投稿 Currently viewing the category: "自転車"

 おはようございます。未明から明け方に掛けて、目が覚めるほどの轟音を伴いながらの雨嵐でありました。台風20号は日本海に抜けましたが、関東地方を線状降雨帯が包み込み横浜にも帯が掛かっていた様です。  丸一週間お休みを頂き、前半は家でまったり、後半はリウマチ治療を兼ねて修善寺へ旅行してきました。会社が保養所契約しているラフォーレ修善寺リゾートに二泊し、小生はアマチュア無線・温泉三昧、子供達は自転車や卓球など充実の時を過ごすハズでした。(・・・??)   またもや「食い気」が大暴走してしまい、初日から食い道楽のオンパレードでありました。蕎麦の名店「禅風亭なゝ番」に始まり、韮山の「源氏」でうな重(1.5匹)等々・・・。  因みに修善寺といえば、自転車乗りのメッカであります。競輪の養成所に隣接するサイクルスポーツセンターはちょっとした遊園地でして、自転車を使った様々なアトラクションが体験できます。因みに前回ココを訪れたのは約半世紀前でした。(苦笑) 5kmコースは自動車メーカーのイベントのためクローズ、倅はファミリーコースにMTBで挑戦。ここで問題発生・・・。転倒して上顎を縁石にぶつけ前歯が奥に入ってしまうというアクシデントに見舞われました。伊豆長岡の歯医者さんをご紹介頂き、予約の合間に診察治療を受けることができましたが、中日は完全に予定が狂ってしまいました。(汗) 伊豆長岡・池田歯科の池田院長先生、本当にありがとうございました。  初日に立ち寄った「虹の郷」は大人も楽しめる庭園形テーマパーク。世界最狭軌 381 mm (15インチ)ゲージのロムニー鉄道は遊具ではなく“本物の鉄道”です。 FT-817 + Whizz Loop で宿内からQRV  以前ご紹介した英国のオモシロANT「Whizz Loop」を使って、QRP運用にも挑戦してみましたョ。平日ということもあり、何処のバンドもスカスカです。辛うじて18MHzと50MHzで信号を確認しました。ロケーション的には山の頂上付近で、ゴルフ場のコースが目の前に広がる場所です。無線には好都合のハズ。コンディションが悪かったみたいです。クルマに積んでいるFT-857 + ATAS-120でも結果は一緒でした。驚いたのは、Whizz Loopの場合、室内・ベランダとも受信信号強度に差が無いことです。試しにHF用のテレスコANTに切替てみましたが、室内では全く聞こえません。また、屋外でもWhizz Loopほど感度があがりません。やはりマグネティックループの威力でしょうか。18MHzで三重の局、50MHzでは静岡県内(富士市・函南町)の局とQSOさせて頂きました。出力は何れも0.5W程度です。6mに関してはバッテリーの都合上、最低出力に絞って運用しましたが、50Wの相手局57に対して、自局51のリポートを頂いたので十分満足できる結果かと思います。7K1BIBさんからは、札幌にて「1階室内、隣の家が近い窓際、10wで、3・4・6エリアも楽勝だった」とのインプレッションが届いております。Whizz Loopはお奨めできるQRPアイテムです! 当局のバッテリー切れによりファイナル途中で尻切れとなってしまったJS2EEF 局、内容は全てQSLですのでカードをお送りします!!  そんなわけで紆余曲折ありましたが、アッという間の二泊三日が過ぎました。 FT-1021Xのフィニッシングに向け  長期対応中のFT-1021Xでありますが、休み前にお伝えした状態から特に変わりはなく、今朝の時点で安定して動作しておりました。VCO内のインダクタ(4.7µH)を小突くとノイズが増減するので、ここだけ交換しておこうと思います。問題無ければ、週明けにC/Oできそうです。  今日は休暇中に溜まった「お問い合わせ」「修理ご依頼」のお返事に一日掛かりそうです。明日は午前中より「ハムフェア会場」に居ります。多くの皆さんにお目に掛かれることを楽しみにしています。(^_^)v…(Read More)

 おはようございます。大型連休前半が終了しました。明日から後半に突入です。前半はよく晴れましたね。拙宅では家族は各々の予定があり、小生はラボワークと愛車メンテに費やしました。今週は「仕事モード」の投稿はしないつもりでしたが、予定外で一件レポートしておきます。  そんな訳でGW作業中のIC-730について中間報告しておきます。以下の様なご相談を賜りました。 30年程倉庫で保管していた無線機です。久しぶりに電源コードが見つかりましたので、整備して電源を入れた所しっかり入りましたが、アンテナも無く確認が取れないので、総合点検 整備を考えております。発売日から数十年たち部品も入手困難かもしれませんが、なんとか復活させたいと考えております。  承知しました〜〜〜。(`_´)ゞ お預かりして、最初に気になったのは受信プリアンプが入らないことでした。SSGを繋いで規程周波数を受信したところ、スルーにしないと受信しません。リレーの接触不良なのかFETが逝っているのか・・・。FETにVDDは掛かっていました。リレーの接触不良のようですが、このリレーはディスコンで国内では調達不可能です。蓋が開くタイプですの接点洗浄・研磨を試みましたが、確認したところソレノイド自体の動作不良と判明しました。UPS便にて着荷しましたので早速交換、プリアンプ復活を確認しています。 ロード中にPLLアンロック発生!!  気を良くして、このままC/O!を期待したのですが、甘かったです。モスボール状態であっても劣化が進行しているんでなぁ。フルトラッキングに移行ですね。この続きはGW開けに。。 ブログ執筆中に嫌なニュースが飛び込んできた・・  自転車仲間の木下 滋雄さん(自転車で五大陸制覇)がご夫婦でマケドニアを輪行中に強盗団に襲われ、現金・パスポートを奪われたとのことです。現在、大使館に保護されているとのことですが、奥様の御用隊が芳しくないとのこと・・・。心配です。氏とは走行会や被災地支援のバトラー隊でもお世話になりました。早速赤坂の外信部に報告。午後のJNNニュースに報道されると思います。Facebookでシェアしておきます。 &nbsp…(Read More)

