週明けです。【2020/06/23】

by

火曜日です。本格的に梅雨入りした南関東地方、気温は低めです。高音多湿よりは過ごしやすいので助かります。

 週末は久しぶりにFT8で遊びました。FT8はほぼ初挑戦に近く、JT65時代に少しやった程度でほぼ初心者です。勿論、“”を生業としている以上、どの様な環境で無線機が壊れて行くのか理解する必要があるので、ダミーロード相手に送信を繰り返すことは多々あります。爆笑 何故にFT8で遊ぶ羽目に至ったかと言うことについて、少し書きたいと思います。備忘録を兼ねて・・・。

と MacLoggerDXの連携

 何度も触れていますが、小生は筋金入り”Mac’er”です。数少ないOSX用のアマチュア無線用ソフトを色々と“試しては消し”を繰り返していますが、前回も触れたMacLogger DXの掲示板を読みあさっていたところDX Lab Suite Commander についての記述が目にとまりました。DX Lab Suiteは、CAT・ログ・クラスターなどのスポット情報を統合的に連携させるプロトコルのオープンソースを提供していて、WSJT-XやJTDXにも搭載されています。なんとDX Lab Suite CommaderがMac Logger DXに搭載されていました。これを使えばWSJT-XとMacLoggerDXを連携させてログやスポッティング、リグコントロールが一元化できます。簡単な機能紹介動画をアップしておきます。前回WSJT-Xのインストール方法を記しましたが、今回はMacLoggerDXとの連携方法を記しておきます。これを書きながら気付いたのですが、MacLogger DXのご本尊(Dog Park Software ltd.)ページにWSJT-X Integration のアイコンがありました。スミマセン(>_<)。

MacLogger DXの準備

  1.  本ソフトはお試し期間(フリーデモ)が過ぎるとお金を払わなければ継続使用できませんのでご注意下さい。試してみて“要らない”と思ったら削除すれば宜しいかと・・・。(ダウンロードサイト) 
  2.  MacLogger DXを起動させるとライセンス入力を求められますが、ここはお試しモードで先へ。
  3.  Preferences(設定)へ進み、Stationタブを開いて必要な項目を入力しますが、自局情報、緯度経度(Latituede/Longtude)、グリッド情報は必須です。WSJT-X、UDP Broadcast、DXLab TCP、N1MM UDPのチェックは忘れずに行ってください。
  4.  Look Upタブに移ります。ここではQRZ.COM、eQSL、LoTWなど、HAMクラウドサービスとの連携設定を行います。登録されているサービスのアカウントを入力してください。これらと連携することで、コールサインを入力すると相手がクラウドにアカウントがある場合にはディスクリプションが自動的に表示されるのでとても便利です。因みに、小生はqrz.com、eQSL、LoTWを連携させていて、ログイン時、自動的にそれぞれのサービスにアップされる設定をしています。これは本当に便利です。以前は溜まったログをADIFにエクスポートしてクラウドサービスにインポートする手順でやっていました。
  5.  Radioタブに移ります。ここでは無線機との連携を設定します。無線機はCAT制御可能な殆どの機種が網羅されており、新機種の対応も驚くほどスピーディーです。MacLoggerDXはベータ版を頻繁にアップデートしていますので、Fileメニューの “Check for New Version“で確認するとよいでしょう。下図はFTDX3000の例を示しています。お使いの環境によって、表示されるポート名などが異なりますので、ご自身で試行錯誤してみてください。因みに昨今のUSB付き無線機の場合、USBポートは2チャンネル搭載されています。ヤエスの場合一方がCATでもう一方がDTR(Low)、RTS(Hi)によるPTT制御です。

 MacLogger DXについては書き切れないほど高機能です。自動クラスター投稿や、CWエンコード(一部機種ではデコードにも対応)、ローテーター自動設定(クラスターのDXステーションをクリックすると自動的にローテーターが回転)などなど。。今回は数多ある機能のうち、FT8に役立つ部分のみご紹介しました。

