投稿 Currently viewing the tag: "花桃の丘"

 おはようございます。青空が広がる横浜です。この時間、まだ積乱雲は見えません。今日も熱中症に要注意ですね。 TS-690 診断終了 TR-1000 リレー調達 “花桃” で事件です!  シーズン後半の “花桃の丘” で事件です。市民ラジオ(合法CB)8chにおいて、正体不明の怪電波が強力に入感し全く使えない日が続いています。カワサキCH101さんの調査により、丘の南東1kmのとある施設が発信元であることがわかりました。この施設に近寄ると、受信機のメーターが振りきれます。しかも、単なるキャリアではなく、FMでハッキリと音声が聞こえます。27.145MHzを使用する市販のベビーモニターではないかと思われますが、兎に角強力な電波です。ベビーモニターにはヘリカルアンテナが付いているタイプや、アンテナが筐体内に隠れているタイプなど様々有りますが、何れも電波法上の微弱電波を発する機器に該当するため、発信元から3m地点の電界強度が500μV以下でなくてはなりません。同様の事案が各地で報告されており、業者が電波法を理解せず海外製品を販売しているとみられます。発信元のある場所の北側に小高い丘があり、花桃の丘との間を遮っています。そこを超えてくる電波ですから「相当強いんだろうなぁ」と思い、興味本位に簡易的な電界強度を測定してみました。中華ラジオで話題のPL-880の登場です、本機には電界強度メーターが搭載されているのでコイツを使ってみました。意外なところで役にたつラジオですなぁ。フリラー(CBer)各局は、アマチュア無線と違って限界域のギリギリのところで受信してますから、これはエラいこっちゃなのですぅ。 ラボから直線2.5kmの地点  発信元と思われる場所は、ラボと“花桃の丘”を結ぶ線を1km延長した地点です。車載のFT-857のゼネカバ受信モードにて27.145MHzにチューニング、28MHzに同調させたATAS-120Aにて受信しながら施設方向に向かいました。中間点の小高い丘まで差し掛かるとS7〜S9まで上昇しました。発信元から数百メートルの地点にくるとS9〜++で入感しました。人の声がうっすら聞こえる程度です。施設正面にくるとSメーターは振りきり状態になりました。ここで測定するのも何なので、施設の裏手にある集落裏の袋小路に回りました。地図上では施設の端から50m、中心部から100m程度の場所です。PL-880はFMは受信できないため電界強度の測定のみですが、ロッドアンテナで軽く36dBµVを示しました。ボルト換算すると63.1µVとなります。現行の微弱電波の定義になっている500µV@3mでは解りにくいので、昔の15µV@100mに照らすと、実に4倍以上の電界強度が得られていることになります。測定方法は簡易的なもので、基準アンテナ(1/2λダイポール)で測定しているわけではないことを考慮すると、実際は倍以上の電界強度になることは明らかです。1W以上出ていそう・・・。こんなものが市場に出回っているのに、新スプリアス云々でオールド8ch機が使えなくなるなんて、ヘンな話ですねぇ〜〜。  因みにこの施設に対して、CHさんより““機器の使用中止のお願い””を送っています。通知から数日後に停波したことを確認しています。しかし1月後にこの有り様です。「キャバクラの呼び込みに使われている430MHzハンディ」とは事情が異なりますよね〜〜。詳しくは書けないので下の動画からお察しください。入所者の方の安全を守る為に必要な機器であることはわかりますがルールは守らないとね! というか無線に無縁な方々に電波法云々を言っても始まらないんですけど。こういうものを “売るな!”ってことです。ヤフオクやAmazonには使ってはいけない電波グッズが沢山売られています。販売行為に電波法は及びませんから、啓蒙活動しかないんですね〜〜。 2度目のお願いを準備するとのことですが、3度目はないよなぁ〜〜。花桃ローカル各局から80条通報の準備を進めることになるかと思います。 TS-690…(Read More)

