投稿 Currently viewing the category: "ライフスタイル"

 おはようございます。未明から明け方に掛けて、目が覚めるほどの轟音を伴いながらの雨嵐でありました。台風20号は日本海に抜けましたが、関東地方を線状降雨帯が包み込み横浜にも帯が掛かっていた様です。  丸一週間お休みを頂き、前半は家でまったり、後半はリウマチ治療を兼ねて修善寺へ旅行してきました。会社が保養所契約しているラフォーレ修善寺リゾートに二泊し、小生はアマチュア無線・温泉三昧、子供達は自転車や卓球など充実の時を過ごすハズでした。(・・・??)   またもや「食い気」が大暴走してしまい、初日から食い道楽のオンパレードでありました。蕎麦の名店「禅風亭なゝ番」に始まり、韮山の「源氏」でうな重(1.5匹)等々・・・。  因みに修善寺といえば、自転車乗りのメッカであります。競輪の養成所に隣接するサイクルスポーツセンターはちょっとした遊園地でして、自転車を使った様々なアトラクションが体験できます。因みに前回ココを訪れたのは約半世紀前でした。(苦笑) 5kmコースは自動車メーカーのイベントのためクローズ、倅はファミリーコースにMTBで挑戦。ここで問題発生・・・。転倒して上顎を縁石にぶつけ前歯が奥に入ってしまうというアクシデントに見舞われました。伊豆長岡の歯医者さんをご紹介頂き、予約の合間に診察治療を受けることができましたが、中日は完全に予定が狂ってしまいました。(汗) 伊豆長岡・池田歯科の池田院長先生、本当にありがとうございました。  初日に立ち寄った「虹の郷」は大人も楽しめる庭園形テーマパーク。世界最狭軌 381 mm (15インチ)ゲージのロムニー鉄道は遊具ではなく“本物の鉄道”です。 FT-817 + Whizz Loop で宿内からQRV  以前ご紹介した英国のオモシロANT「Whizz Loop」を使って、QRP運用にも挑戦してみましたョ。平日ということもあり、何処のバンドもスカスカです。辛うじて18MHzと50MHzで信号を確認しました。ロケーション的には山の頂上付近で、ゴルフ場のコースが目の前に広がる場所です。無線には好都合のハズ。コンディションが悪かったみたいです。クルマに積んでいるFT-857 + ATAS-120でも結果は一緒でした。驚いたのは、Whizz Loopの場合、室内・ベランダとも受信信号強度に差が無いことです。試しにHF用のテレスコANTに切替てみましたが、室内では全く聞こえません。また、屋外でもWhizz Loopほど感度があがりません。やはりマグネティックループの威力でしょうか。18MHzで三重の局、50MHzでは静岡県内(富士市・函南町)の局とQSOさせて頂きました。出力は何れも0.5W程度です。6mに関してはバッテリーの都合上、最低出力に絞って運用しましたが、50Wの相手局57に対して、自局51のリポートを頂いたので十分満足できる結果かと思います。7K1BIBさんからは、札幌にて「1階室内、隣の家が近い窓際、10wで、3・4・6エリアも楽勝だった」とのインプレッションが届いております。Whizz Loopはお奨めできるQRPアイテムです! 当局のバッテリー切れによりファイナル途中で尻切れとなってしまったJS2EEF 局、内容は全てQSLですのでカードをお送りします!!  そんなわけで紆余曲折ありましたが、アッという間の二泊三日が過ぎました。 FT-1021Xのフィニッシングに向け  長期対応中のFT-1021Xでありますが、休み前にお伝えした状態から特に変わりはなく、今朝の時点で安定して動作しておりました。VCO内のインダクタ(4.7µH)を小突くとノイズが増減するので、ここだけ交換しておこうと思います。問題無ければ、週明けにC/Oできそうです。  今日は休暇中に溜まった「お問い合わせ」「修理ご依頼」のお返事に一日掛かりそうです。明日は午前中より「ハムフェア会場」に居ります。多くの皆さんにお目に掛かれることを楽しみにしています。(^_^)v…(Read More)

 おはようございます。快晴の横浜北部であります。午後には20℃近くまで上がりそうですョ。週末は低気圧接近にともない強風と雨に見舞われました。クルマのサンルーフを閉め忘れて一晩放置、気付いたときには既に遅しでありました。シートはビショ濡れ、センターコンソールには1mm程度水が溜まっていました。汗 雑巾で拭き取りましたが、エアコンを付けると嫌な臭いが出てきます・・。  正確には閉め忘れではありません。(サンルーフを開けた記憶がない)去年の夏に小諸の宿の駐車場でも同じ失敗をしていますが、どうやらキーレスエントリーに絡むエラーの様です。BMWのキーレスエントリーにはボタンを“長押し”すると全窓をフルオープンにする機能があり、窓だけでなくサンルーフも全開状態になります。しかし“長押し”をした覚えはありません。時々起こる現象なのでネットで調べてみると同様の事象が多数報告されていました。金曜日の夜、クルマを降りた際にフルクローズ・ドアロックを確認したあと、クルマから離れようとした歳に窓が勝手に開きました。キーレスキーは手の中にありましたが、フルロック後ボタンには触れていません。パワーウインドウが作動する音が聞こえたため、再びアンロックしてドアの内側にあるパワーウインドウのスイッチに手を伸ばし前後4枚の窓は確実に閉めたのですが、サンルーフの確認を忘れてしまいました。金曜から土曜にかけ雨が相当降ったと思います。  