週明けです。【2020/08/25】

by

 8月も終盤です。残暑はだいぶ和らいできましたが、そうなると怖いのが台風であります。ボチボチ南西諸島方面に”マル台”マークが点灯しはじめましたョ。

 今年の夏は殆ど外に出掛けませんでした。我が家にとって”GoTo”は論外です。恒例のBVX BBQもお預け状態です。コロナ禍が燻り始め気付けば第二波到来までアッという間の半年でした。本来なら今週からパラリンピックが開催されていたハズ。兎に角、健康に過ごせて居られることに感謝です。現場で奮闘されている医療関係の方、お役所の皆さま、政治家の皆さま、本当にお疲れ様です。

 “家隠り”が増えると無線アクティビティーが増えるかと思いきや、我が家の場合これだけピーカン日照りの日々が続くと、ローバンドは壊滅状態となります。近隣のソーラーパネルのパワコンが悲鳴を上げるくらいの稼働率となるため、大敵インバーターノイズが此れ見よがしに襲ってくるのです。早々にバッテリーへの蓄電が終わると、パワコンが商用電源側に電流を流し始めるのですが、これが日没まで続きます。7MHzのローカルコンディションが上がる時間帯にはノイズフロアーがS9に達します。こうなると+dBで強力に入感する局以外は全く聞こえません。これが都市近郊の現実です。アパマン時代は常時アンテナに苦労しましたが、ここまでノイズに悩まされることはありませんでした。こうなると電源を入れる気にもなりません。ノイズが下がる夜中は14MHzでさえFT8しか聞こえません。ルーフタワーも二階テラスから3m上げているにすぎず、地表からのノイズ反射を諸に受けている様です。せめて屋根上に移動させたいところですが、丘の頂上から一段下がった立地の為、頂上側の隣家の二階ベランダの目前が我が家の屋根になり実現は困難です。何十回も書いていますが、この街のウリは「アンテナの無い美しい街づくり!!」ですから! 地上波アナログ時代からTVアンテナすら皆無の地域です。「ローバンドやりたきゃ”花桃”に登れ」ですね。w ハイバンドは完全にシーズンが終わりました。

 そんなわけで、使う機会の無い無線機ばかり増えてしまいました。コロナ禍の家隠りアクションの集大成として、シャック内の段斜里に取り掛かっています。長年サブ機として使用してきたFTDX5000(非MP)、TS-870が昨日ドナドナされて行きました。使う宛の無いアンテナや周辺機器類も処分中です。二子玉事務所閉鎖に際し、向こうに置いていたパソコンや測定器なども拙宅に移動させた関係で、シャック(ラボ)内に置き場も確保しなければならなくなりました。最終的には自宅シャック(ラボ)には、FTDX3000、FTDX5000MP、FT-991、TS-790Gのみ残し、その他の無線機については下田セカンドシャック(これもいつ完成するのやら)へ移します。シャック=ラボ内の入替が進む中、リスニングルームと化したリビングはB級オーディオで雑然としてきました。愚妻殿の逆鱗に触れぬよう気をつけます。


トリオ 310ラインご出場

 拙宅内に別ライン(自宅リビングw)を組んで対応していたトランシーブ機のトリオ TX-310 / JR-310であります。常連オーナー様からお預かりしました個体ですが、以前局発ズレ修正などをさせて頂いた個体です。今回は以下の4項目について作業しました。

  1. TX-310 電源投入できない(スイッチ不良)
  2. TX-310 AM送信出力不足
  3. JR-310 LSBキャリアポイントズレ
  4. 455KHzナローフィルタ取付 (部品持込)

1について

 電源スイッチを兼ねているモードセレクタSWが故障しています。事前のお打合せで“筐体に電源SWを増設するなど検討する” としていましたが、「シャーシ構造上施工が困難」、「“美観”を損ねてしまう」等のリスクを考慮した結果、トランシーブするJR-310側から電源制御することとしました。具体的にはJR-310内に常時DC12Vが発生するTRE端子からリモートケーブルの空きピンを活用してTX-310内に12Vを引き込み、リレーでACをON/OFFするというものです。TRE端子は真空管の立ち上がりにともない電位上昇するため、コールド状態から起動すると12Vに到達するまで約20秒を要します。即ち、JR-310の電源をONしてから20秒後にTX-310が起動することになります。美観を損ねるよりかは現実的な方法かと存じます。真空管が暖まれば電源ON/OFFは瞬時に連動します。NARROW/WIDEスイッチの中点でDC12Vが途切れてしまうため、TX-310の瞬断防止策として100µFをソレノイドに抱かせた他、サージ・アブソーバーとしてダイオードをGNDとの間に並列挿入しました。

2について

 検査時、キャリアは0.5W程度でした。アイドリングが低すぎます。バイアスを調整し60mA程度流したところ1.5W程度まで上昇しました。変調ピークで10W弱出てきます。これくらいキャリアから延びるとキレイな+変調になりますね。リニアに繋いでも変調が潰れることはないでしょう。

