期限切れのフィルムを使ってみた【2022/10/11】

by

 おはようございます。ライフワークのラグビーもシーズン突入、12月前半まで土日は殆ど試合漬けです。「自転車に乗りて〜〜〜!!」

無線機修理進捗

 仕事の報告はTwitterとYouTubeへ完全移行しましたので、そちらを定点チェックしてください。ちなみに年内の予約ですが、現状埋まりつつあります。若干キャンセル枠もあるようですので、ご相談はお早めにどうぞ。

2006年に期限切れのフィルム

 2006年に使用期限の切れた白黒フィルムKODAK が大量に防湿庫の奥から出てきました。完全デジイチ移行から20年が過ぎ、カメラ自体も動作状態の個体はSuper A 二台とMX二台のみです。MZ3やSFXn、Z-1Pもありますが、おそらく動きません。Super A 2号機にダメ元でBW400CNを装填してみました。レンズは銘玉と呼ばれたXR RIKENON 50mm F1.7 をチョイス。レンズ誕生から半世紀を経て、Kマウントの本家と分家が一緒になるなんて誰も想像できませんでしたよね。余談ですけどデジイチのK-3 Mk iiiにこのレンズを装着して楽しんでいます。本題の期限切れフィルムですが、ネットの体験談を漁ってみると、カラーネガなどは5〜6年は大丈夫っぽいです。リバーサルについては情報が殆どありません。白黒ネガも情報は少なめでしたが、カラーネガよりはもちが良さそうです。とはいえ期限切れ15年で、しかも常温保存です。果たして映るのでしょうか・・。このBW400CNはC-41プロセス、すなわちカラーネガと一緒なのでDPE店で現像できます。ISO=400ですが、念の為2段分減感、ISO=100に設定しました。オーバー気味になる分にはネガですから余り気にする必要はないです。宅内と近隣ショッピングモールで試し撮りしたものを、カメラのキタムラに持ち込んで現像してもらいました。その際にデータスキャンもお願いしました。ピーカン晴天化でPLフィルター付けて写してみないとコントラストの判定まではできませんが、まぁそこそこイケるんじゃないでしょうか。それより何より久しぶりの「一押し入魂」はシビれました!

 以下の写真はすべてAE、絞りは5.6で撮影しています。この様子だと、特に減感する必要はなかったかもしれません。本フィルムはC-41プロセス指定のためラボ送りされないよう、DPE店頭で念押ししました。スタッフはこのフィルムについて知識がなく少々戸惑っていましたが、パトローネに印字された”C-41″で納得していました。汗

宅内自然光 AE  f5.6 固定
施設内LED証明 AE  f5.6固定
ショッピングモール内 AE  f5.6固定
ショッピングモール内 AE f5.6固定
Super A 2号機を投入

 実はMレンズ、Kレンズ、Aレンズの多くは処分してしまい、単焦点は28mm、35mm、50mm、55mmしか残っていません。FAレンズも基本設計自体はMやKの流れを組んでいるので大差はないように思います。今回はいきなり変化球のリケノンを使いましたけど、まだBW400CNが大量にあるので使い切っちゃいましょう。他にもネオパンも何本かありました。フィルムならではの粒状性が何ともたまりまへん・・。 次回はMXにFA50mm f1.4 でチャレンジしてみます。

 そんなわけで久しぶりにフィルムカメラと戯れていますが、現在もカラーネガ、白黒、リバーサルフィルムは生産を継続していることを知りました。現行135フィルムの市場価格がべらぼうで常用する気にはなりませんが、絶景を撮影するなら135サイズのリバーサルという選択もありかと思います。120サイズは未だ現役で使用されるプロも多いようで意外にリーズナブルです。645もありかな・・・。オークションで数万円で取引されてますよ。

 

Related posts

コメントを残す


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/jg1bvx/www/wp01/wp-includes/class-wp-hook.php on line 315