投稿 Currently viewing the tag: "フリーライセンスラジオ"

 おはようございます。日月火と3日間夏休みを頂きました。少しずつ暑さもやわらいでいるみたいですね。休暇を過ごした静岡県下田市もお天気に恵まれました。 今後の作業予定について  6月以来の下田保養所です。夏休みの入田浜海岸は海水浴客で賑わっています。愚息に付き合って、石廊崎の先でシュノーケリングを楽しんだり、家族が寝た後は保養所に宿泊中の友人達と遅くまで飲みました。無線は、朝・昼・夜とトライしましたが、コンディションが上がらず終い、18MHzで秋田のOMとSSBでお繋ぎ頂いた他、8エリアの局にCWでも拾って頂きましたが “AGN  PSE” の連発、41/31でした。相手局のアンテナに助けられた? こちらの機材はFT-817 + Wonder Loop(Whizz Loop)、ICB-87R、V/Uハンディー2台を保養所に持込こみました。2Fの角部屋でテラス上はオープン、浜辺の絶好ロケーションです。前回は11mで岩手とも繫がっているんですけど・・・。今回11mは完全にボウズです。因みに、行きしなの十国峠で “いわてIW123” 局 @11mと繫がりました。こちらは53/53でした。一発キャッチ、相変わらず最強の耳をお持ちですね〜。頭が下がります。この夏のEsは最終コーナーを回ったようですね。次の下田は10月末〜11月を予定しています。14MHzのCWがメインになるかな!? 気合いを入れて久しぶりにQSLカード刷ったので使わなきゃ・・。汗) 酒飲み旅は終了です。   ジャンプスタータ付きバッテリーからノイズ  以前レポートしたSUAOKI製モバイルバッテリーを持参しました。ジャンプスタート端子から出力されるDC12VでFT-817NDを駆動しましたが、28MHzでは強烈なノイズが発生し受信に支障を来すことが判明しました。オシロを繋いで観ていないの波形の成分は不明ですが、インバーター系のノイズと思われます。クランプコアなどで対策できれば良いのですが、ノイズ源がバッテリーそのものだとする難しいです。Wonder Loopは14MHzから50MHzまで連続同調するので、CBのコンディション確認にも使っているのですが、本バッテリーだと28MHz帯付近はNGです。ローバンドから24MHz、50MHz〜430MHzも問題ありません。QRP運用には実に重宝するバッテリーであることには変わり有りません。   今後の修理予定について  現在、8/5ご入場分の検査を進めております。明日から7エリア出張(リモート局構築作業)のため、ラボワークの本格再開は金曜日以降となります。TS-820Vはホームワーク対応中、追加のブロックコンと増設真空管周りのパーツが納品されましたので、コツコツとレストアを進めております。FT-101ZSD、FT-401、FT…(Read More)

 おはようございます。未明から雨が降る横浜地方です。台風はどの辺でしょうね〜。世の中はすっかり盆休み、弊社も14日から土日を挟さみ20日までお休みです。あれれ、、晴れてきました。  書き忘れていました。固定アーカイブの「無線機コレクション」「BMWコレクション」をリニューアルしたので、各ページの右上に固定リンクを追加しました。 TR-1000 あと一息 IC-375D 異常ナシ・ご出場 今後の修理予定について  前半は休み返上してラボで修理作業に勤しみます。後半の18日〜20日は下田の保養所行きを予定しています。再び入田浜海岸より50MHz、27MHz、28MHz (FM)に出ますので聞こえたら是非声掛け下さい。m(_ _)m   先週末の土曜日、小用で横浜港のある市内中区まで移動しました。山下公園で開催されたポケモンGOのイベントに愚息が行くというので、くっついて行った次第。こちらの狙いは海辺からのQRVであります。(ww) ピコ6(MX-6S)とDJ-G7、ICB-87Rをリュックに詰めてイザ出発です。愚息はRJ-480Dといういつものスタイル・・・。山下公園はポケモンGOのレアキャラ獲得の為、全国から集まった参加者で賑わっていました。小生も一応アプリは入れているのですが一度も起動することなく、氷川丸の横でアンテナを伸ばしてました。(笑) 10時時点で気温は35度を超え、愚息もゲームどころではないみたいです。「暑いからもういいや!!」・・確かに熱中症のリスクがマックスです。その間30分と短い間でしたが、11mも6mもDXは開かず終いです。