キャリアを一定時間以上受信すると反応するとなると厄介ですね〜。315MHz帯が使用されていると思われますが、ちょっと調べる必要がありますなぁ。今日は天気が良さそうなの、マット乾ししようと思います。土曜の朝クルマに乗ろうとしたらクルマの中からスズメが二羽飛び出してきました。(ホントの話)   その後はいつものキャンプ仲間とBBQを楽しみました。寒かったです。近隣に最近オープンしたBBQPITという施設を始めて利用しました。  正直あまりお勧めしません。料金高め・食材少なめ・サービス最低(バイト君に罪は無いが)・・もう二度と使用することはないでしょう。やはりBBQは時前に限ります。この金額なら、居酒屋行った方がいいな〜〜。まぁ、子供達は楽しかったみたいなので由とします。facebookでデイキャンプのグループを主宰している関係で、3月〜10月は定例キャンプ+BBQをやってます。こちらはメンバーを募集中ですので、facebook経由でご連絡頂ければ幸いです。 無線局免許更新・設備変更すべて完了  5月に期限切れとなる固定局免許の更新と、移動局の設備変更審査が全て終了したようです。金曜日にチェックしたとき移動局の方は“審査中”のステータスでしたが、今朝確認したところ“審査終了”になっていました。やっとクルマからFT-857DMでQRVできます。固定局の方は単なる更新手続きでしたが、使用する予定のない無線機(送信機)も含まれるためこの際一掃しようと思います。しかし、この手続きの煩雑さがアマチュア局の減少に繫がっている気がするんですけど・・・。そうそう、免許失効中の愚妻のコールサインも復活申請しておきました。1アマ従事者の娘の免許も申請しようと思ったのですが、本人と全く連絡がつきません。完全に嫌われているな〜。 IC-775の3KVコンデンサー到着  てんやわんやの週末が終わりました。お仕事モードに入ります。  IC-775のチューナー修理ですが、ラボに部品が届いていました。本日中に交換実施する予定です。リレー1個について焼けた痕跡を確認しました。導通は確認できましたが、メンテナンスフリーで中の状態が確認できません。過電流・過電圧による発熱でケースが焼け爛れただけなのか、電極が異常接近し容量結合を起こしているのか・・・。一つずつ潰して行きたいと思います。   今後の無線機修理について  現在TS-50もラインに上がっています。担当エンジニアによると、PLLの他にDBMも故障しているとのことです。こちらは、DBMを修理しませんと他の故障が確認できない状態です。部品調達の可否と作業見積を進めているところであります。その他、以下の順番で修理対応させて頂く予定であります。 IC-775 TS-50 C58 IC-731 FT-690 TS-690 その他の無線機など  今週も宜しくお願い致します。m(_ _)m   &nbsp…(Read More)

 おはようございます。二週続けて変則スタートの「週明け号」となりました。今朝は3月下旬並みの陽気になるとのことです。先週末には雪マークが見え隠れしていたのですが、どうやらクリアになったみたいですネ。日〜月と嘱託先のレクに家族で参加の為、静岡県下田市の保養所で一泊しました。ここを訪れるのは40年ぶりです。  父も同じ会社に勤務していた為、高校生の頃までは家族と頻繁に訪れていた施設です。その後完全に立て直したとのことで、かつての面影は全くありません。(後で古いアルバムでも漁ってみよう)伊豆急下田駅からクルマで10分ほどの下田市入田浜(海水浴場)が正面に広がる好立地です。今回は同僚数家族と施設内でBBQなどを楽しみました。  部屋からは利島・新島・式根島・神津島が目視できます。シーズンオフで静かな浜辺でFT-897DMの電源を入れると、スクリュードライバー・アンテナ(ATAS-120A)越しにノイズレスの電波がガンガン入ってきます。こんなの何十年ぶりでしょう・・・。久し振りに移動局として7MHzに出てみました。8エリアの数局をコールし59を返して貰いました。やっぱり海辺は飛びますね〜〜。そう言えば、このATAS-120Aはアパマン時代には固定で大活躍したな〜〜〜。今よりも明らかにノイズが低くて無線のアクティビティーも高かったです。(汗) このアンテナ、SWRが1.5以下に下がらないとチューナーがアンロック状態となり使えないのですが、本来用途のモービル使用なら写真の様な編み線でボディーアースすると全バンド使用可能です。これ1本で7MHz〜430MHzまで出られますが、トラップコイルを使わないモノバンド・ホイップとして動作します。比較的に径の太いコイルのタップを移動させてチューニングさせる仕組みですが、モーター制御部に浸水して放置すると、基板がドロドロに腐食して使い物にならなくなります。従いまして、雨天使用後には乾燥させる必要があります。しっかりとGNDループを形成できれば飛ぶアンテナですので、機会があればお試し下さい。ヤエスの小中型HF機専用ですけけど、工夫次第で他メーカー製の無線機でも使えます。昔、このブログの何処かに回路図を書いて載せた記憶が・・・。 ATAS-120の制御回路に関する過去記事 ATAS-120を非対応無線機で使用するコントローラー(回路図 PDF)    話が脱線しましたが。伊豆旅行は無線とは無縁の旅なので、QRVは伝搬実験程度で終了。メインは「釣り」でした。下田港まどか浜海遊公園の岸壁からのトータル4時間程度、キスなど小ぶりの魚数匹がヒット。