 おはようございます。こんなに青空が広がっているのは一月ぶりくらい? 梅雨明けしたところも多いみたいですが、南関東は台風の影響で週末にかけ天気が崩れるとの予報。梅雨明けは来週にずれ込みそうです。  サイトのデザインを少々弄りました。IEでレイアウトが崩れているとのご一報を頂きましたが、如何でしょう・・。Windows PCを持っていないのでチェックが疎かになっていました。申し訳ありません。(>_<) 花桃パトロール TS-900ライン 検査終わり 整備開始へ IC-736 に着手  ツールドフランス観戦のため睡眠不足の日々が続いています。昨夜は第18ステージ、最大のクライマックスたる“ガリビエ峠超え”の中継でした。ツールドフランスは一部周辺国を含むフランス各地を、途中の休息日を除いた21日間(大会期間は23日間)に渡りキャラバンするサイクルロードレースです。100年以上の歴史を誇る“ヨーロッパの夏の風物詩”の一つですね。日本では今一つ盛り上がりませんけど、欧米ではサッカー並に人気の高いスポーツゲームなんです。形態は団体競技で、各チームがステージ毎にタイムを競い、個人総合賞、山岳賞、敢闘賞、新人賞、ポイント賞の5つが各ステージ毎に設定されていて、大会期間中は毎日ゴール後に表彰式が行われます。それぞれの賞には特別なカラーのジャージが付与され、受賞者は翌日のステージ走行でそれらのジャージ着用が許されます。例えば、総合賞ジャージ(黄色=マイヨジョーヌ)を着ている選手は、その姿を何日間維持できるかが注目されるわけですね。総合成績は走行時間の短さ(速さ)の合計値で競いながら、最終ゴール地のパリ・シャンゼリゼ大通りを目指します。団体競技と書きましたが、各選手にはそれぞれの役割が決められていて、基本的にはチームリーダーを全員で盛り上げるというスタイルです。  無線家にとって注目すべき点は、監督からの指示が各選手に無線で伝達されるというところでしょうか・・。チームマネージメントが勝敗に影響するため、サイクルロードレースでは選手全員がハンディ機を背負って走るんです。ステージによっては最先頭と最後方が数キロ以上離れることもありますし、急峻な山岳地帯を走行することが多いので、電波が届かないなんてこともありそうです。以前コミュニケーションが上手く行かず、苛立った選手がインカム(ハンディー機)を道路に叩きつけるシーンを見たことがあります。汗汗 東京オリンピックでも東京を出発して道志村・山中湖・富士山を経由し、富士スピードウェイにゴールするコースが設定されています。各国のチームは無線を使って指示をするはずですが、DCRが使われるのか、業務帯のMCAが使われるのか、是非ワッチしたいですね〜〜〜〜。無線家としてのもう一つの注目点は、中継映像に出てくるアマチュア局のタワーの数々です。笑 流石ヨーロッパ、アマチュア局のアンテナも立派です。そして山岳ステージでお馴染みの テレグラフ峠にある” le fort du Telegraphe ” (通信砦)は、1886年から建設されたリヨンとミラノ間の電信を中継する為の施設で、今もフランステレコムの中継所として使われ砦の中は博物館になっています。無線家が気にならないはずがありません。丁度昨日の第18ステージに登場しました。  このステージの最大の見せ場はガリビエ峠(2642m)の攻略にあります。ツードフランスの全ステージ中最大の山場とされ、超級山岳ポイントがコース中三箇所に設定され、総合賞にも大きな番狂わせが発生する場所なんです。過去にはこのガリビエ峠の頂上にゴールが設定されたこともありました。今年のコース設定では、更に30km先のヴァロワ―ルがゴール。出発地の標高は785m、途中三箇所の2000m超えの峠を通過しながら、ガリビエ峠を上り切った後、一気に1419mのヴァロワ―ルまで駆け下ります。マイヨジョーヌのアラフィリップ(DQT=フランス)は登り坂でトップ集団に千切られ、2分近く差を付けられて頂上を通過しましたが、下り坂の驚異的な追い上げ(最高速度 100km/h越)で追いつきました。小生も趣味でロードバイクに乗りますけど、下り坂で80kmも出すと直線であっても正直怖いです。