週明けです。【2019/07/22】

by

 おはようございます。ジメジメの横浜であります。今週一杯こんな感じでしょうか・・。早くスカッと晴れて欲しいなぁ〜。相変わらず連夜ツールドフランス観戦にどっぷりの小生であります。

 先週末ACCケーブルの作業中のこと、400℃加熱中の半田コテを誤って左手人差し指に突き刺してしまいました。半田ゴテはワークステーション型も含め場面に応じて使い分けています。ACCケーブルはコネクタ部の半田付けになるため、先端が鋭利なコテに0.65mm(錫60% 鉛40%)の糸半田を溶かして使います。何がどうしてこうなったのか自分でも解りません。400℃のコテ先が5mmほど突き刺さり、瞬時に反応して抜きました。傷口を洗ってエタノールで消毒しバンドエイドを巻いて丸一日経過、第一関節から先がパンパンに腫れ上がりズキンズキンと痛みます。土曜日の朝、花桃のパトロール直後に外科へ行きました。レントゲンを撮ったところ半田と思われる異物が見つかったため、切開して取り除いて貰いました。拳銃の弾が体内に入ると鉛中毒を起こしますが、それと同じ状態だったそうです。怖い怖い・・・・。 指先に麻酔注射を打ちましたが、これまた半端なく痛い! 5分で麻酔が効き、何か左手が揺れる感覚だけです。数分後には施術が完了しました。糖尿秒ゆえ、梅雨時の怪我は油断禁物。少々業務にも支障を来しています。(汗) 術後二日が経過しましたが、腫れは引いてきました。早く治ってくれ〜〜〜〜〜〜〜〜!

怪我直後(血も出なかったので軽く消毒して放置した)
なんだか様子がおかしい(レントゲン台にて)
コレが刺さった
鉛摘出終了

CB熱が冷めない

 ここ数ヶ月、ローカルラグチューを除きアマチュアバンドは14MHz、21MHzのQRPP CWしか出てません。しかもアンテナ実験程度なので、伝搬を確認できたら即QRT的なクイック運用のみ・・。ハンディ500mW AMで8や6と連日繫がるCBは楽しいですぅ。とは言え、SR-01 などの新生CB機に10万なんて掛けられないし、自作・改造・実験運用が主体の小生には「完成品」というのがどうもシックリきません。西無線さんのNTS-111の中古機が20K円くらいで出てきたら即買いなんですけど。(噂によるとポータブル機を開発中とか・・) 87R辺りにLPFと変調器にリミッター入れてTELECさんに保証申請した方が安く済むなぁ。というかそっちの方が「造る楽しみ」があるし・・。そろそろデットエンドが見えてきましたしね〜。水晶入れ替えて28MHzにQSYさせちゃうのもアリ?。これだけ残存個体が世の中に存在するし「封印」ステッカーのお陰で魔改造されていない素のリグが殆どというのも好都合です。ハンディ機だと筐体スペースの関係でLPFなどの組み込みが難しいかもしれません。その点、中身スカスカのポータブル機の方がやりやすいでしょう。ICB-R5やICB-770の筐体を活用した中身新生新品のリグもありますよね。デザイン的にもソニーや松下のポータブル機はそそられます。

 そんな訳でここ数ヶ月、使用期限が近づいている合法CB機をオークションで漁っています。×2台、×3台、CH-580を入手しました。目的は「改造ベースの検証」です(笑)。 あっ、勿論運用に使用しているのは「封印」付きのICB-87R(前期)ですよ。因みに愚息(ヨコハマYT726)はRJ-480DとICB-303Hで日々QRVしています。(爆爆)

 “花桃の丘”は平日のランチタイム・イブニング帯でもCBer達が訪れています。コンディションがイマイチな時でも8が聞こえるので、お近くの方は一度覗いてみては如何でしょう。

梅雨空の下、花桃で運用中(この日は8エリア数局とQSO)
増殖中のCB機達(元々所有していたのはICB-R5とRJ-480Dのみ)

JR-310 の差し込み対応(サイクルロードレース観戦しながらワーク)

 先月出場したJR-310の電源ボタンが再び動かなくなってしまったとのこと。前回は電源ボタンのシャーシ穴をリーマで削りました。また樹脂が干渉しているようです。そんなに短時間で樹脂が膨張するとは思えないので、取りあえず見ることにしました。なんと、原因はシャーシの歪みでした。本機のシャーシはアルミですが、かなり柔らかいみたいです。上部に機器を載せただけでも歪んでしまいます。シャーシの接合部が僅かに浮いていました。軽くパネル上部をプラハンマーで2回〜3回叩いたところ、ボタンがスムースにON/OFFできるようになりました。動画を添付します。梱包が少々弱い気がしたので、ヤマトの補強材を四枚敷いて返送しました。こちら、勤務時間外(自宅にて)対応させて頂きました。僅か15分で作業終了。

またスイッチが動かない・・ヘンだなぁ
Fパネルとシャーシの間に僅かな隙間が
プラハンマーで軽く叩いたところ・・
 

今後の修理予定について

 只今TS-900ライン、FT-736を診断中です。冒頭に書いた怪我の影響で少々作業が遅れています。申し訳ありません。相変わらずエンジニアの手が足りません。涙 

  1. TS820V(長期対応)
  2. TS-900ライン(長期対応)
  3. FT-736
  4. IC-736
  5. TR-1000
  6. TS-690
  7. FT-101ZSD
  8. その他の無線機など

 今週もヨロシクお願いします。(キーボード打ちにくい・・汗) (*^_^*)

コメントを残す