(全部リリース・・BBQ前に釣るんだった・・汗)、隣では立派なクロダイを上げてました。深い所だとアオリイカも釣れるそうです。 今後の修理予定について  現在、小生のラインにはRJX-601(二台)が、隣にはC5800が載っています。リモートの第4ラインでは部品待ちのTS-830Vの他に、作業中のTS-790(二台)が待機中です。小生担当のRJX-601については、CAL用水晶の在庫が切れており、届き次第作業を再開させます。(予定では本日着荷)また、先日、納品したFT-847が再び症状が出始めたとのことで戻ってきました。検査の結果、430MHzPAユニットの腐食部分に装着されていたドライバ段(POモジュール)の足二本がぐらついており、内部にまで錆が移ってしまった様です。この石は入手困難でして、三菱製の同クラスの石にて代替交換することにしました。こちらも国内在庫が無いため、海外から取り寄せ中です。こちらは当初予定より大幅に遅れており、昨日2/26到着との連絡が入りました。 RJX-601(その1)第1ライン担当  RJX-601(その1)第1ライン担当  TS-700 第一ライン担当 C5800 第2ライン担当  IC-821 第2ライン担当  TS-790(その1)第4ライン担当  その他の無線機など  以上の順番で作業に入ります。今週も宜しくお願いします。m(_ _…(Read More)

 おはようございます。三連休明けの火曜日であります。今朝も零下を記録した快晴の南関東です。今週も変則投稿になりますことお許し下さい。また、今週末も伊豆下田へ移動となりますため、来週も火曜日が“週明け号”発刊日となりますことご理解ください。今回はイン・アウトとも充実した週末を過ごさせて頂きました。  土曜日は雨の予報だったのでインドア・アクティビティを優先、グリーマックスのキットを組んだり、壊れたTS-930を突貫修理したりで一日が終わりました。修理関係の話題に繫がるネタですので、後者について触れたいと思います。 連休初日(午前):個人所有機の修理  【2018/02/09】号で触れた通り、拙宅のTS-930が突然ダウンした件です。やはりオリジナルの回路とは電源部が異なりました。整流ユニット自体のナンバーは一緒でしたが、中身がかなり異なります。この辺りの詳細については基板のレイアウトが異なる点のみサービスマニュアルに記載がありましたが、肝心の回路図についてはオリジナルのものしか添付されていません。仕方ないのでバラして確認することにしました。オリジナルでは28Vラインから12V系、5V系が抵抗分圧されています。1/2Wの抵抗が使用され冷却ファンユニットに装着され強制空冷される仕組みです。12V系については個体全体で相当量の電流消費となるため、発熱量もかなりのものになっていた思われます。後期バージョンでは、トランスのタップから直接半波整流されたDCを受け、トランジスタ2石の定電圧回路を経て12V系を出力、更に5V系を分圧していることが判りました。リア・ヒートシンクに直付けされたパワートランジスタにバイアスを供給しているスイッチング・トランジスタ(2SC2235)が壊れていました。Vcbo/Vceo共に120VでPc=900mWの石です。同じ石はシャックには無いので、適当なものを漁ってみると2SC2655(Vcbo/Vceo=50V、Pc=900mW)で代用できそうです。ここはDC30V以下ですから定格内です。 周辺のケミコンをチェックすると小容量のパスコン一個が完全にパンクしていました。デジタルユニット側の異臭もケミコンパンクによるものでした。この際に、周辺ケミコンを10個程度交換し作業完了、JG1BVX所有のTS-930は完全にカンバックです。 連休初日(午後):GMエコノミーキットを組んでみた!!  次は鉄ネタであります。準備中のスハフ43、マニ35に加え、東急デハ3700(4両)を一気に組みあげました。前者についてはGM鉄道カラー「ぶどう色2号」が入手困難につき、やむなく筆塗りで車体塗装にチャレンジしました。塗り面を事前に洗浄し、うすめ液で適度に希釈しておけば、そんなに難易度の高い作業ではないのですが、やはり面倒ですね〜〜〜。スプレー缶で数秒の作業が、筆塗りだと(重ね塗り等を含める)と正味一時間は余計に掛かります。仕上がりも段違いです。瓶入りの塗料も希釈してからエアガンで吹き付ければ良いだけの話ですね。勉強になりました。後者はスプレー缶でボディ・屋根・下回り全てを仕上げました。Hゴム部への色刺しにも挑戦してみました。走らせて遊ぶことが主目的なので、多少の粗さはご勘弁ください。(笑)いやいや、エコノミーキットって結構楽しいかも知れません。“旧型国電もいっちゃおうかな〜〜” 完成品のネタになりますが、KATO飯田線シリーズの32系、42系、51系の各シリーズも、いよいよコンプリートに大手が掛かりました。やはり旧型国電はイイっす!! クモハユニ64は茶色塗装時代・晩年のスカ色時代の両方が製品化されており、スカ色の晩年を再現したモデルを入手しました。よく見ると、正面の運転席側窓が両モデルで造り分けられているんですね。(スカ色時代モデルはHゴム化後を再現)この拘りは凄いです。因みにクハ68400に関して細かなディティールに拘って造り分けされてます。キットでも造り分けはありませんし量産製品でここまで拘っているのはスゴイ!。