 おはようございます。今朝も快晴。気温はやや高めです。このまま春に向かってくれること願いたいところであります。連休明けで変則運用ですのでバタバタですが、この週末も会社のレクで下田に行かねばなりませぬ。因みに来月の初旬も川奈で恒例の行事を予定、そして福岡往復は相変わらずであります。極零細企業の当ラボも人出不足ゆえ何とかしたいのですが・・・。こればかりは厳しいですね。 ツールド東北 2018 の概要決定!  小生が黎明期より企画に携わってきた「ツールド東北」の今年度大会の実施日が事務局から発表になりました。今年は、9月15日(土)、16日(日)となります。 https://yahoo.jp/XV_iTf   今回一般ライダーのエントリー方式は、「先着方式」と「抽選方式」の2通りを用意します。これにより、先着方式のタイミングで応募ができなかった方でも、後日、抽選方式で申し込みいただけるようになります。ライダーのエントリーは、5月下旬から順次開始する予定です。また、大会運営ボランティア「ツール・ド・東北 クルー」の募集は4月中旬から開始する予定です。    既に報道発表されたとおり、このイベントを立ち上げたY!の宮坂さんがCEOを引退され会長職に就かれますが、今後もツールド東北の顔としてご活躍されることでしょう。ロード界ではもはやレジェンドとなりつつありますが、二子玉の「チチカフェ」ミーティングに集まった面々(電通の槙さん、サイクリストの別府始さん他・・)に押され、国内最大の被災地支援イベントがスタートしました。「目標の10年継続」は間違いなく達成できるると思います。儂も完走めざしま〜〜す!! RRS-Pi + 初期ロッドの出荷準備  会社のHPでご紹介しているRRS-Pi+でありますが、こちらも出荷に向けインストール作業を行っているところです。HAMSTAR時代はRaspberry Pi本体をユーザー自身が調達したため個体の入手経路が様々でした。Raspberry Pi本体の不具合も多々あった様です。開発環境ではRSコンポーネンツが提供している国産個体を使用していますが、今回RRS-Pi+のパッケージに採用したラズパイ本体もRSコンポーネンツ製品を採用しました。また、システムをインストールするMicroSDカードについても、相性の良い東芝製のメモリを採用しています。MicroSDに関しては今後調達先を変更する可能性がありますが、その際には相性のチェックを入念に実施したいと思います。 価格表示のお詫び  ご購入頂いた方から価格誤表記のご指摘を頂きました。税込価格19,440円のところ19,940円と表記しておりました。直ちに修正しましたが、既にご決済頂いている皆様には製品発送時に差額分の定額小為替を同梱させて頂きたく存じます。ご迷惑をお掛けし申し訳ありません。 FT-102 作業終了であります!  大変お待たせしました。こちら受信系の調整のみと高を括っておりましたが、終止リレー類に挙動に悩まされる始末・・。アンテナ側の入出力リレーは既に交換済みで、IF側の4回路3接点×2の接触不良と、RF基板に載っている受信プリアンプリレーの接触不良が酷く、何れも分解して内部洗浄と接点復活処理を施しました。当初、PREボタンを押し込んだ状態でしか信号が確認できませんでしたが、ON/OFF何れのポジションでも正常感度で受信可能に機能復活しています。前回少し触れた通り、受信感度そのものはIF〜RFのフルトラッキングで10dB程度改善しています。ラボで常用しているR&SのSSGは測定限界が-140dBmですが、本機の受信感度は限界測定値でしっかり信号復調を確認できるレベルまで向上しました。  AM/FMユニット(オプション)の装着ご依頼を承りました。こちらはポン付作業になります。装着後、AM/FMの送受調整を行いましたが、何れも正常に使用できる状態です。出力はCWキーダウン時と同様に出ますが、AM…(Read More)

 おはようございます。三連休明けの火曜日であります。今朝も零下を記録した快晴の南関東です。今週も変則投稿になりますことお許し下さい。また、今週末も伊豆下田へ移動となりますため、来週も火曜日が“週明け号”発刊日となりますことご理解ください。今回はイン・アウトとも充実した週末を過ごさせて頂きました。  土曜日は雨の予報だったのでインドア・アクティビティを優先、グリーマックスのキットを組んだり、壊れたTS-930を突貫修理したりで一日が終わりました。修理関係の話題に繫がるネタですので、後者について触れたいと思います。 連休初日(午前):個人所有機の修理  【2018/02/09】号で触れた通り、拙宅のTS-930が突然ダウンした件です。やはりオリジナルの回路とは電源部が異なりました。整流ユニット自体のナンバーは一緒でしたが、中身がかなり異なります。この辺りの詳細については基板のレイアウトが異なる点のみサービスマニュアルに記載がありましたが、肝心の回路図についてはオリジナルのものしか添付されていません。