6mでCQを出されていた県内鎌倉市内を移動されているJE1PIQ/1局にお声掛けさせて頂きました。ピコ6は公称1W機ということになっていますが、小生所有個体は0.5W程度だと思います。先方は2.5Wとのことでした。ピコ6のSメーターが少々重いせいかもしれませんが、当方側RS 54/ 先方レポート 57でQSLです。こちらのアンテナはベースローディングのテレスコピックで、氷川丸の真横からオンエアしました。久しぶりのピコ6でしたが、レポート交換程度のQRP遊びにはもってこいのリグです。ご存知かと思いますが、このピコ6(MX-6S)はCW打電用のボタンが付いています。モニターできないので、ちゃんと打てているか不安になりますが、BK — BKのラバスタQSO程度なら問題ありません。QRHはご愛敬!! 愚息が横から「あそこに行こうよ! きっとココよりも涼しいよ!!」と指さす先は「大桟橋」でした。ふむ、確かにココよりは人が少なそう。実は横浜港周辺施設の中では穴場的存在ですね〜。小生も「いずも」入港時くらいしか立ち寄りません。ウッドデッキなので照り返しが少ないというメリットが、しかもデッキ下の客船ターミナルに降りれば冷房が効いています。桟橋のなので両側は海です。電波出すのにこんなに良い環境はありません。11mのノイズは山下公園よりも低くく絶好のロケーションでした。しか〜し、結局ホワイトノイズは上がらず終い、11m…(Read More)

 おはようございます。こんなに青空が広がっているのは一月ぶりくらい? 梅雨明けしたところも多いみたいですが、南関東は台風の影響で週末にかけ天気が崩れるとの予報。梅雨明けは来週にずれ込みそうです。  サイトのデザインを少々弄りました。IEでレイアウトが崩れているとのご一報を頂きましたが、如何でしょう・・。Windows PCを持っていないのでチェックが疎かになっていました。申し訳ありません。(>_<) 花桃パトロール TS-900ライン 検査終わり 整備開始へ IC-736 に着手  ツールドフランス観戦のため睡眠不足の日々が続いています。昨夜は第18ステージ、最大のクライマックスたる“ガリビエ峠超え”の中継でした。ツールドフランスは一部周辺国を含むフランス各地を、途中の休息日を除いた21日間(大会期間は23日間)に渡りキャラバンするサイクルロードレースです。100年以上の歴史を誇る“ヨーロッパの夏の風物詩”の一つですね。日本では今一つ盛り上がりませんけど、欧米ではサッカー並に人気の高いスポーツゲームなんです。形態は団体競技で、各チームがステージ毎にタイムを競い、個人総合賞、山岳賞、敢闘賞、新人賞、ポイント賞の5つが各ステージ毎に設定されていて、大会期間中は毎日ゴール後に表彰式が行われます。それぞれの賞には特別なカラーのジャージが付与され、受賞者は翌日のステージ走行でそれらのジャージ着用が許されます。例えば、総合賞ジャージ(黄色=マイヨジョーヌ)を着ている選手は、その姿を何日間維持できるかが注目されるわけですね。総合成績は走行時間の短さ(速さ)の合計値で競いながら、最終ゴール地のパリ・シャンゼリゼ大通りを目指します。団体競技と書きましたが、各選手にはそれぞれの役割が決められていて、基本的にはチームリーダーを全員で盛り上げるというスタイルです。  無線家にとって注目すべき点は、監督からの指示が各選手に無線で伝達されるというところでしょうか・・。チームマネージメントが勝敗に影響するため、サイクルロードレースでは選手全員がハンディ機を背負って走るんです。ステージによっては最先頭と最後方が数キロ以上離れることもありますし、急峻な山岳地帯を走行することが多いので、電波が届かないなんてこともありそうです。以前コミュニケーションが上手く行かず、苛立った選手がインカム(ハンディー機)を道路に叩きつけるシーンを見たことがあります。汗汗 東京オリンピックでも東京を出発して道志村・山中湖・富士山を経由し、富士スピードウェイにゴールするコースが設定されています。各国のチームは無線を使って指示をするはずですが、DCRが使われるのか、業務帯のMCAが使われるのか、是非ワッチしたいですね〜〜〜〜。無線家としてのもう一つの注目点は、中継映像に出てくるアマチュア局のタワーの数々です。笑 流石ヨーロッパ、アマチュア局のアンテナも立派です。そして山岳ステージでお馴染みの テレグラフ峠にある” le fort du Telegraphe ” (通信砦)は、1886年から建設されたリヨンとミラノ間の電信を中継する為の施設で、今もフランステレコムの中継所として使われ砦の中は博物館になっています。