投稿 From the daily archives: "金曜日, 4月 19, 2019"

 おはようございます。今日は暑くなりそうですョ。南関東は24℃まで上がるとの予報が出てました。今朝もUH-60の爆音をBGにブログを書いていま〜す。 TS-520V + DG-5 ご出場  エンジニアが2名戦線離脱中です。常駐エンジニアの浅利OMはギックリ腰で10日ほど掛かりそう。(ゴルフのし過ぎ!) もう一人リモート対応頂いていたエンジニアさんについては長期療養中です。平均年齢が還暦を遥かに超えるラボですので、どうかご理解ください。m(_ _)m 小生も体調管理には気をつけていますが、最近不摂生が続いています。(肋骨が折れてますけど 汗)  そんなわけで連休を前にリソースが大幅に不足してます。常時エンジニア募集してますので、ご興味がある方は”facebook”または”twitter”でご連絡ください。在宅勤務大歓迎です!! TS-520V + DG-5 ご出場  というわけでTS-520V + DG-5については小生が巻き取りました。「DRIVE調整はできますがIPの調整等が調整できないです。周波数表示器DG-5がでたらめな表示になります。後は総合調整とCWフィルターの動作の確認お願いいたします。」とのご依頼です。そもそもIPが流れていません。HVに切り替えると電圧も見えません。(ココはSWの接触不良だったかも・・) 終段管のプレートチョークの先には電圧が掛かっていました。ヒーターもON状態です。ALCが振れると言うことはドライバの12BY7Aは動いていますし、入力が無くてもアイドリング電流は流れるハズ・・・。SGのスイッチはONになっています。スクリーングリッドの電圧が見えません。電源周りを疑いましたが正常でした。SGのスイッチに電圧が掛かっているので、PAの何処かで遮断されているということか・・。基板上からは確認できませんでしたが、R6の100Ωを横から眺めると僅かに焦げ痕が確認できました。焼損しています。更にRFCも焼けています。発振でも起こしたのでしょうか?? これらを交換したところスクリーングリッドに電流が流れ、IPも流れ始めました。PLATEを回すとディップ点が出ます。14.175MHzでテストしたところ、外部の終端電力計で120W出ています。ところがRFメーターが振れません・・。何度かガチャガチャやっていると、偶にRFが反応します。スイッチ内部の接点不良を疑い、CAIG D-5を注入して洗浄しました。RFメーターは正常に動作するようになりました。そういえばHVは・・・。こちらも直ってます。どうやら接点系が相当草臥れていそうですね〜。14MHzはOKですが、21MHz…(Read More)