ブレーキングが命だと思うのですが、ロックしたら一発で終わりです。ハラハラドキドキの連続、気付くとビール(500ml)を3缶開けてました。wwwww 残すところ後3日です。     花桃パトロール  標高85m(低っ!!)の丘の上は、営業マン達の憩いの場です。昨日も無線とは無縁と思われる数台のクルマが止まってました。「知った顔でも声を掛けない」のが掟だそうですョ。w 休憩中の皆様方の邪魔にならないよう、少々離れた所にクルマを駐めてICB-R5をクルマのトランク上に置きました。何にも聞こえません・・・。コンディンションが確実に落ちてきてます。チクタクメータのCH-580をQSYしてしまったので、コンディションの客観的なチェックができないのですが、明らかに落ちてます。先週まではイブニングの18時前後には、必ず8エリア方面が聞こえていました。10分ほどワッチし都内の移動局のCQをキャッチしましたが、それ以外は何にも聞こえません。11mの夏もそろそろ終わりかな〜〜。そういえば週末はフィールドデーですね。南関東は大荒れになりそうですけど。コンディションの悪い中お相手頂いた、ねやがわCZ18/1 局、ちゅうおうM88 局、ありがとうございました。(*^_^*) TS-900ライン 検査終わり 整備開始へ  常連オーナー様からのご依頼です。以前、当ラボで整備させて頂いたTS-900ライン(TRV+VFO+電源)であります。以下のご依頼でした。下記の症状の確認に入る前に、接続ケーブル、コネクタ類の洗浄を実施しています。接点類の金属部腐食が顕著なため、定期的な洗浄が必要ですね。 1. 外部VFOダイヤル照明が点灯しなくなった。(LED化希望)  写真の通り、ダイヤルバックライト、針の照明は正常です。コネクタ・ケーブル類の接触不良が原因であった可能性がございます。現状では修理の必要はございませんが、本機の電球類は全てAC/DC…(Read More)

 おはようございます。日照時間が少しずつ増えてきた南関東です。週末には梅雨明けでしょうか?? 花桃では夕方になるとヒグラシが鳴いていますよ。アブラゼミの鳴き声よりも先に夏が行ってしまいそう・・・。 FT-736 ご入場 (重篤フラッグ)  一日に二度、12:00〜13:00と17:00〜18:00に花桃パトロールをやってます。最近はスパーレギュラーのお二人以外にも丘を訪れるOM諸氏が増えました。他県ナンバーの車で来られる局長さんも多いです。ここ数日コンディションはイマイチなのが残念。このままシーズンオフしてしまいそうな気配。(>_<) それでも、14MHzのモビホで米西河岸のモービル局と定時交信出来るのは凄いなぁ。固定のアンテナを降ろして、ポータブルにフルシフトしても良いくらいです。昨日もそんな立ち話をレギュラーのCHさんとしてきました。  話は変わりますが、花桃の丘に来られた際には、徒歩圏にある二軒のパン屋さんに寄って欲しいですぅ。ひとつは丘の頂上にある砂利道(けもの道?)を100m程進んだところにある「丘の上のパン屋」です。もう一軒は、丘を下ってバス通りを渡ったところにある「プロローグ」。どちらも、地元では有名な“行列の出来るパン屋さん”です。本当に美味しいので是非是非お立ち寄りください。どちらも“eat-in available” です。 因みに腹ごしらえは、保木交差点近くの「ラーメン八戒」がオススメです。何れのお店も駐車場完備です。 FT-736 ご入場 (重篤フラッグ)  430MHzのみ送信出力が異常に低下した個体です。ハンディ機を近づけると何とか受信出来るレベルです。オーナー様ご自身がパワーモジュール、ドライバ、プリドライバまで交換されたそうですが、一向に改善しないとのことでお預かりしました。故障箇所は更に手前のDBM周辺でした。DBM手前ではIFの47MHzとVCOの385MHzの波形が見えます。RFユニットの出力は28dBmあるはずですが、本個体はマイナスdBmしか出てきません。ドライバ・プリドライバの手前では逆に信号が確認できないレベルまで下がります。