MacLoggerDXのLog Window
WJST-Xと連携後のリアルタイム・スポット表示
Preference > Staitionタグ
Pereference > Look Upタグ
Pereference > Radio タグ
CWエンコード機能(KX3の場合デコード情報も表示される)

WSJT-Xの準備

 MacLogger DX側が準備できたら今度はWSJT-Xの設定に移ります。実はこの順番が大切です。通常起動時もMacLoggerDX → WSJT-Xの順番でスタートさせる必要があります。MacLoggerDXに内蔵されているDX Lab Suite Commander Serverを最初にBootする必要があるからです。WSJT-X側は設定メニューの “無線機” “オーディオ” “レポート” を以下の通り設定してください。WSJT-X(OSX版)のインストール方法については過去記事をご参照下さい。

  1. まずは無線機の設定です。肝は無線機ではなく“DX Lab Suite Commander”を選択することです。無線機リストの中にありますので見つけて下さい。これを選択することで、接続先がシリアルポートからTCP/UDPポートに変わります。 ネットワークサーバにはローカルアドレスの127.0.0.1:5002を入力してください。(レポートの設定で補足説明します)
  2. オーディオの設定に移ります。USBポート付き無線機の場合、USBサウンドカードも搭載されているので音声入出力もUSB経由となります。小生はFTDX5000、FTDX3000、FT-991を常時接続して連携させています。OSXの場合サウンドカード(ドライバ名)が同型式の場合、シリアルナンバーが表示されないため、どれを選択すればよいか判りません。1台のみ繋ぐ際には問題ありませんが、複数台接続する場合はアナログ音声を出力させてミキサー等を介して無線機に繋ぐ手があります。また、同じDACチップを搭載しているサウンドカードを内蔵のデバイスをUSBポートに繋いだ場合にも同一名称のドライバ名が表示されるのでご注意下さい。
  3. レポートの設定に移ります。MacLogger DXとの連携設定で重要な項目です。冒頭で書いた通り、DX Lab Suite Commander はクライアント・サーバ接続になり、MacLogger DXがサーバー、WSJT-Xがクライアントの関係です。USBポート経由で無線機接続する場合、CAT系(MacLogger DXから制御)とオーディオ系(WSJT-Xから制御)が同じUSBポートに同居しているため、インストールするマシンも同一になってしまします。CPUタスク大して喰いませんから同居は全く問題ありません。即ちIPアドレスにlocalアドレス(127.0.0.1)を付与してやればよいのです。小生のようにオーディオをアナログポートから出力させる場合は、第二UDPサーバーのポート番号はMacLogger DX側で固定されている2237に変更してください。勿論、クライアント・サーバを分けることも可能です。その場合には、サーバーのアドレスを入力すればOKです。(注:無線機の設定)
Windowsではお馴染みの画面ですね(設定後)
無線機ではなくDX Lab Suite Commanderを選択
ヤエスUSBの場合”USB AUDIO CODEC”を選択
この設定をそのまま入力してください

 以上でMacLogger DX、WSJT-Xの設定は完了です。設定が完了すると以下の動画のように動きます。WSJT-X側でログQSLをクリックすると自動的にMacLoggerDXに読み込まれ、瞬時にeQSLへアップロードされますョ。MacLoggerDXのMAPタブを表示させるとリアルタイムのスポット情報がカラフルに表示されます。シャックの映像インテリアになりますね。笑 こんなモノをシャックにいれたせいで、仕事しながら画面をちょろちょろ見てはクリックしています。ww 

 MacOSXでも楽しいHAMツールは沢山あるので、そのうち「纏めて固定ページ」を作りますね。使用したMacは2013年のMacBook Pro Retina 15-inch 2.7GHz クワッドコア Intel Core i7  16GBメモリ 1600MHz DDR3です。プライマリユースを2019 MBP 15に座を譲りましたが、この程度アプリを動かすには2013年製の本機もオーバースペックです。