3について

 LSB側が焼けにハイ上がりです。BFOを調整して、WIDE時のホワイトノイズがUSB/LSBで揃うように調整しました。しかしながら、BFO自体が時間経過と共に変化しますね。コイルが緩んでいる可能性があります。

4について

 持込部品を装着しました。懐かしい“国際”のメカフィルです。ヤエス機に装着されていたものの様ですね。455KHzなので各メーカーが採用していたのでしょうか。JR-310にもそのまま装着できました。入出力のコイルもそのまま移植しました。ナローもしっかり効いてます。

 その他、JR-310側のスイッチ・VR類にガリがありましたので、ケイグで処理しています。

久しぶりのトランシーブ機整備
このSWが逝かれてる
リレーでJR-310側から総括制御する
JR-310のTREからDC12V引出し
この空きピンを利用して12VをTX-310側に引き出す
TX-310内に引き通し完了
持込のフィルタを装着(ヤエスの刻印・・笑)
フィルタも入出力コイルもヤエス基板から移植
連動OK!
AM出力も正常に

【ご依頼内容】

 上記に記載

【工数】

 上記作業に工数3.0を要しました。(本体改造、故障箇所特定、取付、調整、検証、起票、着出荷、その他)

【交換部品・使用ケミカル剤など】

  • AC/DC 250V 10Aリレー ×1
  • ダイオード ×1
  • 100µF/35V アルミ電解コンデンサ×1
  • リード線50cm(リモートケーブル、内部配線を含む)
  • 樹脂系ボンド(リレー装着)
  • CAIG デオキシット D-5


ご入場

VDDヒューズ溶断 なんだこの電圧は!!

 メーカーサービスに修理ご依頼されたそうですが、修理不可で戻されたとのこと。“出力されない”とのご相談でした。拝見したところ、そもそも“送信状態”になりません。IFにTXVが回ってきません・・・。汗 メーカーサービスから返却の際に、送信機能の停止処置がされて戻されたとのことでした。PAを確認したところファイナルの故障を確認しましたが、48VのVDDに70V掛かっています。どうやらファイナル焼損時に大電流が流れヒューズ溶断より先に定電圧回路が逝かれてしまった模様です。定電圧回路はPA上にあり、REGからはDC70Vが引き込まれていますので、定電圧トランジスタのコレクタ=エミッタを跨いでそのまま出てきているのです。少々大掛かりな修理となりそうですね〜〜〜。部品調達にも時間を要しそうです。


IC-775DXⅡ ご入場

 上記TS-950SDのオーナー様から2台目の修理ご注文を頂きました。こちらも出力しません。中を拝見したところ、ATUのモーター一個が脱落していました。オーナー様に確認したところ、同調できないバンドがあったとのことです。続いてPAを確認したところ、ユニットの後ろにあるケミコン下に黒い煤が大量に附着していました。基板を裏返すと写真の様な状態に・・・。同じ症状で以前修理したことがありますね〜〜。ケミコン液漏れ→発火→PCB腐食(炭化導通)→パターン消失でしょうか? ATU故障との因果関係も考慮する必要がありそうです。こちらについてもかなり重篤な状態です。PA部はファイナル×2交換、炭化部除去、PCBパテ埋め再建、パターン再建、その他周辺部品交換となります。ATUについてはPA修理後に確認します。

ひえ〜〜モーター脱落(異径カップリングがひび割れ)
PA後部のケミコンしたから黒い煤
あらら・・
この再建は難易度高し

今後の修理予定について

 今週も怒濤の作業からスタートです。キャンセル分の再受付は昨日をもって完了しました。作業内容的にキャンセル枠でお受けできない内容のご相談も多々あり、来年以降に改めて拝見させて頂きますこと、どうかご理解ください。

 只今以下の順番で作業中です。ライン繰りの関係で大型機の着手が遅れています。今週は大型機に集中着手しますので、どうかご理解ください。m(_ _)m 

  1. KX3s  長期対応中
  2. TS-950SD  長期対応中
  3. IC-775DXⅡ 長期対応中
  4. FT-1021 7月27日 入場
  5. FT-1000MP 8月3日 入場
  6. TS-940 8月24日 入場
  7. その他の無線機など 

 今週もヨロシクお願いします。

4 Responses to "週明けです。【2020/08/25】"
  1. そんな我が家にも電話セールスで太陽光と蓄電池セットで設置しませんか~と来ましたので、インバーターノイズが皆無なら考えます!とお答えしました。無線のことは全く存じないとの事ですぐに終了と相成りました(笑)

    • そうなりますよね〜〜。がしかし、この界隈では完全に我が家が取り残されてます。新興住宅街ではますます無線がやりにくくなります。

  2. 幸い??昼間仕事なので、HFのノイズの影響をあまり感じていませんが、夜でもVHFの都市ノイズが結構ありますね。田舎でもこれですから、都会はもっとひどいことでしょう。山奥に山ごと買ってQRVしかないですかねぇ(笑)

    • 夜の方が比較的に静かなんですけど、電波も静かになっていまいますよね。笑 3.5MHzに逃げられれば良いのですが、コンテストの際にCWで出るのが精一杯です、笑

コメントを残す

テキストのコピーはできません。