サイトアイコン 二子玉日記

FDAM-1 ご出場 / FT-101E ご出場 【2021/07/03】

 お疲れ様です。ついにワクチン一回目を打ってきましたョ。職域摂取というヤツです。

 嫁が勤務する都内の大手IT企業の本社へ行くと既に長蛇の列です。午前11時前、コロナで閉鎖中の弊社本社事務所の正面にある巨大な複合ビルのロビーフロアーにつきました。今日は社員の家族を対象とした職域摂取のハズです。11時の予約ですが、この列の長さでは1時間以上は待たされそうな予感。「この間隔では三密どころの騒ぎじゃないなぁ!!」 恐らく並んでいる誰もが感じたことでしょう。この会社、公用語は英語とあって、並んでいる人達も国際色豊かです。スタッフさんも外国の方が多いです。約1時間半くらい待って、やっと順番が回ってきました。昨日自治体から摂取券が届いたのですが、基礎疾患有りの予約が週明けから始まると書いてありました。こちらはファイザー製ワクチンです。色々悩んだ挙げ句、デルタ株の抗体生成に気体が持てそうなモデルナ製(武田)ワクチンを接種できる職域摂取を受ける事に決めたわけであります。

 あっけなく注射は終わりました。終了後15分ほど体調観察をして会場を出ました。今は午後8時過ぎですが、噂通り注射された付近の筋肉が痛み始めています。腕を上げると痛みます。少し倦怠感が出てきました。一日ゆっくり休めば回復しそうです。


FDAM-1 ご出場

 1964年 井上電機製作所(現アイコム)謹製の50MHz AM送受信機であります。オールソリッドステートで送信は水晶の固定一波、受信はスーパーヘテロダインです。お預かりした時点では全く無動状態でしたが、半田修正と電池ホルダーの電極研磨、一部改造で何とか動きました。VFOはアライメントしています。送信はファイナルがダメなのか0.3〜0.5W程度しか出てきません。定格は1Wです。送信はVCC-18Vと非常に高めな設定で、電圧でパワーを絞り出しているのでしょう。電圧が高けりゃそれだけ石への負担も増えます。2SC32は流石に入手困難ですが、どうやらオーナー様がお持ちの様です。既にC/O済みですが、石が到着したら交換させて頂こうと思います。


FT-101E ご出場

 外装はそこそこのコンディションでしたが、中は相当草臥れている個体でした。VFOは軸固着で空回りしています。こちらはOH時に分解整備しました。ケミコン、オイルコン、セラコンに加え、真空管は12BY7A、6JS6C×2をGE製の未使用球に交換しました。全てやりきったところで思うようにパワーが出ず頭を傾げていたところ、予想外の「海外仕様モデル」ということが判明、117Vタップを100Vタップに変換すべく、ヒューズホルダーを着脱して、トランススペースを開放してタップ位置変更工事を実施したところ、元気を取り戻しました。出力はバッチリです。受信感度は未だかつて無いほど「良い耳」しています。


 今日はこのまま休みます。明日は雨でラグビーも無し。。 皆さま良い週末をお過ごし下さい。(^o^)

Related posts

モバイルバージョンを終了