仕方ないのでバラして確認することにしました。オリジナルでは28Vラインから12V系、5V系が抵抗分圧されています。1/2Wの抵抗が使用され冷却ファンユニットに装着され強制空冷される仕組みです。12V系については個体全体で相当量の電流消費となるため、発熱量もかなりのものになっていた思われます。後期バージョンでは、トランスのタップから直接半波整流されたDCを受け、トランジスタ2石の定電圧回路を経て12V系を出力、更に5V系を分圧していることが判りました。リア・ヒートシンクに直付けされたパワートランジスタにバイアスを供給しているスイッチング・トランジスタ(2SC2235)が壊れていました。Vcbo/Vceo共に120VでPc=900mWの石です。同じ石はシャックには無いので、適当なものを漁ってみると2SC2655(Vcbo/Vceo=50V、Pc=900mW)で代用できそうです。ここはDC30V以下ですから定格内です。 周辺のケミコンをチェックすると小容量のパスコン一個が完全にパンクしていました。デジタルユニット側の異臭もケミコンパンクによるものでした。この際に、周辺ケミコンを10個程度交換し作業完了、JG1BVX所有のTS-930は完全にカンバックです。 連休初日(午後):GMエコノミーキットを組んでみた!!  次は鉄ネタであります。準備中のスハフ43、マニ35に加え、東急デハ3700(4両)を一気に組みあげました。前者についてはGM鉄道カラー「ぶどう色2号」が入手困難につき、やむなく筆塗りで車体塗装にチャレンジしました。塗り面を事前に洗浄し、うすめ液で適度に希釈しておけば、そんなに難易度の高い作業ではないのですが、やはり面倒ですね〜〜〜。スプレー缶で数秒の作業が、筆塗りだと(重ね塗り等を含める)と正味一時間は余計に掛かります。仕上がりも段違いです。瓶入りの塗料も希釈してからエアガンで吹き付ければ良いだけの話ですね。勉強になりました。後者はスプレー缶でボディ・屋根・下回り全てを仕上げました。Hゴム部への色刺しにも挑戦してみました。走らせて遊ぶことが主目的なので、多少の粗さはご勘弁ください。(笑)いやいや、エコノミーキットって結構楽しいかも知れません。“旧型国電もいっちゃおうかな〜〜” 完成品のネタになりますが、KATO飯田線シリーズの32系、42系、51系の各シリーズも、いよいよコンプリートに大手が掛かりました。やはり旧型国電はイイっす!! クモハユニ64は茶色塗装時代・晩年のスカ色時代の両方が製品化されており、スカ色の晩年を再現したモデルを入手しました。よく見ると、正面の運転席側窓が両モデルで造り分けられているんですね。(スカ色時代モデルはHゴム化後を再現)この拘りは凄いです。因みにクハ68400に関して細かなディティールに拘って造り分けされてます。キットでも造り分けはありませんし量産製品でここまで拘っているのはスゴイ!。“底なし沼に填まってしまいまそう・・・” 連休最終日:チャリンコ活動  昨日は10kmほど軽くポタリングしてきました。先日下の倅が16インチ車のお下がりを頂きました。12インチからグレードアップと言うことで、16インチ初ライドにチャレンジです。いつもの寺家町方面ではなく、横浜・川崎の境界付近にある美味しいパン屋さんを目指して、散歩がてら出発しました。当地周辺はパン激戦区で、遠方からにこられるかたが居られるほどの有名店が幾つか競り合ってます。中でも“Prologue”は我が家の御用達!。石坂浩二さんや紺野美佐子さんもご愛用のお店であります。お店のテラスで美味しいサンドイッチとコーヒーを頂いて一休み。復路は連続上り勾配が続きますが、“12インチ時代に上り切っているので問題ないだろう”と思いきや、風が吹き始めたとたん急激に気温が低下、倅がブルブル震えながら泣き出しました。こりゃ〜いかん・・・・。娘に電話してクルマで迎えにきてもらいました。10km…(Read More)

 お寒うございますぅぅぅ・・ブルブル。この冬最大の爆弾低気圧が接近中の南関東であります。5時起きしましたが、既に霙まじりの雨がパラついており、降ったり止んだりを繰り返しておりました。始業準備に掛かる8時過ぎには雪もちらほら。お昼から雪は本格化して、都心でも5cm程度の積雪が予想されているそうです。当地は東京23区よりも気温が3〜4度低く、前回の大雪の時は20cm以上積もりました。高低差30m以上の急坂が連なる「丘の横浜」ですので、冬タイヤ仕様でないとクルマは走れません。今朝は早々に倉庫とラボを往復しました。  週末は披露宴出席の為、皇居脇のホテルへ出掛けました。新郎はお世話になっている先輩のご子息です。息子の結婚式なので会社関係は父君たる先輩の親しい友人のみでしたが、ご子息も同じ業界(広告代理店)に進まれたため、何処かですれ違った事のある様な人達が多かったかな?? 今時の披露宴ですね〜〜。下手な余興など一切なく、インターバルはオリジナルの動画が大スクリーンに投影され、出席者を大いに楽しませてくれました。流石YouTube世代です!! 新郎の妹は初代“乃木坂46”のメンバーで彼女が演出したミュージカル仕立ての馴れ初め照会映像に、会場は大盛り上がりでした。披露宴の司会は我が赤坂から「アッコにお任せ」でお馴染みの現役アナウンサーA君が登壇!。赤坂の不良社員である新郎のオヤジを適当に弄りながら、素晴らしい仕切りを見せてくれました。何と言っても超級に美しい新婦の花嫁姿に、会場のオッサン達はデレデレです。小生も涙腺崩壊状態でありました。因みにクルマで出掛けたため一滴も飲まずに帰宅しましたぁ〜。 久し振りに“寺家ふるさと村”までポタってみた  日曜はお天気にも恵まれたのポタリングしました。