“底なし沼に填まってしまいまそう・・・” 連休最終日:チャリンコ活動  昨日は10kmほど軽くポタリングしてきました。先日下の倅が16インチ車のお下がりを頂きました。12インチからグレードアップと言うことで、16インチ初ライドにチャレンジです。いつもの寺家町方面ではなく、横浜・川崎の境界付近にある美味しいパン屋さんを目指して、散歩がてら出発しました。当地周辺はパン激戦区で、遠方からにこられるかたが居られるほどの有名店が幾つか競り合ってます。中でも“Prologue”は我が家の御用達!。石坂浩二さんや紺野美佐子さんもご愛用のお店であります。お店のテラスで美味しいサンドイッチとコーヒーを頂いて一休み。復路は連続上り勾配が続きますが、“12インチ時代に上り切っているので問題ないだろう”と思いきや、風が吹き始めたとたん急激に気温が低下、倅がブルブル震えながら泣き出しました。こりゃ〜いかん・・・・。娘に電話してクルマで迎えにきてもらいました。10km…(Read More)

 おはようございます。氷点下です・・・寒っ! 東京も横浜も明け方にマイナスを記録したようであります。只今、午前7時過ぎでありますが外気温0.5度です。ここまで下がると自転車にも乗り気になれませぬ。と言うことで、本日も年末進行で超弩級に多忙であります。これから歯医者へ、その後は赤坂詣でであります。サクサクッと・・・。  週末は自動車の整備にチャレンジしました。若い頃はリジットラック(あて馬)にクルマを載せて、オイルを抜いたり、マフラー交換したり、フェンダーやバンパーくらいなら鈑金もやりました。(オンボロTE71時代の話)とにかく、機械弄りが好きなんですね〜〜〜。ww なので一通りの工具はありますし、学生時代はスタンドでバイトしていたクチです。この辺りは、無線機修理にも通ずるかな?? 愛車BMW 335i Touring “M” sports Packageのエンジンフードを支えるダンパーがへたって上昇状態が維持できなくなりました。一年以上放置状態でしたが、ディーラーに修理を依頼すると4万も取られることが判明。正規部品に交換工賃を考慮すればやむなきところであります。Amazonでパーツを検索したところヒットしました。しかも値段は8,000円程度です。ブッシュ交換やサス交換などの力仕事は流石にやる気もおきませんが、構造を確認したところ10分で終わりそうな気配・・・。え〜〜い! ポッチとな・・・。 ・・てな訳で、久し振りにボンネットを開けてみました。過給圧コントローラーを調整して以来なので、半年くらいエンジンルーム見てなかったかも。どんなパーツかというと、オイル封入式のダンパーで、細めのショックアブソーバーです。これがボンネットの両側に付いているのですが、経年劣化でボンネットカバーを支えきれなくなりました。正規ディーラー経由で純正部品を購入すると3万円程するそうです。勿論、部品のバラ売りは受けてもらえません。作業も依頼することになります。調べてみたところ、純正部品はSTABILUSというドイツのメーカーがOEM供給している様です。購入したのは、そのメーカーの製品でした。他にもサードパーティ製が出回っている様ですが、保安基準に触れる様な箇所でもないので、機能すれば良いのかと思います。 ダンパー取り付け部の構造を見れば解ると思いますが、バネ状の爪が両側から噛みこむ様な構造です。反対側に巻き付いているバネ部の下にマイナス・ドライバーを突っ込む隙間がありので、そこに適当なドライバーを突っ込んでこじ開けると簡単に外せます。両側のダンパー交換に要した時間は5〜6分でした。正規ディーラーだと、たったこれだけで15,000円は取られます。入庫手続きなどの事務処理、ライン確保、調達発注を考慮すれば当然の工賃ですが、金の掛かる外車の継続的な維持費を考慮するなら、自分でできることは自分でやらないと底なしヌマです。無線機もですが、、ね。汗  本日の予定 ラボではTS-830とFL-2100Bの査定に入っています。後者については数日要しますが、前者は今日明日には見積もりを確定させたいと思います。因みに小生は、終日コンサル作業で、帰社後にIC-271の負荷テストです。取り敢えず、未入庫のLS-102Aを残し、年内の取り扱いは以上になります。後ほど、TS-520X、IC-271の動画をYouTube…(Read More)

 おはようございます。今朝は少し気温が高めです。忘年会シーズンに突入しましたが、暫く出張が続くため調整が難航しています。汗 3月までは福岡と横浜を行ったりきたりの生活が続きそう。因みに、弊社の本業は放送局関係の取引が4割、IT関係が2割、航空保安系2割で、その他の2割にアマチュア無線関連が含まれます。アマチュア無線系の仕事としては、リモート・システムの設計・施工とメンテナンス業務がメインですが、そもそも小生の趣味を会社に持ち込んでしまったコトが切っ掛けでした。汗汗汗   ローカルOMの無線機を個人的に修理したのが切っ掛けで、クチコミが拡がり方々から来る修理ご依頼をお受けしているうちに、いつの間にか社業になってしまったというのが実情。少なくとも5年前はIT系の仕事が5割を占めていました。(小生が社長になる前)。。。それがこんなコトになってしまったぁ。風呂敷を広げちまったからには、やり抜かねばなりませぬ。(>_<) とは言え、本業たる中継技術関係のお仕事が会社を支えている以上、疎かにはできませぬ。先週はアマチュア無線関係の忘年会でしたが、一昨日は放送関係の仲間との宴でした。