DBMのダイオードND487は完全に壊れていて、4端子全てが導通しません。壊れ方が尋常ではないため、周囲を調べると、R71のDBM側がGNDレベルになっていました。R71を着脱したところ330Ωの抵抗値を確認しました。DBMも着脱済ですから、R71の両端がGNDレベルになっているはずがありません。T12を着脱して一次・二次の絶縁状態を確認したところ、完全に直流導通しています。線材が溶けて繫がってしまっているようです。T12の巻き直しは困難です。ドナー個体でも見つかれば良いのですが・・・。一旦作業を保留にします。   TS-900ラインは長期対応の為、バックオフィスにてしっかり対応中です。 &nbsp…(Read More)

 こんにちは。横浜は雲が多めですが日中は晴れの予報です。関東・甲信越の梅雨入りはまだ先でしょうか。今朝もグングン気温上昇中です。6月第一週のスタートであります。 IC-729 作業終了 TS-790S(その1)作業終了 TS-790S(その2)調達中 今後の修理予定について  “花桃の丘”はこの週末もレギュラーのお二方が朝5時から頑張っておられました。日曜日に少しだけお邪魔して11mにQRV、6エリアを中心に数局交信させて頂きました。小生も最近は“フリラ”中心です。汗 専らアマチュア無線の移動運用はキャンピングが中心になってきました。それにしてもサイエンテックス社のSR-01は凄い人気ですね。500mW 8chのCB機で138,000円というお値段には賛否両論あるようですけれど、マーケットが存在しないような状況下で、よく頑張っていると思います。生活家電ならともかく趣味の無線機ですから、この値段はむしろ安いと思います。確かにIC-7300が買える価格ですが、国内規格の27MHz帯市民無線なんてマーケティング的には需要ゼロ(カウント不可能という意味)に等しい世界です。既に大手メーカーは撤退している訳ですから。そんな状況下コレだけの製品を造っておられるサイエンテックス社は立派です。何故そこまで褒めるかというと、本当にSR-01の性能が素晴らしいと思うから・・・。送信については500mWに内蔵アンテナ2m以内と制限があるので性能差は微々たるものでしょう。(変調は深めで好印象) 一方の受信性能についてはコストに縛られない設計の自由度がある分、色々と挑戦できる? AGCも2段に掛かっているような聞こえ方です。大手メーカー製のCB機の一部にもその様な受信構成を採用するモデルがありますが非常にレアで、他の機能ががチープだったりします。RITも固定周波数で何故必要?と仰る方がいますが、水晶劣化でfズレを起こしている旧式リグが多い現状を踏まえるなら、歓迎されるべき機能です。耳が一番大事ですからねェ。因みにSR-01とICB-R5・ICB-87Rの受信性能を実際に比較すると、SR-01でメリット5となる信号が後者二台ではメリット3〜4となるケースが多いですね。これらソニーの二台も受信感度は優秀な部類に入るのですが・・。Twitterでも多くのCBerがSR-01をメイン機として使っている様子が覗えます。小生もコレクションのアマ機10台程度をオークションに出し、ICB-87R辺りを手放せば買えるかな〜〜〜。欲しいと思っても常時受注しているわけではないみたい・・。 ダメダメっ!!、断捨離するんだから。(爆) この時期のサイクリングは最高!!  そんなコトを思いつつ “花桃の丘” から帰宅。間髪入れずに愚息が「最近、自転車乗ってないじゃん! 行こうよ〜〜〜〜!」と来ました。久しぶりに寺家町の「ふるさと村」まで軽くポタリングすることに。寺家町周辺は田んぼだらけ、このシーズンなら間違いなく水をはってます。ICB-87Rをリュックに入れて出発しました。去年の6月に寺家町へ行った際にもQRVしたのですが、KX3にWonder Loopの組み合わせで21MHzにQRV、SSB/CWで沖縄を含む6エリア、8エリアと繫がっています。これは期待できそう・・・。おいおいサイクリングが目的じゃないの? 寺家まで片道30分、田んぼのあぜ道に沿う水路に掛かる橋の手すりにリグを平置きして11mに開局! 聞こえる聞こえる・・。ノイズレベルは花桃と変わりません。まだEsが弾けていました。熊本県内の移動局のCQをキャッチ、既にパイルになっていましたが、運良く2番目に拾って貰いました。RS 55…(Read More)

