劣化、リレー落下が濃厚です。筐体をバラしてRFユニットを取り出しました。先ずは、半田クラックや見えない陥没箇所を探っているところです。規程部品のリレーFBR211A(12v/24v…(Read More)

 おはようございます。本格的に梅雨入りした横浜地方であります。大型の台風5号が太平洋沖を北東に移動中、昼から夕方に掛け関東に最接近するとのことです。当地も明け方から雨音が激しくなりました。これから更に強まる予報であります。  土曜日は大山のヤビツ峠登坂を予定していましたが、夕方から天気が崩れそうな予報だったため、南多摩尾根幹線道路(通称:尾根幹線)へ行き先を変更。行き先と言っても、コースをグルッと回って帰ってくるだけです。近くのプールで50M×6(3往復)を泳いだあと午前11時過ぎに当地を出発、百合ヶ丘付近から世田谷通りに入って登戸へ。府中街道を経由し尾根幹線に入り、多摩丘陵の尾根を走りきって町田・柿生を経由して地元に戻る約35kmのコースです。途中、寺家町の鰻寮で昼食休憩をとりつつ、最後はいつもの鶴見川サイトを下るポタリングルートでした。小生独りなら2時間弱のコースですが、16インチ・チャリの愚息も一緒なので通常の3倍掛かったかも・・。平均斜度8%が2km連続する勾配を無休息で上がる脚力は身につけたようです。来年にはツールド東北の60kmコースにエントリーできるか?。年の差50歳の親子なので体力差が入れ替わるのは時間の問題です。(汗)寺家の田んぼはオタマジャクシが沢山泳いでいました。多摩丘陵にはまだまだ自然が残っています。  で、しっかりQRPパック(ミニマイズ)をリュックに仕込んで行きました。KX3に予備のNiMH8本、直付けループ用のリード線6mにカウンターポイズ用リード線の組み合わせです。重量は1Kg弱・・。寺家町の田んぼの前でテストQSOをやるつもりでしたが、マイクを忘れてしまい・・・。恐らく自転車ツーリングで背負える重量はこれが限界だと思います。他の荷物を合わせるとMax2Kgってところでしょう。来週末晴れたら再チャレンジしまーす。 HAMWORLD 誌 2018年7月号に RRS-Piの記事  ハムワールドさんにRRS-Piの記事が載りました。初心者目線で解りやすい内容ですね。特にスマホにフォーカスした記事になっているところはFBです。RRS-Piを使っているユーザーさんの多くはスマホを活用されていると聞きます。スマホ画面はHTML5で書いているため、VoIPを通すことができません。その為IPXが使えるヘルパーアプリ(Zoiper)が必要です。iOS11になってから、iPad・iPad miniのApp StoreからiPhone用アプリが検索できなくなりました。正確にはフィルタ設定でiPad・iPad mini専用アプリに絞り込まれる設定にされているだけで、iPhoneアプリをフィルタで選択すればZoiperが見つかります。こちらに纏めていますのでご覧下さい。   2016年9月、RRS-Piプロトタイプ開発当時の動画です。 今後の修理予定について  金曜日に追記でフォローしたTS-790がチェックアウトしました。詳細は前号(2018/06/08)でご確認ください。今週以降、作業が予定されているのは以下の修理品です。現在、第1ライン(大型機)は予定予約時期よりも1週間早めで進行中です。第2ライン(小型機専用)については、予約無しで受付可能です。それでもラインが足りません。お盆前後は例年パニック状態になるため、6月〜7月の対応で勝敗が決まります。(何の勝ち負けだ??ww) FT-1000MP 第1ライン FT-847 第2ライン C520 第2ライン FT-100…(Read More)

