投稿 Currently viewing the tag: "CG-3000"

 一日遅れの「週明け号」です。昨日は午前中交通が麻痺状態、経理も出社できない状態で、急遽小生もヘルプに回りました。台風は辛うじて進路を東よりに進みましたが、記録的な風速を記録し近隣の街路樹が倒れるなど、凄まじい状況でした。汗汗 アンテナ降ろしておいて助かりました。 FT-401D 進捗 LS-102L 診断終了 今後の修理予定について  台風一過の拙宅シャックで予定通りアンテナ群の再構築を実施しました。デルタループは天辺部分を地上高15mから19mに嵩上げ、実効長も17mから27mにサイズアップしました。但し輻射エレメント(逆三角形)部分の長さは従来通り17mです。「どういう意味?」と思いますよね。デルタループの給電部に全長5mの梯子フィーダーを挿入し、往復10m分の電気長を稼いだということです。フィーダー部は平衡線なのでRFを打ち消すため輻射しません。輻射可能面積は一緒ですが、実効長を増やすことでATUの負荷を減らすことが目的でした。以前は巨大なローディング・コイルをコールド側にぶら下げていましたが、強風時に竿を傷めてしまったり、変なところに共振点が出てしまいATUが誤動作してしまうことがありました。梯子フィーダーによる実効長延長なら、共振することもなく安全です。実はG5RVを参考にしました。ついでにマストも単管パイプ(3m+1m)に変更しました。大空に聳え立つ巨大な“杓文字”を近隣の方々は冷ややかな目で眺めておられます。汗  6mもスモールループからHB9CVに交換しました。東京ビーコンがS6からS9に上がってます。更にABL+1200MHz用のディスコーンと430MHzの10エレシングルも嵩上げ完了です。 サイズアップしたデルタループの効果測定  ローバンドが明らかにゲインアップしています。地上高嵩上げ効果も当然ありますが、ATUの動作点が変わったことで効率改善したことと、インピーダンスが下がったことで電流腹の発生点が天辺に移動した様です。今まで3.5MHzや7MHzでは指向性はほぼありませんでしたが、今回の改良後は7MHzは水辺輻射が増して明らかに指向性が出ています。また3.5MHzでも僅かながら指向性が出ていることを確認しました。アンテナ構築を手伝って頂いたJI1AME、管野OMに、シャックから直線2km先の“花桃の丘”で各バンドの輻射効率実験にお付き合い頂きましたが、全バンドとも良好な結果が得られました。特に7MHzでは5W送信時、FT-817+テレスコピックの組み合わせにもかかわらず、S8のレポートを頂いたほか、各バンドでも概ねS9〜+以上の良好なデータが得られたことには驚きです。夕刻の7MHzで8エリア各局が+20dBで入感していたほか、ローカルDXのアジア方面のラグチューがS9で聞こえていました。ここ数年お目に掛かれなかった光景(事象)であります。因みに14MHz以上の各バンドも良好に動作しますが、電気長27mが波長の偶数倍に近い24MHzはSWRが2.0付近から下がりません。無線機側の内蔵チューナー併用が必須となります。それでも輻射効率は良いようで、5W送信時にS9++となった他、アンテナを左右に10度振ったらS5まで下がったとのこと。かなり鋭い指向性が出ていました。ハイバンド(1λ以上)になるにつれゲイン・指向性共に上がって行くみたいです。 コモンモード対策  強制バランスさせると必ず問題になるのがコモンモード対策です。元々コモンモードフィルターを5箇所30ポール挿入したほか、ルーフタワー周辺の同軸に径200個のクランプコアを取り得付けました。この10年で500個のクランプコアを取り付けましたが、紫外線によるケース劣化が顕著です。屋外だと3〜4年が交換の目安です。  使用した梯子フィーダーは450Ωで、メートル単価200円の英国製です。eBay等で10m巻で売られています。“ladder feeder” で検索するとヒットします。梯子フィーダーによる給電に対応すべくATU…(Read More)

