投稿 Currently viewing the category: "鉄道模型"

 おはようございます。少々強い南風が吹いている横浜です。週末は天気が崩れそう・・・。明日のBBQはリスケかな? 4月も一週間が過ぎました。近隣の私立小学校は今日が始業式(入学式?)の様でスーツ姿の親御さんが大勢歩いていました。倅も今日から新学期です。小生もこぶ付き作業から開放され、やっとエンジン全開であります。  昨日は待ちに待ったKATOのフルリニューアル版キハ58系(単品)の発売日で、秋葉詣での合間に大井町のIMONさんに立ち寄りました。ついでに1時間ほどレンタルレイアウトを拝借・・・爆 「最初からそのつもりだろ!!」しっかりマイ車両をリュックに詰めて仕事先を回っているし・・・。営業マンが出先でパチンコ屋でサボるのと一緒だな〜〜。スミマセンm(_ _)m この新製品に少しだけ触れておきます。セット売りは3月30日に先行スタートしておりました。こちらはAmazonプライムで早々にゲットであります。中身はキハ58(Mナシ)、キハ58(M付き)、キロ28、キハ28です。従来製品と決定的に違う点はカプラーがボディマウントになったことです。KATOの従来製品ではキハ82系や24系客車などに採用されていた密自連タイプのカプラーで、KATOカプラーとの互換性はありません。ボディ自体も金型が完全に新調されたようです。屋根上のベンチレーターも最近のKATO製品同様、別パーツ化されています。正面周りも幌・ジャンパ受け・ホース類が別パーツとして用意され、胴受けも取り付け可能です。やっとTOMIX製品に並んだ感がありますね〜。従来製品とボディの長が僅かに異なる点も注目です。何と言っても編成組成時の連結間隔がリアルになったことが素晴らしい。全体の表情も従来製品は手を加えないと残念な感じでしたが、これならディプレイさせても十分存在感があります。単品でしか入手できないキハ65と増結用のキハ58(Mナシ)・キロ28を購入すべくIMONさんに予約した次第です。大井町店の店頭販売分は昨日の午後3時時点で、キハ58(M付き)とキロ28を除き完売となったそうです。小生が訪れた2時頃、丁度入荷したところでした。IMONさんによると、初期ロットの製産のみで当面再生産は行わないとのことです。Amazonやヤフオクでは早速転売屋がわき出てきました。キハ65が6000円ですと・・・。(店頭販売価格は3,000円を切るのに) KATOさんの猛攻のおかげで、我々の様なオヤジ鉄がNゲージに戻ってきましたね。マーケティングの勝利です。多分、M1・M2層の殆どがキハ58なんて知らないんじゃないかな〜〜。それを言うなら飯田線シリーズなんてね。ハイグレードな製品はオッサン向け、今時の若者受けする様な車両は大量生産で安価にという傾向なのかな? 因みに4両セットは13,390円(Amazonプライム)で購入しました。KATO初代キハ58の倍の値段ですが、この出来映えであれば決して高い買い物とは思いません。お勧めの商品です。  因みにIMONさんのレンタルレイアウトは平日2hで1,200円とお得です。しかも、単に長いエンドレスという訳ではなく、情景の中を走る様子にウットリしますょ。我が家の定尺鉄道は精々8両編成程度が限界で、それ以上の編成となるとホームからはみ出ます。旧型客車や寝台列車は13両〜15両の長編成で走らせたいですね。IMON…(Read More)

 おはようございます。三連休明けの火曜日であります。今朝も零下を記録した快晴の南関東です。今週も変則投稿になりますことお許し下さい。また、今週末も伊豆下田へ移動となりますため、来週も火曜日が“週明け号”発刊日となりますことご理解ください。今回はイン・アウトとも充実した週末を過ごさせて頂きました。  土曜日は雨の予報だったのでインドア・アクティビティを優先、グリーマックスのキットを組んだり、壊れたTS-930を突貫修理したりで一日が終わりました。修理関係の話題に繫がるネタですので、後者について触れたいと思います。 連休初日(午前):個人所有機の修理  【2018/02/09】号で触れた通り、拙宅のTS-930が突然ダウンした件です。