 おはようございます。今日は雲多めの横浜です。会議テーブルに置いたICB-R5とID-51はWワッチ状態。R5の方はAUTOモードでチャンネル・スキャン、ID-51は横浜青葉430にセットしてま〜す。 Mark V 作業入り  月曜日は“花桃の丘ローカル”との混信会(爆)でした。ラボから徒歩7分の住宅街の一角にある「だいちゅん家」に集合。隠れ家系と言って良いのか分かりませんけど、こんな処に何故“赤提灯”がといった雰囲気の店です。以前から気になっていたのですが、なかなか暖簾をくぐる勇気がなく、指を咥えながら店の前を通過していました。愚息のCQが切っ掛けでご縁を頂戴した花桃レギュラーのお二人と、先日講習会を修了したばかりのニューカマーHAMになる地元の友人の4人で夕方からグタグタとやりました。店内は狭い入り口からは想像できない広さ。18時30分なのにカウンターは既に満席です。駅前ならわかるのですが、この時間に・・笑 仕事帰りの常連さんとお見受けしました。奥の小上がりに通された新参者の我々は、やや態度低めの下目線でオーダー。取りあえず生で乾杯です。段々調子にのってきて、結局ホッピー(中・外)7〜8杯飲んだかな?? 当然無線の話題で盛り上がりました。いや〜〜楽しかった。もっと色々食べたかったなぁ。皆半径2〜3km以内のローカルなので、この宴が定例化することを願ってますぅ。ところで「だいちゅん家」ですが、2008年オープンだそうです。実家もすぐ近くだったのに気付かなかったなぁ。お近くの方は是非お試し下さい。イイお店です。 花桃定例会に遭遇するかもですョ。(^_^)v “花桃の丘”からも徒歩圏内です。  花桃には他にも常連さんがおられるので今後が楽しみです。小生が10年前に移動運用していたころは“知る人ぞ知る”ロケだったのですが、最近の盛り上がりは凄すぎ!! 毎朝7時頃にはアンテナが上がってます。多摩丘陵には標高の高いロケは沢山ありますが、ノイズの無い場所は少ないので貴重ですね。因みにラボからの直線距離は1km程度程度で何れも標高80m前後の高台ゆえ、どこのバンドに出てもフルスケールになります。まさかICB-R5のSCANモードが役に立つとは思いませんでした。笑 Mark V の作業に着手  LCDブラックアウトに加え、送信出力が低下しているMark Vの修理に着手しました。後者についてはオーナー様は気付かれなかったとのことですが、これは想像ですけど、LCDが全消状態で送信するなどされたのでしょうか。ANTの切替がA/Bどちらになっているか不明ですし、ATUの動作状態も確認できません。チューンボタンを押せば動作するのでそこは確認できるのですが・・。ラボで確認下債には、A/Bのアンテナ端子は同軸接続時のノイズで確認しました。ファイナルが故障しているか否かは、実際にPAユニットを確認しないと断定はできません。LCDが直らないと何も出来ませんので、こちらの修理を優先します。 インバーター故障ですけど・・・  お馴染みのインバーター異常発振によるヒューズ溶断・コンデンサ故障を疑いました。今回は少々異なります。既に修理痕がありサーマルヒューズが撤去され直結状態でした。残されたラインヒューズは溶断しています。基板が茶色に変色しており明らかに焼け焦げた痕があります。コンデンサは既に短絡、いつもの容量異常どころじゃありません。発振用の二個の2SD667の内一個は完全に絶縁崩壊しています。意外にこの石は丈夫でして異常電流ながれると先にヒューズが飛ぶのですが、本来トランジスタの温度を監視しているサーマルヒューズが撤去=短絡されている為、限界を超えてしまったのでしょう。この件、前から何度も書いてますが、サーマルヒューズの撤去はNGですョ。ちゃんと部品交換しましょう。勿論、短絡されているリードを撤去してサーマルヒューズを装着しております。2SD667…(Read More)