 おはようございます。台風一過の横浜は青空が広がっています。拙宅は午前1時過ぎに停電しました。屋根上の痙る竿デルタループはラジオ体操状態でしたが、5分で修復完了です。この釣り竿4年目なんだけど、まだまだ使えます。(笑)   当地に住み始めて以来の暴風雨で正に“眠れぬ夜”でありました。玄関先に止めている愚妻の電動自転車が歩道を越えて街路樹脇の車道縁石まで飛ばされていたのには驚きました。過去にこれほどの強風は吹いたことがありません。今度こそダメだろうと思っていた「釣り竿デルタループ」の強さには本当に驚かされます。 粗末な釣り竿は壊れずに、V/Uのアンテナを乗せている補助マストの方が傾きました。(コレは始めての経験)風が収まってから直します。使っていないから撤去しようかな?? 430の10エレも使っていないし、6mはデルタループに乗るので撤去しようか・・・。GPで十分。(というかやる気無し)それにしても、CG-3000もよく動いていますね〜〜。数年前にリレーが焼けまくった際にパナソニック製に交換して以来快調に動作しています。ネットだとかなり酷評されていますが、粗悪なリレーさえ変えれば「魔法の箱」の面目は保たれます。当ブログの過去記事に載せていますのでご参照ください。大量にストックしているので少量であれば頒布可能です。 https://jg1bvx.com/archives/18556 FT-1021 故障箇所診断に着手  送信NGで入場中の個体です。送信中に序序にパワーダウンしたとのことでした。本機のドライバによくある症状なので、取りあえずPAユニットをバラしましたが、装着状態でテスタを充てたところ特に異常は無い模様。ファイナル・プリドライバも同様です。ダイオード特性が出ていても壊れていることはあるので最終的には端子開放して確認するしかありません。RF出力も確認してません。今日中に故障箇所特定に努めたいと思います。 追記:2018/10/01 14:42  ファイナルの故障と断定しました。PSユニットのDC12V、DC30Vがそれぞれ最大値近くに設定されていました。意図は不明ですが、他の箇所が壊れていないことを祈ります。  台風24号通過の影響で、ヤマト運輸の集配業務に影響が出ています。また、弊社の倉庫がある鉄町が停電中で電動式のゲートが開閉できません。作業着手順については追記で対応します。悪しからずご了承下さい。 追記:2018/10/01 11:48  停電復旧が午後になりそうなので、ヤマトさんにお願いしてラボに直接届けて貰いました。他に先週移動させた箱が10個あり、これ以上はラボには入りません。残りは倉庫に入れてもらいます。 FT-1021  FT-101ES FT-1000MP Mark V IC-R100 IC-R100 アスタティック・シルバーイーグル その他の無線機など  今週も宜しくお願いします!! &nbsp…(Read More)

 おはようございます。いよいよオリンピックも終盤モードです。メダルラッシュとなった”Rio 2016″、団体男子でも銀ゲットです。そして、深夜にはバドミントン女子ダブルス(高橋/松友)が金メダルです。レスリングは言うに及びませんね。今回は凄すぎる!!!  嘱託先の映像制作ヘルプ・・・、こちらも終盤を迎えています。先日MA編集を終えたのですが、映像に気になる箇所が幾つかあり再びVV編集作業をやることになりました。今日は午後からスタジオ入りです。そして、急拵え(旅先)で制作したHAM STAR のチラシ原稿も何とか入稿・印刷に間に合いました。 CQ Ham Radio 9月号が届いた  そんな訳でバタバタのお盆進行でありますが、拙宅ポストにCQ出版さんから何やら届いています。すっかり忘れていました。先月末入稿した記事が掲載されているCQ誌です。ブログで何度か書いた拙宅のデルタ・ループに関する制作体験記です。校閲さんが手直ししているのでしょう、小生の徒然文章がキレイに纏まっています。汗 記事中に「二子玉日記に記載」などと書いているので、こちらに過去記事の「まとめリンク」を記しておきます。CG-3000については書き切れなかったので、こちらもご参照ください。 https://jg1bvx.com/archives/21122 https://jg1bvx.com/archives/21274 https://jg1bvx.com/archives/17919 https://jg1bvx.com/archives/18556   &nbsp…(Read More)

T88CL 21.250MHz 59+

by

 国会の集中審議が連日行われており、今朝も某国営放送が国会中継を行っております。世間は安保法政で右往左往しておりますが、無線のコンディションの方はとても宜しいようでございます。 facebookでT88CL(JA8CCL)がパラオよりQRVされているとの情報をキャッチ。早速シャックに飛び込んでダイヤルイン!。今朝の15mは良く聞こえますね〜。VKや台湾、沖縄もクリアに飛び込んでます。FTDX3000 + CG-3000 + デルタループ(トップ17mH)というチープなシステムであるにも関わらず59で入感。当方の電波も59+でパラオに入っているとのことでした。このアンテナ、15m…(Read More)