12インチの幼児自転車も一緒です・・w。我が家から5kmほどのところにある里山を目指して出発! 鶴見川の河口から約30kmのところにある「寺家ふるさと村」です。細長い谷戸には小川が流れ水田が奥へと続いています。初夏にはホタルが舞いカエルの大合唱が聞こえる当地は「日本の里山100選」に選ばれたと聞きます。残念ながらこのシーズンは枯田なので、そんな情緒はありません。冬なんてどこの里山でも同じ様な感じでしょうか。お目当ては、「寺家の鰻寮」という“うなぎ屋”です。前にも書きましたが、うなぎ料理は勿論のこと蕎麦も旨いことで有名です。ここ数ヶ月体調が優れず、自転車に乗る機会も減ってしまいました。ココは鰻でも食べて元気にならねば・・・。ロード乗りにとって、平均時速5〜6kmは徒歩程度の体力消耗ですが、鶴見川上流域の美味しい空気を吸いながらのポタリングは、多分プラスになっていると思います。帰りはコースを換え、倅の通う学校の前を通って住宅街のド真ん中にある複合施設の甘味処で小休止しながら、12km弱のコースを楽しんで参りました。 HL-1KFX ご入場・・・   一時、HL-1KFXや1.5KFXが連続して入場した頃があり、本シリーズについてはかなりナレッジを吸収しております。今回は「出力しなくなった」とのご相談だったため、もしやファイナル全損?を疑いましたが、嫌な予感が当たってしまいました。特に初期シリーズの1KFXの場合、プロテクション機能がユルユルです。1.5KFXや2KFXになると、入出力ともに様々なプロテクション機能が施されておりファイナル全損は希です。とは言え、プッシュプルなので片肺だけ逝かれるケースは少なく、殆どの場合プッシュプル単位での交換になってしまいます。仮に片側が存命でも、同様の負荷に晒されている為すぐに壊れてしまうケースが殆どです。故障の原因は様々ですが、多くはオーバードライブと思われます。今回お預かりした個体の場合、ドレイン=ソース間でダイオード崩壊を起こしている石や、ドレイン→ゲートが漏れ出ている石など、2パターンの故障を確認しています。故障原因が判らない状態で石を交換してしまうと、再び同様の故障を起こしかねないため、まずは原因を究明しなければなりません。本機の場合、PAユニット自体にはラインヒューズ以外のプロテクションは困じられていません。出力はLPFを通過後に進行波・反射波のディテクタユニットで異常を検知した場合にのみ、プロセッサにフィードバックされて強制カットオフが掛かる仕組みです。即ちPAユニット→LPF上で起こるトラブル(リレー不良・コンデンサ焼損など)ではプロテクション介入が無いため、回路異常のまま使い続けるとファイナルがこれます。この特、2パラ・プッシュプルの片側(2個)が壊れ、その状態に気付かず送信を続けると、程なくもう片方のプッシュプル(2個)も壊れるという具合です。出力回路を追って行くと、PAユニットからLPFへジャンプする1.5D2Vのホット側が基板から剥離しているのを確認しました。オーナー様が内部をご覧になった際に切れたのか、それ以前に切れていたのかは不明ですが、この状態で送信すれば、確実に反射が増えてファイナルは壊れてしまいます。使用されているMRF150(PowerMOS FET)はそんなに壊れやすい石ではありませんけど。ところでこの石ですが、まがい物が出回っている模様。本家のモトローラはとっくに製産を打ち切っていますがMACOMがライセンス生産を継続中です。メーカー流れや、保管状態の悪い粗悪品も少なくありません。特にAlibabaやeBayで数千円で売られているものは要注意です。マッチドペア選別品で有名サプライヤーの物を選んだ方が良いでしょう。ウチは契約サプライヤーからしか仕入れませんので、多少値は張っても返品交換が効きくので安心です。特にこの手の(羽根付き)石を交換する際には、多少なりとも半田の充てすぎなどで周囲の素子も痛めます。安い石が壊れたら換えれば良い的な発想は禁物です。 今後の修理予定について  続々と到着中であります。今朝はTS-900、FT-920、TS-830Sを倉庫から引き上げてきました。リモートでFT-290Mk2とTS-830Vを作業します。今週末は再び福岡出張、雪で身動き出来ない時こそ無線機修理に集中せねば!! FT-290Mk2については、基本動作を確認しております。ご指摘のRITセンターでの感度落ちについては、症状を確認できませんでした。その他の作業を進めます。 TX-930S(部品待ち) FT-290MkⅡ TS-830V HL-1Kfx(部品待ち) TS-900 その他の無線機  以上、今週も宜しくお願い致します! &nbsp…(Read More)

 おはようございます。今朝も秋晴れです。“体育の日”で連休となった週末でした。日曜日は我が家も下の倅の運動会にかり出され、50半ばの体に鞭打って親子競争に出走してまいりました。意外にも若いお父さんの方が運動不足だったようで・・・。因みに昨日は倅と8kmほどポタリングしてきました。平日はデスクワーク(計測器・パソコン操作)が多いので、晴れの週末は体を動かすことを心がけています。  そんな訳で季節は秋であります。拙宅玄関先も色付いて参りました。ポタリングには絶好のシーズンですねぇ。8kmと言っても獲得高低差200m弱(登り高低差184m、下り高低差155m)のちょっとした山岳コースです。700Cのロードバイクなら朝飯前のコースですが、12インチ・ギア無しの幼児用自転車で走行するには難有りです。しかもくっついてきた愚妻は電動アシスト付き自転車です。