投稿 Currently viewing the tag: "下田移動"

 おはようございます。日月火と3日間夏休みを頂きました。少しずつ暑さもやわらいでいるみたいですね。休暇を過ごした静岡県下田市もお天気に恵まれました。 今後の作業予定について  6月以来の下田保養所です。夏休みの入田浜海岸は海水浴客で賑わっています。愚息に付き合って、石廊崎の先でシュノーケリングを楽しんだり、家族が寝た後は保養所に宿泊中の友人達と遅くまで飲みました。無線は、朝・昼・夜とトライしましたが、コンディションが上がらず終い、18MHzで秋田のOMとSSBでお繋ぎ頂いた他、8エリアの局にCWでも拾って頂きましたが “AGN  PSE” の連発、41/31でした。相手局のアンテナに助けられた? こちらの機材はFT-817 + Wonder Loop(Whizz Loop)、ICB-87R、V/Uハンディー2台を保養所に持込こみました。2Fの角部屋でテラス上はオープン、浜辺の絶好ロケーションです。前回は11mで岩手とも繫がっているんですけど・・・。今回11mは完全にボウズです。因みに、行きしなの十国峠で “いわてIW123” 局 @11mと繫がりました。こちらは53/53でした。一発キャッチ、相変わらず最強の耳をお持ちですね〜。頭が下がります。この夏のEsは最終コーナーを回ったようですね。次の下田は10月末〜11月を予定しています。14MHzのCWがメインになるかな!? 気合いを入れて久しぶりにQSLカード刷ったので使わなきゃ・・。汗) 酒飲み旅は終了です。   ジャンプスタータ付きバッテリーからノイズ  以前レポートしたSUAOKI製モバイルバッテリーを持参しました。ジャンプスタート端子から出力されるDC12VでFT-817NDを駆動しましたが、28MHzでは強烈なノイズが発生し受信に支障を来すことが判明しました。オシロを繋いで観ていないの波形の成分は不明ですが、インバーター系のノイズと思われます。クランプコアなどで対策できれば良いのですが、ノイズ源がバッテリーそのものだとする難しいです。Wonder Loopは14MHzから50MHzまで連続同調するので、CBのコンディション確認にも使っているのですが、本バッテリーだと28MHz帯付近はNGです。ローバンドから24MHz、50MHz〜430MHzも問題ありません。QRP運用には実に重宝するバッテリーであることには変わり有りません。   今後の修理予定について  現在、8/5ご入場分の検査を進めております。明日から7エリア出張(リモート局構築作業)のため、ラボワークの本格再開は金曜日以降となります。TS-820Vはホームワーク対応中、追加のブロックコンと増設真空管周りのパーツが納品されましたので、コツコツとレストアを進めております。FT-101ZSD、FT-401、FT…(Read More)

 いよいよ7月に突入しました。今年も残すところ後半年ですが、梅雨はまだまだ続きそうな横浜地方です。今週は傘マークだらけですね〜。 TS-790S(その2)ご出場 今後の修理予定について 台風到来で散々な目に  週末は前勤務先放送局の保養所のある下田へ行ってきました。生憎の天候で楽しみにしていた移動運用は殆ど出来ず終いです。金曜日のイブニング帯に少しだけ雨が上がったので、そのタイミングにフリーラインスの11mにQRVしました。コンディションも悪く7エリア方面の数局とレポート交換をしましたが、途中から強烈なノイズに襲われ30分で撤退です。翌朝以降に期待したのですが、土日ともに大雨でソレどころではありません。そして、横でQRMしまくりの愚息は県内局1局とゲットww その方がCQを出しているのに、上からCQを被せる不届きなヤツであります。汗 “子供”と察して頂いた様で、優しくコールバック頂きました。シズオカZZ局には心から感謝申し上げます。アマチュア無線より圧倒的にフリラ率が高い小旅行(移動運用)でありました。実はKX3でハイバンドに出るつもりだったのですが、付属の純正電鍵を自宅に忘れてきてしまいました。QRPはCWしかやらないためマイクは持参していません。汗汗汗 もっとクルマに積んでいるFT-857Mから出られるのですが、雨天時は虎の子のATAS-120A(スクリュードライバANT)が使用できません。(防水がダメ)  ・・・と言う訳で、アマチュア無線の方は釣果ゼロです。  初日の金曜日は我が家のみが利用、保養所は完全貸し切り状態でした。翌朝友人が電車で到着、この4月から職場復帰された中堅女子アナのご家族も到着され、少し賑やかになってきました。残念ながら土日ともに土砂降りの雨で、予定していたBBQは中止、急遽“食道宴会”に変更です。  保養所のある入田浜海岸はサーフスポットとしても人気のロケーションで、こんな悪天候のなのに20人以上のサーファーが繰りだしていました。流石に台風が去った後ですが海は大きく荒れています。ちょっと心配だなぁ・・・。東京オリンピックのサーフィン会場は千葉一宮に決定しましたが、下田は米国チームの合宿場所に決まったそうです。黒船来航の地ですからねェ。さて、入田浜野入り口から吉佐美方面に1kmほど進んだ処に「やまや」というご飯屋さんがあります。我々も保養所に行く際にはよく利用させて頂いているお店です。味もボリュームも満点のお店ですので、お近くにお越しの際には是非お立ち寄り下さい。  帰りは同行した友人を江ノ島まで送って、片瀬海岸のIL CHIANTIで遅めの昼食。LLサイズのピザを頼んで生ビールを二杯・・・w。まぁ兎に角よく食べてよく飲む一行であります。愚妻に運転させて帰宅しました。保養所は繁忙期シーズンは現役社員優先となるため我々は予約ができません。(>_<) 次回は9月以降になりそう・・・。今度は天候に恵まれますように!(T_T) TS-790S(その2)修理完了  既出なので簡易レポのみ。こちらは1200MHzのVCOが出てきませんでした。バリキャップを一個交換して作業終了です。お伝えしている通り、補修用指定部品は入手困難なため、特性的に近いダイオードを選んで装着しました。1200MHz帯全域、全モードで正常に送受信するようになりました。本機はJARDの新スプリアス保証対象機種にリストされています。使い勝手の良いV/U固定機は貴重な存在ですものね。まだまだ使える無線機です。      【ご依頼内容】 1200MHz帯のみ送受不可能   以上について修理を承りました。 【工数】  上記作業に工数3.0人日を要しました。(故障箇所診断・部品調達・修理・調整・検証・報告書作成など) 【交換部品・使用ケミカル剤など】 バリキャップ1個(特性類似のダイオードで代替修理) 今後の修理予定について  以下の順番で着手予定です。交換部品調達などの都合で前後する可能性がありますことご理解下さい。 TS-600 HL-250FX HL-63 Mark V Field FT-1000MP…(Read More)

