週明けです。【2019/04/08】

by

 おはようございます。雨の横浜でございます。近隣では先週末にソメイヨシノが満開になりました。昨日は絶好のお花見日和でしたョ。今日は一気に葉桜に変わってしまいそうです。

 昨夜久しぶりにYouTubeに投稿しました。後でレポするTS-900ラインの動画です。「BVX元気ないんじゃない?」と常連のOMさんよりメッセージ頂きました。元気なんですけど、静かに喋らないと肋が痛いんです(苦笑)。風邪引いて咳も酷いんですが、もう痛いのなんの・・・。愚妻に「骨粗鬆症じゃないか?」とバカにされる有り様。(前々号をお読み下さいw)

 さて、移動局を失効させてしまった顛末についてです。先週末、関東総通から申請料の支払い請求メールが届きました。早速ペイジーで送金完了、一両日中に審査終了となる見込みであります。今朝0800時点では「審査中」のままでした。「審査終了」になったら九段の陸上3課へ免許状を貰いに行ってきます。今回は変更申請(設置場所変更)した固定局と移動局の二通同時発行ですなぁ。総通データベースでJG1BVXを検索すると失効した移動局免許が晒されてます。(恥ずかしいww)「早くアプデしてくれ〜〜〜〜〜!!」


久しぶりのクルマネタ!!

360ps化の記念にチョットだけイメチェンww

 前々から気になっていた AC Schnitzer Performance Upgrade ですが、この度装着が完了しました。535i に搭載のN55は306ps/400Nmです。このエンジンは1シリーズから7シリーズまで幅広くF系の各モデルに搭載されていますが、535iでは車格を考慮して少々マイルドな設定(燃費優先)になっています。1シリーズと7シリーズを比較すると、車重差は500kg近くあるので同じセッティングのままでは不都合。6シリーズ以上のモデルに搭載されるN55は320ps/450Nmの設定です。しかし、5シリーズ〜7シリーズはプラットホームが共通ですから車重差は最大でも200kg程度です。6シリーズに関しては“ほぼ一緒”でしょう。5と6を差別化するために5以下と6以上で区切った感が否めません。・・すみません小生の勝手な勘ぐりです。因みにM2に搭載されているN55は370psです。最近欧州車で流行しているchipチューンだけで簡単に2〜3割のパワーアップが可能なんですが、前に乗っていた335i時代にエンジンワーニングが点きまくった反省もあり、DのエンジニアやBM’er仲間の助言を参考にAC Schnitzer Performance Upgradeに決めた次第です。他の類似パーツとの相違点を簡単に書くと、センサー数の違いでしょうか・・。むしろ装着していた方がエンジンに優しい気さえします。ダイナモに載せていないのでわかりませんが、公称値は360ps/500Nmで、AC Schnitzer製のインタークラーに交換すると10%程度出力が上がるとのことでした。normalモードだと1200rpm付近でシフトアップしますがトルク不足を感じていました。sportモードを常用すると燃費が急激に悪化します。Performance Upgradeを装着後は1000rpm付近のトルク感が増し、とても運転しやすくなりました。sportモードでは体感加速的に0-100km/h = 5秒フラットくらいにアップした感じです。(実際は5.5秒前後かな?)インストール記念にキドニグリルをM5ルックに交換しました。勿論M5ロゴは外していますョ。ww 燃費も僅かながら良くなりました。インタークーラーは様子見、REMUSの4本出しが気になるところですが、子供の学校の送り迎えに愚妻が運転することを考えると・・汗。


TS-900ライン 作業完了!!

 お待たせ致しました。完成です!! 今回のオーダーは以下の通りです。

  1. 7MHz、29.5MHz ヘテロダイン水晶交換
  2. メーター照明 LED化改造
  3. 送信出力調整

上記1)について、以下の通り作業を実施しました。

  • 水晶特注交換×2
  • 全バンドヘテロダイン周波数再調整
  • 本体VFO ゼロ・アライメント調整
  • 外部VFO ゼロ・アライメント調整
  • HETユニット RFCオイル不具合 交換

上記2)について、以下の通り作業を実施しました。

 本機に使用する麦球は入手不可です。代替として LED化改造工事を施工しました。本回路は電源トランス二次側のAC12Vが直接供給されているため、LED化に際し、直流整流回路の増設が必要不可欠でした。半波整流回路をメーターの照明端子にバラック増設し、DC8Vとして白色超高輝度LEDの電源を構成しました。減流抵抗器とLED本体はメーター内分に取り付け、LEDには拡散フィルムを施しています。

上記3)について、以下の通り作業を実施しました。

 出力が低下しているとのご相談を頂きました。コイル離調、HET出力低下(RFCコイル故障)などが原因と思われます。全送信トラッキングを実施し、全バンドとも100W以上の出力となるよう、精密調整を行いました。(写真注)