この仲間とも10年越しの付き合いです。放送とネットを繋ぐ為に奔走した面々で、放送局のデジタルフロントを担ってきた人達です。氏家さん(写真奥)は、元TBS経営企画局長で6月に卒業し、現在は“NewsPics”や週刊誌にコメンテーター、放送批評懇談会の機関誌『GALAC』編集委員、メディア論ブログ『あやぶろ』主宰としてご活躍中です。当ブログにも度々登場されていますが、江ノ島ヨットハーバー中最大の艇を所有され、レースにも出場される腕前です。外洋に出るなら、暇つぶしの為にも“Maritime Mobile”をオススメしており、「時間あるから免許とろうかな〜〜」と言ってます。 FT-757 ドライバ用トランジスタを発注!!  重篤状態が予想されるFT-757GXでありますが、オーナー様と協議の結果修理を続行することに致しました。まず電電が入る様にせねばなりませぬ。こちら、国内に流通在庫が見つかりません。海外からの取り寄せとなりました。既にシップアウトされている様ですので、週明けには交換作業に入れるものと思われます。 TS-520の状況について  こちらは、状況分析中でしたが、担当エンジニアよりレポートが上がってきました。受信限界感度は、SGで入力を入れ、ビート音が感じられる最低レベルをテストしてみましたところ、全バンドで-130dbmと言うことになりました。こちらは調整次第で改善の余地はあると思われます。送信はドライブコイルの調整を行いましたが、高い周波数で出力が落ちる傾向が あります。原因はこれから調査しますが、球ボケ・カップリングコン・中和ズレの可能性もあります。ざっと見たところ、かなりあちこちいじられているようです。(P板にフラックスが残っていたり、プロらしからぬ半田付けの跡が見られます)AGCラインの不具合は、これから回路図を追いかけ、不具合箇所を特定します。  今日は無線機修理に集中したいと思います。昨日はお休みだったこともあり進捗停滞気味です。ラボの1〜3ラインには、写真の無線機の他、棚に上げられない大型機器が2台を倉庫から引き上げてきました。頑張りたいと思います。m(_ _)m  皆様、良い週末をお過ごしください。       &nbsp…(Read More)

 おはようございます。今日も秋晴れの素晴らしいお天気ですが、気温はグッと下がりました。軽く鶴見川を走ってきましたが、吐く息が白いです。もう11月も半ばに差し掛かり、小生にとっては例年通り最も忙しいシーズンに突入であります。そんな訳で、今年最初の忘年会(勝手にそう思っている)に参加して参りました。銀座の某蕎麦懐石の店にご参集された”HAM rumores”(w)のサビの効いた裏話に大いに盛り上がってきたところであります。次回開催は1月を予定、JJNさん他オリジナルメンバーを招集して市年会をやろうと云うことになりました。今からワクワクであります。  土曜日は我が家のガレージでBBQ。倅の同級生ファミリーをお招きし、肉+燻製でビール・ワイン・焼酎を開けまくり・・・。“これじゃ体に良い訳ないよ ♪♪” てな訳で、最後はパパだけで男子トーク炸裂。帰宅途中のご近所様も巻き込んでの““ご機嫌な肉フェス””でありました。例の燻製器もやっと使いこなせるようになりましたョ。大量の食材は一気になくなり、最後は冷蔵庫から色んなものを出して燻製器に放り込んで燻しまくりです。気付けば24時をまわり、翌朝はいつもの反省モードです。楽しかったので由とします。 今週は校正ウィークです!  今週はラインを止めます。測定器の多くが半年に一度の校正ウィークに入りました。オシロ・スペアナ・ミリバルなど、主要な機材が使用不可状態です。小生はバックオフィスで伝票整理ですが、こちらの方が骨折り作業かな・・・。着荷業務は平常通りですので、11月第2週着荷指定のオーナー様は修理品をご発送ください。 FT-715H 作業終え!!  お待たせを致しました。FT-715Hの修理が終わりました。こちら“AF VRが効かなくなってしまった”とのことでお預かりしました。ボリュームの摺板が軸から外れてしまいグラグラです。ヤエスさんには在庫はありません。運良く指定部品をサプライヤーが見付けてくれ、修理させて頂いた次第です。FT-215も同じ部品なので暫くは修理対応できそうですョ。 【ご依頼内容】 AF VRが効かない について、修理を承りました。 【工数】  2.5人日(故障箇所特定・部品調達・交換修理作業・負荷テスト) 【交換部品】 基板実装型、単連一軸 ポテンションメータ(VR)×1個   FT-715H、これにてC/Oであります。 今後の修理予定について  先刻の通り今週はラインを止めています。測定器レスでも作業可能な案件は前倒しで着手させて頂きます。ラインナップは以下の通りです。 TR-851 NRD-515 RJX-601 FT-847 TS-520 その他の無線機など  今月も6エリアへの出張が入っています。19日〜20日を予定しておりますので、次回“週明け号”はスマホ投稿となりそう・・・。今週も宜しくお願いします。m(_ _)m…(Read More)