無線家が気にならないはずがありません。丁度昨日の第18ステージに登場しました。  このステージの最大の見せ場はガリビエ峠(2642m)の攻略にあります。ツードフランスの全ステージ中最大の山場とされ、超級山岳ポイントがコース中三箇所に設定され、総合賞にも大きな番狂わせが発生する場所なんです。過去にはこのガリビエ峠の頂上にゴールが設定されたこともありました。今年のコース設定では、更に30km先のヴァロワ―ルがゴール。出発地の標高は785m、途中三箇所の2000m超えの峠を通過しながら、ガリビエ峠を上り切った後、一気に1419mのヴァロワ―ルまで駆け下ります。マイヨジョーヌのアラフィリップ(DQT=フランス)は登り坂でトップ集団に千切られ、2分近く差を付けられて頂上を通過しましたが、下り坂の驚異的な追い上げ(最高速度 100km/h越)で追いつきました。小生も趣味でロードバイクに乗りますけど、下り坂で80kmも出すと直線であっても正直怖いです。ブレーキングが命だと思うのですが、ロックしたら一発で終わりです。ハラハラドキドキの連続、気付くとビール(500ml)を3缶開けてました。wwwww 残すところ後3日です。     花桃パトロール  標高85m(低っ!!)の丘の上は、営業マン達の憩いの場です。昨日も無線とは無縁と思われる数台のクルマが止まってました。「知った顔でも声を掛けない」のが掟だそうですョ。w 休憩中の皆様方の邪魔にならないよう、少々離れた所にクルマを駐めてICB-R5をクルマのトランク上に置きました。何にも聞こえません・・・。コンディンションが確実に落ちてきてます。チクタクメータのCH-580をQSYしてしまったので、コンディションの客観的なチェックができないのですが、明らかに落ちてます。先週まではイブニングの18時前後には、必ず8エリア方面が聞こえていました。10分ほどワッチし都内の移動局のCQをキャッチしましたが、それ以外は何にも聞こえません。11mの夏もそろそろ終わりかな〜〜。そういえば週末はフィールドデーですね。南関東は大荒れになりそうですけど。コンディションの悪い中お相手頂いた、ねやがわCZ18/1 局、ちゅうおうM88 局、ありがとうございました。(*^_^*) TS-900ライン 検査終わり 整備開始へ  常連オーナー様からのご依頼です。以前、当ラボで整備させて頂いたTS-900ライン(TRV+VFO+電源)であります。以下のご依頼でした。下記の症状の確認に入る前に、接続ケーブル、コネクタ類の洗浄を実施しています。接点類の金属部腐食が顕著なため、定期的な洗浄が必要ですね。 1. 外部VFOダイヤル照明が点灯しなくなった。(LED化希望)  写真の通り、ダイヤルバックライト、針の照明は正常です。コネクタ・ケーブル類の接触不良が原因であった可能性がございます。現状では修理の必要はございませんが、本機の電球類は全てAC/DC…(Read More)

 おはようございます。ジメジメの横浜であります。今週一杯こんな感じでしょうか・・。早くスカッと晴れて欲しいなぁ〜。相変わらず連夜ツールドフランス観戦にどっぷりの小生であります。 CB熱が冷めない JR-310 (時間外 対応) 今後の修理予定について  先週末ACCケーブルの作業中のこと、400℃加熱中の半田コテを誤って左手人差し指に突き刺してしまいました。半田ゴテはワークステーション型も含め場面に応じて使い分けています。ACCケーブルはコネクタ部の半田付けになるため、先端が鋭利なコテに0.65mm(錫60% 鉛40%)の糸半田を溶かして使います。何がどうしてこうなったのか自分でも解りません。400℃のコテ先が5mmほど突き刺さり、瞬時に反応して抜きました。傷口を洗ってエタノールで消毒しバンドエイドを巻いて丸一日経過、第一関節から先がパンパンに腫れ上がりズキンズキンと痛みます。土曜日の朝、花桃のパトロール直後に外科へ行きました。レントゲンを撮ったところ半田と思われる異物が見つかったため、切開して取り除いて貰いました。拳銃の弾が体内に入ると鉛中毒を起こしますが、それと同じ状態だったそうです。怖い怖い・・・・。 指先に麻酔注射を打ちましたが、これまた半端なく痛い! 5分で麻酔が効き、何か左手が揺れる感覚だけです。数分後には施術が完了しました。糖尿秒ゆえ、梅雨時の怪我は油断禁物。少々業務にも支障を来しています。(汗) 術後二日が経過しましたが、腫れは引いてきました。