サイトアイコン 二子玉日記

武相荘へ 【2022/07/20】

 あれ? 梅雨明けしたんじゃなかった?? またジメジメしてるんだけど、どうなっているのでしょう。

無線機修理進捗

 週末は降ったり止んだりのハッキリしないお天気でした。そのまんま週明けを迎えた南関東です。九州は大変なことになっているみたいです。そんな中「」が行われたようですネ。アイコムはSHF無線機のプロトタイプを出品したみたいです。2.4GHz搭載機は以前にもありましたが、1,2GHz~5.6GHzまで対応のリグは初めて?。プロトタイプはIC-705の筐体そのまま使っていましたが、製品版も同じ路線になりそうです。144MHz/430MHzも搭載されるという噂がありますが、プロトタイプのように制御部と本体が分離するかは不明です。何れにしても新境地を切り開くチャレンジは大歓迎です。一方ヤエスもハムフェアでFT-710なるSDR HF機を発表予定。こちらは既にティザーが出回っているので、大まかな内容は把握していますが、FTDX10との棲み分けがイマイチ理解出来ません。例によって完全なダイレクトコンバージョンでは無くHybrid SDRになると思われますが、EUの販売店が掲示している予価から想像するに、15万円〜18万円くらいに収まる可能性が高く、ますますFTDX10との差別化が不透明です。まさか、FTDX10をディスコンさせてるなんてことはないと思うのですが、、、。FTDX3000とFTDX1200の関係に酷似しているのか、相変わらずの迷走ぶりです。兎にも角にも、FTDX5000、FTDX3000を現役引退させる予定など皆無、ましてや移動用はIC-705、X6100、KX3、FT-857DM、FT-817NDの5台が椅子取りゲームを展開中であり、全く触手が動きません。

戻り梅雨の「」巡り

 戻り梅雨なのか何のかハッキリしないお天気だったので、遠出する気にもなりません。テレビで白洲次郎さんのことを誰かが喋っていて、「そうだ、久しぶりに武相荘でお茶しよう!!」と思ったのが吉日、自宅からクルマで15分〜20分の白洲次郎邸「」を目指しました。北康利さんの「占領を背負った男」で有名な白洲次郎さんが1943年から晩年まで住まわれた茅葺き屋根の古民家を2001年に記念館として改装された施設です。彼はこの地でカントリージェントルマンを気取り、事あれば参ずるとして、普段は畑仕事に精を出したそうです。今では周囲はすっかり宅地化されていますが、昭和18年当時はただの里山だったそうです。因みに武相荘は、白洲次郎自身が命名、えらく悦にいって居たそうです。当屋敷に掛かる武相荘の表札は、時の司法大臣である風見章が書いたそうです。武蔵国と相模国の境界付近に在ること、・正子夫妻の性格から無愛想=武相荘 となったとか。(笑)古いガレージにはペイジ・グレンブルックが鎮座していて、今にも走り出しそうな雰囲気です。邸内を散策したあとはカフェで珈琲とケーキを頂いて帰りました。帰宅後、久しぶりに「NHKスペシャルドラマ 白洲次郎」を観ました。生き方も趣味も、小生がもっとも憧れた一人です。 今宵はカントリージェントルマンに乾杯!

 旧白州邸「武相荘」

Tags: , , , ,

Related posts

モバイルバージョンを終了