投稿 Currently viewing the tag: "C5800"

   おはようございます。伊豆川奈で〜す。恒例の川奈コンペ・宴会参加の為、移動中であります。(予約投稿です。ハイ!) 学校・勤務先の先輩で公私共にお世話になっている“パナソニック・ケンジ”さん(マスターズ中継・プロ野球中継でお馴染みの元赤坂アナウンサー)のバースデーコンペであります。小生のミッションは夜の部のお手伝い。芸達者な高校・大学・会社関係の諸先輩のエンターテイメントに煽られ、アルコール濃度・血糖値は確実にレッドゾーンを越えるでしょう。技術部OBで弊社シニアエンジニアのA氏も参加します。 修理固体の梱包について(恒例のお願いで〜す)  重量級固体を(主に固定機)をお送り頂く際に、脚部保護の観点から天地を逆さにすることをお勧めしております。オークションで重量固体を頻繁に売買されているOM諸氏にはお馴染みの方法かと存じます。例えばFT-101やTS-520はケースの外板が薄いため脚部に衝撃が加わると底板が湾曲したり、樹脂製の脚が割れてしまったりする恐れがございます。梱包箱の底と、固体の底部の隙間を発泡スチロールなどで埋めることも効果的ですが、やはり強度的には不十分です。元箱や適切なサイズのパソコン用梱包材を使用しない場合には、天地を逆さにして入れて頂いたほうが宜しいと思います。送付前に脚部を取り外して頂くのも良いでしょう。写真はTS-900Sをお送り頂いたお客様の梱包状態です。正に良き手本をお示し頂きました。ありがとうございます。  またプチプチの干渉材を本体にグルグル巻きにした上で、粘着テープで密閉されてくる方がおられます。これもダメです。新品出荷時と異なり使用環境は様々ですから、梅雨時や冬場に加湿器などで湿度が上がった状態でこの様な梱包をされると、内部に貯まった埃に結露し基板や接点の劣化進行を早めることに繫がりかねません。また段ボールは水分を吸収するため箱の内部は多湿度状態になりやすく、丸めた新聞紙を緩衝材にすると効果的です。(シリカゲルもありです)  以上の様な観点から、ご返送時には天地が逆さになったり、あえてプチプチをグシャグシャにして入れております。(手抜きしているわけではありません) この事は、注意書きにも書いていますの、必ずご励行頂きます様、お願いします。また、宅急便の伝票に「精密機器」などと書かれてくるケースが後を絶ちません。ライン毎に取り扱う機種が異なり、倉庫内で仕分けを行っています。スムースに作業が進む様、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。  さ〜て、予約投稿に備え、第1ラインの取扱分を前倒しで出場させています。今日は以下の二台であります。 C5800 修理完了!  先日お伝えしたC5800がC/Oです。その後、PLL・メイン側のケミコンも10数個交換しました。既に写真は前号に掲載したので割愛します。更に、PLL、メインユニット上の330µ,1000µFから液漏れを確認したため、同容量のケミコンを含め交換ないし予防交換しております。周波数カウンターの表示と実際の送受周波数が数百Hzズレを生じておりました。PLL(VCO、送受ローカル周波数、リファレンス周波数10.240MHz)を精密調整しております。また、Sメーター・送信RFメーターの校正、IF受信回路のチューニングを施しています。 【ご依頼内容】 オーバーホール について承りました。 【工数】 4.5人日 【交換部品】  ・タンタルコンデンサ の代替として オーディオグレード アルミ電解コンデンサ ×3  ・大容量ケミコン×1  ・中容量ケミコン2  ・小容量ケミコン×10  ・5Aヒューズ×2 TS-900S / PS-900S 再修理???  先日C/OしたTS-900Sが戻ってきました。今度は送信中に異常発生、送受とも不可能になったとのことです。前回は絶好調に近いコンディションでご退院されたはずです。一体何が・・・。確かにウンともスンとも言いません。AFボリュームを最大にして聞こえるのは、オーディオアンプのヒスノイズだけです。SENDしようとするとスピーカーから盛大にハム音がでました。HV掛かってますね〜〜。しかしIPは全く流れません。こりゃ〜〜〜参ったな〜〜。何れにしても送受共にアウトとなる場所はHETとかVFOです。VFOの出力にオシロを充てると波形が見えません。HET側も全くです。これらのユニットはAF AVRから来る定電圧DC回路(9V)で動いています。AF AVRのQ6は14Vの定電圧回路が繫がっていて、ここからDC9Vを得る仕組みです。R14V…(Read More)

