投稿 Currently viewing the tag: "水晶発振周波数カウンタテスター"

 おはようございます。今週は晴天続きの横浜であります。気温は平年並みでしょうか。いよいよ11月最終日を迎えました。地獄の師走に突入であります〜〜〜〜〜。第二週は測定器校正のため操業停止しますんで、宜しくお願いします。  一昨日ご紹介した「水晶発振子カウンターキット」を組もうと思いパーツをプロットしました。回路図・取説はありませんが、基板に部品名称が印刷されているので難なく“プロット完了!”・・と思いきや、部品(コネクタ)が足りません。「出た〜〜〜!!」  流石、超廉価番の中華キットです。コネクタなので代用は効くか・・。まぁ、そんなこんなもんでしょう。笑 これ、何処に被験部品を挿すんだ?? wwww    さて、週末の作業もてんこ盛りです。サクサクご報告させて頂きます。 TS-820SのOH、CWフィルター装着  ピッカピカのTS-820Sをお預かりしました。アルミ製のダイヤルノブKB-1が装着された個体です。OHをご希望ですが、ケミコン類は殆ど交換済みでしたので、送受信のアライメントを中心に作業を進めました。内容は以下の通りです。 (受信調整の部) コイルパック調整 受信感度最大  IFトラッキング調整 受信感度最大  RIT調整 センター USB/LSB/CWキャリアポイント調整  PLL(VCO)アライメント  NB調整  Sメーター校正 40dBμV = S9 (送信調整の部) コイルパック調整:最大値 バイアス調整:60mA キャリアサプレッション調整:良好 終段中和調整 (施工の部) 接点洗浄・復活処理  受信部調整の結果、-140dBm(測定限界値)での信号復調を確認しました。  送信部調整の結果、最大出力は80W〜100W程度です。(正常値マイナス20W程度)  倍電圧整流回路の高圧ブロックコンデンサの容量は正常でした。トランスの二次側電圧が定格より100V程度低下し、整流後のプレート電圧が負荷時DC650V以下まで落ち込むんでしまうことが原因と思われます。状態の良い個体の場合、負荷時にDC800V以上掛かり、真空管のコンディション次第では120W〜150W出てきます。こちらについては“トランスの巻き直し”または“交換”を要します。偶にオークションでトランスだけ出品されていますが、二次側の800Vタップがちゃんと出ているか事前に確認しないとイケませんね。同様のトラブルはケンウッド製(トリオ製)の古いリグに多いんですが、過去にTS-930、TS-940の線材巻き直しをトランス屋さんにお願いしたことがあります。トランス屋さん曰く“芯材の交換が必要”なんだそうです。トランスは心臓に相当するパーツです。中古機を購入される場合は事前に確認できると良いのですが。因みに、トランスがへたると高負荷時にトランスからブーンと音が出たり、リップルが増大してスピーカーからハム音が出るので判別できます。 【ご依頼内容】 総合調整 CWフィルタ取り付け 以上について作業を承りました。 【工数】 上記作業に、工数2.0人日を要しました。(故障箇所診断・内部清掃・接点洗浄・調整・ケミコンサンプリング・報告書作成) 【交換部品・使用ケミカル剤など】 CWナローフィルタ追加装着 (お客様持込) CAIG D-5 CAIG D100L IC-821 スケルチ故障!!  前回、PLLアンロック・バックライトのLED化でお預かりした個体ですが、サブ側のスケルチが開きっぱなしになってしまうそうです。今回は追加作業として取扱わさせて頂きました。本機のスケルチ制御はプロセッサが行っています。FM IF ICとデモジから出力されるAF信号をIC…(Read More)

 おはようございます。横浜は快晴のお天気。11月も残すところあと3日だというのに暖かいですね〜。間もなく小生にとっては地獄の12月に突入。測定器の校正と決算処理に加え、ほぼ2日おきに忘年会です。あ〜〜〜憂鬱・・・。  最近はクルマのネタばかり。先日「偶には“鉄道模型”ネタを書けよ!」とお叱りを頂戴していました。レイアウトの移設(2F作業場→1F応接)を検討中で車両の調達を一時的に控えているのと、仕事と家事で趣味の時間が取れないことも影響しています。(アマチュア無線も同様)土日は家族サービスに奪われてしまい自分の時間はゼロに近い・・。クルマのネタは日々の生活に組み込まれているので自然と出てきます。笑 ボチボチ行きますんで・・・m(_ _)m。 “水晶発振周波数カウンタテスターDIYキット”が到着!  怪しさ満点のアイテムが届きました。手軽に水晶発振子の周波数が測定出来るらしい・・“水晶発振周波数カウンタテスター”のキットであります。ナント479円でした。「えっ、桁を間違えていないかって・・??」いえいえ、479円です。しかもAmazonで購入しました。商品は中国から届きましたが中身はこれだけです。しかもヨレヨレのビニール袋には部品と基板しか入っていません。“回路図なし??” 昼休みに組んでみますけど、これって秋月とかアインテンドウで売っているモノと一緒か? だとすると、かなりお得なんですけど。  “トリオ製の古い発振子”のチェックに使おうと思っています。取説すらありません。Made in Chinaも二極化してきたな〜〜〜。まぁ、ダマされてやりましょう!! MR-900E 点検・調整  東野製“144MHzリニアアンプ”です。小振りな筐体ですが、10W入力で80W以上の出力が得られます。古い製品で資料も皆無なため手探りでの作業となりました。とは言え、シンプルな構成ですから基板を上から眺めれば回路図は頭で描けるレベルでした。入力10W時70Wの出力を確認しました。この際VSWRが2.0前後に上昇するため、リニアアンプの入出力同調回路の離調を疑いトラッキング調整を実施した結果、以下の通り改善を確認しました。 ①定格入力に対する出力特性について  入力10W時、85Wの出力を確認。VSWR値:1.2以下。(正常)   @145.000MHz(定格Input:10W=Output:80W) ②送受切替時のリレー動作について  FM/SSB切替遅延、送受切替ともに正常。(正常) ③最大負荷の持続特性について  連続最大出力運転(2分間欠送信試験実施)時、 最大出力 −3.5W 程度の出力低下を確認。   (増幅素子劣化の疑いがありますが、交換を要するレベルではありません) ④SSB送信時のIMD特性について  IMD=25dB @145.000MHz USB Input:15W (正常) ※エキサイタ FT-991使用   ※ 当該個体は、入力5W〜11W…(Read More)