ゼロビート位置 WWV (15.200MHz)
ゼロビート位置 3.5MHz (3.7MHz)
ゼロビート位置 7MHz (7.2MHz)
ゼロビート位置 14MHz (14.2MHz)
ゼロビート位置 21MHz (21.2MHz)
ゼロビート位置 28.0MHz (28.2MHz)
ゼロビート位置 28.5MHz (28.7MHz)
ゼロビート位置 29.0MHz (29.2MHz)
3.5MHz 出力最大
7MHz 出力最大
14MHz 出力最大
21MHz 出力最大

※28MHzの出力結果はビデオ映像でご確認ください。

【工数】

 上記作業に、TS-900D として 3.5人日、VFO-900Sとして 0.5人日を要しました。
 (故障箇所診断・調達・修理・調整・報告書作成を含む)

【交換部品・使用ケミカル剤など】

  • HG-49U水晶×2個(特注)
  • RFC 2.2μH
  • 整流ダイオード×2 (AC-DC整流回路)
  • 100μF/35V (AC-DC整流回路)
  • 白色超高輝度LED
  • 1/4W抵抗器 (LED減流抵抗器)


再入場・・・

 先日トランジスタとトリマを交換させて頂いたHL-726Dを再びお預かりしました。430MHz側のパワーが30W程度しか出ないとのことです。(最初に)ご相談頂いた際「急にパワーダウンしてトリマ調整中にVCC短絡、ワーニング点灯後電源投入不可・・」と伺っています。ブログ及び動画でもご説明したとおり、トリマーとコレクタ=エミッタが短絡したファイナル(2SC3102)を交換しています。出場時の出力は動画でご覧頂いた通りです。こちらで確認したところ、30Wはおろか20Wも出ません・・・。汗汗 交換したトランジスタの着荷不良を疑い、再び石を着脱したところhfe自体に変化は無く、端子間の絶縁も良好でした。念の為スペアの2SC3102を装着しましたが、結果は同じで20Wしか出ません。トリマーや周辺のチップコンも全数交換してみましたが、結果に変化は無し・・・。調べて行くと以下の点が判明しました。(施工箇所・部品に問題は無いと思われます。)

  1. 電源ON時:エキサイタ=本機の間のVSWRが 3.0 以上になる。(前回施工時は1.8程度)
  2. 電源OFF(スルー)時:エキサイタ=本機の間のVSWRが 2.0程度ある。
  3. 電源OFF(スルー)時:本機をスルーさせると、-3dB程度(電力比で半分程度)減衰している。
    (HPF通過のロス分が顕著?)
  4. 上記(1)〜(3)の事象は時間経過とともに悪化傾向にある。
  5. 144MHzについては、10W入力に対して50Wの出力を確認。スルー回路も異常ナシ。

 まず、上記1)については少々驚いています。オーナー様のエキサイタではVSWR=1.0だったと伺っていますが、こちらでネットワークアナライザで確認しました。上記3)についても、前回測定時には-1.5dB程度だったと記憶しています。因みに今回テストに使用したFT-817NDはDC電源使用でHiモード5Wで試験しました。本機をスルーさせると2Wしか出てきません。ジャンパ同軸は1λの3D-FBを使用しています。諸々の損失分を考慮すると、内部のスルー回路で-3dBロスしている計算になりました。本機のV/U切替はパッシブ・スイッチング(HPF/LPF)です。430MHz側は3連のHPFを通過した後に増幅ON/OFF(スルー)のリレーに入ります。オーナー様が気にされていたベース・バイアス側のRFC焼損についてですが、こちらはカーボンの附着だけでRFC自体に焼け痕は見られませんでした。(写真注) TAKAMISAWA製のリレーが悪さしている可能性もありますが、時間経過共に症状が顕著になることを考慮すると、基板上のRFラインに何らかの支障がある可能性が濃厚です。精査するには当該範囲のRFラインを全部品を撤去する必要があります。・・・どうしたものか。

前回交換した部品を再び交換(しかし・・・)
再び真っさらに
再施工後・・
RFCのカーボンは除去

今後の修理予定について

 先週から修理作業がスタック中です。土日も作業しましたが、ペース挽回に至っておりません。20時間労働で頑張ります!!! Mark Vは本日中に診断を終了させる予定です。 やはり人手が足らん・・・!

  1. 310ライン(長期対応中)
  2. MarkV (第1ライン)
  3. FT-726 (第2ライン)
  4. IC-726 (第1ライン)
  5. IC-746
  6. その他の無線機など

 今週も宜しくお願い致します。m(_ _)m

コメントを残す