何ともバランスの悪い3人でありますが、秋晴れの空のもと心地よい汗をかいてきました。パンを用意していったのに、目的地付近でよさげなカフェを見付けてしまい入店、ハンバーガーを食して参りました。そのまま近隣の温泉付きスーパー銭湯へ、あ〜〜至福時であります。  今週はブログも変則投稿、火曜日なんですね。早速ラボワークにつきたいと思います。 今後の修理予定について  TS-850SのFANが着荷しました。本日はここから着手します。その他については以下の通りです。 TS-850S IC-551(その1) HL-726D(検査) FT-101E(検査) IC-551(その2) その他の無線機など  今週は2ラインが業務機の出張整備に出ています。実働1ライン状態ですが、頑張って作業を進めます。宜しくお願い致します。m(_ _)m…(Read More)

 台風一過の週明けであります。横浜もどんどん気温上昇中、お昼頃には30度を超えそうです。この連休は予告通り“ツールド東北”参戦のため石巻を訪れました。今回は初めて常磐道経由での現地入りです。常磐道を走行中に珍しいバイコニカルANTを装着したミニバンが前方を走っているのを発見。何処か見覚えのあるクルマです。ナントJA8CCL(木下OM)ではありませんかぁ!   先を急いでいたので、そのまま追い越し車線を通過しましたが、間違いなくOMの横顔を確認(w)。石巻に到着後SMSを送りましたが、見てくれたかな???ww 霞ヶ浦のシャックに向かう途中だったのでしょうか・・・。お昼頃、友部SAに着きました。ここで昼食を取ることにします。何ともキレイなSAですね〜。蕎麦屋が目を引いたので、躊躇無く入店しました。鴨せいろを頂きましたが、コレが実に旨かった!!。オススメですョ。隣のスタバでグランデサイズのコーヒーをテイクアウトし、再び移動開始です。広野から南相馬に至る区間は帰還困難地域を通過します。数キロごとに放射線量測定値が表示され、一部区間では未だに“二輪車通行止め“処置が継続しています。勿論、四輪車も窓を閉めるように注意喚起がされます。この日の浪江町付近の線量は3.5µSVでした。この区間は対面一車線となりますが、海岸線を見下ろせる高台を通過するため、原発の煙突が見え隠れする場所を通過します。その為か、車列が急激にスローダウンしてしまい、いつの間にか渋滞してしまうようです。因みに見えるのは第一ではなく第二原発の方なんですが・・・。仙台東部道路に入りラストスパートです。この辺りから持病が疼き始め右足が痙りそうに・・・。“何とかもってくれ〜〜〜” 石巻市内に入ると、もう右足は限界でした。危険なのでコンビニに駐車して10分休憩します。自宅を出たのが0900時、到着は1600時頃でしたから、当初予定よりも大幅な遅着です。やはり帰りは東北道経由に戻します。やっと会場に到着、エントリーには間に合ったようです。 悪天候のツールド東北  震災後、通算して10回目の訪問となりましたが、市街地の復興は一段落と言ったところでしょうか。去年は早々にスリップ&落車・転倒してしまい無念のリタイヤでした。今年も大雨の予報です。しかも大型台風が接近中。大会前日の土曜日夕方には、事務局から“ダウンフォンド”の通知が回ってきました。即ち「距離縮小」です。210Km→100Km、170km→100kmの制限付き開催とのことです。賢明なジャッジですね。前夜は市内のホルモン焼き屋に入って夕食をとりました。何故か石巻には焼肉屋が多い・・。仙台の牛タン屋とは趣が異なります。放送局関係者(他局さんも含め)4名で、明日の鋭気を養う為のタンパク質摂取大会の始まりです。牛タンから始まり、ハラミ、ホルモンのオンパレード。勿論小生はアルコール&炭水化物抜きです。1900頃には宿に戻り、軽く自転車を整備して早めの就寝。0530起床予定です。  大会の朝、気温は高めでした。これなら夏仕様でイケそうです。食事はサラダだけ、ゼリー類でエネルギー・チャージすることにしました。肩掛けショルダーにVX-8Dを装着し、Bluetoothヘッドセットを耳に掛け車検場へ向かうことに。何やらいつになく長い車列です。車検が厳しくなったようで、ゲートが混雑しているとのことでした。出走予定時刻を過ぎた頃、ようやく順番が回ってきました。ここで洋装していなかったハプニング勃発。グローブを未装着を指摘され、このままでは車検を通せないと言われました。実はクルマに置きっ放しで、気付いてはいたのですが100km程度なら不要と思い、そのまま車検列に並んでしまったのです。用意周到なオフィシャルはポケットから軍手を取りだし「コレで良ければどうぞ・・・」と差し出してくれたので、何とかクリア。(笑)自転車・ジャージ・ヘルメットと、ピナレロ(Team Sky)一色にコーディネイトしているのに、手には軍手をはめています。ナント滑稽な姿か・・wwww 車検待ちの車列(@石巻専修大学) リウマチの発作が・・  0830頃、ようやく我々のグループがスタートしました。何度も走っているコースなので、勝手しったる何とやらです。ペース配分や補給のポイントも完全に熟知しているはずでした。ところが、走り出して間もなく足の調子が悪く、痛みをともないます。恐れていたリウマチの発作が出始めました。大会に合わせて10日前から食事を気をつけていたはずだし、日頃のトレーニングでもまったく問題なかったものが、ここに来て何故!?。もう走り始めちゃってますし、二年連続のリタイヤは格好悪すぎ!!。ココは何とか騙し騙し行く覚悟を決めて最初の勾配に挑戦、上り始めて数十メートルで両膝の真ん中辺りに激痛が感じました。