 今日はブログを書かないつもりだったのですが、備忘録を兼ねているので一言だけ。と、言いつつダラダラ綴るのは悪いクセです。汗 実は表題の件について先程ローカルから質問されたので、こちらにも書いておきます。 多くの方が「平衡型アンテナ」に同軸給電線を繋ぐ際、平衡・不平衡を変換するバランの挿入が必要だと誤解しておられます。ここでは平衡・不平衡についての説明は割愛しますが、結論から先に言うと、デルタ・ループ+ATUにバランは不要です。1/2λの折り返しダイポール、即ちフォールデッド・ダイポールアンテナや1λのループアンテナには「自己平衡作用」があり、不平衡の給電線を接続して使用することができます。平衡動作しているループアンテナの場合、電界動作域に於ける指向パターンはエレメントに対して90度方向に8の字パターンを描きますが、バラン・レスのループアンテナでは電流腹がエレメントの中心からズレるため輻射方向も歪みます。もともとビームといっても扇状に広がっているので、弱電界域でない限りさほど気になりません。これはインピーダンスに合致した給電線で給電した場合の話で、1/2λのフォールデットダイポールは300Ω弱、1λのデルタループでは90度の鋏角の時に約200Ωの給電インピーダンスとなるため不平衡給電すること自体考えにくく、50Ω系の同軸に整合させるために6:1ないし4:1のバランを入れて整合するため平衡・不平衡変換も同時に処理してしまう訳です。シングルバンドなら平衡フィーダー線で直接給電すればすむことですが、マルチバンド・アンテナとする場合、各周波数毎にインピーダンスが異なるため、インピーダンス変換率が一定になるバランも使用することができません。そこでATUが登場する訳ですが、前述の理由によりインピーダンスさえ合っていれば「自己平衡作用」によってある程度はバランスされたアンテナとして動作するため、バランを挿入しなくても使用可能です。因みに拙宅の17m長デルタループの場合、1λは18MHz付近です。この周波数より上では電界動作域となりアンテナのサイドはNULLになります。ところが10MHzより低い周波数では磁界動作が強まるため、電界動作時のNULL方向への輻射が強まり、7MHz以下は無指向性アンテナとして動作します。(厳密には偏波面により輻射方向が異なる) また、ソータ・バラン挿入すれば、強引にバランスさせることも可能ですが、敢えてそこまでする必要はないと思います。拙宅のデルタ・ループ+ATUを使用し、7MHz帯では20w入力で国内は殆どQSO可能です。また、14MHz〜28MHzはかなり高性能なアンテナとして動作してくれます。実際、給電点12mH、ループ・トップ17mHのかなり低いアンテナであるにも関わらずベアフットでも国内からDXまで使えます。もっとも、立派なタワーにモノバンド八木を張れる方にはご興味のない話だと思いますが、お金を掛けずにHFオールバンドにQRVでき、都市型ノイズにも有効なアンテナは他にチョイスがありません。ATU直下には十分なコモンモード対策が必須ですが・・・・。拙宅では大型のクランプ・コアに3D-2Vを3回巻き付けたチョークを3連、FT240#43に同じく3D-2VをW1JR巻したものを2連、更に同軸サイズのクランプ・コアを12連をATUの入力側に挿入しています。入出力のインピーダンスは十分に高いため、コモンモード・ノイズに対しては十分効果があるものと考えます。6mでもQRV可能だった・・・ 因みに、本日始めてデルタループで50MHzにQRVしました。CG-3000は6mに対応していませんが、以下の裏技で6mが使えます。17m長のデルタループは50MHzもちゃんと乗ります。CG-3000の電源を一旦リセットリグを50MHz…(Read More)

