IC-R7000 修理不可 / CQ-P6400 ご出場【2021/02/19】

by

 お疲れ様です。今日は自治体の癌検診で、朝飯抜きでバリウム飲んで、お腹がパンパンになってました。久しぶりにClubhouseには入らず午後は真面目に無線機修理してましたよ〜〜。

Clubhouse ROOM の告知

 本日20時よりClubhouse ROOM 「電波で世界と繋がろう【📡CQ CQアマチュア無線部屋】通算2回目」を開催します。現在、Clubhouseは iOS デバイスのみ対応しています。

Clubhouse について

 Clubhouse【 CQアマチュア無線部屋】は毎週土曜日20時から開催しているClubhouseのオープンROOMです。Clubhouseは音声SNSサービスで、現在のところ iPhone、iPadなど、iOS端末にのみ対応しています。アプリはこちらからダウンロード可能です。iOS端末からアクセスしてください。2021年2月現在、アカウント取得には以下の方法があります。

(1)既存会員からの招待による方法

 iPhoneの電話帳にお互いの電話番号が登録されている必要があります。アプリインストール後に電話帳追加しても招待対象になりませんのでご注意下さい。既存会員が招待枠を確保している場合にのみ有効です。(お奨め)

(2)既存会員のノミネートリストを利用する方法

 ClubhouseアプリはiPhoneのアドレス帳内の電話番号が紐付いている場合、招待ノミネートリストにそのユーザー名を表示します。このリストはアドレス帳がアプリと連携している場合にのみ有効ですが、ノミネートされた人は、ノミネーター以外にも紐付きのある既存会員がClubhouse内に複数名いる場合があり、希望するノミネーターとエンゲージが成立するとは限りません。誰かが拾ってくれるのを待つしかありません。

 (1)の方法が現実的ですが、既存ユーザーの入会時期や、オリジナルアカウントからの世代距離によって招待枠数が異なる様です。既に100局以上のアマチュア無線家がサインアップしていますので、ノミネートをひたすら待つというのもアリです。

サインアップ時の諸注意

 Clubhouseの規約は厳格です。実名登録されていなかったり、サインアップ後に禁止行為を連発したり。ROOMやCLUB内で得た情報を口外したり、メンバーの顔写真が載っているスクリーンショットを撮ってネット上に公開すると、アカウントを永久凍結(俗に言う“垢バン”)対象となります。実際に多くの輩が垢バン処分されています。また、ROOM内の会話を参加者の許可を得ること無く録音するこも禁じられています。(ふつ〜はしませんよね)

 運良くサインアップできたらClubhouse【 CQアマチュア無線部屋】内のモデレーター各局(7K1BIB、JE1ICU、JJ1TSJ、JE6MIQ、JG1BVX)を検索して見つけて下さい。フォロー頂ければ、必ずフォローバックします。相互フォローの状態ですと番組の通知が届きます。必ずプロフィールに“アマチュア無線”と“自局コールサイン”の記述をお願いします。

今日の与太話

無線よりもMacが好きかも・・笑

 今日の与太話は、小生のMac狂いについて書きたいと思います。食べる方じゃありません。そっちはマクドか(笑)Appleとの出会いは92年頃のⅡciに始まります。System6にJP LANG kitを入れた、4MBメモリ実装、80MB HDDという今では信じられない様なマシンが当時最高級でした。最新機種は、先週末にClubhouse専用機として購入したiPad Air(第4世代)です。一昨日、MIQさんからMacBookPro 15インチのmid 2010を頂きました。現在、2007年モデル以降の15インチは2019のCore i9まで4台所有しています。その他に2009 の13インチもあります。何れも現役で、HDDをSSDに換装したり、外装をカスタマイズして遊んでます。ところで、今まで所有してきた全てのPCの中で、最も酷使したのはMBP15 mid 2013でありますが、コイツのディスプレイの表面に塗られたコーティングが不規則に剥がれ、見窄らしい姿となっておりました。この件、ネット上でも数多く書かれているのでMBPユーザー泣かせの事象としてはポピュラーなネタであります。初期の液体ガラスコーティングで、石油系溶剤やアルコール溶液で溶け出してしまうことが報告されています。例えば、アルコール含有のウエットティッシュで頻繁に画面を拭いていると徐々にコーティングが剥がれてくるわけですね。小生の場合もそうでした。剥がれるならさっさと剥がれて欲しいのですが、これがどうしてか汚くなる一方で、写真の様な状態になってしまいます。ある方のブログで「口臭予防薬のリステリンをウエスに含ませ頑張って落としきった」という記事を見ました。それなら液体のセラミックコンパウンドなら上手く行くのではと考え、早速試した次第です。全部落としきるのに二時間ほど要しましたが、ご覧の様にキレイになりました。ここまでやったので、外装もキレイにしたくなり、表面の汚れやキーの間に貯まったホコリを除去して、シリコン製のシートで全体をコーティングして、リニューアル完了です。

