NRD-95 ご入場 / IC-1275×2台 ご出場 / FT-900 ご入場 【2021/03/19】

by

 お疲れ様です。今日もこんな時間になりました。本当に暖かくなりましたね〜。桜開花は早くなりそう・・・。

 今日は朝からお馴染みの赤羽橋詣でした。駐車場入るのに1時間待たされた挙げ句、検査・診察に2時間掛かり、ラボに戻ったのは14時過ぎです。効率の悪い半日を過ごしてしまいました。

明日のClubhouse 【衛星アンテナ CQ アマチュア無線部屋  衛星アンテナ】予告

 明日のクラハは「最近のデジタルモードを語ろう」です。デジタルモードは昔からあったのですが、小生自身そんなに興味をもったことがありません。RTTYを少しだけ囓ったくらいです。ところがFT8にはドップリ浸かってしまいました。あんなにアンチだったのに・・・汗 前回の「長〜く続けるコツ」に絡むネタなんですが、今は”FT8あるから無線を続けられている”気がしています。明日のMCはJK1OZS 勝呂OMが担当します。直近のクラハは”こんなテーマ”が続きます。ご期待ください。

  • 3月27日 ”World DX Contest  を解説”  by  JJ2ONH  
  • 4月3日  “今時の「開局セット ベストバイ」を選ぼう” by  JG1BVX  
  • 4月10日 ”固定機ってどうよ(安いのから高いのまで) by  JE6MIQ
  • 4月17日 ”内容未定”  by  JE1ICU
  • 4月24日 ”ALL  JA  コンテスト を解説”  by  7K1BIB

ご入場

 こちらはプライベートユースの業務用受信機になります。本個体は米国沿岸警備隊で使用されていたモノとのことです。SW類がMIL_SPEC 準拠のパーツに替えられていました。全体的にはコンディションはまずまずですが、ややノイズが多い様に感じました。とは言え、通常使用には何ら支障の無いレベルです。オーナー様はフルレストアを希望されており、可能な限り良質な部品への置換と劣化部分の再生を中心に作業させて頂くこととしました。作業ボリュームが多い為60日程度の大掛かりな作業となる見込みです。

BTS規格のケースに入った状態でご入場
メーターは動作するが歪んでる??
マザーの裏側は素人が手を付けたか???
我々が作業するとこうはならない・・・
腐食進行中
金属疲労の疑いあり・・VR

 

×2台 ご出場

 こちらは飲み仲間の JA7JJNさん(柳澤OM)からのご依頼です。氏はマイクロ波の住人としてアマチュア無線界では有名ですね。この2台も10GHzのエキサイターだそうです。一台はパワーが出ませんでした。「Poモジュール故障の疑いあり」とのことでしたが、モジュールは無事でした。送信時に8Vが掛かるラインのパターンが剥離し、導通不良が起きていたようです。基板修復と周辺部品の予防交換を実施しました。もう一台は「繋いだマイクのカプセルが悉く壊れる・・」という、まるで”事故物件”の様な挙動です。マイク端子の裏側はフィルムリボン(フラットケーブル)でユニットと繫がっているのですが、ここが焼け落ちていました。どうやらDCがショートしたようです。以前この場所をメーカー修理しているそうですが、絶縁状態あまかったみたいですね〜。マイクの故障はDCがMICホット側に触れてしまったことが原因の様です。リボンはAssy・マイク端子と一体になっているため、Assy交換しました。


FT-900 ご入場

 送受ともにアウトです。周波数が点滅する、いわゆるPLLアンロックの症状です。メインLoop、サブLoopとも機能していませんでした。規定通りに調整しようとしても、タップポイントでRFが見えません。(オシロで波形が見えないという意味) 通常、我々はAUTOモード掃引で波形を検出するのですが、出力が小さすぎて見えてきません。RFミリバルだとノイズ優勢になってしまいます。感を頼りに調整したところ、メインLoopがロックするポイント見付けました。メチャメチャ不安定です。ちょっと振動を加えるとアンロックします。汗 しかし、この時点ではまだ送受できません。2nd Localの4個の受持VCOを精密調整し、1.8MHz〜21MHzまではどうにかロックさせることに成功しました。しかし。24MHz以上はVCOが機能していません。恐らくバリキャップが逝ってます。ここを交換するには、シールドを撤去して周囲の部品も全て撤去する必要があります。全てSMDですから、原則使い回しはできません。工数・部品代を勘案すると相当な金額となります。この状態で本機のレストアに踏み切るのか、オーナー様と相談する必要がありました。結果、ここまでの作業で中断するこになりました。

 前述の通り、メインLoopも不安定なままです。やはり不安なので一日おいて検査することにしました。翌朝、電源を入れると昨日動いていた21MHz以下が再び使えなうなっています。ちょっと厳しいかなぁ〜〜〜〜。

取り得ずは規定通りに調整を試みるが・・
一度は21MHz以下は復活したのだが・・
翌朝、元に戻ってしまった・・汗
ローカルユニットのケミコンをサンプル
330µFが完全に抜けている
ケミコン交換では直らなかった

今後の修理予定について

 長期対応中の4台を含む、以下の順で診断に入らせて頂きます。

  1.  長期対応中
  2. JRL-3000F 長期対応中
  3. Model 0550G  長期対応中
  4. NRD-95PT  長期対応中
  5. JST-245D  3月11日 ご入場
  6. MX-2F 3月11日 ご入場
  7. RF-2200 3月11日 ご入場
  8. FL-2100B 3月18日 ご入場
  9. その他の無線機など

 21日は首都圏の非常事態宣言が解除されるとのことです。気は抜けませんね・・・。良い週末をお過ごし下さい。m(_ _)m

 

コメントを残す