作業開始

 だいぶお疲れのFT-625Dをお預かりしました。周波数表示が点滅し送受ともダメです。まずVFOが全く反応しません。CALLに切り替えると51.0000MHz付近を表示するのでローカルとFIX chは信号が出ている様です。VFOはFIXチャンネルを介してPREMIXに届きますが、VFOの信号自体が全くでていません。構造上VFOを分解しないと様子がわからないので、イキナリの“解体ショー”です。汗 周波数カウンターユニットを撤去し、続いてフロントパネルを手前に引き出すとVFOユニットも一緒に出てきます。ユニットを覆っているシールドケースを撤去して内部を確認します。なんとDC+8Vが来ていません。回路図と睨めっこです。CHセレクタSWを切り替えるとVFOインジケーターが点灯・消灯するのでここまでDCが来ています。ここからACC端子に延びているのですが、ACC端子側にDCが届いていません。ACC端子にキャップを付けないとVFOが動かない仕組みになっていて、外部VFOを使用する際にDCが供給される仕組みです。何故かここのリード線が改造されていました。オーナー様からはご指摘がなかったので、多分お忘れになられていたのかもしれません。リード線は途中で継ぎ足されていましたが、ここが断線していました。回路図に無い部分なので見つかるハズがありません。リード線を追っていって見付けました。汗 ここを繋いだところ点滅は消え、バンドセレクタの切替に応じて周波数が表示されるようになったのですが。今度はVFOを回しても反応しません。(周波数表示が変化しない)周波数カウンター側の故障では無くPREMIXに届いている波形がグチャグチャになっているではありませんか! 再び前に戻ってVFOの出力波形を確認すると、FIX chユニットには正常に届いていました。ところがユニット内のバッファ(2SC372)の後ろの波形がグチャグチャです。どうやら発振を起こしているような挙動です。不具合箇所は絞り込んだので、あとは部品交換に挑むしかありません。2SC372は代替でOKかな・・。色々不具合がありそうで、他にもトラップが隠されている予感がします。取りあえず、長期フラグ揚げます。

VFOから尊号が出てこない
DCが来ていない!
DC寸断箇所を見付けてカウンター点滅は修復したが・・
周波数が動かない・・??
FIX chにVFOの信号が届いている
FIX chの出力波形が乱れまくっている

作業中

 先週よりAME担当で着手している個体です。こちらは50MHzの送信不良とのことでしたが、確認したら全バンドアウトでした。受信はできているので送信IFのどこかに不具合があると思われます。小生は観ていないの何とも言えませんが、直感的にPINダイオード(スイッチングダイオード)の故障を疑いますね〜〜。今日中には検査結果が上がると思います。

RF出力がない
やはりIFか?

 


今後の修理予定について

 只今、お申し込みから入場まで約3ヶ月待ちの常態です。エンジニアが実質2名に減っており、これでも連日ハンテツ状態で頑張っています。本当に古い無線機と向き合って行かれる覚悟のある方のみ申し込み頂きたく思います。街場の時計屋に電池交換に出される感覚で、オークションで入手された素性の知れない無線機を持ち込まれる方が多々折られ、正直なところ困惑しております。酷いケースだと、中身が空っぽのリニアアンプなんて酷いものもありました。開封・検査・起票・ご請求・梱包・発送に相応の労力が掛かります。それでも規定以上のご請求はできません。これでは何人スタッフがいても持ち堪えられません。本当に修理したい思い入れのある無線機の修理についてご相談頂きたく存じます。

  • IC-706Mk2  6月15日 ご入場
  • FT-625D  6月15日 ご入場
  • HL-130USX  6月15日 ご入場
  • WS-110TR  6月15日 ご入場
  • IC-756Pro  6月22日 ご入場
  • IC-706  6月22日 ご入場
  • FT-90  6月22日 ご入場
  • その他  6月22日 ご入場の修理品

 今週も頑張ります!! 

コメントを残す

テキストのコピーはできません。