これは完全に足痙りの予兆です。こうなるとヘンな漕ぎ方になってしまい、普段使わない筋肉に負荷が掛かります。頂上付近で最初の足痙りを発症しました。この時はまだ右足だけです。早々に芍薬甘草湯を服用しましたが、この後は両脚のあらゆる筋肉が連鎖的に痙攣・麻痺を繰り替えし始めました。最初のエイドステーションに辿り着いたときはには、既に4箇所を連続的に痙る始末です。もう情けないったら、ありゃしまへん。それでも、何とか雄勝まで辿り着きました。ここまで来れば残すは、雄勝の峠越えだけです。ココはコースの最難所と言われる場所ですが、未だかつてココで自転車から降りたことはありません。2kmの連続勾配ですが、以前はそれほどキツさは感じませんでした。悲しいかな、登り坂に入ったとたん、両脚のハムストリング筋が悲鳴をあげ、道端に転げ落ちる始末・・・。何故か釣られるように併走していた仲間も、同じ場所を痙って同時に落車・・。汗 小生のペースに合わせていた為でしょう。ヘンな筋肉の使い方をしたんだと思います。(申し訳ない)通常、10分程度で上り切る坂を30分近く掛かって登りました。途中、真横を爆速で抜いていった集団がいました。緑色の公式ジャージを着ている連中です。恨めしいです・・・。雄勝のトンネルを抜けたところで、メンバーが待っていてくれました。緑色のジャージを着た例の集団の先頭を駆け抜けたライダーも一緒です。なんと、ヤフーの宮坂社長(歳下だけど元上司)ではありませんか〜〜〜。「ブッさん、大丈夫〜〜〜!! あんまりムリしない方がいいよ!!」 いやいや、この人には適いませんョ。マラソンも自転車もプロ並みです。そもそも小生が自転車を始めた切っ掛けは、六本木ヒルズ勤務時代に、この方が自転車通勤していた姿に触発されたことに端を発します。宮坂さんの声援を受け、平均年齢55歳の初老チームは、北上川を目指して一気にダウンヒルを下りました。残すは北上川左岸の20kmです。堤防上の道をチームメイトに引いてもらいながら(自転車用語:引く=風よけ)、両脚への負荷をミニマムにしながらギリギリの走行を続けていると、真横を疾風の如く駆け抜けてゆく三台の自転車が、また緑ジャージです・・・。体力も会社経営には必要不可欠なんですな〜〜〜。常にアナタには脱帽です。ラスト5kmの差し掛かった辺りで大粒の雨が降ってきました。既に時刻は1300を廻っています。通常ならとっくにゴールして帰り道の温泉に浸かっている時間帯です。というより、この足のコンディションで完走できたこと自体が軌跡かもしれません。チームメイトのお陰です。安藤さん、工藤さんに心から感謝申し上げます!! そのまま帰路に  完走証を貰って、そのまま帰路につきました。帰りは東北道経由です。1600頃石巻を出発し、三陸道〜仙台東道〜東北道〜首都高〜東名と乗り継ぎます。横浜には2130頃着きました。意外にスムース? 都心に近づくにつれ雨が強くなり、首都高では前が見えないほどの強烈な雨です。こりゃ〜ムリしてクルマで行ったのは正解だったようですね。因みに、クルマの移動中、自転車走行中に合計15局にお声掛け頂きました。自転車走行中は、呼出に気付かなかったケースもあったと思います。わざわざ雄勝のエードステーションまで応援に来て下さった金居OM、また来年お目に掛かれることを楽しみにしております。お陰様で道中眠気に襲われることもなく、無事に帰還致しました。あらためて各局に御礼申し上げます。 今後の修理予定について  連休前にRJX-601が入場していました。こちら本日中のC/Oを目指します。その他、HL-726、FT-1000MPなどが待機中です。IC-820は未だICが入手できていない状況です。注文していたICが着荷したのですが、PINピッチの異なるDIP形状のものでした。オーダーシートにはSOPと記載されているのですが、業者側が間違えたようです。SOPの在庫は無いととの返事でした。仕切り直しです・・・。汗  RJX-601 HL-726 FT-1000MP IC-756Pro IC-820(部品待ち) IC-R9000…(Read More)

 おはようございます。今朝もJアラートで右往左往の日本列島であります。ラボは連休に備えた3ライン体制で臨んでおり、昨夜の作業も日付を跨いでの対応であったため寝不足攻撃を受けております。(怒怒怒) それだけではありません。恒例の動画アップロードが上手く行かず、Jアラートに関連したネットトラフィック急増による影響が出ているかと・・。「コォラ〜〜、エエ加減にせんかいっ!!」  明日は石巻に向け出発します。“クルマで行く”か、“新幹線で向かう”のか、未だに決めかねています。台風が17日に本州に上陸との予報が出ています。“ツールド東北”の開催地域への影響は低いものと思われますが、帰投時に影響を受ける可能性が否めません。輪行袋を下げて東京駅から自宅へ帰ることを考慮するとクルマにすべきか・・・。新幹線の場合、輪行袋を車両端の座席と壁の間に置かねばならず、現時点では自由席以外の選択肢はありません。天候も悪化中ですので、下りは何とかなりそうですが、帰りの上りが心配ですなぁ〜。仙台→東京までデッキに居るのは辛いです。100km走行後にクルマを運転するのもしんどい。優柔不断ですね。(涙) JST-245 作業終え(一部修理不可能)  オーナー様ご自身でフィルターやTCXOの取付を実施された個体です。以下のご依頼を賜りました。 【ご依頼について】 NARROW の感度が低い TCXO 装着後のリファレンス未調整 送風ファン 騒音が大きい NB / TONEの効き具合 (調整) 劣化コンデンサの確認 (必要な場合は交換)   について、承りました。 