投稿 From the daily archives: "水曜日, 4月 10, 2019"

 おはようございます。4月半ばですよ!? 寒いですぅ・・。多分5℃くらい。横浜は一日雨とのことですが、北関東は雪が降っているとのことです。 FT-1000MP Mark V 作業中  facebookにも動画を投稿しましたが、我が家の水槽は出産ラッシュです。60cm水槽にプラティ4匹、ネオン3匹、コリドラスにオトシンとヌマエビ数匹が混泳しています。以前はネオンが主体で20匹ほどいましたが4年で半数以下になりました。プラティは結構デリケート、多いときは水槽内で生まれた稚魚が育ち、20匹近くいた時代もあります。その後、水質の悪化などで数を減らして当地に引っ越してきた頃に3匹が1匹に、最後まで残ったのは我が家で出生した(一歳の)ミッキーマウス・プラティ(雌)です。寂しいので3匹のオレンジとレッドを入れました。中に元気の良い雄がいて、程なくミッキーのお腹が大きくなりました。稚魚が泳ぎ始めて数週間になりますが、既に30匹を超えました。プラティは卵胎生なのでお腹の中で孵化します。母親のお腹から出てくる時は既に魚の形になっていますが、成魚が食べてしまうため水槽内に放置した場合、生き残るのは僅かです。偶々我が家の水槽には稚魚が隠れる場所が沢山あったからでしょう。本来は産卵用のケースに雌を移して稚魚を保護するべきなのですが、ブリーディングしているわけではないので、そのままにしてます。現時点で水槽内ではマジョリティ(多数派)ですから。このままだと毎月出産しそうな勢いです。どれくらい残るか楽しみです。 Mark V 送受信ともにアウト!!  PLLアンロックではありません。完全にハードウェアトラブルです。「3.5MHz(FT8)フルデューティで送信中、急にパワーダウンし受信も出来なくなった」とのことでした。最近“FT8”に絡むトラブルが多いですね〜〜〜汗 マージンを考慮して設計されているとはいえ、SSBやCWとは比較にならん負荷が掛かりますので注意が必要です。症状についてですが、送信自体は可能でした。しかし、SWRが異常に高く、すぐにプロテクション動作が介入してパワーダウンします。ディテクタからANT側のトラブルとみて間違い有りません。PAユニットの出力をダミーロードに繋いで送信したところ、200Wのパワーが問題無く出てきます。本機は送受切替ではなく、RF回路に繫がる受信回路への分岐をON/OFFするリレーが付いていて、送信回路は常に接続された状態です。TC-112NVというCANタイプのリードリレーが入っています。ここが故障するケースが多いですね〜。多くは接点不良で受信だけできなるのですが、RFがGNDに落ちてしまうケースもあるようです。因みに本機のTUNERユニットをバラすのは一苦労です。「誰が設計したんだぁ!!」と叫びたくなるようなカオスな構造!! 何とか制御基板を取り出しました。PAから来るTX信号をチューナー回路とスルー回路に分けるリレーや、2系統のANT切替、更に受信信号を取り出す回路が混在しています。やはりTC-112NVが壊れていました。しかもTX時にRX回路へ導通しちゃってます。汗汗 ということは、受信回路に200W越の信号が直入したということ!? RFユニットのRX端子にSSGの信号をインジェクションしてみたところ、通常30dBµVでS9振るはずが、何も聞こえません。ゼネカバ側を含めた全周波数とも一緒です。100dBµVくらい突っこむと微かにビートが聞こえているのが確認できました。フロントエンドが完全に破壊されています。涙涙 メーカーなら確実にAssy交換を要求するところです。勿論Assyなんて入手不可・・・。工数制限が掛かっており、二進も三進も行かない状況でしたが、オーナー様と協議の上「リスクを承知の上で」前に進めることにしました。 リレー入手不可!!  このリレーはメーカー特注品で市場流通がありません。去年まではヨーロッパのディーラーがストックしていたものを分けてもらっていましたが、問い合わせたところ「在庫ナシ」との返答です・・・。困りました。(オーナー様に入手可とお伝えしたあと、欧州のメーカー系ディーラーから“ナシの”返事が・・・汗)ダメ元でヤエス本社にも確認しましたが、とっくに在庫ギレで再発注の予定は無しとのことでした。勿論デバイスメーカーの沖田製作所も確認済です。こうなったら「あの方法」しかありません!。端子側に200Wを超える大電力が通過しますが、リレー回路内を流れるのはRX信号だけです。ON→OFFの高速スイッチング特性を優先して手持ちのリレーを漁ったところ、東京ハイパワーのリニアに多用されているTAKAMISAWA(富士通)製のリレーに手頃なものを見付けました。接点開放速度が5msとなかなかの高速特性を誇るリレーです。しかも、リニアに使われているリレーなので耐圧はそこそこあります。ピン配列やサイズが異なるのでポン付けとは行きません。リレー設置位置に逆さに置いたリレー本体をボンディングして、リードバイパスで基板パターンと接続することにしました。ソレノイド側にはRF回り込みによる誤動作を防ぐ策としてRFCとフェライトビーズを装着しました。制御回路はそのままでテストしたのですが、どうにもリレーが閉じたままになります。このリレー、TC…(Read More)