 おはようございます。暖かい朝を迎えた横浜地方でありますが、午後には風が強まるとの予報です。沿岸は25m以上の強風が予想されており“春一番”とのことです。今朝は目が痒いですぅ・・・。間違いなく花粉もMAXです。あ〜〜〜〜憂鬱。週中ですが、今日も気張ってまいります。  昨日は久し振りにスタジオに入りました。と言っても番組制作ではなく広告代理店さんからの映像制作依頼でした。“○○シーン11 テイク2本番  よ〜いスタート!!なんて、まるで20代の若手ADの様な役回りで有りました。(トホホ)しかも現場は、渋谷道玄坂奥のラブホテル街です。真っ昼間から、怪しいゾーンに足を踏み入れましたが、30年前とは様子が違いますね〜〜。オシャレなカフェやクラブ、コンビニも。。“明るい表通り”に様変わりしていました。勿論ホテル街は健在です。しかし、ジトッとしたイメージは完全に払拭されていて、日中に小学生が歩いても違和感はなさそう。(少々オーバー?w)そんな一角に“道玄坂フォトスタジオ”があります。天井は低めですがしっかり白ホリゾントが設置されていて、照明類もまずまず使えそうです。スタジオマンは常駐しておらず、使用者が自分でライティングをセットする必要がありますが時間単価が破格値です。階下には音楽スタジオがあり、同じ会社が経営しているとのこと。「ふ〜〜む、なるほど・・インディーズバンドがPVやジャケ写を撮影するわけか。納得!!」 エンドのクライアントさん立ち会いの様な仕事には使えませんが、YouTuberには最適のスタジオですょ。ムービー撮影の場合、スチールの1.5倍の料金が相場ですし、スタジオマンが付いてくれる施設ですと、時間単価が3〜4万になるケースも多々あります。こちらのスタジオは、スチールもムービーも値段は一緒です。昨日は映像とスチール撮影の両方を行いました。テンポよく予定時間の半分で終了です。お疲れ様でした!!  仕事の合間にお勉強  “どっちが本業だ!”って聞かれますけど、“無線機修理”・“映像制作”いずれも本業であります。(会社のHPに書いてますw)最近は宅建士の勉強も始めました。(はぁ??)実は中継局の敷設など不動産が絡む案件が多く、不動産業者さんとのお仕事は年々増えつつあります。より深い知識を身につける必要を感じ、自分も資格取得にチャレンジすることにしました。無線関連や工程管理など技術系の資格やは幾つか持っていますが、商業系の資格は数年前に受講した職業紹介人(資格ではなく受講証明)以来であります。多分、お勉強は嫌いではないので楽しみながら挑戦しようと思います。さ〜て、頭を切り換えて無線機の修理に入ります!!! C5800 着手しました!  オーバーホールをご注文頂きました。先日お伝えした通り、電源自体が入りません。回路図的にレギュレーター周りとみていましたが、大ハズレでした。PAユニットのパワーモジュール(VCC)側にあるタンタルコン(22µF)がショートしてます。タンタルコンの場合、電解コンと異なり、容量抜けや液漏れなどの症状はなく、いきなりショートして終わります。周辺にある同容量のタンタルコンを全数交換しました。これで電源は復活・・・。一応送受信可能ですが、送受周波数が数百Hzズレています値〜〜。本機は送受IFが異なるので、局発調整も個別に行います。残念なことに、両方とも大きく離調しているようです。PLLユニット内のケミコンの内、気になるところは全て交換しました。半固定VRの全てにガリが出ており、振動を与えるだけで離調しますね〜〜〜。よわりました。PLLのVCO調整もガタガタ・・。そして最大のネックは、資料です・・。お送り頂いた回路図は全体図でPLLなどのユニット内の記述がありません。サービスマニュアルは海外版のC5800Eのものしか入手できず、国内版のPLLユニットは一見して異なることが判りました。こうなると勘に頼るしかありません。因みに海外版の取り説には調整箇所について詳しい記述があるのですが、ヤエスさんのサイトで頒布されている国内版の取り説にはその様な記載は一切ありません。まぁ、何とかします。 2m受信プリアンプの修理  こちらも情報不足です。プリアンプなので、自分で回路をコピーすれば良いだけですが、如何せん部品型式が不明です。チップ部品が多くちょっと辛いです。汗汗 ただ判っていることは、MosFETが逝かれていること。このFETも接着剤で上部がベタ付されており型番が判りませんが、多分3SK35GRではないかと思われます。