 おはようございます。いよいよ8月最終に突入であります。中期予報では8月中は曇り空が続くと言っていましたが、連日“猛暑日”が続いておりますぞ。只今午前9時、曇りですが既に外気温は30度を超えております。  来週末はハムフェアですね。小生も土曜日に出掛ける予定です。今年はメーカーさんの助っ人やHAMSTARの出展もなく、特にオフィシャルな用事はないのですが、業界の皆様にご挨拶する重要なイベントです。また、当ブログの読者の皆様にお目に掛かれる(Eye Ball QSOできる)チャンスでもあります。無線機修理・技術相談など、BVXを捕まえて頂ければ対応しますョ〜〜!! ということで、例年通り433.000MHz(FMメイン)をワッチしておりますので、呼出してみてください。開場から14時くらいまではビッグサイト内に居ると思います。立て込んでいなければ必ず応答します! 耳にはBluetoothヘッドセットを装着してますんで・・・。因みにカードも“即発行”出来るよう持参します。笑 先週末は“自転車”&“釣り”  facebookには投稿済みのネタですので、既読の方はスルーで・・・・。週末のアクティビティーは、ツールド東北に備えた“自転車の追い込みトレーニング”と“鎮守府詣”でありました。  リウマチ性多発筋痛症はクスリ(ロキソニン)で散らしていますが、段々なれてきました。最初は「諦め」モードでしたが、毎日基礎トレと15分×3回の入浴を続けることで、関節の筋肉がかなり柔らかくなったような気がします。土曜日は拙宅から大山ヤビツ峠(往復100km)をトレ走してきました。帰りしなにドロハンに巻き付けているバー・テープがズルズルと滑りはじめたため、帰宅後に買い置きしてあるfi’zi:kのバー・テープに交換。ペダルも競技仕様のSPD-SL(ULTEGRA)に換装です。来月16日にはツールド東北本番であります。最近は11速や電動変速機がトレンドですが、そこまで必要としません。一応フレームは対応しているみたいですけど・・。従来型10速仕様のアルテグラで十分です。時間を競う様な“走り”はできなくなりました。  翌日曜日は横須賀へ、いつもは長浦岸壁へ向かうのですが、今回は釣り具を担いで平成町の「海辺釣り公園」が目的地です。横須賀には良好な釣り場が沢山あります。東京湾の豊富な魚種に加え、外海に生息する魚にも出会えるスポットとして人気があります。“お空の釣り”(アマチュア無線)ならまだしも、ホンモノの釣りはズブの素人です。主にキャンプ時に遊びで渓流釣りする程度? なので、何でも良いから釣れれば良いのです。笑 仕掛けは「堤防釣りの定番」である“ サビキ釣り”ですが、釣り具はアマチュア無線に使用する(爆)グラスロッドに小型のリールと細めのラインです。釣り場近くの上州屋に寄って餌と共にサビキ用のセット(針・コマセカゴ・浮き・おもり)を買っていきました。11時過ぎから15時まで倅と二人、投げ続けましたが、最初の二時間はヒットなし。周りの釣り人達も同じ様な状況です。ココは早朝か夕方が釣れるそうです。14時過ぎにタナゴが数尾、アジ一尾が掛かりましたが、時間切れ。釣った魚と余った餌を隣の釣り人に差し上げて、遅めの昼飯にドブ板通りのTSUNAMIへ・・・。 3ヶ月ぶりのTSUNAMI  鎮守府詣でと言えば横須賀ネービーバーガーであります。前回は雨の中、30分待ちしましたが倅が限界だったので、姉妹店のサーフタコでした。TSUNAMI本店は一年ぶりです。そして二年ぶりに(何も考えずに)ロナルド・レーガン・バーガー(通称 ダブリュ“R”)を注文。後からメニューに1050gの記述を見付けましたが、既に遅し・・・。百歩譲っても食べられるわけがありません。そもそも倅と半分ずつにしようと思っていましたが、1050gは3〜4人掛かりですね。前回はポタリング中に自転車仲間3人で一個をシェアしたことをすっかり忘れていました。ところが、心配をよそに、倅が半分をペロッと平らげてくれました。残りの1/3は嫁の助けを借りてなんとか間食です。因みに、嫁は既にクォーターサイズの巨大なバーガーを食べきった後です。恐るべし母子・・・。既に17時を回っています。食後の運動は必須・・・。TSUNAMIのあるドブ板通りから海自地方総監部まで散歩することにしました。  週末の横須賀基地には「いずも」と「きりしま」が、潜水艦パースにも“そうりゅう”型、“おやしお”型が一隻ずつ停泊していました。ベルニー公園の北端(長門主砲前)で折り返し帰路を歩いていると、「10秒前!」の号令が基地のスピーカーから聞こえてきました。続いて信号ラッパが流れ「時間!」の号令に続き「君が代」が流れ始めました。対岸の潜水艦上には当直士官と海曹がビシッと整列し、艦尾の自衛艦旗に向かって敬礼しています。国旗降ろしの時間でした。陸・空自衛隊は17時に国旗を降ろしますが、海自は旧海軍の伝統をそのまま受け継ぎ、日没時が国旗降ろしの時間です。基地に停泊する全艦艇と地方総監部屋上の国旗が同時に降ろされました。実はこれを狙ってベルニー公園まで徒歩遠征したのであります。www 良い具合にロナルド・レーガンが消化されたようで、胃もたれナシ!! 横須賀を後にしたBVX一行でありました。 今後の修理予定について  TS-850に引き続き、IC-820を拝見しました。こちらPTT異常で送信しっぱなしになってしまいます。その他、PLLアンロックも出てます。ロジックICのSENDコマンドをON/OFFするヘキサ・インバータの故障を疑っています。こちら、ディスコン部品が多いため部品入手に少々時間が掛かりそうです。(海外調達)またTS-850も作業続行のご指示を頂戴しております。今後の作業予定ですが、以下の順番で作業します。RJX-601は小生が担当する関係で、作業順番が入れ替わっておりますが、今日着手します。 RJX-601 FT-757 FT-736 HL-150B…(Read More)