やはりオリジナルの回路とは電源部が異なりました。整流ユニット自体のナンバーは一緒でしたが、中身がかなり異なります。この辺りの詳細については基板のレイアウトが異なる点のみサービスマニュアルに記載がありましたが、肝心の回路図についてはオリジナルのものしか添付されていません。仕方ないのでバラして確認することにしました。オリジナルでは28Vラインから12V系、5V系が抵抗分圧されています。1/2Wの抵抗が使用され冷却ファンユニットに装着され強制空冷される仕組みです。12V系については個体全体で相当量の電流消費となるため、発熱量もかなりのものになっていた思われます。後期バージョンでは、トランスのタップから直接半波整流されたDCを受け、トランジスタ2石の定電圧回路を経て12V系を出力、更に5V系を分圧していることが判りました。リア・ヒートシンクに直付けされたパワートランジスタにバイアスを供給しているスイッチング・トランジスタ(2SC2235)が壊れていました。Vcbo/Vceo共に120VでPc=900mWの石です。同じ石はシャックには無いので、適当なものを漁ってみると2SC2655(Vcbo/Vceo=50V、Pc=900mW)で代用できそうです。ここはDC30V以下ですから定格内です。 周辺のケミコンをチェックすると小容量のパスコン一個が完全にパンクしていました。デジタルユニット側の異臭もケミコンパンクによるものでした。この際に、周辺ケミコンを10個程度交換し作業完了、JG1BVX所有のTS-930は完全にカンバックです。 連休初日(午後):GMエコノミーキットを組んでみた!!  次は鉄ネタであります。準備中のスハフ43、マニ35に加え、東急デハ3700(4両)を一気に組みあげました。前者についてはGM鉄道カラー「ぶどう色2号」が入手困難につき、やむなく筆塗りで車体塗装にチャレンジしました。塗り面を事前に洗浄し、うすめ液で適度に希釈しておけば、そんなに難易度の高い作業ではないのですが、やはり面倒ですね〜〜〜。スプレー缶で数秒の作業が、筆塗りだと(重ね塗り等を含める)と正味一時間は余計に掛かります。仕上がりも段違いです。瓶入りの塗料も希釈してからエアガンで吹き付ければ良いだけの話ですね。勉強になりました。後者はスプレー缶でボディ・屋根・下回り全てを仕上げました。Hゴム部への色刺しにも挑戦してみました。走らせて遊ぶことが主目的なので、多少の粗さはご勘弁ください。(笑)いやいや、エコノミーキットって結構楽しいかも知れません。“旧型国電もいっちゃおうかな〜〜” 完成品のネタになりますが、KATO飯田線シリーズの32系、42系、51系の各シリーズも、いよいよコンプリートに大手が掛かりました。やはり旧型国電はイイっす!! クモハユニ64は茶色塗装時代・晩年のスカ色時代の両方が製品化されており、スカ色の晩年を再現したモデルを入手しました。よく見ると、正面の運転席側窓が両モデルで造り分けられているんですね。(スカ色時代モデルはHゴム化後を再現)この拘りは凄いです。因みにクハ68400に関して細かなディティールに拘って造り分けされてます。キットでも造り分けはありませんし量産製品でここまで拘っているのはスゴイ!。“底なし沼に填まってしまいまそう・・・” 連休最終日:チャリンコ活動  昨日は10kmほど軽くポタリングしてきました。先日下の倅が16インチ車のお下がりを頂きました。12インチからグレードアップと言うことで、16インチ初ライドにチャレンジです。いつもの寺家町方面ではなく、横浜・川崎の境界付近にある美味しいパン屋さんを目指して、散歩がてら出発しました。当地周辺はパン激戦区で、遠方からにこられるかたが居られるほどの有名店が幾つか競り合ってます。中でも“Prologue”は我が家の御用達!。石坂浩二さんや紺野美佐子さんもご愛用のお店であります。お店のテラスで美味しいサンドイッチとコーヒーを頂いて一休み。復路は連続上り勾配が続きますが、“12インチ時代に上り切っているので問題ないだろう”と思いきや、風が吹き始めたとたん急激に気温が低下、倅がブルブル震えながら泣き出しました。こりゃ〜いかん・・・・。娘に電話してクルマで迎えにきてもらいました。10km…(Read More)