IC-775 ご出場 / VR-5000 ご出場 【2019/03/06】

by

 おはようございます。曇り空の横浜であります。何だか天気が安定しませんね〜〜。ここ最近、晴れたり曇ったりを繰り返しています。寒暖差も激しく、着るものに困る今日この頃です。

 週中は作業も天こ盛り、与太話抜きでご報告に入ります。

IC-775DXⅡ 修理完了!

MRF140×2、470µF×2交換

 常連さんのIC-775DXⅡであります。パワーが半分以下に落ちてしまったとの事でした。RFユニットの出力は正常です。PAユニット内部の故障を疑い、プリドライバ・ドライバ(PP)・ファイナル(PP)をチェックしたところ、ある入力レベルを超えるとファイナルの片方が暴れ出す事象を確認しました。前号に記した通り、ドレイン・ゲートを開放した状態で、各端子間の絶縁状状態をチェックしたところ、異常を示した方のドレイン・ソース間で逆極性導通を確認しています。とりあえずファイナルを左右交換し、ドライバ・ファイナルのアイドリング電流を調整してテストしたところ14MHzで120W程度出てきましたが、本機の定格出力には及びません。“他にも何かある?”と疑い、基板裏面を確認したところ、写真の様な状態になっていました。通常、PAユニットの増幅素子は表面側に実装されているので基板を着脱せずに作業するので、裏側は確認しないことが多いのです。三角形のパターンランド部が黒焦げ状態で、シャーシにも炭が大量に附着しています。このランドはファイナルVDCを供給する電源ラインと同電位の場所で、28Vが掛かっている箇所になります。炭化は広範囲にわたり発生し、すぐ隣のRFラインにも被ってしまっています。テスタを当てると、炭化部分はアースと同電位になっていました。「この風景、見覚えがあるな〜〜」 一昨年の秋にも全く同じ箇所が焼け落ちたIC-775を修理していますね〜。(2018/10/31)コレって、775の持病的な症状なのでしょうか。やはり原因は470μF(×2個)の破裂・火炎発生によるものでした。28V掛かっている箇所なので負荷も高めのところに、ファイナルの異常発振が重なったのでしょう。とにかく、炭化部を切除しないと先に進めません。炭化部を区別するため、エタノールを染みこませた綿棒で汚れを除去します。RFラインや端子に被った煤は特に念入りに除去しなければなりません。炭化部を特定してナイフで掻き出す作業です。PCBパテを使う方法もありますが、DCが通過する場所ではないため、バラックでリードバイパスすることにします。焼損部はチョークコイルと470µF×2個が刺さっていた場所ですが、これらを一旦取り外します。表面側も電解溶液による腐食が進んでいました。これらもエタノールで完全に除去します。新しいケミコンを装着しますが、スルーホール(0.8mmΦ)の焼損が著しく3mmΦまで削ったため、ケミコンの脚は熱収縮チューブを装着して絶縁対策することにしました。チョークコイルが刺さっていた箇所も同様に処理しています。絶縁状態を確認して基板を元に戻し送信テストを実施し、200W超えの出力を確認しました。RTTYを連続送信しても異常は起こりません。組み戻して、IFユニットのAPC・Poのアライメントとりなおします。全バンドで定格出力を確認しました。

ひえ〜〜ココです!
これは酷い
シャーシ側に焼け落ちたPCBが・・
炭化部を完全に削り出す
ケミコン破裂(表からは確認できなかった)
7MHz — 200w
14MHz — 200w
28MHz — 200w

【ご依頼内容】

  1. 突然パワーダウンして元に戻らない

以上について修理を承りました。

【工数】

上記の作業に3.0人日を要しました。(故障箇所特定・調達・修理・調整・検証・報告書作成などを含む)

【交換部品・使用ケミカル剤など】

  • MRF140 MP(2個一組)
  • 470µF/35V アルミ電解コンデンサ ×2
  • エタノール 少量
  • 熱収縮チューブ 10mm程度


LCD 修理

全く表示しない状況から、ここまで改善しましたが・・

 LCD表示不可能状態のVR-5000をお預かりしました。LCDはメーカーにもストックがありません。ガラスの再圧着かユニット内の半田クラック修復で直らない場合は手の施しようがございません。状況的に再圧着である程度使える状態になればOKとのことでしたのでお引き受けしましたが・・・。ガラス面を着脱して元に戻したところ、写真のレベルまで回復しました。縦縞が無数に入っており、これ以上の改善は不可能です。お預かりした時点では、周波数の判読が不可能な状況でしたので、オーナー様にはご満足頂けたようです。

 

【ご依頼内容】

  1. LCDが全く見えなくなった

以上について修理を承りました。

【工数】

上記の作業に1.5人日を要しました。(故障箇所特定・修理・調整・検証・報告書作成などを含む)

【交換部品・使用ケミカル剤など】

ナシ

 ※ 1.5人日以下の軽微な作業につき、動画撮影は割愛します。


 これからFT-901DM、TS-820Vの作業に入ります。本日も宜しくお願いします。m(_ _)m

コメントを残す