 おはようございます。大型台風が西日本で猛威を振るっています。これから東日本が暴風雨圏内に入りますが、日本列島を縦断しそうな進路です。皆様、台風情報には十分お気を付け下さい。午前7時の横浜は快晴のお天気です。午後からは雨の予報です。先週末は再び肩が痛み始めた為、予定していた横須賀鎮守府詣ではキャンセル。“しらせ”との再会は来年に持ち越しです。久し振りに中華街でランチのあとは、ラボワーク(涙)。ワケは後述します・・・。  拙宅ではいよいよ「“六畳+”鉄道」の拡充工事の為の部材集めを開始しました。前回作成したA案だと、転車台を含んだ機関個部分がレイアウトの中心にきてしまうため、留置中の機関車のディティールを楽しめないという、大きな問題が発覚(笑)。そこでB案を倅が描いてくれました。(ザックリしたイメージ出し)それを小生がレイアウト・ビルダーで纏めたものが以下のB案です。コストを抑える為、ポイント類はヤフオクで中古を中心に漁ることにします。転車台はAmazonで新品を購入。予算は50,000円です。拡大部分は90mm×1200mm(レイアウト・パネル二枚分)ですから、かなり制約があります。ここに機関庫・機関区・留置線を追加します。A案の場合、パネルの向きが異なり60mm×1800mmとなります。このパターンの方が超編成を何本も留置可能です。まぁ一長一短ありますね〜。仕方ない・・・。スペースの有効利用という点ではB案です。お盆休みまでに部材を調達して建設に掛かろうと思います。 TS-811 は作業(中断)終了  コイルの修理作業についてはオーナー様より作業見合わせのご指示を頂きました。10dB程度感度が不足しますが強電界(ローカル・ラグチュー)などでは問題無く使用できると思います。コイル部分は線材が溶断していても、ある程度は聞こえる様です。一応、各部の調整だけはやっておきました。残念ですが、ここまで・・・。 TS-780 週末作業でチェックアウト  またまた伝票に型式記載がございませんでした。(汗)こちらは箱にTS-780と書いて頂いていましたが、担当者は伝票を見ています。「箱と中身が異なる」ケースが多いため、伝票に記載されている内容を優先させて頂いています。保管場所は薄暗い倉庫、平積みされた段ボールからは直書きされた文字は読めません。着荷時に剥がした伝票が全てなのです。「無線機修理はまだですか〜〜」とお問い合わせメールを頂いていたのでお名前から検索しました。常時20台以上お預かりしているため、伝票に型式記載がないと予約表との照合ができません。“名前でリストしろ!” と言われるのですが少々事情がございます。(説明すると長くなるので・・)他に方法があれば良いのですが、数人で回しているラボ故、コレが限界です。皆様のご理解とご協力をお願いする次第です。。。  ご安心下さい。作業順番に変更は生じておりません。週末返上で作業しますんで・・・。(>_<)  ということで、こちら送信がNGとのことです。144/430MHz両バンドともダメです。(受信はOK)ANT端子からは僅かに信号が出てきます。受信機を近づけると両バンドとも聞こえます。もう故障箇所は見えてきました。無線機修理の場合「消去方」で故障箇所を特定しますが、この場合、PLL・局発・RF・PAは除外でしょう。本機の回路構成的に、送信IF以降で144/430が分割される手前で何らかの問題が生じていることになります。オシロで追うことにしました。すると、第二IFのMIX段(Q51、Q52)の後ろに波形整形用のフィルターが二段入っています。その中間にカップリングコンデンサーC190(1pF)があり、ここかで信号が減衰していました。コンデンサを交換したところ、両バンドとも出力が回復しました。何れも8W程度でしたので送信IF〜RFまでトラッキングし12W〜14Wを回復しています。OSCもズレていましたので修正しました。受信IFもフルトラッキングしたところ、-140dBmまで復調を確認しています。SSBでもキッチリとゼロインします。“サンデー・エンジニアリング” 終了!!  尚、ご依頼のございましたオフセット・シフト機能につきましては、バックアップ電池ボックスが破損し使用できないため、メモリにシフト周波数を記録できません。当時のトリオ製固定機は上蓋内に単三電池を挿入する電池ボックスが取り付けてありました。多くのユーザーがココを無視して使用しておられますが、バックアップメモリの電位異常が続くと、RAMが正常に動作しなくなることがあります。HF機の場合はメモリなんて使わないかもしれませんが、UHF機の場合はシフト周波数などもメモリしてますので、長期に使用しない場合でも、定期的な電池交換をお勧めします。 今後の修理予定について  お伝えしている通り、週末に作業実施しましたので作業順番に変更はございません。今週はヘビー案件が続きそうです。明日は通院、明後日は顧問先会議出席の為、ラボに全力投球できませんが夜シフトで頑張ります。 TS-830 TS-530 FT-1000MkV FT-1021X…(Read More)