 おはようございます。曇り空の横浜です。今日は20℃くらいまで上がると天気予報では言ってますけど、ちょっと寒いかも。最近ヘリノコプターの爆音で目覚める日が続いてます。 IC-726 修理中断 HL-726D ご返却 TS-520V 診断中  3〜4日前から、毎朝6時前後に3機編隊のブラックホーク(UH-60)が超低空で拙宅直上を通過してます。厚木か座間から飛来してくると思われますが高度150フィートくらいでしょうか。三陸沖に墜落したF35の捜索にかり出されている米軍のヘリだと思います。日米地位協定で制限高度もお構いなし!。西から東に飛んでいったと思えば、数分後には東から西へ編隊が飛んで行きます。“地獄の黙示録”を想い出してしまうような爆音であります。ブラックホークの勇姿にワクワクしているのは小生と愚息くらいで、近隣の皆さんが「朝っぱらからうるせ〜な〜」と思っているか否かは知りません。増槽付きなので長時間飛行が可能、交代の編隊が往き来しているみたいですね。松島や三沢に部隊を展開させれば良さそうなものですが、情報統制のためかな?。 空母でも近くにいれば別なんでしょうけど。因みに海自は護衛艦の他に「ちよだ」(潜水艦救難艦)も出してます。ハイドロフォンも投入しているハズですが、山口沖に落ちたF2の時も時間が掛かりました。FDRが出ていないとなると。もうソナーで漁るしかないでしょう。潮流の速い海域なので、日ごと捜索範囲が広がっています。不明搭乗員の為にも一日も速く引き揚げてやって欲しいです。 久しぶりの移動運用  移動局の廃止・新規開設が完了して初めての移動運用です。(免許は4月11日から)一昨日の15時頃、拙宅近くの「花桃の丘」に上がりました。ハイバンドがオープンしていて、14MHz〜28MHzまで聞こえてきます。標高は拙宅よりも僅かに低くいのですが、周囲にノイズ源がない当地はフロアーノイズが低くいですね〜。21MHzで8の局が59++で入っていたのでお声掛けさせて頂きました。こちらはFT-857 + ATAS-120の組み合わせです。当方の電波も59で届いていたようです。シーズン到来ですね!!。  花桃の丘は以前から移動運用ロケーションとしては有名ですね。散歩では週一行ってますけどQRVは10年ぶりでした。ww  ココも大分変わったな〜〜。色々な噂があり今後が気になります。   6m用のマグネティック・ループを水平設置に変更  アパマン時代から愛用しているMK-3です。今まで垂直設置していました。先月建てたV-2000がそこそこ使えるので、垂直系はGPに任せることにしました。6mは平垂混在なので微妙なところです。高さが稼げない以上色々工夫が必要でして。前宅で使用していた2エレのHB9CVは、移設時にエレメントを折ってしまいました。デルタループのATU(CG-3000)の調子が悪いです。そろそろリレー交換時期かもしれません。連休に作業します。 IC-726 多臓器不全・・修理中止のご指示  先日来、診断していましたIC-726であります。こちら「SSBモードに切り替えると受信出来ない」とのことでしたが、現状はかなり複雑でして、以下の通り診断しました。 全バンド SSB/CW送信が不可能 10MHz以下のバンドでは、全モード送信不可能  以上の事象から、以下が故障、若しくは何らかの不具合が起きているものと診断致しました。 (1)BFO故障 BFOについてはUSB側の水晶が発振していません。水晶の交換を要しますが、こちらは特注となります。また、スイッチングダイオード 4個が故障しています。何らかの異常電圧(誘導雷などによるサージなど)が掛かった可能性があります。 (2)PLL VCO1の故障 PLL VCO1のバリキャップが故障し交換を要します。こちらについても何らかの異常電圧が掛かった可能性が否めません。VCOが内包されるシールドケースとビニールボンドの全撤去を要します。  上記(1)(2)の故障修理となると、最低4人日(見積5人日)の工数を見込まざるを得ません。また、水晶も特注となるため部品代も嵩みます。故障箇所はIF…(Read More)