バツロク納車【2022/06/27】

by

  暑いですね〜〜。我が家の駐車場の表面温度を測ったら76℃でした。これヤバイです。百葉箱の在る場所は芝生に囲まれている様な公園の中とかですよね〜。都市部は圧倒的にコンクリート支配率が高いので、ヒートアイランドは半端じゃありません。クルマの室外温度計は42℃を表示していました。まだ7月1日ですよ!! 

無線機修理進捗

 最近、管理業務や総務の雑務が増えてます。なんで? 色々あるんですよ。本当に不毛な時間が続きます。「社長」ですから当たり前ですが、そろそろ現場から引退する時期かもしれませんね〜。視力も落ちて老眼鏡が追いつきません。小生よりも年上の先輩がエンジニアとして活躍していますけど、最近平均年齢は少し下がりました。今日は放送局のお仕事で(中継局詣で)大山に上がります。

BMW xDrive 35i M Sport 納車完了

駆け抜けた“友”との別れ(涙)

 F10とお別れすることになりました。6月上旬の某日、嫁のホンダ Insightの買い替え候補を探すべく、いつものD(Tomei-Yokohama BMW )ヘ。2月の法定点検でオイルシールも交換し、心臓のN55は絶好調です。行きしなに前を走るAMG G55(ゲレンデ) に追随すべく、アクセルを強めに踏んだその時のこと・・・。iDriveに「統合アクティブ ステアリング システム 異常」の警告が表示されました。「””走行は継続可能ですが、速やかに正規ディーラーで診断を受けて下さい“”」とのメッセージが発出!!。このアクティブステアリング異常はF10の持病の一つです。修理代は40万円に及びそうです。車検を含めると、年平均60万円近い維持費が掛かるお年頃になっているため、この先出てくる”予定”のエアサス・ブーツ断裂(クルマを一日放置すると故障したサスが延びきって族車みたいな恰好になる)など、今後の維持費は急上昇する感じです。「もう潮時かな?」、心のスイッチが押されてしまいました。””G55のケツを追いかけなければ起きなかった??”” 実は、その後一度もエラーは再発していません。嫁の車を探す旅だったはずが、目的が変わりました。。。汗汗 まぁ、趣味のクルマですから金が掛かるのは仕方が無いです。無線も一緒ですけど・・。

F10はコンサバなデザインですが最もバランスに優れた名車です。
自力でメンテナンスした部分も多く別れは悲しすぎる・・

 そんなわけで、今回は家族の意見優先で!  “今回は” って、もうクルマ買うのは年齢的に最後な気がしますけどネェ。前回触れたとおり”バツロク”こと、BMW xDrive 35i M Sport (F16 / 2018年モデル)が納車されました。Xモデルは X1〜X7までラインアップされていて、数字の大きさがボディサイズを表します。奇数がSUV(SAV)車、偶数はSAC(Sport Activity Coupe)車という括りで、X4、X6はクーペスタイルのSACになります。MercedesだとGLCクーペ、GLEクーペ、Porsche カイエン・クーペ辺りと同じ括りになるのかな? 実用性で言えば四角いボディのX3、X5の方が荷物も沢山乗りますけど、デザインはクーペスタイルが好みです。昭和のそれもバブルの頃に社会人になったもんでね。(笑) 4年前にX3 xDrive 20dを代車で拝借した際、「X3って随分デッカくなったな〜」と感じました。5シリーズから乗り換えてもイケる感じです。価格もメンタマ飛び出るほではありません。そこで家族会議で上がったのはX4でした。X3ベースのクーペボディです。価格もX3と変わりません。これは3シリーズ、4シリーズの関係と一緒ですね。3シリーズから始まって5シリーズと13年付き合ってきましたが、E91 335i ツーリング時代の狭さは勘弁・・。ラガーマン2名(一人はこれからデカくなる)に選手やボール20個に大量のマーカー、タックルダミーを運ぶことを考慮すると、X3、X4でも小さい感じです。X5 xDrive 35d か X6 xDrive 35i のどちらかを選択することになり、試乗の結果”バツロク”に決定しました。幅も長さも一緒なんですが、積載量はX6の方が少なくなります。少ないと言っても必要にして十分です。トランクの奥行きはF10よりやや短めですが幅は広いです。180cm 体重 100kgのラグビー選手と並んで後部座席に座りましたが、頭が支えることもなく窮屈さは感じませんでした。

 前のF10 は約1900kgなのに対し、 X6は同じプラットフォームではありますが、4WDやらSUVボディなど重量増となる要素が多く2150kg前後の車体重量になります。エンジンも同じ3リッター・ストレート6 ・ツインスクロールターボのN55(306hp/400NM)を搭載します。不思議なのは図体がデカくなったのに、ハンドリングはあまり変わらない点ですね。勿論加速はやや鈍いと感じますが、一応カタログ値では、0-100km/h 6.4秒とのことですから、ちょっとしたスポーツカー並の加速です。これはPorsche マカンと同タイムです。 535iの公称値は6.0秒でしたから、200kg重量増の影響でしょう。タイヤサイズも異なるし単純な比較はできません。因みにトップスピードは240km/hとのことです。SUVの中ではそこそこ速い部類に入りますね。535iは確か270km/hくらいだったと記憶しています。空力の影響か、ギヤ比の影響なのかは?です。535iはDMEチューンして400ps+ / 570NM までアップしてましたから、実際は0-100km 5.0s程度まで上がっていたと思います。X6も早速チューニングの予約を入れました。吸気系(エアクリーナー)、ダウンパイプ、DMEチューンのメニューで、こちらも400psを狙ってます。0-100kmは5.4秒程度まで改善するかと・・。日本国内はどう頑張っても120km/hが法定最高速度ですからタダの自己満足か(笑)。

 X5 MSport と同コンポーネントですが、ハンドリングはX6 MSportの方がよりスポーティーな印象でした。恐らくタイヤサイズ違いの影響でしょう。フロント 275/40 ・リア  315/35  20インチという凄まじい超ワイド扁平タイヤを装着、これはスーパーカー並です。MSport以外はX5と同じ255/50 19インチが前後に装着されます。冬期タイヤは315なんてサイズありませんから、自動的にインチダウン+サイズダウンとなります。X6購入と同時にブリザック付きの19インチホール(ハルトゲ製)も購入しました。こちらはディーラー経由でタイヤホテル直チェックインです。草津の別荘への足はなんとか確保できました。そう言えばF10用に買った、ブリザック+純正Mアロイホイールは1シーズンしか使わなかったのは無駄でした。(ディーラーに処分を依頼)。飲み代くらいになれば・・笑 

これも検討対象だった X5 xDrive 35d M Sport
ベースは一緒 ”箱形”か”クーペ”か!?
結局 xDrive35i M Sport を納車して頂きました。
内装は気に入りました

 忘れていました。結局ホンダ Insight の買い替えはナシになりました。このクルマ、13年落ちなのに、ナント走行距離は20,000km強。屋内ガレージ保管なので新車同様です。笑 結局こっちも車検を通しました。気になっていたハイブリッドバッテリーはまだまだ使用可能とのことなので、引き続き近隣移動のゲタとして続投決定です。

 ところで、X6は納車されたんですけど、無線のアンテナが載せられない事に気付きました。ルーフレールを組めば別ですけど、せっかくのクーペフォルムが台無しに。ちょっと悩んでます。アマチュア無線家的な考察も含めて記事にして行きます。

 と、まぁここまでは順調だったのですが、納車翌日に事件発生・・・。追々書いていきます。今日はここまで。

 

Related posts

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。