投稿 Currently viewing the tag: "特小無線"

 おはようございます。ハッキリしないお天気、気温も低めな横浜であります。昨日倅がフリラ・ファーストQSOを果たしました。横でハラハラ・ドキドキしながら見守る父親でありました。笑 祝 Mark Vご出場 祝 FT-726ご出場  昨日の夕方、倅が特小ハンディーを持ってラボにやってきました。“QSOの練習がしたい” とのこと。息抜きを兼ね付き合うことにしました。「CQを出すので呼んで欲しい」のだそうです。(儂はサクラか!w)  先日当ブログで触れた“横浜青葉(特小)RPT”をお借りして練習開始・・。小生はラボで、倅は自宅の2階窓際からオンエアー。練習QSOが終了した直後、倅のコールサインを呼ぶ声が飛び込んできました!!。声の主は “よこはまMK71”局であります。辿々しい倅の返信に優しく応答頂きました。その時の倅の嬉しそうなリアクションを動画に撮れなかったことが悔やまれます。そうそうMK71局といえば、RPTのオーナー局ではありませんか!!。ナントRPTから約3km離れた二駅先のコマーシャル先からQRVされていました。拙宅からRPTまでの距離も約3kmです。しかも市街地ですョ。最近子供の声が頻繁に聞こえるので気になっておられたそうです。  晩ご飯の後も繰り返しCQを出している倅でありました。よこはまMK71局、本当にありがとうございました。これからも宜しくお願いします!m(_ _)m    移動局再開!!  総通ホームページのステータスが、やっと審査終了に変わっていました。移動局の再開局完了であります。笑 無線の仕事をやっているのに「局免失効」なんて実にお恥ずかしい。引越と重なったことが最大の要因か・・・。失効直前に転居にともなう変更申請を出していたので「救済申請」がスムースに受理されたみたいです。今日は仕事で九段の合同庁舎に伺う予定なので陸上3課で免許状をピックアップしてこうようと思います。 Mark V 無事に作業完了!  先日お伝えしている通り、少々魔改造を施しながらもMark Vが生き返りました。規格外の受信リレーをボンディング装着した上に、制御回路をバラック増設していますから念入りにエージングさせて頂きました。出来れば半年後にもう一度施工部をチェックさせて頂きたく存じます。それではチェックアウトです。 【ご依頼内容】  3.5MHz 送信中SWR悪化 その後、送受とも不能 以上について修理を承りました。 【工数】 上記作業に、工数4.5人日を要しました。(故障箇所特定・調達・交換・調整・報告書作成などを含む) 【交換部品・使用ケミカル剤など】 富士通 UM1-12W-K ×1 *TC-112NVの代替として AWリード線 × 30cm 熱収縮チューブ 10cm 47μH RFC フェライトビーズ 2SA1015 ×1 *2SA1563の代替として 1/4W抵抗 ×2 *2SA1563の代替として 1S2076A  ×1 *1SV217の代替として D1N60 CAIG デオキシット D5 少量 FT-726…(Read More)

 おはようございます。昨日は夏のような日射しで日中は25度を超えた横浜であります。夜中に雨が降り薄曇りの朝を迎えました。気温は高めです。寒暖差で体調を崩さないようにしましょう!!  今日から記事にアンカーを貼ることにしました。「オメ〜の与太話なんて聞きたくね〜よ!!」という声もチラホラあるとか、ないとか・・・。 FT-847S リポート TS-120V リポート 本日のネタ  今日のネタは特小トランシーバです。最近フリーライセンスラジオに傾倒しておる小生でありますが、アルインコ DJ-P24L、アイコム IC-4300L、同 IC-4350Lが届きました。実は先日倅に“特小トランシーバ遊び”を体験させたところ興味を持ったようです。我が家は娘が1アマ、嫁が4アマを持っています。娘については高校3年生の時に大きなエサをぶら下げて免許を取らせましたが、悲しいかな大失敗!!。免許は取ったものの一度も開局することなく今日に至っております。どうも毛嫌いしている様でして。嫁についても開局はしたものの小生以外とQSOしたことがありません。無線を生業としている家庭なのに何たるコトでしょう。倅ぐらいはキッチリ洗脳しようと、コトある毎に“無線を見せて”きましたが、「無線って何が面白いの? スマホでいいじゃん!!」と返される始末。  ところが、先日倅の友達数人が我が家に遊びに来たときのこと・・。近隣の大きな公園で“隠れん坊”をやるというので、「それなら無線使ってやったら面白いぞ!」と特小トランシーバを持たせました。最初はPTT操作もままならない状況でしたが序序に送信のコツを覚えたようで、いつの間にか上手に使いこなしていました。メルカリで4台 5,000円で購入したケンウッド UBZ-L3がこんなシーンで活躍するとは思いませんでした。この機を逃す手はありません。一気に洗脳すべく、先ずは比較的に飛びそうな現行の特小機を何台か揃えて、倅と遊んでみることに。そんな訳で、上記のアルインコ DJ-P24L、アイコム IC-4300L、同IC-4350Lを大人買いした次第です。ww  YouTubeにこれらの比較動画が載っています。何れも受信性能が中心ですが、ロングアンテナ搭載機種の中では何故かアルインコ製のモデルが好評価となっています。送信については如何なものか、科学的に調べてみたくなりました。良いアイテムがあります。“SURECOMのSF-103”は電界強度が測定できる周波数カウンター、それぞれのトランシーバから同一条件で送信した際の電界強度を測定しました。また、周波数の近いアマチュア無線機としてヤエスのVX-3(Lowパワーモード)のデータも参考計測してみました。面白い結果となったので記しておこうと思います。電波暗室内での試験ではありません。あくまで趣味レベルのテストであることをご理解願います。  尚、特小トランシーバはレジャー周波数の3ch(アイコム 14chに相当 422.2245MHz)に設定、トランシーバと測定器の距離はピッタリ1mです。アンテナの高さも影響しますが、ホイップアンテナの給電点は“ほぼ”同じ高さです。送信出力はご存知の通り全て10mW(のはず)です。アマ機のVX-3は430.02MHz 0.1Wです。測定距離の1mは、波長70cmとした場合に1/4λ × odd-nに近い距離なので理想的です。本来なら、各周波数毎に距離を設定すべきですが、趣味レベルなのでお許しください。実際に数センチ単位で±2dBm程度変動します。(あ〜結構大事かも)  こんな結果となりました。 1位 アルインコ DJ-P24L 1m 電界強度:-13dBm、422.2242MHz…(Read More)