 おはようございます。三連休明けの火曜日であります。今朝も零下を記録した快晴の南関東です。今週も変則投稿になりますことお許し下さい。また、今週末も伊豆下田へ移動となりますため、来週も火曜日が“週明け号”発刊日となりますことご理解ください。今回はイン・アウトとも充実した週末を過ごさせて頂きました。  土曜日は雨の予報だったのでインドア・アクティビティを優先、グリーマックスのキットを組んだり、壊れたTS-930を突貫修理したりで一日が終わりました。修理関係の話題に繫がるネタですので、後者について触れたいと思います。 連休初日(午前):個人所有機の修理  【2018/02/09】号で触れた通り、拙宅のTS-930が突然ダウンした件です。やはりオリジナルの回路とは電源部が異なりました。整流ユニット自体のナンバーは一緒でしたが、中身がかなり異なります。この辺りの詳細については基板のレイアウトが異なる点のみサービスマニュアルに記載がありましたが、肝心の回路図についてはオリジナルのものしか添付されていません。仕方ないのでバラして確認することにしました。オリジナルでは28Vラインから12V系、5V系が抵抗分圧されています。1/2Wの抵抗が使用され冷却ファンユニットに装着され強制空冷される仕組みです。12V系については個体全体で相当量の電流消費となるため、発熱量もかなりのものになっていた思われます。後期バージョンでは、トランスのタップから直接半波整流されたDCを受け、トランジスタ2石の定電圧回路を経て12V系を出力、更に5V系を分圧していることが判りました。リア・ヒートシンクに直付けされたパワートランジスタにバイアスを供給しているスイッチング・トランジスタ(2SC2235)が壊れていました。Vcbo/Vceo共に120VでPc=900mWの石です。同じ石はシャックには無いので、適当なものを漁ってみると2SC2655(Vcbo/Vceo=50V、Pc=900mW)で代用できそうです。ここはDC30V以下ですから定格内です。 周辺のケミコンをチェックすると小容量のパスコン一個が完全にパンクしていました。デジタルユニット側の異臭もケミコンパンクによるものでした。この際に、周辺ケミコンを10個程度交換し作業完了、JG1BVX所有のTS-930は完全にカンバックです。 連休初日(午後):GMエコノミーキットを組んでみた!!  次は鉄ネタであります。準備中のスハフ43、マニ35に加え、東急デハ3700(4両)を一気に組みあげました。前者についてはGM鉄道カラー「ぶどう色2号」が入手困難につき、やむなく筆塗りで車体塗装にチャレンジしました。塗り面を事前に洗浄し、うすめ液で適度に希釈しておけば、そんなに難易度の高い作業ではないのですが、やはり面倒ですね〜〜〜。スプレー缶で数秒の作業が、筆塗りだと(重ね塗り等を含める)と正味一時間は余計に掛かります。仕上がりも段違いです。瓶入りの塗料も希釈してからエアガンで吹き付ければ良いだけの話ですね。勉強になりました。後者はスプレー缶でボディ・屋根・下回り全てを仕上げました。Hゴム部への色刺しにも挑戦してみました。走らせて遊ぶことが主目的なので、多少の粗さはご勘弁ください。(笑)いやいや、エコノミーキットって結構楽しいかも知れません。“旧型国電もいっちゃおうかな〜〜” 完成品のネタになりますが、KATO飯田線シリーズの32系、42系、51系の各シリーズも、いよいよコンプリートに大手が掛かりました。やはり旧型国電はイイっす!! クモハユニ64は茶色塗装時代・晩年のスカ色時代の両方が製品化されており、スカ色の晩年を再現したモデルを入手しました。よく見ると、正面の運転席側窓が両モデルで造り分けられているんですね。(スカ色時代モデルはHゴム化後を再現)この拘りは凄いです。因みにクハ68400に関して細かなディティールに拘って造り分けされてます。キットでも造り分けはありませんし量産製品でここまで拘っているのはスゴイ!。“底なし沼に填まってしまいまそう・・・” 連休最終日:チャリンコ活動  昨日は10kmほど軽くポタリングしてきました。先日下の倅が16インチ車のお下がりを頂きました。12インチからグレードアップと言うことで、16インチ初ライドにチャレンジです。いつもの寺家町方面ではなく、横浜・川崎の境界付近にある美味しいパン屋さんを目指して、散歩がてら出発しました。当地周辺はパン激戦区で、遠方からにこられるかたが居られるほどの有名店が幾つか競り合ってます。中でも“Prologue”は我が家の御用達!。石坂浩二さんや紺野美佐子さんもご愛用のお店であります。お店のテラスで美味しいサンドイッチとコーヒーを頂いて一休み。復路は連続上り勾配が続きますが、“12インチ時代に上り切っているので問題ないだろう”と思いきや、風が吹き始めたとたん急激に気温が低下、倅がブルブル震えながら泣き出しました。こりゃ〜いかん・・・・。娘に電話してクルマで迎えにきてもらいました。10km…(Read More)