 ALL JAコンテストは160局止まり。昨年は223局でしたから随分とスコアを落としています。しかもアパマン時代より環境的には恵まれているはずなのですが・・・。  今回は6mの局数が増えました。アパマン時代は目の前に建った高層ビルの影響をもろに受け、6mはほぼ壊滅状態でしたから、当たり前かも知れません。HFに関してはアパマン・ロングワイヤー+ATUが意外に上手く機能していたようで、特にローバンドに関しては今よりもマシだった気がします。超高層マンションは何十本もの躯体が地中深く突き刺さっているためアースがしっかり取れます。しかも川縁だったので尚更です。ATUのグランドをダイレクトにバルコニーの手すりに繋ぎ、十分RFグランドとして機能していました。 拙宅デルタループもATUで全バンドに同調はするものの、ローバンドは磁界動作のせいか、昼夜を問わずローカルを飛び越えてしまいます。今回のコンテストでも100km以内の局が59+で入感しているのに、呼んでも全く応答無しというケースが多々ありました。ところが、300Km以上離れる3、4、5、6、7、8、9の各エリアとはとてもスムースに繋がります。14MHz以上は8の字ビームとなり、そこそこの「キレ」を感じます。21MHzは最も「飛び」を感じるバンドです、因みに、土曜日の午前中に28MHz SSBでチリが入感してました。早速コールしたところ、自局59-相手局59で繋がりました。制作費1万円に届かないチープな釣り竿デルタループですが、そんな訳でハイバンドは使えています。 そこでアンテナの効率を視るためにZ=50Ω時のHF〜50MHzに於けるSWRをグラフにしてみました。中心周波数を27MHzとして100KHz〜54000KHzの間でSWRを測定した結果です。厳密にはこれに虚数成分などが含まれるので一概には言えませんが、HF帯では21MHz付近と28MHzで窪みが出来ているのがわかります。これにMMANAで測定した利得と指向特性を重ねると、21MHz以上ではかなり高性能な動作となっていることが判りました。逆にローバンドは50Ωからの乖離が顕著になり、12MHz付近では350Ω以上、3.500MHz付近で20Ωまで落ち込みます。 やはりローバンド側の飛びを重視するならハイQの大型インダクターをエレメント端(ループなのでGND側)に挿入してやったほうが良さそうです。最初の頃はLDCを挿入していたのですが、バンドによってはマッチングが取りにくくなる場合があり現在は外しております。 ALL JAの結果からもハイバンド側のスコアが伸びていることが判りました。(6mはMLA、HB9CV…(Read More)

 一気に春めいて参りました。土曜日は墓参りに神奈川県山北町へ移動、行きしなに東名高速の大渋滞に巻き込まれ、平日なら40分で行ける所が2時間半掛かりました。天気も芳しくなく、時折小雨が降っている西湘地方、墓の掃除も中途半端に切り上げました。晴れた平日に出直すとします。  山北町・開成町・松田町周辺は酒匂川の河口域に接続する扇状地で、HFやるには良さそうなロケーションです。道すがら多くのアマチュア局のアンテナを見つけることができました。  「そう言えば最近アンテナ弄ってないな〜〜」  自宅に戻ってデルタループのバージョンアップ作業でもやってみることにします。 性能は折り紙付き  昨年末にベランダに仮設、約3ヶ月使用してきたマルチバンド・デルタ・ループ(+CG-3000)は快調に動いています。ノイズは相変わらず高いのですが、他のアンテナに比べて明らかに耐ノイズ性に優れ「ループはノイズに強い!」を実証してくれました。3.5MHz以下は完全に磁界動作になり無指向性に近いパターン。14MHz以上は8の字パターンでNULLが出始めます。21MHz以上はキレも良く方向調整がクリティカルに、21-24MHzでは最大ゲインとなります。拙宅では一応1.8MHz〜29MHzまでATUで同調可能ですが、50MHz対応のATUであれば恐らく6mもQRV可能でしょう。指向パターンについてはこちらをご参照下さい。このアンテナをNE/SW固定方位にしていましたが、6エリアと8エリアが強力に入感しています。ハイバンドの指向方向は高く、ビームを回せるようにすれば更に効果が得られると確信していました。 JG1BVX マルチ・バンド・デルタループの性能表(給電点5mの自由空間を想定) バンド f0= ゲイン 仰角 動作 インピーダンス(Ω) 80m 3.550MHz -6.97dBi 90度(45度) 磁界 3.911 + j716.610 40m 7.050MHz 1.24dBi 54度 磁界 101.391 + j3461.98 30m 10.110MHz 3.41dBi 41.3度 電・磁界 293.878…(Read More)

横浜市は雪模様

by

 お疲れさまです。横浜は未明からかなり冷え込んでおりました。気付け霙混じりの雪模様。テラスのデルタ・ループの給電部が気になり、裸足でベランダへ。足の裏に何が刺さったかのような痛みが伝わってきました。 アンテナの残骸が転がっていたようで、雪に完全に覆われていて、そいつを踏んづけたようです。おっちょこちょいであります。  兎に角、雪の重みでデルタ・ループが落ちやしないか、そればかりが気になりまして。・・・アンテナもATUも無事でした。この程度の雪で心配していたらきりが無いですな。(≧∀≦)  足の裏もキレていなかったようです。(^o^) ATUのターミナル部分も雪に覆われており、このまま送信すると大変な事になりそうです。豪雪地帯でもないので、特に気にしていなかったのですが、南関東もここ数年大雪に見舞われるケースがあるので、油断は禁物です。CG-3000は水平に設置しているため、蓋の上に雪が積もってしまいます。縦置きしたほうがよさそうですね。  昨年11月に転居してきて以来、初めての雪です。今日は荷物が多いので最寄り駅までクルマで出掛けようと思います。坂道が多いので少々心配。 &nbsp…(Read More)