アンテナ側の同軸リレーもアウトで、入手困難です。FETよりそちらの方がハードルが高そうですね。他の同軸リレーが使えるか確認中です。 TS-830V の周波数ドリフトについて  原因が特定できました。以前にも同様の修理を実施しており、そこではないかと山勘を働かせ、罠を仕掛けて待つこと数時間・・・。9Vの定電圧回路がドロップした痕跡を確認しました。原因はAFユニットのアース不良です。過去にやっているじゃありませんか!! スペーサーでシャーシ・アースするポイントがありますが、ここの接触不良です。ケースと基板・金属スペーサーの接触面の接点処理を行いましたが、恐らく不十分です。アース用のリードバイパスを増設して導通を確保しました。今のところドリフトは起こりません。今日一日検査して問題無ければC/O…(Read More)

 おはようございます。今朝の横浜は平年並みの気温ですが曇り空です。先週末は通夜列席という予定外の行事が差し込まれた為、またまたスケチェンを余儀なくされております。そんなわけで、無線機修理とRRS-Pi+の初期ロット出荷準備に追われた週末でありました。 RRS-Pi+ は予定通り出荷!!  会社の方でコミットしていた25日出荷分の作業を無事終了、運送会社さんへの引渡を完了しております。“2月25日〜3月3日”の出荷予定分について、前倒しで出荷しております。宅急便コンパクトの送料着払いでお送りしていますので、お受け取りの際には送料をお支払い頂く必要がございます。(お申し込み時にお知らせ済)  着荷しましたら、まずは内容物についてご確認ください。と言っても、Raspberri Pi3 本体(MicroSD装着済)と、A4の注意書きのみです。USBケーブル、ACアダプター、Raspberry Pi用ケースについてはご自身でご用意ください。USBケーブルは無線機やSCU-17などのサウンドデバイス(DAC/ADC)との接続に使用しますので、接続先の機器に合ったUSBコネクタ形状のケーブルが必要です。また、ACアダプターはRaspberry Pi3推奨の製品をご用意ください。RSコンポーネンツやAmazonで購入可能です。ケースについても同様です。因みに、ケース装着の際にはMicroSDカードを抜き取ってから作業してください。装着したまま無理にケーシングしますと、MicroSDカードを破損します。MicroSDカードが破損した場合は有償修理となります。取扱説明書はVer.1.1.9 が最新版ですので、こちらをダウロードしてお使いください。  初回ロットで沢山のご注文を頂き、正直なところ驚いております。小売りについては業態として経験が浅いため、何かと不勉強なところも多々ございます。そもそも小生も門外漢・・・。月産10台程度を考えていたので“完全受注生産”としましたが、この調子だと作り置きしておかないと大変なことになりそうです。 C5800 について  個体を拝見しました。“オーバーホール”をご希望です。しかし、そもそも電源が入りません。ヒューズが飛んでおり、交換しましたが即溶断しました。電源ON状態でDCラインの絶縁値を測定したところ、ゼロΩを〆召しました。(ひえ〜)これではOHどころではありませんな〜〜〜。本機はPLLユニットのレギュレーターICを介して一部を除き回路全体に電源を供給していますが、電源SWを閉じた状態でGNDへゼロΩで短絡することから、入り口付近のケミコン若しくはレギュレーターが焼損し短絡したものと思慮します。ここを修理するには工数2人日程度掛かる為、その他の箇所については+αの個数が見込まれてしまします。一旦、オーナー様のご指示を仰ぐことにします。 今後の修理予定について  現在第4ラインがTS-830Vの作業の為スタック中です。オーナー様からご指摘の有りました“周波数飛び”について、やった事象を確認することができました。全周波数で症状が起こることから、VFO側で周波数ドロップが発生していると観ています。原因は低電圧DC9ラインではないかと思いますが、現在こちらを精査中です。本日中には見極めたいと思います。続くTS-790×2台については、少々お待ちください。 C5800 担当:第1ライン 2300GBXH(受信プリ)担当:第1ライン TS-830V 担当:第4ライン TS-790(その1) 担当:第4ライン TS-790(その2)担当: 第4ライン FT-757 担当:第1ライン その他無線機等  ラボ全体ですと、C5800…(Read More)