サイトアイコン 二子玉日記

金属探知機のようなアンテナ【2022/06/07】

 お疲れ様です。今日は久しぶりに暇な月曜日でした。先週入場の機器の多くが“異常ナシ”返品となったので、ラインが空になりました。他のラインはタイトなのですが、こんな日もあります。笑 まもなく忙しくなるので嵐の前の静けさですね。汗

無線機修理進捗

まるで”金属探知機”

 ヘンなアンテナに取り憑かれています。コレ、YLさんからは「カワイイ」との声も・・。
 Amazonで買い物中にTWAYRDIOという中華メーカーの製品がやたらプッシュ表示されます。皆さんも経験ありますよね? アマチュア無線用のアンテナとか、ハンディ機用のマイクやヘッドセットを安価に売っているブランド(?)です。実態が不明なので今まではスルーしていました。国内メーカーのコピー商品を作っている台湾辺りのメーカーとは異なり一応オリジナル製品を並べています。恐らくアンテナを供給しているOEMメーカーと思われますが、製品詳細を読むと意外にしっかりした造りっぽいのです。一月前くらいから144/430用のハンディ・ループアンテナのバナーが現れるようになり、気になり始めていたところ、チャンネル登録している某YouTuberがこのアンテナを紹介していました。心のスイッチを押されてしまった小生は早速ポチッ・・・、翌日にAmazon Prime 便で自宅に届きました。写真の様なミニループアンテナが、国産某メーカーそっくりの黄色いパッケージに包まれています。想像以上の質感に驚きつつ早速DJ-G7に繋いでみると、144/430ともにフツーに聞こえてきます。常時セットしている”豚の尻尾”こと”SRH-805S”よりも感度は良いですね。「アレと比べるなよ」と叱られそうですけど、小生的には使い勝手が良く、ハンディ運用はコレ(SRH-805S)で事足りているのですが、このループに付け替えてみたところ、全バンドとも受信感度がアップされたこと即体感できました。このアンテナの正式名称は “TWAYRDIO   “ですが、ローカルの間では「でんでん太鼓」とか「金属探知機」などと呼ばれています。(笑) 「Sailor Moon」と読んでいるWのYouTuberもいます。(笑) 

 ちょっと実験してみた結果を記しておきます。リグはDJ-G7を使用、ベンチマークはDJ-G7付属アンテナとして5段階評価(基準値3)したものを表にしています。比較したアンテナは付属アンテナ、SRH-951S 、SRH-805S、DC143の4本です。

   付属アンテナ SRH-951S SRH-805S  
145.04MHz
435.00MHz
1294.96MHz
   付属アンテナ SRH-951S SRH-805S
145.04MHz
435.00MHz
1294.96MHz
   付属アンテナ SRH-951S SRH-805S
144MHz帯

430MHz帯
1200MHz帯

  1. 左から ,SRH951S,SRH805S,DJ-G7付属アンテナ
    付属アンテナは144MHzのSWRが悪く出ていますけど、NANO VNAの手持ちポイントが悪かった為と思われます。実際にはもう少しマシな結果が得られる気がしますねェ。時間が無かったのでゴメンナサイ。m(_ _)m
  2. SRH905Sは予想通りの結果です。このアンテナは430MHzでは抜群の特性が得られるんですけど、1200MHzはオマケかな?
  3. SRH805Sは430MHzと1200MHzで頑張ってます。このサイズですから文句は言いません。144MHzでは送信しない方が良いかもしれません。SWRが高すぎます。
  4. は意外でした。144MHzは開口面に対して片側にやや指向性が強く出る傾向にありました。430MHzはほぼ無指向性です。何故か1200MHzにも同調、SWRもバンド全域で2.0以下になります。縦位置では水平偏波となるので恐らく1λのループとして動作しているものと思われます。ハンディ機を横持ちすれば垂直偏波となり、開口面に対して8の字の輻射パターンとなるようです。DJ-G7には使い勝手の良いアンテナですね。

 以上はあくまで簡易測定の結果ですので、ご参考までに留めて頂ければ幸いです。

 某氏によると製品にバラツキがあるそうです。SMA-Pタイプを3本購入しましたが、取りあえず3本とも問題ナシです。他にもSMA-Jタイプ、BNCタイプがあるそうです。特に1200MHzは規格外ですので、使用の場合は呉々も自己責任でお願いします。

Tags: , ,

Related posts

モバイルバージョンを終了