サイトアイコン 二子玉日記

X6100 第一陣本国を出発【2022/06/01】

 お疲れ様です。月末のドタバタからやっと開放されました。ラインが増えて扱い量は増えたのに、バックオフィス的な仕事が激増中。真剣にEC導入しないとダメだぁ。

無線機修理進捗

 担当の横浜事業所ではIC-820、、JST-245が作業表にリストされています。

 IC-820は3月に出場した個体ですが、不具合が発生したのとことで拝見しています。こちらは、修理箇所ではなくRFユニットのローカル信号を増幅するアンプの故障と思われます。PLLから入ってくる信号を送受信号とミックスして送信波、IF信号をそれぞれ生成する箇所です。ここが動かないと送受ともにアウトになりますが、PLLアンロックの症状に似ているので勘違いしやすい箇所ですね。前回はフロントユニットのマイクアンプ周辺の故障でした。IC-820は壊れ始めると連鎖的に色々不具合がでてくる傾向にあります。当該部品は国内入手が困難、海外もロット発注(10000個単位)が条件のサプライヤーが殆どです。数社が5pcs〜10pcsで提供してくれそうですが部品のクオリティが不明です。少しお時間を頂くことになりそうです。

 ICF-SW77も頻繁に入ってきますね〜。とは言えココ数年は埼玉・千葉での取扱が増えたため、小生が担当する機会は少なくなりました。先月久しぶりに担当したところなので回路は頭に入ってます。(笑) 今回はFM放送が中心周波数で歪むとのご相談でした。本機のアルアル故障の一つですね。早速拝見したのですが、事象が再発しません。SW/MWを含め周波数は正常に出ています。FMのディクリミネーターもド真ん中で歪みが最も小さくなっていました。SSGで30%〜50%変調を入れて、AFに歪み率計を繋いで測定しましたが問題ナシです。検査のみでお返ししますね。オーナー様からご報告のあった「基板上に広がっている蝋」についてですが、実害は無いのでこのままにします。因みに弊社にはFM受信機関係はこんな測定器が揃っています。SSGでも出せますが、ステレオ変調掛けるときはFMステレオモジュレーターを使います。BCL機でもFM STEREOが聴けるモデルがありますね。

異常はないけど一応見ます
この蝋は酷いなぁ。メーカーサービス?
SSG(FMステレオ モジュレータ)
DARC エンコーダー(VICS調整用 上段)、SSG (下段)

 JST-245はLCD故障でした。よくあるバックライトの故障ではありません。欧州にあるJRCディーラーからASSYを取り寄せました。今日通関したとの連絡がありましたので、来週には作業を再開できそうです。


共同購入「第一便」が工場から出荷!


 お申し込み頂いたX6100 の共同購入第一便が出荷されたとの連絡がきました。UPSのトラッキングナンバーが来ましたが、まだサイトに反映されません。恐らくフォワーダーにInvoiceが渡されたタイミングかと思います。上海のロックダウンが開放され、中国からの物流が一気に増加しているため、深圳=香港も影響を受けているようです。次は通関ですね。この先は個別にご連絡させていただきます。

 

Tags: , , , ,

Related posts

モバイルバージョンを終了