早く治ってくれ〜〜〜〜〜〜〜〜! CB熱が冷めない  ここ数ヶ月、ローカルラグチューを除きアマチュアバンドは14MHz、21MHzのQRPP CWしか出てません。しかもアンテナ実験程度なので、伝搬を確認できたら即QRT的なクイック運用のみ・・。ハンディ500mW AMで8や6と連日繫がるCBは楽しいですぅ。とは言え、SR-01 などの新生CB機に10万なんて掛けられないし、自作・改造・実験運用が主体の小生には「完成品」というのがどうもシックリきません。西無線さんのNTS-111の中古機が20K円くらいで出てきたら即買いなんですけど。(噂によるとポータブル機を開発中とか・・) 87R辺りにLPFと変調器にリミッター入れてTELECさんに保証申請した方が安く済むなぁ。というかそっちの方が「造る楽しみ」があるし・・。そろそろデットエンドが見えてきましたしね〜。水晶入れ替えて28MHzにQSYさせちゃうのもアリ?。これだけ残存個体が世の中に存在するし「封印」ステッカーのお陰で魔改造されていない素のリグが殆どというのも好都合です。ハンディ機だと筐体スペースの関係でLPFなどの組み込みが難しいかもしれません。その点、中身スカスカのポータブル機の方がやりやすいでしょう。ICB-R5やICB-770の筐体を活用した中身新生新品のリグもありますよね。デザイン的にもソニーや松下のポータブル機はそそられます。  そんな訳でここ数ヶ月、使用期限が近づいている合法CB機をオークションで漁っています。ICB-87R×2台、ICB-87H、ICB-303H×3台、CH-580を入手しました。目的は「改造ベースの検証」です(笑)。 あっ、勿論運用に使用しているのは「封印」付きのICB-87R(前期)ですよ。因みに愚息(ヨコハマYT726)はRJ-480DとICB-303Hで日々QRV…(Read More)

 こんにちは。横浜は雲が多めですが日中は晴れの予報です。関東・甲信越の梅雨入りはまだ先でしょうか。今朝もグングン気温上昇中です。6月第一週のスタートであります。 IC-729 作業終了 TS-790S(その1)作業終了 TS-790S(その2)調達中 今後の修理予定について  “花桃の丘”はこの週末もレギュラーのお二方が朝5時から頑張っておられました。日曜日に少しだけお邪魔して11mにQRV、6エリアを中心に数局交信させて頂きました。小生も最近は“フリラ”中心です。汗 専らアマチュア無線の移動運用はキャンピングが中心になってきました。それにしてもサイエンテックス社のSR-01は凄い人気ですね。500mW 8chのCB機で138,000円というお値段には賛否両論あるようですけれど、マーケットが存在しないような状況下で、よく頑張っていると思います。生活家電ならともかく趣味の無線機ですから、この値段はむしろ安いと思います。確かにIC-7300が買える価格ですが、国内規格の27MHz帯市民無線なんてマーケティング的には需要ゼロ(カウント不可能という意味)に等しい世界です。既に大手メーカーは撤退している訳ですから。そんな状況下コレだけの製品を造っておられるサイエンテックス社は立派です。何故そこまで褒めるかというと、本当にSR-01の性能が素晴らしいと思うから・・・。送信については500mWに内蔵アンテナ2m以内と制限があるので性能差は微々たるものでしょう。(変調は深めで好印象) 一方の受信性能についてはコストに縛られない設計の自由度がある分、色々と挑戦できる? AGCも2段に掛かっているような聞こえ方です。大手メーカー製のCB機の一部にもその様な受信構成を採用するモデルがありますが非常にレアで、他の機能ががチープだったりします。RITも固定周波数で何故必要?と仰る方がいますが、水晶劣化でfズレを起こしている旧式リグが多い現状を踏まえるなら、歓迎されるべき機能です。耳が一番大事ですからねェ。因みにSR-01とICB-R5・ICB-87Rの受信性能を実際に比較すると、SR-01でメリット5となる信号が後者二台ではメリット3〜4となるケースが多いですね。これらソニーの二台も受信感度は優秀な部類に入るのですが・・。Twitterでも多くのCBerがSR-01をメイン機として使っている様子が覗えます。小生もコレクションのアマ機10台程度をオークションに出し、ICB-87R辺りを手放せば買えるかな〜〜〜。欲しいと思っても常時受注しているわけではないみたい・・。 ダメダメっ!!、断捨離するんだから。(爆) この時期のサイクリングは最高!!  そんなコトを思いつつ “花桃の丘” から帰宅。間髪入れずに愚息が「最近、自転車乗ってないじゃん! 