RF-2200 進捗 / FT-101E・FL-2100B 進捗 【2021/04/17】

by

 一昨日から体調不良です。今日コロナ抗原検査を受けてきました。そんな訳でスローペースになってます。汗汗

 体調悪化で思うように作業が捗りません。そもそもオーバーワークが体調悪化の引き金なんですけど。火曜日頃から喉の痛みが激しくなり水曜の深夜に寒気がして体温を測ると38度を超えっ、、汗汗。翌日、家庭内の手続きでどうしても都内に出なければならない用事があり、数日前から体調を気にしていた矢先のことです。その手続きは、小生の年齢制限が関係する家庭の一大事でした。この機会を逃すと永久に機会はありません。しかし、もしもコロナだとしたら当然出られるハズはありません。元々扁桃腺が弱く年に数回扁桃炎で発熱するので、今回も持病に違いないと自分に言い聞かせながら、枕元にペットボトルを置いて1時間おきに水を飲み続けました。大量に発汗して体温も徐々に低下、明け方には36.3℃(平熱)まで下がりました。ロキソニンとトラネキサム酸も効いているみたいです。そもそも既往症持ちのため感染には人一倍警戒しています。ここ2週間自宅から出たのは少年ラグビーのお手伝いとピクニックくらいで、感染しそうな場所には近づきません。ラグビーも協会の指示に従い全員マスク着用で、レフリーとパスのデモンストレーションくらいなので感染のリスクは極めて低く、先日のピクニックも屋外で他人とは十分な距離を保って過ごしました。(小生は一人テントの中にいましたw) とは言え小学生の息子は毎日学校に通っていますから、家庭内がリスクゼロという訳でもありません。家族だって食料品くらい買いに行きますし・・。「掛かる時は掛かるんだろうなぁ〜〜」と思いながら高熱と闘いましたが、翌朝には体調も回復しました。予定通り都内に出て用事を済ませて帰宅、下に書いているRF-2200と格闘した次第です。ところが夕方からまた喉が痛みはじめました。「やはり検査を受けるべきか・・」 そして今朝、自治体の窓口へ電話して近隣の検査医療機関の紹介を受けました。抗原検査というやつでインフルエンザの時のアレです。鼻の奥の粘液を採取するやり方ですね。PCRの方が確度は高いらしいのですが、発熱症状とかが出ている場合は、すぐに結果が出るこの方法になるみたい・・。 結果は「陰性」で一安心です。ついでに扁桃炎の診断を受けました。これは予想通りです。発熱があったので保険適用(無料)になりましたが、無症状で検査を受けると自己負担になるとのことです。ヤレヤレ・・・。季節の変わり目には必ず扁桃炎が疼くんです。ということで、世の中は“まん防”に突入しました。免疫力はかなり低下しているので、更に“警戒を厳”とします。(まだ本調子に戻ってません)

明日の【衛星アンテナ CQ アマチュア無線部屋  衛星アンテナ】予告

 声ガレは継続中です。明日のクラハはMC当番なのですが、大丈夫かな〜〜〜。無線クラブの皆さんには、ご心配をお掛けしました。m(_ _)m 明日の企画ですが、「2021年のベストバイはコレだ!」という内容で、21時からお届けします。今週から一時間繰り下げとなりました。ベストバイ=お奨め商品 ということです。丁度コロナと重なりましたが、アマチュア無線業界では革新的な新製品リリースが続いていますね。無線機だけでなくアンテナなどもユニークな商品がでてきました。ビギナー、カムバック、ベテランに至るまで、全方位的にお奨めの企画となりますのでご期待下さい。

衛星アンテナCQアマチュア無線部屋衛星アンテナ土曜日21時〜】2021年春のベストバイはコレだ!


進捗

 今回のRF-2200はフルオーバーホールをご所望でしたが、キレイな筐体と裏腹に色々な問題を抱えている個体であります。入場時チェックで出てきた課題は以下の通りです。

  1. SWスイッチ機能不全(ガリ)
  2. VR類のガリ顕著
  3. SW2受信時にSW1の信号が被る
  4. FM受信時に不規則なノイズが入る
  5. ダイヤル離調
  6. 全体的に感度不足

 以上について確認済です。

 まず、定番の100µFチェックから行いました。案の定使い物にならないケミコンのオンパレードです。これらは根刮ぎ交換です。交換作業を終えてから、上の点を一個一個処理して行きました。3について、SW2の局発ミクサーがSW1の4MHz〜8MHz側に同調されてしまっていることが主要因です。全バンドフルトラキングして解消しています。こんなケースは初めてです。ここまでで丸2日を要しましたが、最後のFMノイズの正体が未だにつかめません。メインバリコンに付いているFMユニットの再半田は勿論、IFの10.7MHz付近も確認済です。もしかするとIFTの内部で接触不良が発生している可能性が大です。もう少し頑張ってみます。

またまたRF-2200
このスライドスイッチは確実にガリが出ている
今回も100µFが全滅か・・
案の定でした
FMのノイズは何処からでているのか?
ケミコン交換して半田クラックを修正しても直らない

/ 進捗

 専用ラインで整備を続けてきました。一通りの作業を終了し、これから第一ラインで検証作業に入るところです。こちらは資料を纏めていますので、少々お待ち下さい。大量の写真もあるので、担当者に確認しながら整理します。


今後の修理予定について

 小生の体調不良で作業が遅れ気味です、申し訳ございません。鋭意、遅れを回復するよう勤めます。

  1.  長期対応中
  2. FL-2100B / FT-101E 長期対応中 (No.4)
  3. RF-2200 4/8 入場
  4. FT-847 4/8 入場
  5. IC-1200 4/8 入場
  6. MX-72 4/15 入場
  7. TS-870 4/15 入場
  8. その他の無線機など

コメントを残す