 おはようございます! 先程まで晴れていたのですが、雲が増えてきました。週末は病院通い・・。関節が固まってしまう病気を患ってしまい、特に寝起きはNGです。ここ数日自転車も乗っていませんでしたが、痛み止めを飲んだら腕が上がるようになったので、日曜日の夕刻に少しだけ跨がりました。タイヤも交換しようと思って、Amazonで注文し届いたところです。  土曜日に掛かりつけの医師に相談したところ、救急で診察した他院の医師の診たては正しいだろうとのこと。(リウマチ性多発筋痛症)この病気、200人に1人程度の珍しい病気とのことでリウマチの一種だそうです。症状はWikiに書いてある通りで、発症からの経過についてもドンピシャでした。因みに「熱中症が引き金とは考えにくい」とのことでした。9月にツール・ド・東北で走る予定なので心配です。(胃癌が見つかったときよりもショックが大きい・・汗) 完治することは難しく、症状を抑えることしかできないとのことでした。ステロイドの投与について相談しましたが、このままではA1cの値が10を超える可能性が高く、ステロイド治療を開始する前にベースの血糖値を下げてからでないと厳しいとの意見。う〜むこの痛み(半端なく痛いっす!)を我慢しろと言われても・・・。小生が掛かっている済生会病院にはリウマチ化はあるものの、医師は専従していないとのことでした。(通いの先生という意味)即ち、こちらでも入院治療は受けられず、まずはリウマチの担当医の所見をきいてからということになりましたが、予約満杯状態で強引に8月8日にねじ込んでもらったところです。まずは糖尿病治療薬を増量して血糖コントロールしようということで準備を始めます。A1cが6台まで下がらないとステロイドの通院治療は厳しそうです。多分、平均的な50代よりも運動していると思うのですが、祖父・父と三代に渡り糖尿なので、諦めるしかないのか・・。ステロイドについては副作用が多いため、初期投与量の決定がとても重要とのことでした。一旦治療を始めると永続しなければならないらしく、止めてしまったり、急に量を減らしたりすると効果が得られなくなるそうです。そんなわけ、暗〜〜い週末でありました。何とか自走(チャリ)可能状態に復活せねば!! 鉄道模型ネタ  そんな訳でインドアーを強いられているBVXであります。ハイっ、こんな時は鉄道模型で気分転換であります。先日京都に行った折にKATO京都駅店に立ち寄りました。鉄道模型の世界にも最近はご当地製品というのもがありまして、京都と言えばやはりコレでしょう。C62-2 梅小路機関区 です。予約性だったのでダメもとでしたが、ナント在庫ありとのこと!! 倅の誕生日プレゼント購入(EF210-100)が目的でしたが、在庫があるとなればオサイフに相談する間もなく、え〜いカード払い! 通常販売されている製品をベースにカスタマイズされているようです。まずケースは「雅!」って感じです。ww 京都なイメージですね。本体は艶出し塗料で強調され、パーツ類への金入れ装飾、スワローエンジェルの造形はバッチリです。テンダーの渕にも白いラインが刺されており、ロッド部にも赤が入っています。いや〜〜、これで15,000円は格安でしょう。早速テンダー側のアーノルドをナックルに付け替えました。走らせるのが勿体ないくらいの出来映えです。ハイ、EF210も文句なしですょ。こちらは115号機のナンバープレートと信号煙管、手すりなどが装着済です。流石メーカー直営店!!  JST-135 の作業が終了!  先週末金曜日のブログ投稿後に、C/Oに向けた検査を実施しました。こちら一日ロードさせ、問題ナシでした。以下の通りです。 【ご依頼内容】 1)VFO操作ができない 2)CWフィルターの取付 3)メモリーバッテリーの残量確認  について、修理ご依頼を賜りました。 【症状・処置について】 上記1)について、症状を確認しました。 パルスジェネレーター(エンコーダー)に繫がるIC12(LR3671D)の故障です。 こちらはJRCの特注品につき、市場流通がございません。 相当品のEUW-Z01を含め、国内外のディーラーに問い合わせましたが、何れも在庫が確認できませんでした。 以上について、立石様が所有される部品をご提供頂く事で作業を再開しました。 IC12の交換作業を実施したところ、VFOは正常に動作するようになりました。 工数 3.0人日(故障箇所診断・負荷テストを含む) 上記2)ついて、上記1)の実施で使用可能状態になりましたことから、作業を実施しました。 持ち込み部品(フィルター)をIFフィルターユニットの取付後、ソフトウェア設定を行い、CW(INTERNAL)で狭帯域となることを確認しました。工数 1.0人日 上記3)について、メモリーバックアップ電池CR2032の残電圧を確認したところ、定格以上の電圧を確認しました。現時点での交換は不要です。工数 0人日 アスタティック・シルバーイーグル×2台修理完了  申し訳ございません。修理予定リストから漏れていました。先日出場させたHL-45Bのオーナー様より一緒にお預かりしていた二台のシルバーイーグルです。こちらも無事に作業を終了しています。一台は内部の電源配線が断絶しており、延長されたリード線の接合部が露出しシャーシと短絡していました。こちらはヤエス8ピンにアサインされていましたが、NASA4ピンへ変更改造を実施しました。もう一台は、006Pソケットが液漏れで腐食、ソケットを交換して先バラ状態のマイクケーブルを、もう一台の個体で余剰となった8ピンジャックを移植してアドニス配線として完成させました。施工後、それぞれのAF出力及びPTT ON時のPTT=GND短絡を確認しております。(工数1.0…(Read More)