【症状・処置について】  上記1)について、症状を確認しました。CW選択時、FL12番ポートに装着された455KHz/0.3KHz帯域フィルタ(FL12ポートに装着)が使用できません。フィルターの切替は、入出力回路にあるスイッチング・ダイオードで行いますが、CW選択時のみバイアス電圧が掛かりません。バイアス電圧を制御するロジック回路は正常に動作していますが、プロセッサより正規の指示が出ていません。改善にはプロッセサの読み書きが必要ですが、誠に不本意ながら弊社では対応できません。 また、TX/RX UNITを着脱し、フィルター装着状態を確認しましたが、施工方法等に問題はございません。  上記2)について、OSC、ローカル周波数ともに規定値誤差範囲内でした。特に調整の必要は認めません。  上記3)について、若干金属音が高めです。こちらはモーターのグリース切れ等が考えられますが、気になるようでしたら、汎用静音ファンへの交換をお勧めします。機能上は支障ございません。  上記4)について、NBは調整しましたが、ノイズの種類によっては十分な効果が得られない場合がございます。TONEは特に問題ございません。  上記5)について、顕著なケミコン劣化は認められません。 上記以外に顕著な故障・不具合は認めません。 【工数】  上記、故障診断、調整に1.5人日を要しました。 JST-135 再修理ご依頼  先日C/Oした周波数制御が不能となった個体ですが、オーナー様宅に到着後症状が再発したとのことです。こちらは制御ICの不良でしたが、持ち込み部品で修理対応させて頂きました。故障が頻発する箇所につき、ICについてはソケット化した上で施工を実施した次第です。ラボに於いても症状再発を確認しました。交換したICを抜き差ししたところ正常に動作したため、ICのPIN先をルーペで確認したところ変色が見られます。メッキ劣化による導通不良と思われます。変色部分を研磨した上で、CAIG D-5原液を綿棒に浸して周囲を処理しました。その後、接点復活剤でコーティングを施し再装着しました。こちらの動画の通りです。短編なので当サイトのサーバーにUPしました。 FT-847 減力改造  こちらは毎度お馴染みの作業です。作業についての詳細は工事証明書に記載しておりますの割愛させて頂きます。減流抵抗器交換を実施し、ドライブゲインを調整して1.8MHz〜50MHzの各バンドに於ける最大出力を50wに抑え、メーター現示を外部電力計の指示値と同じになるようアライメントをとりました。 これからリムテープ交換、タイヤ交換・・・  明日に備え、今日は午後半休を頂きました。修理作業は予定台数よりも多めに対応させて頂きました。勿論、本日もラボ内は通常稼働しています。連休で月曜日はお休みです。“週明けです”号は、火曜日配信予定です。冒頭で触れましたとおり、明日・明後日はツールド東北出走の為、石巻へ移動します。石巻を08:00頃出発し、女川→雄勝→北上川河口→北上川左岸北上→石巻を目指します。道すがら電波を出しますので聞こえましたらお声掛けください!!  周波数は出走直前にTweetします。(APRS:JG1BVX-5も配信予定) de  JG1BVX/7    それでは皆様、よい週末を・・!! &nbsp…(Read More)

 おはようございます。気温は低めですが湿度が高く、ラボ内は今朝もエアコンを入れています。土曜日は近隣10kmのポタリング、日曜日は単独で自宅から丹沢湖まで往復130kmを走りました。術後かつ糖尿・リウマチ持ちの体ですが、100kmは走れる自身が持てました。来週はいよいよツールド東北です。  ツールド東北は今年で5回目です。・・・震災後の2011年の暮れだった思います。ヤフーの宮坂さんと二人で二子玉川で飲んだ折「震災を風化させない」「復興にダイレクトに繫がる」・・自転車ロードレースができないか?という雲を掴むような相談を受けました。4時間語り尽くしたことを鮮明に記憶しています。  「復興活動の妨げにならないこと」「毎年参加することで被災地の復興を目に焼き付けてもらうこと」「被災地に勇気を与えること」を目的とした自転車レースを皆で作ろうという壮大な夢のプロジェクトが始まった瞬間です。ヤフーは既に日本のライフエンジンになっていましたのでITメディアとしてのポテンシャルは“電波”をも凌駕しています。先ずは“被災地に根を降ろすことが必要”と考えた宮坂さんは、Yahoo!ニュースで従前から付き合いのあった東北の雄「河北新報社」の一力社長に相談、一力さんは「河北が長年担いできたサイクルロードレースたる“ツールド東北”のノウハウが活かせる」ということで、とんとん拍子に話が進み、起案から僅か2年足らずで市民参加型の自転車イベントたる“ツールド東北”の開催に漕ぎ着けました。また、地方紙・放送(全国ネット)・ITメディアという座組も新たな試みです。2016年の大会では石巻市に於ける期間中の流入数は1万人を超え、周辺自治体を含めた経済効果は5億円を超える、正に東北を代表する市民参加スポーツイベントに成長、今回で5回目となりました。去年に引き続きTBSでも特番を組みます。(2013年大会直後に祝杯を挙げる宮坂さんとY!の面々) 石巻出発は 9月17日(日)の午前8時前後  今年小生が出走するコースは、上の地図に示す「北上フォンド100km」です。石巻〜女川〜雄勝〜北上川までの約40kmの間は準山岳コースで、アップダウンを繰り返します。北上川から戸倉までは、海岸沿いを走行しますが、ここも小さなアップダウンが続くコースです。