 ちゃんと機能しているのか?な拙宅のデルタ・ループについて、モーメント法を用いたシミュレーションを行ってみました。お馴染みのMMANAを使用します。今回はATUの使用が前提だったため、三角形の頂点角については敢えて拘りませんでした。 固定式の同調回路でインピーダンス整合を行う場合は200Ω(4:1バラン)になるよう90度に設定するケースが多いようです。マルチバンド(ATU)を使用する場合は無視して良いでしょう。特に逆三角形ループの場合は天辺が短いほどローバンドではゲインが低下します。即ち角度が広いほどローバンドでは有利です。今回作ったデルタ・ループは天辺7m、斜辺5mの1ターン17mのループです。これは前回ご説明したとおり、ATUで各バンドに整合させる際に都合が良い長さでして、何れかのバンドに於ける効率を重視したわけではありません。3.5MHz〜50MHzの角バンドに於ける輻射パターン・仰角・ゲインをシミュレーションしましたので、参考になれば幸いです。     ご覧の様な結果です。以下に表に纏めました。 バンド f0= ゲイン 仰角 動作 インピーダンス(Ω) 80m 3.550MHz -6.97dBi 90度(45度) 磁界 3.911 + j716.610 40m 7.050MHz 1.24dBi 54度 磁界 101.391 + j3461.98 30m 10.110MHz 3.41dBi 41.3度 電・磁界 293.878 – j3145.73 20m 14.200MHz 4.94dBi 32.4度 電界 126.991 – j642…(Read More)

 本日、南関東地方は束の間でしたが、晴れ間が見えました。このチャンスを逃してはならないと、LW→デルタループへの変更工事を実施しました。テラスに設置した5m級のマスト二本を降ろし、取り付けてあったアンテナやATUを解体、新たにマスト上部にグラスファイバー釣竿を利用したブームをそれぞれのマストに取付て、元の位置ににそれぞれ建てました。全長17mのミドルサイズ・デルタループです。正三角形の26.5mも検討しましたが、まずは「デルタループがノイズ対策になるか否か」を見極めることとして、17mの逆三角形デルタループを展張することとします。 CocoaNECで事前にシミュレーションしたところ、3.5MHzでインピーダンスが3.5Ω付近を示しておりました。今まで使用していたLWは更に低い値だったので、CG-3000が壊れることはなさそうです。実は、以前連続でリレーを焼いたときにリレーを大容量のモノに全て交換しています。(10A250V→16A250V)しかも中国製からパナソニック(タイ)製に替えていますので信頼性も大幅に向上。換装後のリレートラブルは一切ありません。因みに6Aのアドバンテージは負荷インピーダンス50Ωで1.8Kw、1KΩで36Kw、10Ωで360wの通過電力アップに相当します。負荷に対して並列に挿入されるコンデンサーの耐圧も50kvから100kvに交換しました。バンドによってはハイ・インピーダンスとなるため余裕があれば安心です。 ということで横道にそれましたが、インピーダンス補償用の抵抗は装着していません。工事後、早速各バンドで送受信試験を実施、ローカルのJI1STU局、7N3CCB局にレポート貰いながらHF各バンドをチェックしました。3.5MHz/7MHzはS/Nが劇的に改善 まず、3.5MHzはノイズが12dB〜15dB程度減っています。これは正直なところ驚きました。夕方だったのコンディションがイマイチでしたが、自局側57、相手方(CCB局)57~58でレポート交換できました。こちら側(自局)での受信についてはプリアンプ・ATT無しの状態です。これでも未だノイズは高めですが実用上我慢できるレベル(フロアでS3程度のノイズ)です。深夜も確認しましたが、普段よりも大勢QRVしているように感じました。つまりノイズに埋もれていた電波が聞こえるようになったのです。 7MHzも3.5MHzと同様で、全体的にノイズレベルが下がり、今まで聞こえていなかった小出力局が入感しています。こちらも受信に関しては、十分使用に耐える環境へと改善。 14MHzは試験局の方向が指向特性的にNULLとなり良い結果がえられませんでしたが、当地にQSY以来、始めて北米の局が安定して入感しています。21MHzも同様にローカルDXが入るようになりました。24MHzは輻射角が低くなったのか、10km…(Read More)