15インチ Mid 2013のディスプレイがやばいことに・・
液体コンパウンド(セラミックコンパウンド)3000番でひたすら磨く
磨き続けること二時間弱 鏡のように表面がツルツルになった
このままでも良いかも? いやいやせっかくなので最後までやりきろう!
ブルーのシリコンカバーを装着
本当にキレイになったなぁ

 これに気を良くし、現行メインのMBP 15 2019にも3M製カッティングシートで施工しました。我ながら上出来であります。前者はLCDのコーティングを全て除去しており、無防備な状態なので。自動車用のガラス系ワックスで表面を再コーティングしたいと思います。硬度9Hのガラス系コーティング剤を注文しました。この施工方は無線機の外装修復にも使えそうです。3Mのカッティングシートは色んな柄があるので、FT-817辺りに施工したら、オシャレな無線機が作れそうデスョ。しかし、Retinaディスプレイは10年経ってもキレイです。まだまだ現役続行中のオールドMacBookPro達であります。

Amzonで購入したカッティングシートタイプの外装カバー(3M製のシート)
カッコウイイ!!!
底面も加工
上はオリジナルの2009-13、2010-15、下は今回施工した2013-15、2019-15
左・中は施工済、右はオリジナル、全て15インチMBP

 話がそれましたが、今回修復したMBPはシャックでログ管理とWSJTX運用に使用していました。MIQさんから頂いたMBPは愚息が使いたいと言っているので、子供部屋に合いそうなシートを探してみようと思います。

 そうそう、MIQさんから頂いたMBPは2010年の15インチです。こちらもアーキテクチャー的には少々古いため、OSはHi-Sieraまでしか対応していませんが、特に古さを感じることはありません。何と言ってもMIQさんがHDDをSDDに換装しているため、2013辺りのMBPと変わりなくサクサク動きます。が、しか〜し到着時に残念ことが起きていました。古くなった純正バッテリーが膨張、タッチパッドを押し上げているではありませんか! 佐賀から横浜への移送中、気圧の薄い機内で一気にバッテリーが膨れあがったものと思料します。これを取り出し、アマゾンで互換バッテリーを注文しました。互換バッテリーは常時アマゾンの倉庫にあるみたいです。

ここから先へ進めない・・理由はパッドが押せないから
パッドが隆起しているぞ!!
あちゃ〜〜バッテリーが餅になっとる
Amazonで購入した互換バッテリー

 こちらも無事に復活です。このMBPは愚息が手を上げているので子供部屋行決定です。これからも正しいMac道を歩んで参ります。


修理不可 

 「“受信はできない”が、他は正常」というコメントがありました。受信が出来ないのに他は正常ってどういう意味なのか???。電源を入れてもウンともスンともです。AFアンプでも壊れているかと思いましたが、外部SPを繋いだらホワイトノイズが聞こえてきました。しかし、強電界のハズのFM放送すら聞こえません。益々???であります。蓋を開けて事情が理解できました。どうやら修理に挑戦されたようで、スピーカーのジャンパが外されたままでした。バリキャップ同調のBPFをトラッキングしたところ、僅かに感度あがった感じがします。それも20dB程度足りません。いつも修理する箇所である、1st ampと2nd ampの2sc3350数個を交換してみましたが、症状に替わりはありませんでした。局所的に信号インジェクションして故障範囲を追い込んだところ、1st Lo DBMが著しく不調であることを突き止めました。これKURANISHI製のDBMで、既に会社すら存在しません。サプライヤに加え自力で検索しましたが、全く見当たりません。しかも場所がシールドケースのなかで、代替のDBM等はスペース的に入りませんね〜〜。残念ながらココまでです。やれるだけの事はやりました。m(_ _)m

聞こえない・・・
取りあえず潜入開始
ここと、後ろのアンプを替えてみたが・・
ひえ〜〜〜ディスコンです

ご出場

 大変長らくお待たせしました。OH+水晶追加でチェックアウトです。

RBW=10KHz
SPAN=200MHz
AM 30%変調
RBW=300Hz
SPAM=400KHz
変調ON AM 30%変調

今後の修理予定について

 長期対応中のIC-375Dですが、未だに赤外線LEDと受光センサーが届きません。こちらは届き次第作業を再開したいと思います。その他、先週入場分からスタックしているの土日対応で追い上げたいと思います。

  1. IC-371D  長期対応中
  2. FT-1000   2月12日 入場
  3. TS-940S   2月12日 入場
  4. TS-50  2月12日 入場
  5. FT-1000MP(その1) 2月12日 入場
  6. FR-101  2月18日 入場
  7. FT-1000MP(その2)  2月18日 入場
  8. その他の無線機など
  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: iPhone 8 Plus
  • Focal length: 3.99mm
  • ISO: 100
  • Shutter speed: 1/17s

Related posts

One Response to "IC-R7000 修理不可 / CQ-P6400 ご出場【2021/02/19】"
  1. Macbookの第二の人生をBVXさん所で歩んでくれるので満足しています。ずっと冬眠状態でしたので(笑)バッテリーは焦りました、無事換装できてほっとしています

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。