行こうよ〜〜〜〜!」と来ました。久しぶりに寺家町の「ふるさと村」まで軽くポタリングすることに。寺家町周辺は田んぼだらけ、このシーズンなら間違いなく水をはってます。ICB-87Rをリュックに入れて出発しました。去年の6月に寺家町へ行った際にもQRVしたのですが、KX3にWonder Loopの組み合わせで21MHzにQRV、SSB/CWで沖縄を含む6エリア、8エリアと繫がっています。これは期待できそう・・・。おいおいサイクリングが目的じゃないの? 寺家まで片道30分、田んぼのあぜ道に沿う水路に掛かる橋の手すりにリグを平置きして11mに開局! 聞こえる聞こえる・・。ノイズレベルは花桃と変わりません。まだEsが弾けていました。熊本県内の移動局のCQをキャッチ、既にパイルになっていましたが、運良く2番目に拾って貰いました。RS 55…(Read More)

 おはようございます。昨日は夏のような日射しで日中は25度を超えた横浜であります。夜中に雨が降り薄曇りの朝を迎えました。気温は高めです。寒暖差で体調を崩さないようにしましょう!!  今日から記事にアンカーを貼ることにしました。「オメ〜の与太話なんて聞きたくね〜よ!!」という声もチラホラあるとか、ないとか・・・。 FT-847S リポート TS-120V リポート 本日のネタ  今日のネタは特小トランシーバです。最近フリーライセンスラジオに傾倒しておる小生でありますが、アルインコ DJ-P24L、アイコム IC-4300L、同 IC-4350Lが届きました。実は先日倅に“特小トランシーバ遊び”を体験させたところ興味を持ったようです。我が家は娘が1アマ、嫁が4アマを持っています。娘については高校3年生の時に大きなエサをぶら下げて免許を取らせましたが、悲しいかな大失敗!!。免許は取ったものの一度も開局することなく今日に至っております。どうも毛嫌いしている様でして。嫁についても開局はしたものの小生以外とQSOしたことがありません。無線を生業としている家庭なのに何たるコトでしょう。倅ぐらいはキッチリ洗脳しようと、コトある毎に“無線を見せて”きましたが、「無線って何が面白いの? スマホでいいじゃん!!」と返される始末。  ところが、先日倅の友達数人が我が家に遊びに来たときのこと・・。近隣の大きな公園で“隠れん坊”をやるというので、「それなら無線使ってやったら面白いぞ!」と特小トランシーバを持たせました。最初はPTT操作もままならない状況でしたが序序に送信のコツを覚えたようで、いつの間にか上手に使いこなしていました。メルカリで4台 5,000円で購入したケンウッド UBZ-L3がこんなシーンで活躍するとは思いませんでした。この機を逃す手はありません。一気に洗脳すべく、先ずは比較的に飛びそうな現行の特小機を何台か揃えて、倅と遊んでみることに。そんな訳で、上記のアルインコ DJ-P24L、アイコム IC-4300L、同IC-4350Lを大人買いした次第です。ww  YouTubeにこれらの比較動画が載っています。何れも受信性能が中心ですが、ロングアンテナ搭載機種の中では何故かアルインコ製のモデルが好評価となっています。送信については如何なものか、科学的に調べてみたくなりました。良いアイテムがあります。“SURECOMのSF-103”は電界強度が測定できる周波数カウンター、それぞれのトランシーバから同一条件で送信した際の電界強度を測定しました。また、周波数の近いアマチュア無線機としてヤエスのVX-3(Lowパワーモード)のデータも参考計測してみました。面白い結果となったので記しておこうと思います。電波暗室内での試験ではありません。あくまで趣味レベルのテストであることをご理解願います。  尚、特小トランシーバはレジャー周波数の3ch(アイコム 14chに相当 422.2245MHz)に設定、トランシーバと測定器の距離はピッタリ1mです。アンテナの高さも影響しますが、ホイップアンテナの給電点は“ほぼ”同じ高さです。送信出力はご存知の通り全て10mW(のはず)です。アマ機のVX-3は430.02MHz 0.1Wです。測定距離の1mは、波長70cmとした場合に1/4λ × odd-nに近い距離なので理想的です。本来なら、各周波数毎に距離を設定すべきですが、趣味レベルなのでお許しください。実際に数センチ単位で±2dBm程度変動します。(あ〜結構大事かも)  こんな結果となりました。 1位 アルインコ DJ-P24L 1m 電界強度:-13dBm、422.2242MHz…(Read More)