 おはようございます。二週続けて変則スタートの「週明け号」となりました。今朝は3月下旬並みの陽気になるとのことです。先週末には雪マークが見え隠れしていたのですが、どうやらクリアになったみたいですネ。日〜月と嘱託先のレクに家族で参加の為、静岡県下田市の保養所で一泊しました。ここを訪れるのは40年ぶりです。  父も同じ会社に勤務していた為、高校生の頃までは家族と頻繁に訪れていた施設です。その後完全に立て直したとのことで、かつての面影は全くありません。(後で古いアルバムでも漁ってみよう)伊豆急下田駅からクルマで10分ほどの下田市入田浜(海水浴場)が正面に広がる好立地です。今回は同僚数家族と施設内でBBQなどを楽しみました。  部屋からは利島・新島・式根島・神津島が目視できます。シーズンオフで静かな浜辺でFT-897DMの電源を入れると、スクリュードライバー・アンテナ(ATAS-120A)越しにノイズレスの電波がガンガン入ってきます。こんなの何十年ぶりでしょう・・・。久し振りに移動局として7MHzに出てみました。8エリアの数局をコールし59を返して貰いました。やっぱり海辺は飛びますね〜〜。そう言えば、このATAS-120Aはアパマン時代には固定で大活躍したな〜〜〜。今よりも明らかにノイズが低くて無線のアクティビティーも高かったです。(汗) このアンテナ、SWRが1.5以下に下がらないとチューナーがアンロック状態となり使えないのですが、本来用途のモービル使用なら写真の様な編み線でボディーアースすると全バンド使用可能です。これ1本で7MHz〜430MHzまで出られますが、トラップコイルを使わないモノバンド・ホイップとして動作します。比較的に径の太いコイルのタップを移動させてチューニングさせる仕組みですが、モーター制御部に浸水して放置すると、基板がドロドロに腐食して使い物にならなくなります。従いまして、雨天使用後には乾燥させる必要があります。しっかりとGNDループを形成できれば飛ぶアンテナですので、機会があればお試し下さい。ヤエスの小中型HF機専用ですけけど、工夫次第で他メーカー製の無線機でも使えます。昔、このブログの何処かに回路図を書いて載せた記憶が・・・。 ATAS-120の制御回路に関する過去記事 ATAS-120を非対応無線機で使用するコントローラー(回路図 PDF)    話が脱線しましたが。伊豆旅行は無線とは無縁の旅なので、QRVは伝搬実験程度で終了。メインは「釣り」でした。下田港まどか浜海遊公園の岸壁からのトータル4時間程度、キスなど小ぶりの魚数匹がヒット。(全部リリース・・BBQ前に釣るんだった・・汗)、隣では立派なクロダイを上げてました。深い所だとアオリイカも釣れるそうです。 今後の修理予定について  現在、小生のラインにはRJX-601(二台)が、隣にはC5800が載っています。リモートの第4ラインでは部品待ちのTS-830Vの他に、作業中のTS-790(二台)が待機中です。小生担当のRJX-601については、CAL用水晶の在庫が切れており、届き次第作業を再開させます。(予定では本日着荷)また、先日、納品したFT-847が再び症状が出始めたとのことで戻ってきました。検査の結果、430MHzPAユニットの腐食部分に装着されていたドライバ段(POモジュール)の足二本がぐらついており、内部にまで錆が移ってしまった様です。この石は入手困難でして、三菱製の同クラスの石にて代替交換することにしました。こちらも国内在庫が無いため、海外から取り寄せ中です。こちらは当初予定より大幅に遅れており、昨日2/26到着との連絡が入りました。 RJX-601(その1)第1ライン担当  RJX-601(その1)第1ライン担当  TS-700 第一ライン担当 C5800 第2ライン担当  IC-821 第2ライン担当  TS-790(その1)第4ライン担当  その他の無線機など  以上の順番で作業に入ります。今週も宜しくお願いします。m(_ _…(Read More)