最も辛いのは最後の北上川左岸土手20kmです。向かい風に耐えながら、景色が変化しないフラットな土手道は最も気力・体力共に消費します。最終ゴールが9時間後の17時の予定ですので、まぁなんとかなるでしょう。”Team  Legend”の一人として、完走を目指します。小生にとっては半ば同窓会のようなものです。 430MHzでQRVします!  一昨年は数局からお声掛け頂きました。ツールドフランスのプロ選手と一緒で、トランシーバー自体は体に密着させています。その為、電波が届く範囲は周辺数キロになると思われますが、過去に北上川走行中に仙台市内の局から51のレポートを頂きました。(こちらはMax 5w送信)前回はNo QSLとさせて頂きましたが、今年は記念QSLを発行しようと思います。目標局数は10局くらいなか・・・www  今後の修理予定について  大型案件に着手します。FT-200Sのフルレストであります。こちらは、錆などなく極めてキレイな内装コンディションです。こちらは10w機で、同梱頂いたFP-200は100w機用の為、タップ替え等の作業を行ってからの確認となります。何れにせよフルレストア作業ですので、第二ラインで長期対応となります。第一ラインには、こちらも大型案件のIC-R900が入ってきました。何れも修理可否判断・工数御見積からスタートです。IC-820ですが、こちらは未だ部品が揃わない状況です。代替交換を含め検討中であります。   IC-820(部品待ち) FT-200(長期対応 フルレストア) IC-R9000 FL-7000 JST-245D その他の無線機  今週もガンバリま〜す! &nbsp…(Read More)

 おはようございます。涼しい朝を迎えた横浜地方であります。アマチュア無線の祭典「ハムフェア2017」が終わりました。お出かけになられた方も大勢おられるでしょう。小生は土曜日に伺いました。今年は例年と会場が異なり少々手狭だったようですが、逆に盛況感があって良かったのではないかと思います。今年は大成功ですね。  会場内では顔なじみのOM/YLに再会。“探したけど会えなかった方”も大勢いましたが、あfacebookで「来てたのに〜〜」とメッセ頂いた方も多数・・・。まぁ同窓会ですな〜。 小生は1日のみでしたが、クラブの皆さん、メーカーさん、本当にお疲れさまでした。入り口横に“地本”がブースを出していたのにはビックリです。こんなご時世ですから人員がたらんのですね。駒沢公園の“肉フェス”の方が効果ありそうですけどww。陸自の音楽隊がステージで演奏してました。(涙目) 来年は是非「海上自衛隊東京音楽隊 with 三宅3曹」を呼んでくださいまし!!  去年までは「出展者」タグを付けて朝一から会場内で動き回っていましたが、今回は当日券を求めて行列に並びました。会場内で目を引いたのはアイコムさんのブースですね。これはもはや独壇場になりつつあるといっても過言ではありません。時代は完全にダイレクトコンバージョンですなぁ。イヤイヤこれは当然の流れです。こちらは若年ニューカマーにもウケていた様です。そしてクラブ・ブースの中でひっそり(実は最もホットな・・)プレゼンされていたのが、エレクトロデザインさんが取扱を始めた“Expert Elctornics MB-1″です。こちらはアイコムさんの更に先を行くPCベースの無線機であります。Windows 10を搭載したインテルCore i5( 8GRAM/ 128GB SSD ) PCにRFモジュールを搭載したフルSDRトランシーバーで。恐らく受信性能は世界一でしょう。なんとブロッキング・ダイナミックレンジ129dBです!! ベースがパソコンなので、好みのログソフトや通信コーデックをインストール可能。コレ一台でログ取りからJT65までこなせます。HF系4系統のANT端子の他に、145MHz専用のANT端子の合計5系統・・・。因みにHF4系統については、それぞれ独立したPTT制御が可能なのでリニアを複数台繋ぐことも可能です。内蔵の7インチ・カラー液晶タッチパネルには、80MHzスパンのスペア&ウォーターフォールを表示し、アナログ2VFO相当の2ch同時受信が可能です。因みに、ここまでスムースに動く無線機内蔵スペアナをみたことがありません。ANT端子にSSGから0dBmの強力な信号を入力させたところ、細い棒が一本立ち上がるだけで抑圧は皆無です。これぞ「革命」ですね! 質感も上々・・・。手持ちの無線機5台を処分してでも手に入れたい一台です。(TS-990、FTDX5000が買える値段ですww) 木下さんも鼻息をあらくして絶賛PR中でありました。今年最も注目すべき一台です。 ・・・今年の戦利品は、Mini-Circuitの方結です。時々ヤフオクで見掛ける製品ですが、0.1MHz〜2000MHzまで測定可能です。早速、UV-5Rで遊んで見ました。近傍スプリアス特性は十分低いのだけど、小さいヒゲがこんなに沢山。自作の方結ではここまで観れなかった。ラッキーな買い物でした。 日曜日はポタリング  “体育会親子”の自転車アクティビティーご報告です。昨日は近隣の寺家ふるさと村まで走りました。標高差は50m程度ですが、間にアップダウンがあり、計測上の獲得標高数140m程度です。鶴見川上流域は路面が悪くロードバイク向きではありませんが、ポタリングには最適です。寺家の鰻寮で天せいろを二枚注文、里山の秋を感じながらのサイクリングでありました。それにしても12インチの幼児自転車で13km走破は、アッパレでありました。 今後の修理予定について  お仕事モードに入ります。TS-850用のLCD…(Read More)